芥子祭り:日本独特の暴言祭りで実際に起こっていること

芥子祭り

冬の日本旅行で、私は最も型破りな祝祭のひとつ「芥子祭り」に出くわした。英語では「Verbal Abuse Festival」として知られるこのユニークなイベントは、茨城県笠間市で繰り広げられる。 

毎年12月の第3日曜日に行われるこのお祭りは、典型的な日本の礼儀作法に反するものである。

愛宕山の山頂に鎮座する飯綱神社は、地元の人々が日常とはかけ離れた礼儀を体現する非日常的な儀式の舞台となる。 

バカヤロー!」というような古典的な侮辱の言葉を連発し、騒々しい観客に変身するのを私は見ていた。これは、江戸時代中期にさかのぼる歴史深い慣習である。

フェスティバルの焦点

  • 儀式は、神話に登場する天狗の鼻を持つ山の精霊を象徴する13人の神官によって開始される。
  • 愛宕神社を出発した行列は、「愛宕天狗の森」に向かって、何度も神社に立ち寄りながら進む。

愛宕山に登っている間、神父たちはあまり神聖ではない歓迎を受ける。「おそいぞ!」「はやくあがれよ、この野郎!」。- "遅いぞ!""もっと早く登れ、この野郎!"- ローブを着た人物を狙って、群衆からこだまする。この自由奔放なやりとりが、"芥子祭り "の核心なのだ。

伝統にひとひねり:

  • 地元の人々は、幸運を運ぶと信じられている神官の供え物を奪い合おうと競うが、それは祈りが終わってからである。
  • 神職は青竹の棒を振り回し、この伝統を執行する権威の象徴として、参加者にルールを守らせる。
リード  東京でマリオカートを楽しむ価値はあるか?

このフェスティバルのルールブックは、参加者の間でも評判が高く、その熱狂の上限を定めている。 

とはいえ、地元の人々も観光客も、参加者が創造的な叫び声で不満を爆発させるので、空気は興奮に包まれている。

行列の最後には、神官が天狗の面をかぶり、観客にお菓子や餅を投げて参加に報いる。 

そして、すべてを見届けたと思った矢先、最後の儀式で全員が一斉に「バカヤロー!」と3回叫んだ。

傍若無人な振る舞いにもかかわらず、仲間意識と明るさを感じた。 

この奇妙な伝統が、ストレス解消に役立つだけでなく、従来の観光ルートだけでは見逃しがちな、あまり知られていない日本文化の一面を垣間見せてくれることに気づいた。 

もし12月に日本に滞在することがあれば、茨城に寄り道すれば、想像以上に思い出深い祭りを体験できるかもしれない。

日本の悪名高い悪態の祭典で何が起こるのか?

芥子祭りでは、大声を出したり悪態をついたりすることが許されるだけでなく、奨励されるユニークな祭典を見ることができる。参加者は、日本の民話に登場する伝説の生き物である天狗に扮した人物をターゲットに、通常は嫌われる言葉の連打を繰り広げる。

日本における侮辱の祭典は誰にでも開かれているのか?

そう、このイベントには差別はない。創造的な言語表現で鬱憤を晴らしたい人なら誰でも参加できる。地元の人であろうと、観光客であろうと、このフェスティバルは非日常的な伝統に関わるすべての人に開かれた場なのだ。

リード  福岡市のサザエさん通りを散策:博多の中心を巡る文化の旅

罵り合いの祭典に隠された歴史的意義とは?

この祭りのルーツは深く、呪いの言葉を口にすることで災いを祓い、地域社会の絆を強めると信じられていた伝統にまで遡る。管理された環境で不平不満を吐き出すことで、平和を確保するカタルシスとして機能していた。

芥子祭りへの侮辱をどう思う?

面白いことに、みんな元気だ。観光客も地元の人々も、色気のない発言はすべて楽しいものであり、敵意よりもお祭り騒ぎを重視する文化的儀式の一部であることを理解している。

芥子祭りには特別な侮辱があるのか?

芥井祭の参加者は遠慮することなくさまざまなフレーズを使うが、長年にわたって芥井祭と結びついてきた伝統的な侮蔑表現に固執することが多い。言葉だけでなく、伝え方にも芸があるのだ。

宣誓スペクタクルを見るためにいつ旅行を計画すべきか?

冬の旅行に備えよう。祭りは12月にピークを迎える。この伝統行事に立ち会う、あるいは参加するのであれば、祭りが最高潮に達する12月の第3日曜日に合わせて訪問を計画しよう。

どう思う?

日本のバスは遅刻すると休憩所に置き去りにされる! 

クリスピー・クリーム・ロータス・ビスコフのラインナップが明らかに

クリスピー・クリーム・ジャパンの「ロータス・ビスコフ」新ラインナップ発表:話題のスイーツ・フュージョン