,

知っておくべき10種類の着物|日本の着物の究極のガイド

着物の種類

着物について知りたいですか?これが 着物の種類 そして、日本の着物や浴衣について知っておくべきことすべて。見てみな!

着物は日本の伝統的な衣装であり、特別な機会に日本の女性が着ます。これらの着物は今日、世界中で非常に人気があります。着物はファッショントレンドになり、人々は自分で着物を手に入れるのが大好きです。

日本の着物の種類

私は外国人として、さまざまな種類の日本の着物を試着するのが大好きです。日本の着物にはたくさんのスタイル、パターン、色があります。さまざまな種類の着物をすべて使用して、さまざまな気分や季節に合わせることができます。これらのさまざまな種類の着物について知りたいですか?読み続けてください!

日本の着物とは何ですか?

着物は、さまざまな場面で着用される日本の伝統的な衣装です。すべての文化が特定のドレスコードに従うように、日本も同じことをします。さまざまな場面で着られる着物にはさまざまな種類があります。体に巻いて左側を結び、アクセサリーをかぶせた布です。また、既婚女性も未婚女性も着物を着ていますが、種類は異なります。

yukata

着物の種類

Kimono Type1: Furisode

最初のタイプの着物は、袖の長さと短さによってフォーマルウェアのカテゴリに分類されます。振袖着物は、若くて未婚の女性が着ています。袖で区別される振袖着物には、短、中、長の3種類があります。これらは、それぞれコフリソデ、チュフリソデ、オフリソデと呼ばれています。

これらの中で、振袖はパディングが付いた最もフォーマルなもので、結婚式やその他の行事などの特別な機会に主に着用されます。このタイプの着物の詰め物はそれにいくらかの重みを加えます。また、着物に耐久性を追加します。

一方、ちゅふりそでは軽く、パディングがありません。目を引くプリントが施されています。それは若い女性の間で非常に人気のあるオプションになっています。これは他のタイプよりも軽くて涼しいので、暑い夏の数ヶ月の間に多くの人にとって頼りになるオプションです。

最後に、こふりそでは袴パンツやフォーマルパンツと合わせて袖が一番短いパンツです。また、他の振袖着物ほど一般的ではありません。このタイプは明治時代の日本の女子校生の間で非常に人気がありました。

Kimono Type 2: Hikizuri

ひきずりは、裕福な女性が着ることで知られる着物の一種です。ひきずりの意味は「トレーリングスカート」で、この着物には長い布が付いています。

現在、この着物は舞台芸人や踊り手が着ています。さて、女性はこの着物を着て出かけるときに腰にこの布を結びます。日本に行った時、これを試してみて、この素敵なドレスで絶対に美しいと感じました。ゴージャスで自信に満ちた、このまったく新しいフェミニンな一面を本当に引き出しました。

Kimono Type 3: Tomesode

日本を訪れたときは、色とりどりの留袖着物を着ていました。主な理由は、人生で一度はいろいろな種類の着物を試したかったからです。最近の日本への旅行は、私がこの願いを大いに実現するのに役立ちました。

日本の伝統的な着物

カラフルなものを着るのには理由があります。留袖の着物は、1〜5の紋章があり、銀または金の紋章が付いた最もフォーマルな着物です。 2つのタイプがあります。黒は既婚女性のみが着用し、金と銀の作品があります。カラフルで、基本的に色やプリントの異なる着物で、未婚の女の子が着ています。

日本でお茶会や結婚披露宴に参加するなら、この着物を試してみてください。この着物は、きっとあなたが日本の文化の美しさに関わるのに役立つでしょう。

着物4型:ホウモンギ

こちらが、訪問ドレスを意味するHoumongiと呼ばれる別の着物ドレスです。基本的には、友達を訪ねたり、非公式の集まりに参加したりするときに、このドレスを着ることができます。

このドレスは、最もフォーマルなドレス「留袖」と比較して、あまりフォーマルではありません。セミフォーマルな性質のこれらは、エレガントで美しく見える袖と裾の周りにパターンがあります。

Kimono Type 5: Iro Muji

柄やプリントがないので、とてもシンプルで洗練された着物です。この着物のシンプルさがそれを物語っています。このカテゴリーだけで、お茶会やカジュアルな行事のための特別なシンプルな着物を見つけることもできます。

フォーマルかノンフォーマルかというと、着物の紋章の数次第です。また、既婚女性と未婚女性の両方が着用できます。私も自分用に持っていて、いつも人から賞賛されています。美しさと優雅さを兼ね備えているという理由だけで、特定の集まりに必ず着用します。

Kimono Type 6: Komon

以前、日本で洋服があまり宣伝されていなかったとき、人々は小門を着ていました。小門は、最も一般的でカジュアルな着物タイプであり、日常着や小さな機会に適しています。

大きなイベントで着用するのは適切ではありません。パターンと言えば、シンプルで縦線やプリントがあり、複数の色があります。私は他の文化について深く知るのが大好きで、食べ物と服は2つの最良の方法です。

日本に滞在している間、私は日本で本当の気持ちをつかむために自分自身にいくつかのペアを持っていました。そして、私を信じてください、小門は私が日本での滞在のほとんどの間身に着けていたすべてでした。それは絶対に快適で、地元の人と溶け込むのにも役立ちます。

Kimono Type 7: Yukata 

夏には、誰もが軽くて涼しい服を好みます。同様に、この日本の着物は快適な夏服のカテゴリーに分類されます。浴衣は夏祭りや暑い日に着られます。

派手な着物ではありませんが、とてもシンプルで繊細で、美しいプリントと色が特徴です。すべての中で最も非公式であるため、これはより快適であるため、非常に有名なタイプでもあります。日本にいたときは、幸運にもコスプレという夏祭りを楽しむことができ、この美しい服を着て心からの雰囲気を感じました。

Kimono Type 8: Shiromuki

結婚式の着物であるシロムキは、花嫁が着て特別で違った見た目にする着物の形をした白いドレスです。すべての文化には特定の色に対して独自の意味があり、同様に、日本の白い着物にも白いという特別な意味があります。

白は新しい家族を受け入れ、心から受け入れながらそれに溶け込むことの象徴であり、それがこのドレスが意味するものです。それ以外は、それは美しく見え、最も完璧な方法で花嫁の美しさをさらに高めます。特別な日に日本人の同僚がそれを着ているのを見ました、そして彼女は彼女のルーツに忠実でありながら本当に素晴らしく見えました。

Kimono Type 9: Mofuku

多くの文化では、環境を混乱から遠ざけるために、悲しい出来事には白または黒を好みます。日本の文化では、喪に服するのは黒です。もふくと呼ばれるこの着物タイプは、男性と女性の両方が着用する黒い絹の生地のドレスです。

また、白い下着の上に着用し、5つの紋章があります。日本では、黒は死の色ですので、日本を訪れる予定がある場合は、特にそのようなイベントに行く場合を除いて、黒い服を詰めないでください。

Kimono Type 10: Katamigawari

幅広いカテゴリーと範囲の着物で、このタイプは他のすべてのフォーマルおよびカジュアルな着物とは完全に異なります。パターン、色、デザインが異なります。

正確には、これらは舞台のパフォーマーやダンサーが着用し、両面パターンを持っています。つまり、左右で色やプリントが異なります。

「カタミガワリ」という名前自体は半分を意味します。これらの着物の生地は他の人が着ているものとは異なり、定期的に洗う必要があります。日本でのイベントに参加していると、これらの美しい着物を着て美しく踊っているパフォーマーに気づきました。ドレスが文化を見事に表現していたので、それは人目を引く瞬間でした。

メンズ着物

はい、日本の男性も着物を着ていますが、女性の着物ほど一般的でも人気もありません。日本では、男性が毎日着物を着ていた時期がありました。女性の着物は鮮やかでカラフルで美しいアートワークがありますが、男性が着る着物はより落ち着きがあります。

フォーマルなメンズ着物タイプは、シンプルでありながら洗練された着物パンツと着物ジャケットの組み合わせで、それぞれ袴と羽織として知られています。

キナガシは男性にとっても非常に一般的な着物のスタイルです。腰に巻いた帯ベルトを着用するだけです。

日本の着物の美しさ

着物女性の種類

日本の着物は、さまざまな種類と規則の変更により、長い道のりを歩んできました。今日、着物の着物のルールは以前ほど厳しくありません。若い世代が着物を作るのにモダンな生地と鮮やかな色を使っているのは、おそらくこのためでしょう。

次に、これらは型にはまらないアクセサリとペアになります。このガイドが日本の着物文化をもう少し理解するのに役立つことを願っています。これですべての知識が得られたので、自分で試してみませんか?日本の文化をよりよく体験する方法は他にありません。

また読む:

  1. 足袋の靴を買う場所
  2. 日本の足袋ワークブーツ–良いですか?

なぜ日本人は着物を着るのか

なぜ日本人は着物を着るのですか?

シンガポールのトップ日本店

シンガポールで日本製品を購入する場所|シンガポールの8つのベストジャパニーズストア