なぜ多くの日本食レストランは月曜日が定休日なのか?

なぜ多くの日本食レストランは月曜日が休みなのか?

多くの日本食レストランが月曜日を定休日としているのはなぜでしょうか?その答えがここにあります。さあ、読んでみてください。

多くの日本食レストランが月曜日を定休日としていることにお気づきだろうか。この一般的な現象は伝統と実用性に根ざしており、日本の文化的規範と外食産業のリズムを反映している。

このトレンドの背後にある理由を探り、日本の食習慣の魅力的な世界を洞察する。

なぜ多くの日本食レストランは月曜日が休みなのか?

日本食レストランが月曜定休の理由とは?

客足が悪い

日本食レストランが月曜日を定休日とする主な理由は、基本的にその日は客がほとんど来ないというパターンが多いからだろう。そのため、多くのレストラン経営者にとっての最適な解決策は、その日だけ店を閉めて休んでしまうことなのだ。

  ショップ・フロム・ジャパン  

なぜ月曜日は日本食レストランにとって客足が悪いのかというと、簡単に説明すると、美味しいものを食べに行く人の多くは週末に行くだろうし、翌日、特に月曜日のような仕事の日には出かけない可能性が高いからである。

日本の個人経営のレストランはほとんどそうで、フードチェーンや大手ブランドが月曜日を休みにするのはほとんど見かけません。なぜかというと、個人経営のところは、同業者に比べてスケジュールをコントロールしやすいからです。

空っぽの日本料理店

経済的な面でも、その日のレストラン運営に必要なコストを満たせなかったり、上回ったりすると、レストランは長期的に財政的に苦しくなるので、費用対効果の面でも良い状態になる可能性があります。

前述したように、個人経営の日本食レストランは月曜日が定休日であり、大手外食チェーンに比べ売上が不安定であることから、経費節減のための最適なソリューションの一つであると言えるでしょう。

また、個人経営の日本食レストランでは、リーズナブルな価格で料理を提供することが多く、そのため利益率はそれほど高くはなく、月曜日を休みにすることが経済的な判断であることが改めて証明された。

リード  日本語学習はなぜ難しいのか?| なぜ日本語を学ぶのは難しいのか?

さらに、一般に鮮魚や青果を扱うレストランでは、月曜日のような冴えない日には全く営業しない方が、新鮮な食材の鮮度が落ちたり、最悪腐ったりしないので、よほど良いと思うのですが、いかがでしょうか。

COVID-19の大流行がここ数年続いているため、日本食レストランのオーナーもコスト削減と大流行時の大損失を取り戻すために月曜定休にするところが増えてきました。

頑張るレストランスタッフのための休息日

シェフやウェイターなど、レストランの厨房スタッフの一日の仕事は、とても忙しく、ストレスも多く、労働集約的で、朝レストランがオープンして、その日の最後のお客様にサービスを提供するまで、全員が毎日一貫してそれを行わなければならない。

厨房の熱気や、日本食を待ちわびるお客様の声から離れ、丸一日リラックスした時間を過ごすことは、働き者のレストランスタッフにとって、とても良いことだと思います。

日本料理シェフ

もちろん、レストランのオーナーやマネージャーも、多忙でストレスの多いレストランの現場から離れることが必要です。この機会に、最近の売上を確認し、今後の計画を立てることもできる。

しかし、悲しいかな、すべての日本食レストランがそうであるとは限りません。一部の日本食レストランでは、月曜日に出勤してレストランのためのさまざまな仕事をすることが義務付けられています。

しかし、レストランのスタッフや従業員には、レストランに費やした時間と労力に応じた報酬が支払われているので、あまり悲観することはない。もちろん、レストランのオーナーは、従業員の報酬について、政府とその義務付けられた法律を遵守している。

生鮮食品と食材の配達日

お客様や部外者がいない日は、新鮮な野菜や食材の配達に最適で、物流がとても楽になり便利です。また、仕分けや棚卸しも、店内が空いていて平和な状態なので、すぐに行うことができます。

リード  日本神話における聖なる鷲。アメノヒワシノカミの神秘的な輝き

また、月曜日を定休日にすると、基本的に毎週休みになるので、新鮮な野菜や食材がより頻繁に入荷することになります。つまり、厨房から出てくる料理がより新鮮で美味しくなるのだ。

この日は、レストランスタッフ全員の休息日として、他の重要な事柄も活用することができます。レストランの設計変更や修繕を検討したり、より美しく清潔にするための大掃除をしたり。

日本の新鮮な魚

特に週末は観光客で賑わい、行列ができることも多く、日本食レストランを円滑に運営するために最も重要なプロセスのひとつです。

月曜日は、閉店したレストランでも、メニューや店内の設えなど、開店前の準備や調整をする大切な日だからだ。

寿司屋と月曜日

日本に行ったことのある方で、よく観察していると、個人経営の日本食レストランのうち、月曜日が定休日のレストランは、ほとんどが寿司屋であることに気づくかもしれません。

が使用する主な成分や製品。 寿司屋 は魚であり、様々な種類の魚が新鮮な状態で届けられ、安全に店内に保管される。本来、寿司屋はこの物流と保管の問題を自動的に抱えており、毎日効果的に管理しなければならないのだ。

寿司屋 生鮮食品

毎週月曜日の閉店は、寿司屋のような新鮮な魚を提供するレストランにとって非常に助かるのですが、それは先に述べたのと同じ理由からです。ただ、日本の寿司屋では、物流やその他の技術的な面で、より多くのことが起こるという違いがあります。

リード  うれしい」と「たのしい」の違いは?

市場で最も新鮮な魚を手に入れるには、毎週配達することが最善の策です。月曜日が定休日だと、店内で食事をしているお客さんの邪魔にならないので、配達がとても楽です。

月曜日が休みになることで、シェフは魚を上手に保存するという点で、より多くの仕込みをすることができます。これはレストランのコスト改善にもつながりますし、魚を効果的にカットして保存しておくことで、食品ロスを減らすことにもつながります。

月曜日にレストランを閉める他の国々

月曜日にレストランを閉めるのは日本だけではなく、他の国でも個人経営のレストランで同じことをしているところがあります。その理由は定かではありませんが、日本のレストランと同じような理由ではないでしょうか。

例えば、イタリアの個人経営のレストランでは、週末に食事や楽しい時間を過ごしに来るお客さんが急増するため、月曜日に閉店することがよくあります。月曜日に閉店することで、スタッフは週末の忙しいサービスから回復し、休息する機会を得ることができます。

本格的なイタリアンレストラン

中国の本格的な個人経営のレストランでも月曜日を休みにするところがありますが、その理由は日本とほとんど同じです。ただ一つ違うのは、中国では店主の好みでそうなることもあるということだ。

これは私たちが取材できない海外でもよくあることで、経済的な救済が大きな理由の一つであることは間違いないようです。確かに、レストラン側と労働者側の両方のコストを削減する賢い方法だと思います。

なぜ多くの日本食レストランは月曜日が休みなのか?

月曜日にレストランが完全に閉まっているのは奇妙な光景かもしれませんが、日本では経済的、物流的な理由から全く普通のことなのです。 

次回の来日時に、日本食レストランや寿司スポットを探して月曜日に外出するのは避けた方が良いということが分かったのは良いニュースです。

お寿司屋さんなどの日本食レストランの多くが月曜日を定休日とする理由について、この記事がお役に立てれば幸いです。

関連記事

どう思う?

冬の季節にまつわる日本の名前

冬にちなんだクールな日本の名前60選|冬の和名に注目

精進の日

聖人の日」に何が起こり、なぜ「聖人の日」は祝われるのか?