日本でのチップ事情 2020年|日本でチップを渡すのはなぜ失礼なのか?

どの国にも暗黙のルールや習慣があります。それと同じように、日本ではチップを渡すのは失礼だとされています。

誰もいないよ、少なくとも日本では

なぜ日本ではチップを払わないのか?

日本ではチップ文化は慣習ではありません。日本人はサービスを提供する際に最高の基準を持っています。彼らは自分の仕事に対する決意があるからこそ、サービスを提供しているのです。実際、多くの地元の人は、チップをもらうことを侮辱だと思っています。礼儀正しく、感謝の気持ちを伝えればいいのです。また、日本人には適正な賃金が支払われているので、余分な現金の必要性を感じることはありません。

日本でのチップ

日本でチップを渡すのは失礼?

日本では原則としてチップは認められていません。しかし、例外はほとんどなく、それなりのやり方があります。財布や財布からお金を取り出して、直接店員に渡すのは侮辱行為とみなされます。 

日本人は働き者で、チップを期待していませんし、ほとんどの場合は丁重にチップを拒否します。レストランでウェイター(またはウェイトレス)にチップを断られても、個人的に受け取らないようにしましょう - 日本でのチップは日本の文化の一部ではありません。

チップコンシェルジュジャパン

しかし、すでに述べたように、日本ではチップを渡すことには例外があります。チップを渡すのが適切だと思われる状況はいくつかあります(ただし、確信がない場合はやめた方がいいでしょう)。日本でのチップのルールは曖昧ではなく、慣習的なものであり、暗黙のルールでもあります。 

ガイドさんにチップを渡しても、それが受け入れられ、感謝の気持ちを持って受け止めてもらえるかもしれません。高級旅館や格安の旅館に泊まっていて、特別なサービスを頼んだ場合も、サービスが提供される前にチップを渡し、サービスが提供された後にチップを渡すのではなく、サービスが提供された後にチップを渡すことができれば、チップを渡すことは悪気はないと考えられます。 

このような状況では、日本ではチップを渡すことは期待されていないので、迷った場合はチップを渡さないのが一番です。しかし、どうしてもチップを渡したい場合は、チップを渡す方法があります。お財布を出して、数枚のお札を渡すことはできません。 

日本でチップを渡すときは、きれいな紙幣を飾り封筒に入れて、両手で相手に渡し、少し頭を下げます。このようにして、感謝の気持ちを伝えることができます。また、事前に準備しておけば、自分の国の小さなお札を持ってきても、ガイドさんはきっと喜んで受け取ってくれると思います。

関連しています。温泉のある旅館にチェックインして、ゆったりとした時間を過ごそう。旅の途中で楽しめる箱根の温泉をご紹介します

日本でのチップはどれくらい必要ですか?

日本ではチップを渡す習慣がないので、そもそもチップを渡すことを期待している人はいません。しかし、本当に誰かにチップを渡したい場合、例えばウェイターやタクシーの運転手などにチップを渡すかどうかは自分で決めることになります。アメリカと違って、日本ではお会計総額の何%かをチップとして渡す必要はありません。 

日本のホテルにチップを残しますか?

一般的には、日本人宿のスタッフにチップを残すことはありません。チップは必要ありませんし、どの旅館のスタッフも期待していません。しかし、もしあなたが特別なサービスを受けたと感じ、チップを渡したい場合は、チェックアウトの際に、きれいな紙幣を封筒に入れて部屋に置いておくと良いでしょう。 

おこづかい

しかし、日本ではどこに行っても、どこに滞在しても、サービスは間違いなく格別なものになるでしょう。ホスピタリティに関して言えば、日本人は世界でもトップクラスのサービスを提供しています。 

関連しています。日本に旅行?富士山登山が旅程に入っているといいですね。ガイドはこちらからチェック

日本のチップコンシェルジュ

日本のコンシェルジュにチップを渡すことは、全く感謝されていません。日本のコンシェルジュは仕事柄、最高のサービスを提供してくれます。また、高額なプレゼントを贈ることもお勧めできません。コンシェルジュとあなたの双方に不快な思いをさせてしまいます。なので、ヒントは与えない方が良いでしょう。 

もし感謝の気持ちを伝えたいのであれば、自分の住んでいる地域や出身地の絵葉書など、小さなもので金銭的な価値のないものを贈るのもいいでしょう。しかし、礼儀正しく口頭で感謝の気持ちを伝えるだけであれば、日本ではそれだけで十分なのです。

関連しています。東京旅行を計画中?旅程表は私にお任せください!ここでチェックしてみてください!

日本のバーでのチップ

日本のバーでのチップや 居酒屋も嫌われています - 少なくとも従来のチップの方法では。待合室のスタッフや居酒屋、バーテンダーにチップを渡すのはやめましょう。 

例えば、飲み物をもう一杯買って、感謝の気持ちを表すためにバーテンダーに一杯差し出すなど、金銭以外の方法でチップを渡すことで感謝の気持ちを表すことができます。そして、はい、あなたが尋ねる前に、バーテンダーは仕事中に飲むことが許されています(私たちはここ日本ではそのようなクールなんだ!)。 

日本でのティッピングスキーガイド

日本ではガイドにチップを渡す必要はありませんが、もしチップを渡したいのであれば、それも失礼にはあたりません。日本のツアーガイドにチップを渡すことは、日本では例外です。

ただし、きれいなお札を封筒に入れて、両手でガイドに提示し、その際には少しお辞儀をするようにしましょう。いかなる場合でも、財布から直接現金を渡すべきではありません。 

関連しています。 桜の季節に東京旅行を計画してみませんか?天気予報はこちらでチェック!

東京でのチップはいくらですか?

日本でのチップの習慣は一般的ではないので、東京でのチップの習慣も一般的ではありません。混乱や混乱を避けるためにも、東京滞在中はチップを払わない方が良いでしょう。

アメリカ人ならサービス業のほとんどの人にチップを渡しますよね。これは他の国でもよくあることです。しかし、日本ではサービス業はかなり高給取りなので、チップ文化が根付くことはありませんでした。

アメリカなどでチップ文化が流行っているのは、レストランの店員や運転手の給料が安いからでしょう。しかし、日本ではそうではありません。

日本のレストランでチップを残すと、ウェイターやウェイトレスが「お釣りを忘れた」と思って後ろから走ってくることがよくあります。だからこそ、東京では、すでに支払っているサービスに対してチップを払わないのが一番なのです。

割り勘

アメリカではウェイターにチップを渡すのが一般的なので、混乱するかもしれませんが、アメリカではウェイターにチップを残さないと失礼になると言われています。実際、アメリカではウェイターにチップを残さないと失礼だとされています。

関連しています。 東京で大相撲を観戦したい?チケットの入手方法をご紹介します。

日本の沖縄でのチップ

沖縄を含め、日本ではチップを渡す習慣はありません。沖縄を含め、日本でもどこの国でもチップを渡す習慣はありません。気を悪くしないようにチップを受け取ってくれることもありますが、一般的にはチップを渡すことはありません。 

スーパーマーケットに行って、レジの人にチップを渡すことにしました。ここでチップを渡すことは、レジ係が自分の仕事をしているだけなので、全く必要ありませんので、レジ係は間違いなく混乱するでしょう。

日本人の考え方や仕事の文化はまさにそんな感じです。仕事をしているからといって、お客さんから余分にお金をもらう必要性を感じません。チップは日本の文化の一部ではないので、働くスタッフもチップを期待することはありません。 

**チップを渡すと日本人スタッフ**

日本では、礼儀正しい「ありがとう」と「お辞儀」だけで、感謝の気持ちを伝えることができます。

関連情報。日本にいながら、友達や家族と連絡を取り合おう。東京で観光SIMカードを購入する方法をご紹介します

京都日本でのチップ

日本の京都でもチップは認められていません。チップを渡すのが当たり前のアメリカの文化とは異なり、日本ではチップを渡すことは下品とみなされたり、侮辱とみなされたりすることもあります。ですから、日本でチップを渡す場合は注意が必要です。チップを渡す相手(レストランのウェイターでも美容師でも)は、財布から札束を出しただけで怒るかもしれません。 

一番良いのは、感謝の気持ちを込めてお国柄の絵葉書のような、小さくて金銭的価値の低いものを持っていくことです。または、いくつかの紙幣を封筒に入れて相手に渡すこともできます - ここでも、チップを渡す相手には注意が必要です - 誰もがそれに感謝しているわけではありません。迷っている場合は、チップを渡さずに「ありがとうございました」とだけ言うのが一番です。 

関連記事はこちら東京にいながら見逃せないものがあるとすれば、それはマリオカートのストリートツアーだ。

日本ではタクシー運転手にチップを渡していますか?

日本ではタクシー運転手にチップを渡すことはありません。しかし、夜遅くに猫や犬の雨が降っていて、タクシーの運転手が非常に助かったとしましょう。

日本では2020年にチップ

ならば、バレないようにする方法があります。目的地に着いて、例えばタクシー料金が4,500円になったら、運転手に5,000円を渡して(お釣りがないことを伝えて)、丁寧にお釣りをもらうことができます。 

日本でのチップのルールよくある質問

#1位 - なぜ日本人はチップを出さないのか?

日本ではチップを渡すのは当たり前ではありません。日本では、チップを渡すことは失礼にあたると考えられているため、日本の文化の一部ではありませんでした。日本人は働き者だからこそ、最高のサービスを提供してくれます。しかし、その代わりに彼らが望むのは、敬意と尊厳を持って扱われることです。礼儀正しく、口頭で感謝の気持ちを伝えることで、感謝の気持ちを伝えることができます。

#第2回 - 日本のデリバリードライバーにチップを渡していますか?

日本では配達員にチップを渡すことはありません。日本の文化では、チップは感謝の気持ちを表すものとしては認識されていませんが、むしろ失礼にあたると考えられています。しかし、場合によっては、相手がそれを受け入れることもあります。チップを渡すことはできますが、受け取ってくれない場合もありますのでご注意ください。 

#第3回 - 日本でのユーチューバー食にチップを渡していますか?

日本でのチップは失礼にあたるので、Uberの配達員も含めて、日本にいる間はチップを渡すのは避けましょう。一番良いのは、丁寧に礼儀正しく、注文を受けてくれた時にお礼を言うことです。

#第4回 日本の美容師にチップを渡していますか?

日本では美容師にチップを渡す必要はありません。むしろ、日本ではチップを渡すことは嫌われています。 

#第5回「日本でチップが認められるのはいつ?

ほとんどの場合はそうではありません。ただし、ガイド付きのツアーに参加した場合は、ガイドに10%のチップを渡すことができます。高級レストランや旅館では、10~15%のチップが加算されることがあります。これもチップと考えていいでしょう(支払うかどうかを選択していなくても)。芸者とプライベートな食事をする機会があれば、チップを渡しても構いません。繰り返しになりますが、敬意を持って、チップをきれいな封筒に入れて、両手で軽くお辞儀をして渡しましょう。

また、お読みください。

  1. 日本でどこに泊まるか決めかねていませんか?日本の旅館とホテルを比較してみましょう。
  2. 東京のカプセルホテルでユニークな体験をしてみませんか?
  3. 日本のセブンイレブンの美味しいおつまみ、ぜひ食べてみてくださいね
  4. 日本の駅周辺で一人旅の方におすすめの格安宿泊施設をご紹介します。ぜひチェックしてみてくださいね。
エラーが発生しました。コンテンツは保護されています!