日本の果物はなぜ高いのか

ご存知でしたか? は200円以上するかも?では、日本の果物は何が特別なのでしょうか?では、なぜ日本の果物はこんなにも高いのか、読んでみましょう。 

東京を訪れる外国人の多くは、日本人がメロンやメロンに200ドルも払うとは信じられないと思っている。 マンゴーのペアで5000ドル.

なぜ日本ではマンゴーが高いのか

日本で生まれ育ったことがない人や、日本の文化を知らない人にとっては驚きかもしれません。しかし、日本では、大きなコートで果物につけられた重い値札(ディープアチカ) を目にすることは、地元の人にとってはよくあることなのです。 

日本を訪れた際に、このような高級フルーツショップを訪れたら、干し草やシルクの布をリボンで結んだベッドの上に置かれた2万円もするメロンを見て、思わず目を奪われることでしょう。また、500万円のマンゴーは、豪華なギフトボックスに詰められていて、文字通り夕日のように見えます。テニスボールほどの大きさのイチゴは4000円、ブドウの束は105円(またはそれ以上)になるかもしれません。 

夕張王メロン価格

実は完璧な果物だけが落札されるオークションが行われているんです。2019年には、札幌の夕張キングメロンがなんと500万円で競売にかけられました。ドルでいくらか計算する前に、約5万ドルです。そして、同じ年には、宮崎県産のパーフェクトマンゴーがペアで50万円で落札されています。これは約500000ドルです。ふふっ、おかしな話ですよね。 

さて、ご質問の答えですが、なぜ日本の果物はこんなに高いのでしょうか?

なぜ日本の果物は高いのか?

では、日本の果物が高値で売られている理由は何なのでしょうか?日本の果物が高い理由はいくつかあります。 

日本の果物が高価な理由の第一は、日本の贈答文化の歴史にあります。歴史的には、メロンやミカンなどの果物は、貴族の武士が将軍家に贈っていました。これは深い尊敬と感謝の気持ちの表れと考えられていました。 と忠誠心を持っています。日本の果物は昔からこのような文化的価値を持っているので、今でも地元の人たちはそれを実践しています。また、日本の果物が高価な理由の一つに、完璧な品質を持っていることが挙げられます。また、日本の果物を栽培する農家は、一つ一つの果物が完璧に育つように、時間とエネルギーをかけて育てています。

なぜ日本の果物は歴史的に見ても高いのか。

日本では古くから果物にまつわる贈答文化があり、日本の果物は非常に高いステータスを持っていました。これが日本の果物が高価な理由の一つである。 

この伝統は、14 世紀にさかのぼることができますすべての方法は、将軍 (師匠) メロンやミカンを彼らの弟子、武士、彼らの忠誠心と尊敬を示すためにプレゼントされたときにさかのぼることができます。 

年月が経つにつれて、この伝統は日本文化の重要な一部となりました。それほどまでに、この伝統は今日に至るまで日本で実践されています。日本人は、愛する人や上司、恩師などに、感謝や感謝、尊敬の気持ちを込めて、これらの贅沢で高価な果物を贈っています。 

日本の果物は、その伝統の器であるからこそ、このような深い価値を持っているということを理解しておく必要があります。そして、その価値の一つは、本当に、本当に 、高い値札がついているものです。 

これは日本の文化では一般的なことなので、日本人が完璧な丸いメロンや、赤とオレンジのハーフのマンゴーや四角いスイカをもらったとき、その価値を知り、その意味を理解しているのです。だから、次に日本にいて、日本人が完璧な見た目の、超洗練された果物を差し出してきたら、自分は特別な存在だということを知っておきましょう。 

この他にも、これらのバカ高い果物を購入することはまた、それが目的を贈るために使用されていないだけでなく、装飾目的のためにも使用されていないステータスシンボルですそうなんです。日本の家や施設では、高価な果物をプレゼントされたとき、それを食べてしまう人もいれば、トロフィーのように飾ってしまう人もいます。 

しかし、先ほども述べたように、日本の果物は歴史的な意味合いから高価なだけでなく、農家が時間と労力とエネルギーをかけて育ててきたものなのです。 

農家が日本の果物をどのように育てているのかを理解して、欠点のないようにしていきましょう。

農業の観点から見た日本の果物はなぜこんなに高いのか。

農家は果物を作るために多くの努力をしています。そのために特別な環境を作り、果物が最高のケアを受け、完璧に育つようにしているのです。 

農家がどのようにしてこれらの果物を栽培しているのか、もう少し掘り下げてみましょう。 

例えば、ホワイトジュエルイチゴは、通常のイチゴよりもはるかに大きく、甘みがあります。綺麗な白色で、赤い種が入っているのが特徴です。日光を当てずに栽培しているため、白いイチゴになってしまうのです。このアントシアニンのせいで、いつものイチゴの色を出す赤い色素であるアントシアニンが活性化されていないのです。 

もう一つ有名なのが静岡のクラウンメロンです。このメロンは、農家の方が赤ちゃんのように大切に育てています。温度管理された温室で栽培されているので、一定の温度に保たれています。

すいか

この他にも、1本のつるに1個のメロンしか栽培されていません。このメロンを日差しから守るために、農家の人たちはメロンに小さな帽子をかぶせています。そして、メロンの形を整えるために、メロンを磨いたり、マッサージしたりしています。これにより、メロンの甘みが増します。 

セカイイチのりんごは、日本の農家がいかに完璧に果物を育てているかを示すもう一つの例です。このりんごは2200円前後で販売されています。何が特別なのでしょうか?これらの日本産のりんごは、世界最大の品種なのですセカイイチのりんごは、農家の方が一粒一粒丁寧に手入れをしてくれます。特殊な道具を使って、農家の人が手で受粉し、傷がないかどうかをチェックします。また、はちみつで洗っているので、甘みが増しています。

そして、四角いスイカを見たことがある方も多いのではないでしょうか!?これらは日本ではかなり人気のあるギフトオプションで、価格は約21,500円(~200ドル)です。 

スイカがまだ小さいうちに四角い木箱に入れておくと形ができます。また、縞模様が正しく形成されるように慎重に配置されています。これらの四角いスイカは、食べるというよりも飾ることを目的としています。 

太陽の玉子マンゴーを食べる機会があったら、ぜひ食べてみてください。世界で一番甘くておいしいマンゴーです。文字通り、太陽の卵という意味のこのマンゴーは、赤と黄色の美しいルビー色をしています。甘いオレンジ色の果肉と爽やかな香りに魅了されることでしょう。

完璧なマンゴーを育てるために、農家は実際に他の発芽した果物をたくさん摘み取って、選ばれた少数の果物が最高の栄養を得て、完璧に成長するようにしています。

また、お読みください。

  1. 日本では蕎麦、ラーメン、うどんなどが人気ですが、どれが一番美味しいのかはここで調べてみましょう。
  2. 居酒屋に行ったことがありませんか?居酒屋に行く前に知っておきたいことをご紹介します。
  3. 果物を日本語で何と言う?ここでは、基本的な日本語の単語を学びましょう。

エラーが発生しました。コンテンツは保護されています!