日本で医者にかかる前に知っておくべきこと|日本で病気になったときの対処法

日本で医者にかかる前に知っておくべきこと

日本でお医者さんに行く必要がありますか?ここでは 日本で医者にかかる前に知っておくべきこと!日本の病院やクリニックに足を踏み入れる前に必要な情報が満載です。

病気になるのも心配ですが、それが初めての国で、言葉も通じない場所で起こると、本当に大変なことになります(文字通りですが)。

ここでは、日本で医者にかかる前に知っておきたい知識をいくつか紹介します。

日本の医療保険制度については、言葉や文化の理解に戸惑うことがあります。

日本で医者にかかるときは(できればその必要はないと思いますが)、健康保険についての知識、自分に起こっていることを説明するのに便利な病院用語、行ける場所のリストなどのチェックリストを手元に置いておきましょう。 

備えあれば憂いなし、ということですね。このページでは、日本での医療危機を乗り越えるために必要な情報をご紹介しています。

パニックになる前に(医療の緊急事態では決して良いことではありません。)

日本で医者にかかる前に知っておくべきこと

日本の医療制度と健康保険の概要について

日本で医者に行く前に知っておくべきこととして、最初にお話しするのは、健康保険についてです

日本の健康保険は、少し広範囲で詳細な内容になっています。 

まず知っておかなければならないのは、日本に3ヶ月以上滞在する場合は、海外旅行保険に加入していても、母国で健康保険に加入していても、この制度に加入する必要があるということです。 

なぜかというと、日本ではほとんどの病院がそれらを受け付けていないからです。

正社員として日本に入国した方や、日本に住んでいてフルタイムの仕事をしている方は シャカシャカホーケン  (の社会保険に加入しています。 

この場合、年金と健康保険は俸給から自動的に差し引かれます。

自営業、週30時間未満の勤務、無職の場合は、日本の国民健康保険に加入しなければなりません。 こくみんけんこうほけん (国民健康保険)に加入する必要があります。必要なのは、市役所に行って、関連する書類に記入することだけです。 

リード  行ってみたい日本の都市8選|日本の人気都市を巡る旅へ

一般的に、日本で健康保険に加入していると、請求額のうち30%のみを支払う必要があります。残りの70%は保険でカバーされます。 

外出時には必ず健康保険証を財布に入れておくようにしないと、気がついたら財布の中のお金が全部なくなっていたということになります。日本の医療費はかなり高額になります。

しかし、日本の病院では、年齢によって受け取れる保険料が変わります。

  • 乳幼児の場合、80%の請求額が保険でカバーされます。
  • 就学年齢から69歳までのお子様は、70%が対象となります。
  • 70~74歳の大人は、10%の支払いしかしていません。
  • 40歳から65歳までのピーク時の労働人口のうち、居住者である人には、請求額の2%を介護料として支払うことが義務づけられています。

これらは、日本の保険でカバーされているものの一部です。

  • 一般的な健康診断
  • 予防的ケア
  • 事故による負傷
  • 病院での滞在(一部の食事を含む
  • 処方箋薬
  • 医師による鍼治療やその他の治療法
  • 出産・産前の費用
  • 輸血
  • デンタルケア

保険でカバーされないもの

精神疾患や避妊具の購入など、自分では必要だと思っていても、必要のない検診の場合は、保険の対象外となるため、全額請求されます。

日本でお医者さんにかかる前に知っておきたい基本用語

次に、日本で医者にかかる前に知っておくべきこととして、医者や病院のスタッフとコミュニケーションをとるために必要な基本的な用語について説明します。

日本の医療用語についてまず知っておくべきことは、病院と医院の用語が同じだということです。という言葉があります。 "byōin" 大規模な医療機関から小規模な医療機関まで幅広く対応しています。 

を求めるときは oishaさん。  お医者さんを探しています。タクシーの運転手にこの2つの言葉のいずれかを言えば、最寄りの病院にたどり着くことができます。

日本の病院の現状を考えると、日本語を知らなかったり、自分の体調や病気を言葉で説明できなかったりすると、不利になることがあります。彼らはあなたを理解できず、あなたが聞いたこともないような病気を診断するかもしれません。

ここでは、日本で医者にかかる前に身につけておきたい基本的な用語を紹介します。日本の病院に行く前に覚えておくと、その日一日を乗り切るのに役立ちます。

症状を説明する。

英語日本語
寒い
鼻水花水
セキ
頭痛zutsu
めまいメマイ
フィーバーnetsu

痛みがどれほどひどいかを説明する

リード  サンディエゴで日本製品を買うなら|サンディエゴでおすすめの日本のお店7選
英語日本語
とても/とてもトーテム
少し/少しチョット

すべての始まりを語る

英語日本語
今日kyogen
今朝kesa
昨日kinou
昨晩木の葉の夜
一昨日のオトトイ

軽傷の場合

次に、日本で医者にかかる前に知っておくべきこととして、日本滞在中に経験する可能性のある一般的な病気についてご紹介します。

日本の病院では、上記のような症状以外にも、滞在中に起こりうる軽度の病気をよく目にします。

  • インフルエンザです。 Infruenza 日本では初冬から晩秋にかけて流行することがあります。インフルエンザの予防接種は、病院に行けばすぐに受けられます。を頼んでください。 インフルエンス・ヨボヨボ・セシュ。
  • 食中毒: 食中毒(しょくちゅうどく) は、それほど一般的ではありませんが、日本食を初めて食べる人には、いつでも用意されています。
  • 尿路感染症: Boukouen。 (膀胱炎)と呼ばれています。外国人の方は、ここで手にする薬よりも高用量の薬に慣れているかもしれません。そのため、あなたが尿感染症にかかった場合、日本で一般的な軽い投与量では効かない可能性があります。

緊急時の対応

次に、とても重要なことですが、この「日本で医者にかかる前に知っておくべきこと」では、緊急時の対処法について説明します。

医療に直面しているときには 日本での緊急事態, 東京の救急車の番号は119番です。

また、東京の救急車は消防署が担当しているので、救急車を探していることを明確に伝えなければなりません。キュウキュウシャ救急車)や、火事の報告をしない(カイジ, 火事)。

救急車は無料ですが、電話を受けたときに、周りの目印や何が起こったのかを話す内容を準備しておく必要があります。

このような理由から、東京消防庁ではさらに オンラインガイド このような緊急時に必要なことが書かれています。

英語の病院はどこにありますか?

日本語を話せない、または理解できない方は、「日本で医者にかかる前に知っておくべきこと」のこの部分に特に注意してください。

大阪や東京のような比較的大きな都市に住んでいれば、英語でコミュニケーションできる医師を見つけるのは難しいことではありません。このような医師は、英語のウェブサイトを公開していることが多いです。 

しかし、経験や話を聞いていると、しばしば心配なジレンマに陥ることがあります。英語を話す医者が必ずしも良い医者とは限らない。 だから、風邪のようなもので悩んでいる人は、気軽に行ってみるといいだろう。

しかし、専門知識を必要とする深刻なものであれば、その分野の専門家(日本語でしか話せないことも結構あります)に相談することをお勧めします。

リード  マレーシアで日本製品が買える場所|マレーシアの日本製品取扱店ベスト7

しかし、日本には外国人コミュニティがあり、医療が必要な時に支援してくれる英語を話す医療機関の推奨・承認リストがあります。

病院です。

国外から来た場合、保険が問題になることがあります。海外の医療保険に対応している病院は多くありません。しかし、そのような病院があります。 ルークス・インターナショナル・ホスピタルまた、国際的な健康保険が使えるだけでなく、様々な分野に精通した英語を話す医師がいることも特徴です。

一般的な情報です。

どこで何をすればいいのかという情報を探しているなら、自分の特定の症状のための専門家を探してください。 ジャパン・ヘルスケア・インフォ はそのお手伝いをします。それに加えて、予約や自分に合った医師の紹介、英語で治療を受けられる場所の紹介などもしてくれます。 

プライマリーケア。 

Dr.Joe KurosuはPrimary Care下北沢で、駐在員のコミュニティから満場一致で聞いた最も一般的な推薦の言葉です。彼はバイリンガルで、スタンフォード大学で医学の学位を取得していると評判です。日本滞在中に健康上の問題を抱えている人は、まずここに立ち寄ってから、黒須先生から外国人向けの推薦を受けることをお勧めします。

性感染症の検査。

これは国内外の健康保険ではカバーされていないため、STDやSTIの検査にはかなりの費用がかかります。旅行中に追加の出費は必要ありません。

に向かうことができます。 新宿区立保健所 の無料チェックを木曜日に行っています。月に2回しかないので、どの木曜日かは必ず確認してください。さらに、このセンターは多言語に対応しています。検査は、英語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語で行われます。

最終的な感想

自分が慣れない場所にいることを忘れないでください。質問があるのは当たり前ですし、実際、精神的にも肉体的にも不快な思いをすることがないように、思いつくままに質問したほうがいいでしょう。

確かに、日本では医師の推薦や診断に異議を唱える人はまずいませんが、疑問を感じたらセカンドオピニオンを受けて、あらゆる選択肢を検討してみてください。

やはり、物理的な問題に直面して懐が痛むよりも、悩みを打ち明ける方がいいですよね。

関連記事

  1. 日本に移住する前に知っておきたいこと
  2. 日本でコンタクトレンズを購入するには
日本の食事とアメリカの食事の違い

和食と洋食の衝撃的な7つの違い

東京で水着を買うならここ

東京で水着を買うならここ!2022年版