日本の木のリスト|知っておくべき4つの重要な日本の木!

日本の木のリスト

知っておくべき日本の木のリストです。見てみな!

日本は6,852の島々で構成されているので、広大な生物多様性の故郷であることは不思議ではありません。日本には、世界中でその美しさのために栽培されている多くのユニークな樹種が自慢の緑豊かな森があります。

これらの木は、日本と同様の温暖な気候で育ちます。日本原産の木々は、世界中の庭や通りに浸透しています。それらは、大小の造園計画に対応するためにさまざまなサイズで提供されます。

日本の文化において木はどのような役割を果たしていますか?

植物や花は日本文化において非常に重要な位置を占めています。それらの多くは、健康、強さ、長寿などを象徴しています。いくつかは修正され、家紋として使用されています。

「松」や松、「竹」や竹など、休暇中に重要な意味を持つ木もあります。この2本の木の枝は、日本の新年のお祝いに使用される日本の伝統的な装飾である「門松」を作ります。

「スギ」や日本の杉のような木は、日本の伝統の一部として崇拝されています。これらの常緑樹は、強力な武士の一族に関連する長寿と力を表すと考えられています。

何世代にもわたって受け継がれてきた神聖な木については、多くの民間伝承があります。木は神と自然の精霊の故郷であると信じられています。

日本人は常に自然のあらゆる側面に深い敬意と敬意を払ってきました。

これにより、彼らは自然と平和に共存することができました。自然の他の側面と同様に、木も日本の価値観や伝統において役割を果たしています。

日本の木のリスト

日本原産の木がたくさんあり、国の多くの島々に広がっています。これが最も人気のある日本の木のリストです。

さくらまたは桜

日本名:さくら|ラテン語名:Prunusspp。

桜は日本で最も人気のある木であり、日本の国花とも言われています。彼らはその装飾的な美しさで世界中に知られています。

桜の開花は春の始まりを示すことで知られています。桜は、淡いインクから明るいピンク、さらには白やアイボリーまでさまざまな色があります。

ソメイヨシノが最も人気のあるサクラの種類はたくさんあります。これらの木は大きく、高さ20〜40フィートに達することがあり、天蓋は15〜30フィートにもなることがあります。

開花のピークは通常4月4日頃です。花見が行われるのはこの時です。奈良時代(西暦710〜794年)には、宮廷のメンバーが桜の木の下に集まり、ピンクと白の花を見て鑑賞していました。ここから「花見」の伝統が生まれました。

今日、この伝統は、日本人が桜の木の下に集まり、家族や友人とピクニックを楽しむ非公式の祭りになっています。

もう一つの伝統は「夜桜」です。これは、提灯がこれらの木に掛けられ、人々が提灯のロマンチックな輝きの中で深夜のピクニックを楽しむときです。

桜の花びらは食用です。彼らはフレーバーやフレグランスの形で商業ビジネスへの道を見つけました。それらはお茶、漬物、お菓子、そして数種類のアルコールにも含まれています。

チェリーブロッサムフレグランスは、バスアンドボディワークスジャパニーズチェリーブロッサムファインフレグランスボディミストやイヴロシェチェリーブルームオードトワレなど、世界で最も人気のあるフレグランスです。

桜はスキンケアにも役立ちます。それらは抗酸化物質でいっぱいで、抗炎症特性を持ち、損傷した皮膚を修復することでも知られています。

もう一つの最近の傾向は桜の入れ墨です。桜はとても重要な意味を持っているので、ボディーアートにも人気があります。

日本のカエデの木

日本名:もみじ|ラテン名:イロハモミジ

日本のカエデの木には多くの種類があり、最も一般的なのはイロハモミジです。それらは平和と静けさの象徴であると考えられています。彼らはしばしば「キト」と呼ばれ、穏やか、休息、または平和を意味します。

真っ赤な葉は何世紀にもわたって目と心をとらえてきました。伝統的に、日本のカエデの木を植えることは秋の季節を歓迎する方法です。 「もみきがり」は、秋の山を訪れて野生のカエデの木を眺めることを目的とした日本の伝統です。

ほとんどの日本人は、これが自然や木に住む霊とのコミュニケーションの一形態であると信じています。

秋になると、日本の山々はカエデの木のために真っ赤、黄色、オレンジ色に変わります。これらの壮大な木々は、日本の芸術や詩で人気のあるテーマになっています。

それらのほとんどは、カエデの葉の落下について話したり描写したりします。カエデの葉のモチーフは日本では一般的な光景です。着物、扇子、壁画によく見られます。彼らは優雅さと平和を表すので、彼らはまた入れ墨のための一般的な選択です。

盆栽の芸術は、最近、家の装飾として多くの人気を得ています。日本のカエデの木は、さまざまな気候に簡単に適応し、美しい色をしているため、最も一般的に使用されている木の1つです。

大阪ではカエデの葉の炒め物が珍味になっています。カエデの葉は1年間塩の樽に入れて保存し、天ぷら生地に浸して揚げて独特の味わいに仕上げます。

クロマツ

日本名:赤松|ラテン語名:Pinus densiflora

「松」は松の木の日本語名です。 「松」という言葉は、日本語で「神の魂が天から降りてくるのを待つ」という意味です。神々が松の木で天国に昇ったという古代の神道の信念があります。

江戸時代以前は、松の木は男らしさを連想させるため、甲冑や刀は松の枝で飾られていました。ですから、これらの見事な木々が日本文化において非常に重要な意味を持っているのも不思議ではありません。

日本の文化では、松の木は幸運、長寿、そして不動の象徴であると考えられています。これらの常緑樹は日本の新年の伝統の一部であり、再生、更新、そして希望に満ちた未来を表しています。松の枝は、お正月の飾りに使われる「門松」の一部です。

日本の木

松は神社の敷地内によく見られます。訪問者は「おみくじ」または紙の財産を自分の枝に結び付けます。これらの木は不運や悪霊を追い払うと信じられているので、周囲に松の木が生えている大きな神社を見るのはよくある光景です。

2011年3月の東日本大震災と津波の後、1本の松を除いて7万本の松林が破壊されました。この木は、回復力と決意の国家のシンボルとして知られるようになりました。

日本では「テイク」として知られている竹は、地球をつなぐと信じられている頑丈な根の構造で長い間知られています。これが、地震の際に人々が竹林に避難するように求められた理由です。竹は日本の繁栄の象徴です。 「しょうちくばい」と呼ばれる松や梅と組み合わせると、長寿命、丈夫さ、活力を象徴します。

日本の木の種類

竹は何世紀にもわたって古代の物語の一部でした。人気のある物語の1つは、「かぐや姫」またはかぐや姫としても知られる「竹取物語」の物語です。竹にインスパイアされた表現が日本全国でたくさん使われています。

「竹を木に移植するような」、「竹と木を組み合わせる」、「やぶいしゃ」(「やぶ」という言葉を組み合わせて作られた無能な医者のいんちき)などの表現。は竹を意味し、「イシャ」は医者を意味します)、「やぶへび」(不必要な行為から不幸を刈り取る)が一般的です。

日本の木の種類

竹はまた、幸運をもたらし、悪を追い払うと信じられています。日本のお祭りでは、竹と竹草がよく見られます。七夕まつりでは、紙に願い事を書いて、笹に結びます。周囲に竹林が生え、悪の障壁となる神社もあります。

竹の日本の木

日本人は何世紀にもわたって日常生活で竹を使用してきました。竹は建設や手工芸品の製造に使用され、日本料理の大きな部分を占めています。

スギ

日本名:杉|ラテン名:Cryptomeria japonica

「スギ」としても知られる日本の杉は、日本の国の木です。日本の島々だけに自生する常緑樹です。それらは100フィート以上の高さと10フィートの幹の直径に成長することができる大きな木です。

日本の木の種類

これらの木の木材は柔らかく、まっすぐな丸太として簡単に入手できます。したがって、それらは橋、船、ランプポスト、家具、およびフェンスの建設に一般的に使用されます。これらの杉の葉は香りが良く、線香作りに使われています。

日本の木

最も有名な日本の杉は、屋久島の古代の縄文杉です。これは、2、000〜7、200年前と考えられている日本の杉に対抗しています。現在はユネスコの世界遺産に登録されています。

日本の木のリスト:FAQ

日本で最も人気のある木は何ですか?

桜や桜は日本で最も人気のある木です。繊細なピンクや白の花は4月4日頃に満開になります。

日本には何種類の木がありますか?

日本には約4,500種の在来植物があります。

日本の国の木は何ですか?

スギは日本の国の木です。

また読む:

  1. 日本の果物が高い理由
  2. 日本でマンゴーが高い理由
  3. 日本のメロンが高い理由
おすすめの日本の緑茶

最高の日本茶2021

日本でのInvisalignの費用

日本におけるInvisalignのコスト2021 |日本のInvisalignのベストガイド