日本からの6人の最も影響力のある女性ファッションデザイナー2021

東京の子供たちと一緒にやるべきこと

日本からの最も影響力のある女性ファッションデザイナーはまだ彼らの仕事を生き続けています!彼らが誰であるかを知るためにさらに読んでください!

世論に反して、日本のファッションはロリータトレンド以上のものであり、日本からの最も影響力のある女性ファッションデザイナーはそれが正しいことを証明しました!

日本で最も影響力のある女性ファッションデザイナーは誰ですか?

日本で最も影響力のある女性ファッションデザイナーは次のとおりです。

  • Hanae Mori
  • Yumi Katsura
  • Rei Kawakubo
  • Michiko Koshino 
  • Chisato Tsumori
  • Tae Ashida

ベンチマークを行うために世界の他の地域のグローバルスタンダードを設定しただけでなく、ファッションの革新的な技術を開発し、独創的な新しいデザイナーが日本のファッションを新しいものに変えるための繁栄するプラットフォームを生み出しました。標準。

正直なところ、日本のファッションの最大の魅力は、ストリートに出せることです。どれもファストファッションではありませんが、滑走路にたどり着くものは、いくつかのワードローブにも入ります。ファッションデザイナーのブランドのいくつかは本当にクールです。

日本の人々は常にファッションセンスを高めることに熱心です。たぶんそれが彼らが決して時代遅れにならない理由です。日本のファッション文化はかなり進んでおり、日本のファストファッションブランドはそれをさらに前進させています

世界の他のすべてのように、ファッションの領域も男性によって支配されています。日本のように性差別が蔓延し、それを隠す努力がない国では、女性の成功はまれです。

これらの女性がどこにいるのかを知るために、すべての障害物を繰り返し叩きつけたに違いない、ある種の決意を想像してみてください。これらのファッションデザイナーの中には、日本の文化に触発され、同じスタイルを取り入れている人もいます。

私は、世界で自分たちのためにスペースと名前を作った、日本からの最も影響力のある女性ファッションデザイナーの何人かについて話している。

楽しみのために、これらの象徴的なデザイナーを、日本の新しいデザイナーではなく、業界のベテランであるファッションの世界での時間と存在感に従ってリストしました。以下、日本で最も影響力のある女性ファッションデザイナーをチェックしてみましょう。

関連:どこをチェックしてください オニツカタイガーアウトレット かっこいい靴を手に入れよう!

日本から最も影響力のある女性のファッションデザイナー

Hanae Mori (1926 – )

出典:Unsplash

運と呼んでも、大変な仕事と呼んでも、どちらも少しだけだったかもしれませんが、日本で最も影響力のある女性ファッションデザイナーの一人である森英恵は、映画館の真向かいにブティックを開くことを決意したため、金メダルを獲得しました。

もう少し背景—彼女は沿岸県で生まれ育ちました。荒涼とした島根県で、その後、より良い機会を見つけ、できれば途中で夫を見つける必要があると考えました。それで彼女は東京に引っ越しました。

彼女は結婚すると、やることがあまりないことに気づき、妻の義務が退屈のトラックのように彼女を襲った。しかし、彼女は忙しくするために洋裁学校に入学しました。次に知っているのは、1950年代までに東京に最初のブティックをオープンしたことです。

彼女は、ブティックの幸運な場所が映画監督の黒本宗次郎によって発見され、彼の映画の衣装をデザインすることになることをほとんど知りませんでした。それが彼女の本当のキャリアの始まりでした。

森は現在、世界的に認められたデザイナーであり、彼女の優れたコレクションで表彰されています。彼女は、ニューヨークとパリの滑走路で彼女のデザインを歩いたことがある、2人の日本人デザイナーの1人です。

彼女は60年代にココシャネルのブティックを訪れたことに触発された後、オートクチュールの世界に入りました。彼女の最も際立ったスタイルには、衣服に蝶のモチーフが含まれています。彼女のファッションデザイナーのドレスはとてもクールで派手です。

彼女の最も人気のある作品のいくつかは、ミュージカルのシンデレラとエビータのデザインに加えて、エレクトラと蝶々夫人と呼ばれるオペラの衣装のデザインを含みます。間違いなく、彼女は日本で最も影響力のある女性ファッションデザイナーの一人です。

関連:チェック 日本で買う化粧品 いつでもあなたは派手な服を着るつもりです!

Yumi Katsura (1932 – )

ファッションカルチャージャパン
出典:yumikatsuracouture.com

あなたがブライダルウェアを考えているなら(そしてあなたがお金を持っているなら)もう探す必要はありません!桂由美は、ブライダルファッションの女王と呼ばれているのには理由があります。

ユミはまた、子供の頃から洋裁に携わってきた、日本で最も影響力のある女性ファッションデザイナーの一人です。彼女は母親が学校で生徒に教えるのを見て育ち、彼女が必要とする詳細と専門知識に目を向けました。

しかし、彼女が正式にファッションデザインの世界に足を踏み入れたのは、共立女子大学に通った後のことでした。

ここで彼女はアパレル科学研究を専攻しました。その後、彼女はパリに移り、著名なエコールドゥラシャンブルシンジケールドゥラクチュールパリジェンヌで学び、オートクチュールの芸術を学びました。

それは彼女にとって大きな足がかりのようでした。 1964年、初のブライダル衣装店をオープンしただけでなく、日本で初のブライダルショーを開催。

その後まもなく、彼女は「ブライダルブック」を出版しました。これは、ブライダルファッションの本について知っておくべきすべてのことです。日本市場でも類を見ないものでした。

彼女の作品は世界中で愛されています。実際、サックスフィフスアベニュー、ヘンリベンデル、バーグドルフグッドマン、ニーマンマーカスなど、世界最大かつ最も著名な店のいくつかは、ドレスを購入して店に置いていました。

彼女の名前はブライダルウェアに付けられているので、桂由美ブライダルミュージアムは1988年に神戸で発表されました。最近、彼女は日本で最も影響力のある女性ファッションデザイナーになりました。

関連:チェック コスプレウィッグを購入する場所 あなたがあなたの好きなアニメキャラクターのように服を着たいなら!

Rei Kawakubo (1942 – )

新しい日本人デザイナー
出典:Unsplash

日本で最も影響力のある女性ファッションデザイナーの一人である川久保玲は、婦人服がどうあるべきかという固定観念を打ち破りました。彼女は「男の子のように」を意味するコムデギャルソンと呼ばれる女の子向けのブランドを立ち上げたので、彼女を革命的と呼んでください。

なぜ男の子がすべての楽しみを持っているべきなのかを言う代わりに、彼女はそれを自分の服のラインに示しました。彼女は、特大で非対称で、女性にとてもよく似合う快適なフィット感を生み出しました。

しかしもちろん、男性はそれをとても気に入っていたので、9年間の革新的なコムデギャルソンの継続の後、川久保玲は男性にも同じ要素を取り入れたメンズウェアラインのオムを立ち上げました。

彼女のこのインスピレーションは、女性が男性に似ている快適な服を信じていたココシャネルから来ました。その後、レイはパリに移り、最初のコレクションでショーを行い、同じ街に自分のブティックをオープンしました。

慶應義塾大学で美術を学び始めたとき、かかともミニスカートも女性用のスチレットヒールもありませんでした。

彼女は、彼女が独り立ちする何年も前からテキスタイルデザインで日本から最も影響力のある女性ファッションデザイナーでもある旭化成の下でしばらく働いていました。

Michiko Koshino (1943 – ) 

日本文化にインスパイアされたファッションデザイナー
出典:shop.michikokoshino.co.uk

コシノミチコのデザインは、オリエンタルスタイルとウエスタントレンドの恋愛関係であり、長い間日本で最も影響力のある女性ファッションデザイナーとなっています。彼らは皆、あなたがあなたを刺激するものからインスピレーションを引き出すべきだと言っています。

彼女のインスピレーションの重要な部分は、80年代と90年代の音楽からのものであり、それは彼女の作品に表れています。

ミチコと彼女の他の2人の兄弟はすべてファッションの世界にいます。そこでは、母親のファッションブティックに触れ、非常に若い年齢でそれを作るために何が必要かを知っていることがすべての功績です。

文化服装学院で学んだ後、ロンドンに移り、象徴的なスタイルから「ミチコロンドン」として知られるようになりました。

Michiko Londonは常にルールを変えており、実際には新しいスタイルに取り組み、新しいファブリックをデザインに取り入れることで独自のルールを作成しています。彼女の作品は、未来的で、持続可能で、スタイリッシュであると見なされています。彼女は何も軽蔑しません。

彼女の主な焦点は、快適でセクシーでありながら、トレンディで若く、少し年上の世代でも着ることができる服を作ることにあります。

彼女の教育は、ファッションの技術、ドレスに使用されている素材の影響、そして商業面への影響を理解する上で大きな役割を果たしてきました。彼女は間違いなく「日本で最も影響力のある女性ファッションデザイナー」の称号に値する。

Chisato Tsumori (1954 – ) 

ファッションデザイナーのドレス
出典:tsumorichisato.co.jp

彼女はまだファッションの世界に足を踏み入れましたが、服のデザインに最先端のテクノロジーを使用したことで有名な三宅一生の見習いとして知られることで、小さなボートと評判を得たかもしれません。

彼女はIS津森千里デザインの命名を主導した一世のスポーツラインのリードデザイナーとして活躍し、間違いなく日本で最も影響力のある女性ファッションデザイナーの一人です。

日本のファッション
Source: tsumorichisato.co.jp

1990年頃、彼女は外に出て自分の道を切り開き、自分のレーベルの作成に集中しました。彼女は、現代アート、日本の文化、猫からインスピレーションを得た独自のハンドバッグとカラフルなドレスのラインを立ち上げました!彼女の商品のいくつかは手描きです。

同年、彼女は東京ファッションウィークでデビューし、日本で最も影響力のある女性ファッションデザイナーの一人になりました。

千里の有名な作品には、人気の刺繡や豪華なテキスタイルのビーズ細工などがあります。彼女は、非常に著名な毎日新聞賞を受賞した数少ないデザイナーの一人です。

彼女は埼玉で育ち、そこから東京に移り、文化服装学院で学びました。その後、彼女が移動した唯一の方向は上向きでした。

彼女は多くの旅行をし、フランス文化への嗜好を育んだので、彼女がパリに最初の国際的な店を開くことを選んだのは当然でした。

彼女がパリファッションウィークで最初のショーを行ったのは2003年であり、その結果、米国、スカンジナビア、ロシア、イタリアに拡大する機会が開かれました。

Tae Ashida (1964 –)

日本のファッションデザイナーブランド
出典:Unsplash

彼女は間違いなく若者にとって日本で最も影響力のある女性ファッションデザイナーであるため、彼女の才能を縁故主義と間違えないでください。象徴的なファッションデザイナーである父親の芦田淳からの支援、影響力、トレーニングを受けたことは確かですが、彼女は長い道のりを歩んできました。

彼女は東京で生まれ育ち、ロードアイランドデザインスクールで美術学士号を取得しました。

芦田さんのデザイナーとしてデビュー。現在芦田淳の下で働いている間、彼女は会社を引き継ぐために訓練され、手入れされています。

テの専門知識は、彼女を日本で最も影響力のある女性ファッションデザイナーの一人にするユニフォームと構造化された服のデザインにあります。

彼女は東京トラストバンクの女性従業員のために、そして東京のディズニーリゾートのショーマンのためにさえユニフォームをデザインしました。

日本で最も女性のファッションデザイナーは誰ですか?

私はこれらのデザイナーのほとんどからファッショナブルな服を知って試しましたが、最も影響力のあるのは川久保玲のスタイル、服の選択、そして彼女の専門知識です。

川久保玲は、「男の子のように」を意味するコムデギャルソンという女の子向けのブランドを立ち上げた革新的なデザイナーです。彼女はまた、メンズにも同じ要素を取り入れたメンズウェアラインのオムを立ち上げました。彼女はパリと日本を拠点としています。レイはまた、という本を書いています ルイヴィトンシティバッグ:自然史。彼女はまた、世界中で最も有名な女性デザイナーの一人です。

ファッションファッショニスタ

これらの日本のファッションデザイナーは、すべてマスターのおかげで、日本がファッションで非常に進歩している理由の1つです。

私の記事を願っています-日本の最も影響力のある女性ファッションデザイナーがあなたを助けてくれました!

東京の子供たちと一緒にやるべきこと

東京2021で子供たちとやるべき10のベストなこと

日本で多言語関係を機能させる方法

日本で多言語関係を機能させる方法:6つの方法