Nekoとは?| 日本の猫、日本人が猫を愛する理由とは?

日本における猫とは何か、なぜ日本人は猫を愛するのか?

なぜ日本では猫がそんなに人気があるのか、不思議に思ったことはありませんか?日本における猫の歴史と意義、そして「ねこ」についてご紹介します。

猫が好きなら、日本がおすすめです。 招き猫を紹介しよう。-Nekoと、いったいなぜそんなに人気があるのか。

猫の場合、好きか嫌いか、どちらかです。その中間はない。しかし、もしあなたが日本人なら、猫への愛情は執着に近いかもしれませんね。 

漫画から服まで、本から食べ物まで、日本人は猫が大好きで、日常生活の大きな部分を占めている。 

  ショップ・フロム・ジャパン  

日本やアジアに行ったことがある人なら、手を振っているかわいい小さな招き猫の置物を見逃すことはないでしょう。

現在では まねきねこ 猫は象徴的なラッキーチャームであり、世界中で認識されている。

日本では、猫は神秘的で優雅な生き物と思われがちです。しかし、なぜこのような猫が日本文化の中で大きな役割を担っているのでしょうか。その理由を探ってみましょう。

Nekoとは

まねきねことは?

招き猫は、多くの企業やオーナーに幸運をもたらすと信じられています。

また、お金猫、幸せ猫、幸運猫、歓迎猫など、さまざまな名前がついています。 

が描かれた、とても人気のある日本のフィギアです。 ボブテイルキャット 前足をあげて手招きするような仕草で。

猫は前足を前後に振って、まるで飼い主に幸運をもたらすために手を振っているような動きをしています。

中には、一日中手を振っていられるように、アームが電動で動くものもあります。 

レストランやバー、店舗などの入り口に飾って、お客様を誘引するのが一般的です。

猫猫物語

起源

招き猫が登場したのは、江戸時代(1615〜1868)。

この幸運の猫の起源については多くの物語があり、それぞれの物語がこの猫の持つパワーについて独自の洞察を与えている。

井伊直孝が大嵐のとき、木の下に避難したという伝説がある。

リード  日本人は親をどう呼ぶ?| 日本の子供が親を呼ぶ9つの方法

彼は小さな猫が手を振っているのに気づき、お寺のほうに誘導しました。彼が動いたとき、木に雷が落ちた。

 そこで、彼はその恩に報いるために、有名な寺院に多額の寄付をしたのです。 豪徳寺 今日から

また、ある芸者の薄雲が猫を可愛がっていたが、ある儀式の際に猫が衣を引っ張るのを止めないため、藩主に首をはねられたという話もある。

猫の頭は宙を舞い、実は芸者を殺そうとしていた蛇を殺してしまったのです。

前足を上げた猫の像が作られ、芸者を励ますために名誉ある場所を与えられた。

最後の伝説は、猫に餌をやる余裕のない貧しい老婆の話である。 

捨てようとしたら、猫が夢に出てきて、「猫の土偶を作って売りなさい」と指示されたそうです。

 彼女はそのアドバイスに従って、猫の土偶を売り、それなりの金額を手にしたのである。

このような物語から、招き猫の伝統が生まれたのである。

招き猫

招き猫に込められた意味とは?

猫が前足をあげていても、手招きしているようには見えません。

両足を上げた招き猫、右足を上げた招き猫、左足を上げた招き猫の3種類のスタイルを見ることができます。

左前足で手招きしている招き猫は、座っている建物の中に人を招き入れる、あるいは迎え入れることを意味しています。

右足で手招きする招き猫は、商売繁盛、幸運、金運を招くと言われています。

両足を上げた招き猫は、上記の2つの組み合わせで人を招き入れ、幸運と金運ももたらすと言われています。

店舗やレストランなどの事業所では、集客アップのために広く活用されています。

風水では、左の手のひらを上にすると女性にモテ、右の手のひらを上にすると男性にモテると言われています。 

例えば、美容院などの女性中心のお店では、左の手のひらを上げた招き猫が見られます。

招き猫のアクセサリー

招き猫をよく見ると、縁起物のひとつひとつに特別な意味があることに気づきます。

  • 富とともに、幸運を象徴するマネーバッグ。
  • 鯉などの魚は、幸運と豊かさを象徴しています。
  • 招き猫は、江戸時代に使われていた小判や金貨を持っていることが多いようです。千万両と書かれた金貨を持っているのが特徴です。
  • 商売繁盛の運気を表す扇子や太鼓。ドラムは、お客さんで溢れるお店を象徴しています。
  • 大理石やジェムストーンは知恵と富を象徴しています。
  • 首輪、飾りビブ(保護するために着用)、鈴などの首飾り。
  • ひょうたんは、酒や飲料を入れる容器です。知恵と長寿の神である福禄寿が、魔除けや幸運をもたらすために使ったとされています。

まねきねこの色と構成要素の意味

招き猫の色には、特定のエネルギーを引き寄せるためのさまざまな意味やパターンがあります。 

リード  日本の出会い系サイトにいる男性の8つのタイプ|良いことも悪いことも

そこで人々は、幸運を呼び込むために必要な部分に、猫の色を合わせます。以下のようなものです。

  • ブラック: 敵、悪霊、脅威からの保護
  • ピンク&レッド: 恋愛や人間関係を良好にする
  • キャラコ最も幸運な色であり、富と繁栄を象徴する3色である。
  • 智慧と成功
  • ゴールド金・財・運
  • 白色: ポジティブ、ピュア、ハッピー
  • グリーン: 健康・教育
猫ってなんだろう

まねきねこの置き場所

金運や縁起の良い猫の配置まで重要なのはご存知でしょうか? 

愛猫を最も幸運な場所に配置するために知っておくべきことをご紹介します。

まねきねこの設置場所は、どのような事業所に関わるかによって最適な場所が異なります。

招き猫を家で使う場合、招き猫は家の南東に置くこと。また、ホームオフィスをお持ちの方も同様です。

事業所、オフィス、店舗、ショップの場合は、入ってくる人の目につく入り口に設置するため、ショップやビジネスの北東部に設置する必要があります。

先にも述べたように、めなきねこの色の違いを利用して、縁起の良い配置を決めることもできます。

ですから、ゴールドカラーを選んだら、経済的な豊かさを生み出すのに役立つ部屋、家、オフィス、デスクの東南隅に置くといいでしょう。

また、ピンクや赤の猫を自宅や部屋の南西に置くと、恋愛運や人間関係運が活性化します。

リード  ガンバッテの本当の意味とは?

白猫は部屋の北側に置くと、出世運がアップします。

まねきねこはどこで売ってるの?

招き猫のフィギュアは、日本全国、特に東京の豪徳寺などの土産物屋や博物館、神社でよく見られることは間違いない。
瀬戸市にある招き猫美術館と招き猫ミュージアムには、多くのフィギュアが展示されています。

招き猫は何でできているのか?

招き猫の素材は、陶器や磁器が一般的です。 
前足、胴体、盛り上がった腕、頭など、個々の部分を湿った粘土から別々に成形し、それを接着剤で貼り合わせていく。
窯の中で高熱で焼き上げる前に、猫の特徴を粘土に刻みます。その後、冷ましてから絵付けをします。

常滑ラッキーキャットとは?

常滑市には「常滑福猫」と呼ばれる招き猫の地域猫がいます。
常滑は日本一の招き猫の産地で、約40体の招き猫が並ぶ「招き猫通り」があります。
 また、常滑中央商店街も有名です。

風水でいうところの幸運の猫とは?

招き猫は手を振っていると思われがちですが、猫は手招きしており、ポジティブで幸運、富、顧客など多くの人が招き入れるとされています。
風水では、招き猫は幸運のシンボルとして採用されています。

結論

アニメ、ポップカルチャー、ゲーム、専門店、装飾品など、さまざまな形で日本中に存在する「まねき猫」。

また、9月29日の「招き猫の日」は、持ち主に幸運をもたらすとされる招き猫を祝う、楽しくて陽気な祝日です。

個人的には、ノートPCの横に小さいのを置いて仕事をしていますが、今のところ襲われたりしていないので、それなりの効果はあると思います。

さて、あなたはまねき猫のファンですか?持っていますか? 

招き猫のフィギュアをお求めの方は、お近くのワールドマーケットかamazonでお買い求めください。

富と繁栄をもたらす、新しい、フィギュアを楽しんできてください。

この記事をお友達とシェアしてください。 

また、読んでください。

どう思う?

日本語のMajiの意味

日本語のMajiの意味

気球に乗って宇宙の果てへ

気球に乗って宇宙の果てへ:北海道の会社があなたを成層圏の冒険に誘う