日本人が生の魚を食べてそれを愛する3つの理由!

なぜ日本人は生の魚を食べるのか

なぜ日本人は新鮮な寿司や刺身のような生の魚を食べるのか疑問に思ったことはありませんか?料理の準備に関しては、世界中のすべての料理に、魚やその他の肉の作り方に関する独自の伝統と方法があることは誰もが知っています。

しかし日本では、生の魚を食べることは何世紀にもわたって日本の文化の重要な部分でした。

なぜ日本人は生の魚を食べるのですか?

私は日本人として、新鮮な寿司や刺身などの生の魚料理を食べてきました。もちろん、私の外国人の友人のほとんどは、それが不健康かもしれないと思っているので、明らかにその考えに思いとどまっています。しかし、それは真実ではありません。日本の生魚が選ばれる主な理由は3つあります。

日本人は生の魚を食べます。それはいくつかの健康上の利点があるからです。魚はオメガ3脂肪酸が豊富で、非常に健康的です。しかし、調理すると、これらの健康的なオメガ-3脂肪酸のほとんどが失われます。日本人が生の魚を食べるもう一つの理由は、島国であり、海と淡水の釣りの歴史が強いからです。そして第三の理由はその仏教のルーツのためです 魚が食物タンパク質の代替供給源になったため、フォロワーが他の肉を食べることを思いとどまらせます。

だから、なぜ日本で生の魚を食べることがとても人気になったのかがわかります。それはたくさん入手可能で、栄養が豊富で、仏教文化に根付いています。

関連:本物の日本食が好きですか?これらを試してみてください 日本のセブンイレブン 最もおいしい地元の食べ物を味わうために!

日本のように、私は大好き寿司、刺身、 なれずし 、Temaki、そして非常に多くのより多くを。これらはすべて生で食べられ、これらの料理の繊細な食感と複雑な風味が大好きです。

正しく準備すれば、これらの料理は絶対的な喜びです!ここではいくつかある日本のレシピ本あなたは日本料理についてもっと学ぶことに興味があるなら、あなたがチェックアウトする必要がありますが!

仏教のルーツが強い肉は、歴史的に言えば、日本ではややタブーでした。そして、日本は島国であるため、魚はすぐにタンパク質で満たされた代替肉になりました。

しかし、日本人が生の魚を食べる理由は、仏教のルーツだけではありません。生の魚を食べることは、肉や油に保存されている多くの健康上の利点もあるため、日本では健康的な食事と見なされています。

日本人が生の魚を食べる理由を探りましょう!

関連:日本のメロンがなぜそんなに高いのか疑問に思ったことはありませんか?ここで見つけてください!

なぜ日本人は生の魚を食べるのか

日本人が生の魚を食べる理由の背後にある歴史

伝統的な日本料理–鷲食は、生の魚に焦点を当てた料理の名前です。そして実際、2013年12月、鷲国はユネスコの無形文化遺産に登録しました。

縄文時代の4000〜5000年前に確立された鷲徳料理は、日本文化の重要な一部と見なされていることがわかります。

縄文時代から、日本の沿岸海域で獲れた魚は、新鮮な魚を買いに来る魚市場で売られています。

日本のシェフや料理人は、この新鮮な生の魚をさまざまな側面で提供し、さまざまな種類の料理を作るのに役立ちます。

日本の生の魚

関連:これは日本の家庭とキッチンでのクラッシュコースを提供するためのガイドです。見てみな!

日本人はどのようにして生の魚を食べ始めましたか?

日本で生の魚を食べる文化は、仏教が日本の文化の一部となった7世紀にまでさかのぼることができます。仏教は動物を殺して消費することを信じていないため、10世紀までにほとんどの日本人は肉を食べるのをやめました。

生の魚を食べられますか

仏教が文化に入って以来、日本人はゆっくりとペスカタリアニズム、別名ペスコ菜食主義に移行しました。そこでは、豚肉、赤身の肉、鶏肉は食べずにシーフードを食べます。そして、明らかに皿に付随物としてたくさんの野菜を追加します。

なぜ人々は生の魚を食べるのですか

仏教が日本に入る前から、魚や他のシーフード以外の肉を避けることは日本で流行していた。日本の先住民の宗教である神道も同じ信念を持っています。

関連:日本の果物は大金で売ることができます!日本の果物がなぜそんなに高いのかここで見つけてください!

そして、神道に従った人々は当然、他のどの肉よりも魚を好みました。そのため、このコンセプトは日本では両手を広げて受け入れられました。

文化的に言えば、これが日本人が生の魚を食べる理由です。

生の魚はどんな味がしますか

江戸時代には、海で獲れた鮮魚の消費が盛んになりました。そして何年にもわたって、料理がより人気になるにつれて、それをより風味豊かで見栄えのするものにする必要性も重要になりました。

刺身

しかし、今日、日本では鶏肉や豚肉などの肉は軽視されていません。ほとんどのレストランでは、魚以外の肉も提供します。実は日本のから揚げは、地元の人だけでなく観光客にもとても人気があります。

そうは言っても、日本で寿司や刺身などの生の魚を食べることは、今でも文化と日本の食生活の重要な部分です。

関連:これらの素晴らしい寿司サンドイッチやから揚げをお試しください 日本のコンビニエンスストア そして、あなたはそれらの高級レストランを忘れるでしょう!

日本のローフードの安全性

島国の日本として、新鮮な魚はいつでも手に入ります。そして、寿司や刺身などの生の魚料理は、新鮮なときにしか食べられません。

さらにバクテリアを殺すために、寿司と刺身は殺菌剤として働き、残っているバクテリアを殺す醤油とわさびとペアになっています。

これにより、食中毒からも保護されます。

関連:血糖値を下げる自然な方法は次のとおりです。ゴヤスーパーフードを食べることで。ここでそれについてすべて読んでください!

生の魚を食べることの健康上の利点

生の魚を食べることの健康上の利点は何ですか?

生の魚を食べることについては多くの誤解があります。実際、私の外国人の友人の多くは、それは不健康だと思っています。しかし、それは完全に真実ではありません。生の魚を食べることには多くの健康上の利点があり、それが日本人が生の魚を食べる理由でもあります。生の魚を食べることの3つの主な健康上の利点は次のとおりです。

  • 生の魚にはたんぱく質がたっぷり詰まっています。また、飽和脂肪や炭水化物も少なくなっています。
  • 生の魚には、PUFA、多価不飽和脂肪酸、別名オメガ-3脂肪酸が豊富に含まれています。オメガ3脂肪酸は、脳の機能、体の発達を促進し、心臓の状態を改善することが知られています。
  • 生の魚と調理済みの魚を比較すると、生の魚には癌を引き起こすことが知られているヘテロサイクリックアミン(HCA)が含まれていません。複素環式アミンは、魚やその他の肉が鍋で揚げたり、グリルしたりするなどの高温にさらされると発生します。

関連:なぜ日本人は世界の誰よりもスイカが優れているのか疑問に思ったことはありませんか?読んで調べてください!

日本人は豊富にあるので生の魚を食べる

日本には、アクセス可能な多くの川や湖があり、釣りをするためのいくつかの港や港があります。島国であるため、日本人が他のどの肉よりも新鮮な魚を好むことは明らかです。

基本的に、日本の地理的位置と海に近いことも、日本人が生の魚を食べる理由です。

日本人は通常、魚の放流を避けるために、季節の淡水魚または海水魚のいずれかを消費することを好みます。魚が捕まえられるとすぐに、次の数時間またはボート自体のいずれかで瞬間冷凍されます。

瞬間冷凍は、消費時に有害な可能性のある寄生虫から魚を守るプロセスです。

関連:カキと呼ばれるこの非常に栄養価が高く唇を刺激する果物についてのすべてを読んでください:日本の柿

生魚の鷲食とは

鷲国の伝統的なスタイルで調理された料理は、米、緑、海洋植物、根菜類、大豆または豆類、野菜、果物の7つの主要な成分を持っています。

そして動物性タンパク質には魚がいます。鷲食は、健康的な食生活を維持するために必要なすべての栄養素が配合されているため、バランスの取れた完全な食事を提供します。

そのため、日本では心臓病とそれに関連する症状の発生率が低くなっています。実際、日本の食事は世界で最も健康的な食事の1つと見なされています。

うま味と生魚の組み合わせ

日本料理の基本的な味は、塩、香ばしい、甘い、苦い、そして酸っぱいです。そしてうま味は香ばしい味を指します。このうま味は、醤油のグルタミン酸と魚のイノシン酸を組み合わせたものです。

日本の生の魚料理の種類

  1. 寿司

寿司は、数千年前の室町時代(1336〜1573)にさかのぼることができます。この間、人々は生の魚を保存するために発酵米を使って生の魚を覆いました。

今、料理はいくつかのおかずを備えた複雑な芸術に発展し、あなたにおいしいプレゼンテーションを与えます!寿司は、海苔と野菜を添えて、魚の小片を詰めた酢飯を持っています。

生の魚を食べることの健康上の利点

冷蔵が登場する前は、酢や醤油を使って魚などの寿司の具材を治したり、時には料理したりしていました。寿司は今日世界中で人気のある料理であり、日本に来る観光客は少なくともそれを試さずに去ることはありません。

  1. 刺身
なぜ日本人は生の魚を食べるのか

刺身の作り方には、新鮮な魚以外にも、ウニ、甲殻類、イカ、タコなどの魚介類が使われています。刺身は、鮭、マグロ、ヒラメなどの生の魚を一口大に切り、わさびと醤油を添えたものです。貝、イカ、エビも添えられます。

  1. なれずし

日本はこれを10世紀にずっと見ました。人々は生の魚を保存するために米と塩を使用しました–このプロセスは酸洗いと呼ばれていました。昔は漬物を食べる前にご飯を捨てていましたが、今ではご飯と一緒に出されます。

また読む:

  1. 日本の最高のビールブランド
  2. 日本に移住する前に知っておくべきこと
  3. そばvsラーメンvsうどん
  4. 日本のお弁当
Top Novels From Japan

最高の日本の小説2021

things to do in urahara

裏原宿でやるべき10の楽しいこと:原宿の隠れた裏通り