日本の学年と年齢構成|日本の学校制度入門101

日本の学年と年齢構成

これがへのガイドです 日本の学年と年齢構成。日本の学校制度についてのすべてを知るために読んでください。

学校のシステムと構造は国によって異なります。国によって学年度の開始日が異なるため、子供が学校を始める年齢は異なる場合があります。

日本では、学年度は4月に始まり、翌年の3月に終わります。今年の4月2日から翌年の4月1日までの間に生まれた子供は同じ学年に入ります。

子どもたちは、その年の4月1日またはそれ以前に6歳の誕生日を迎えるその年の小学校の1年生を開始します。

日本は子供の人生の早い時期に教育を非常に重要視しています。そのため、子供たちが2。5〜3歳になるまでに就学前に就学することは珍しくありません。

日本の学年と年齢構成

日本の学校の成績

学年度には2つまたは3つの学期があります。これらの各学期は、春と冬の学期休みと通常6週間の夏休みで区切られます。クラスは月曜日から金曜日または土曜日に開催されます。これは学校によって異なります。

日本では、子どもたちが受ける12年間の正式な教育は、小中学校と中学校、高校と高等学校に分けられます。

日本人は9年制の小学校6年生と3年制の中学校に通うことが義務付けられています。

日本の教育制度における学年は次のように分けられます。

  • 小学校は1年生から6年生で構成されています
  • 中学校は7年生から9年生で構成されています
  • 高校は10年生から12年生で構成されています

9年間の義務教育の後、生徒は高校または中学校と高等学校を組み合わせた中学校に通うことを選択できます。

日本の教育制度はどのように機能していますか

日本の学校は5つのサイクルに分かれています。彼らです:

  • 3歳から6歳までの子供向けの保育園。
  • 6歳から12歳までの子供たちのための小学校としても知られている小学校。
  • 中学校、12歳から15歳までの子供のための中学校としても知られています。
  • 15歳から18歳までの子供のための高等学校としても知られている高校。
  • 大学または専門学校としても知られる大学、戦門学校としても知られる(一般的に2年から4年の期間)。

日本の教育制度とアメリカの教育制度の違い

日本では、小学校時代は道徳と倫理に重点が置かれています。数学、科学、音楽、体育などの標準的な科目に加えて、道徳について教えられる別の科目があります。この主題には、独自の教科書と割り当てられた時間が付属しています。この主題を紹介する目的は、道徳的なジレンマについての議論を容易にすることです。

もう一つの違いは、学校は15歳まで義務教育ですが、中学生の99%が高校に入学して教育を続けていることです。しかし、中退率が高く義務教育の年齢が異なるアメリカではそうではありません。

アメリカとは異なり、日本は農業、産業、技術訓練を専門とする学校への入学をタブーとは考えていません。

中学校まで、公立学校で勉強している学生は、登録料や学校の通学費を支払いません。

子供たちは日本の学校で何を学びますか?

日本の学校で教えられている科目は次のとおりです。

  • 数学
  • 日本語
  • 化学
  • 社会科
  • 音楽
  • 工芸品
  • 体育
  • 家政学

これらの科目に加えて、多くの小学校は現在、カリキュラムに英語を取り入れています。生徒には書道と俳句も教えられます。書道は、筆を墨に浸し、漢字とかなを芸術的なスタイルで書く日本の伝統的な芸術です。俳句は、17音節しかない伝統的な詩です。

日本での試験

日本での試験は、全世界で最も過酷でストレスの多い試験の一部です。中学校、高校、大学への進学を希望する学生は、非常に厳しい入試を通過する必要があります。

学生はこれらの試験の準備のために多くの眠れない夜を過ごします。これらの試験が愛情を込めて試験地獄または「四剣地獄」と呼ばれるのも不思議ではありません。通常の授業の後、狭い教室に座って、これらの試験に足を踏み入れることを期待して勉強している学生を見つけることがよくあります。

多くの学生が2年前にこれらの入学試験の準備を始めます。

大学も簡単な仕事ではありません。学生の約56%だけが最初の試みで選択プロセスに合格すると報告されています。失敗した人は、翌年に再試行する前に、1年間自分で勉強する必要があります。

日本の教育制度がとても良い理由は何ですか?

日本の教育制度は、全世界で最も優れたものの1つと見なされています。これは、通常の学者と一緒に、学生も道徳と倫理を教えられているためです。これは彼らに彼らを良い人間にすることに貢献するバランスの取れた教育を与えます。

しかし、すべての良い太もものように、日本の教育システムにもいくつかの欠点があります。多くの人は、それが学校の仕事やテストを中心に展開しすぎていると信じています。これは「がくれきしゃかい」と呼ばれています。

多くの人が、高校や大学に入学するための学生間のこの競争は不健康で不必要であると信じています。これにより、子供たちは、遊んだり楽しんだりする時間を楽しむべきときに、ほとんどの時間を勉強や試験の準備に費やすようになっています。

子どもたちが故障したり燃え尽きたりする例はたくさんあります。ストレスがたまらなかったため、多くの子供たちが学校を中退しました。

日本の教育レベル

世界基準でも、日本の教育水準はかなり高いと考えられています。でOECDs 15歳を目指している留学生アセスメントのためのプログラム(PISA)、日本からの留学生は、最高の成果の一部を記録しました。これは特に科学の分野で見られました。

多くの生徒は学校外の活動にも優れています。高校や大学への入学は、主に1月から3月に行われる入学試験を通じて行われます。

日本の特別支援学校

日本には、特別支援を必要とする子供たちのニーズに応えるために設立された学校がたくさんあります。これらの学校は、これらの子供たちに個々のニーズに合った教育を提供することを目的としています。

日本の師範学校と同様に、これらの学校も4つのレベルに分かれています。彼らは幼稚園、小学校、中学校、高等学校です。

これらの学校は、身体的および精神的な障害を持つ子供たちを支援することに取り組んでいます。彼らはまた、彼らが自立した性質を発達させ、社会参加を奨励するのを助けます。

重度の障害を持つ子供たちは、これらの特別な学校にフルタイムで在籍しています。軽度の障害のある子供は、通常の小中学校に通うだけでなく、生徒数が少ない特別クラスに入学することもできます。また、補足的な指導のために、週に数回リソースルームを訪問することもできます。

日本の学年と年齢構成:よくある質問

日本のどの学年で何歳ですか?

小学校向け-
1年生-6〜7歳
2年生-7〜8歳
3年生-8〜9歳
4年生-9〜10歳
5年生-10〜11歳
6年生-11〜12歳
中学校の場合-
7年生-12〜13歳
8年生-13-14歳
9年生-14〜15歳
高校向け-
10年生-15〜16歳
11年生-16〜17歳
12年生-17〜18歳

日本の学年はどのように構成されていますか?

日本では、学年度は4月に始まり、翌年の3月に終わります。各学年度は2学期または3学期に分けられ、その間に予定された学期休みと6週間の夏休みがあります。

日本の学年はどのくらいですか?

一般的に、日本の学童は毎日6時間半の学校に通っています。

日本では高校は何歳から始まりますか?

日本ではほとんどの子供が15歳から16歳で高校に入学します。

日本では何年の学校が義務教育ですか?

日本人は、小中学校を通じた9年間の義務教育に通う必要があります。

日本の教育は良いですか?

日本は100%強制学年に在籍しており、非識字率はゼロです。これにより、日本の教育制度は全世界で最高の教育システムの1つになり、日本の人口は最高の教育人口の1つになります。

日本の教育制度の何が問題になっていますか?

日本の教育制度の学生が直面する主要な問題のいくつかは、創造性の欠如、自由の欠如、そして将来のビジョンの欠如です。日本の教育制度は、テストや学校の仕事を中心に展開しすぎており、これにより多くの学生が燃え尽きて、最終的には中退しました。

日本の教育は厳しいですか?

はい、日本の学校には、すべての生徒が従わなければならない非常に厳しい規則があります。

また読む:

  1. 日本の年齢制限
  2. レストランで食べるときに使いやすい日本語のフレーズ
  3. 最高の日本のアンキデッキ
最高の恋愛アニメ映画

20ベストロマンスアニメ映画2021 |史上最高の恋愛アニメ映画

最高の日本の美白製品

おすすめ日本の美白製品ベスト102021