日本人が日付を書く方法

日本人が日付を書く方法

私たちの日本語学習シリーズでは、日本人が日付を書く方法があります。日本人がどのように日付、時間、月、年を書くかを知るために読んでください。

日本語で日付を書いたり伝えたりするのはそれほど複雑ではありません。ただし、初めての人にとっては、すべてが非常に混乱しているように見える場合があります。日付を述べるにはさまざまな方法があり、国によって異なります。また、日本人は2つの暦を使用します。1つは現代のグレゴリオ暦で、もう1つは日本の伝統的な暦であるネンゴ暦です。

日本人の日付の書き方を知りたい場合は、読み続けてください。あなたは日付についてのすべてを見つけるだけでなく、日、月、年の名前を正しく発音することができます。

日本人が日付を書く方法

日本の日付形式

イギリス英語では、日付は通常2021年4月17日または2021年4月17日と書かれていることに気付くでしょう。従う通常の形式は、日/月/年です。アメリカ英語では、日付の形式は2021年4月17日、または2021年4月17日です。アメリカ英語で従う通常の形式は日/月/年です。

ただし、日本では順序が逆になっています。日本で採用されている形式は、年/月/日付です。

日本での日付の書き方の例は次のとおりです。

今日は20 2 1年 4 月17日です

  • 今日は = kyô wa: today…
  • 21年-=ni-sèn'jû-kyû-nèn ':2019年
  • 4 月 = ni-gatsu: April
  • 17日 = jûshichi-nichi: the 17th
  • です=です:物事を単純にするために、動詞「tobe」

部分的な日付、つまり年がない日付の場合、通常は月と日と表記されます。

例えば、

  • jyuu-gatsu san-jyuu-ichi-nichi 10月31日 – Month 10, day 31 (Halloween)
  • jyuu-ni-gatsu ni-jyuu-go-nichi 12月25日 – Month 12, day 25. (Christmas)

関連: 簡単な会話に使う基本的な日本語

日本語の年

年を記載する必要がある場合は、年を記載して漢字を追加するだけです。

通常、日本ではグレゴリオ暦が使用されます。しかし、彼らはまた、日本の天皇の治世に基づいたカレンダーを使用するかもしれません。 2019年5月以降、日本は「令和」帝国時代に入りました。これは、日本に旅行するときに印刷されたチケットで確認できます。

日本の伝統的な暦は、英語では帝国暦として知られています。このカレンダーは日本の時代の名前に関連しています。これらの時代のそれぞれは、皇帝の治世から始まります。

このカレンダーは、結婚式の招待状、お祝い、郵便切手などの正式な招待状に最もよく使用されます。このカレンダーはまた、公式の論文で使用するために政府によってフォローされています。お金で見る日付もねんごシステムに従って書かれています。

日本語で相対年をどのように表現しますか?

相対的な年数を日本語で説明する方法は次のとおりです。

  • 今年 ことし (Kotoshi) : This year
  • 去年 きょねん (Kyonen) : Last year
  • 一昨年 おととし (Ototoshi) : The year before last year
  • 来年 らいねん (Rainen) : Next year
  • 再来年 さらいねん (Sarainen) : The year after next year
  • 閏年 うるうどし (Urūdoshi) : Leap year
  • 毎年 まいとし (Maitoshi) : Every year

これらを使用して会話を開始する方法の例を次に示します。

  • 今年は2019年です。
    Kotoshi wa ni-sen jū kyū-nen desu.
    This year is 2019.
  • 来年の2020年はうるう年です。
    Rainen no ni-sen ni-jū-nen wa urūdoshi desu.
    The next year of 2020 is a leap year.
  • 2005年は平成17年です。
    Ni-sen go-nen wa Heisei jū nana-nen desu.
    2005 was year seventeen of the Heisei era.
  • 私は2012年に結婚しました。
    Watashi wa ni-sen jū ni-nen ni kekkon shimashita. 
    I got married in 2012.

関連: 食品注文のための簡単な日本語

日本語の月

日本人が日付と月を書く方法

繰り返しになりますが、日本の年と同じように、話している月に対応する数字を書いて、それに漢字の「ガツ」を追加するだけです。

方法は次のとおりです。

  • 1月 ichi-gatsu: January
  • 2月 ni-gatsu: February
  • 3月 san-gatsu: March
  • 4月 shi-gatsu: April
  • 5月 go-gatsu: May
  • 6月 roku-gatsu: June
  • 7月 shichi-gatsu: July
  • 8月 hachi-gatsu: August
  • 9月 ku-gatsu: September
  • 10月 jû-gatsu: October
  • 11月 jûichi-gatsu: November
  • 12月 jûni-gatsu: December

関連: 日本のしつけの子供たちはどのように

日本語で相対月をどのように表現しますか?

相対的な月を日本語で説明して、文章に意味を追加する方法は次のとおりです。

  • 今月 こんげつ (Kongetsu) : This month
  • 先月 せんげつ (Sengetsu) : Last month
  • 先々月 せんせんげつ (Sensengetsu) : Month before last month
  • 来月 らいげつ (Raigetsu) : Next month
  • 再来月 さらいげつ (Saraigetsu) : Next next month
  • 毎月 まいつき (Maitsuki) : Every month

これらの相対的な月を会話に適切に追加するのに役立ついくつかの例を次に示します。

  • 私は六月生まれです。
    Watashi wa roku-gatsu umare desu.
    I was born in June.
  • 日本では四月に学校が始まります。
    Nihon de wa shi-gatsu ni gakkō ga hajimarimasu.
    School starts in April in Japan.
  • 私の誕生日は先月でした。
    Watashi no tanjōbi wa sengetsu deshita.
    My birthday was last month.
  • 今月は仕事が忙しいです。
    Kongetsu wa shigoto ga isogashii desu.
    This month is busy with work.

関連: レストランで食べる日本人

曜日

日本では、月曜日に始まる他の国とは対照的に、週は正式に日曜日に始まります。

曜日は次のとおりです。

  • 日曜日 nichi-yôbi: Sunday (“Day of the Sun”)
  • 月曜日 getsu-yôbi: Monday (“Day of the Moon”)
  • 火曜日 ka-yôbi: Tuesday (“Day of Fire”)
  • 水曜日 sui-yôbi: Wednesday (“Day of Water”)
  • 木曜日 moku-yôbi: Thursday (“Day of Wood”)
  • 金曜日 kin-yôbi: Friday (“Day of Gold”)
  • 土曜日 do-yôbi: Saturday (“Day of the Earth”)

今週の相対的な語彙

  • 平日 へいじつ (Heijitsu) : Weekday
  • 週末 しゅうまつ (Shūmatsu) : Weekend
  • 今週 こんしゅう (Konshū) : This week
  • 先週 せんしゅう (Senshū) : Last week
  • 先々週 せんせんしゅう (Sensenshū) : Week before last week
  • 来週 らいしゅう (Raishū) : Next week
  • 再来週 さらいしゅう (Saraishū) : Next next week
  • 毎週 まいしゅう (Maishū) : Every week

これを理解するのに役立ついくつかの例を次に示します。

  • 今週は金曜日が休みです。
    Konshū wa kin-yōbi ga yasumi desu.
    Friday is off this week.
  • 2月4日は月曜日です。
    Ni-gatsu yokka wa getsu-yōbi desu.
    February 4th is Monday.
  • 来週の土曜日は結婚記念日です。
    Raishū no do-yōbi wa kekkon kinenbi desu.
    Saturday of next week is a marriage anniversary.
  • 月曜日から金曜日まで仕事で忙しいです。
    Getsu-yōbi kara kin-yōbi made shigoto de isogashii desu.
    I am busy with work from Monday to Friday.

月の日

月の日については、日本人は単純な規則に従います。彼らは通常このようにそれを書きます–数+日日。ただし、これらの半分以上が不規則であることに気付くでしょう。これがその月のすべての日のリストです。アスタリスクが付いているのは不規則な単語です。

  •  1 日 tsuitachi*
  • 2日 futsuka*
  • 日みっか*
  • 日よっか*
  • 5日 itsuka*
  • 6日 muika*
  • 7日 nanoka*
  • 8日 youka*
  • 9日 kokonoka*
  • 10日 tooka*
  • 11日 jûichi-nichi
  • 12日 jûni-nichi
  • 13日 jûsan-nichi
  • 14日jûyokka*
  • 15日 jûgo-nichi
  • 16日 jûroku-nichi
  • 17日 jûshichi-nichi
  • 18日 jûhachi-nichi
  • 19日 jûku-nichi
  • 20日 hatsuka*
  • 21日 nijûichi-nichi
  • 22日 nijûni-nichi
  • 23日 nijûsan’-nichi
  • 日nijûyokka*
  • 25日 nijûgo-nichi
  • 26日 nijûroku-nichi
  • 27日 nijûshichi-nichi
  • 28日 nijûhichi-nichi
  • 29日 nijûku-nichi
  • 30日 sanjû-nichi
  • 31日 sanjûichi-nichi

特別な読みは最初の10日間です–

  • 1日 tsuitachi – first
  • 2日 futsuka – second
  • 3 ikmikka-3番目
  • 4 okyokka-フォース
  • 5日 itsuka – fifth
  • 6日 muika – sixth
  • 7日 nanoka – seventh
  • 8日 youka – eighth
  • 9日 kokonoka – nineth
  • 10日 tooka – tenth

11以降、「nichi」は日を表すために使用されます。この規則の唯一の例外は20日目で、これは「はつか」と読みます。

相対的な日数をどのように説明しますか?

これらの相対的な日を説明する方法は次のとおりです。

  • 今日 きょう (Kyō) : Today
  • 昨日 きのう (Kinō) : Yesterday
  • 一昨日 おととい (Ototoi) : The day before yesterday
  • 明日 あした (Ashita) : Tomorrow
  • 明後日 あさって (Asatte) : The day after tomorrow
  • 毎日 まいにち (Mainichi) : Everyday

コツをつかむのに役立ついくつかの例を次に示します。

  • 今日は六月一日です。
    Kyō wa roku-gatsu tsuitachi desu.
    Today is June 1st.
  • 五月五日は子供の日で、祝日です。
    Go-gatsu itsuka wa kodomo no hi de, shukujistu desu.
    May 5th is Children’s Day and it is a national holiday.
  • 私の誕生日は二月二十日です。
    Watashi no tanjōbi wa ni-gatsu hatsuka desu.
    My birthday is February 20th.
  • 4月24日の天気予報は雨です。
    Shi-gatsu ni-jū yokka no tenki yohō wa ame desu.  
    The weather forecast on April 24th is rain.

なぜ日本の日付がより理にかなっているのですか?

これで、日本人が日付を書く方法についてすべて知っています。また、あなたは日本の日、月、年に精通しています。それでは、このフォーマットが世界中で使用されている他のすべてのフォーマットよりもはるかに理にかなっている理由を詳しく見ていきましょう。

はい、日付を書く日本語の形式は本当に理にかなっています。実際、世界のさまざまなものの標準を作成することで知られている国際標準化機構は、日付形式の標準化を目的としていました。

国際規格に従って、日付は年/月/日またはYYYY / MM / DDとして記述されます。年は4桁、月は2桁、日は2桁です。これは、日本で採用されているのと同じ形式です。日本での唯一の違いは、月に2桁、日に2桁を書く必要がないことです。

なぜ年が最初に来るべきですか?

日付を書くときに最初に年を書くべきである論理的な理由は、それがすべての中で最大であるということです。したがって、最大のコンポーネントを最初に保持することは非常に論理的です。これは、他のいくつかのものに適用されるのと同じルールです–

  1. 時間を書くときは、時が分よりも大きいため、常に最初に時、次に分を書きます。したがって、時刻は18:20と記述されます。つまり、時は18、分は20です。
  2. 人の身長を書くとき、足はインチよりも大きいため、足は常にインチよりも前に来ます。高さは人が5'4 "と書かれています。

したがって、この論理規則に従って、日付を書くときは、年を最初に書く方が理にかなっているようです。

日本人がどのように日付を書くかについてすべて知ったので、あなたはそれに続くのに十分自信がありますか?

また読む:

  1. 日本人が食べる前に言うこと
日本のトップアンキデッキ(1)

6ベスト日本のアンキデッキ2021 |アンキで日本語を学ぶためのガイド

日本人が両親を呼ぶ方法

日本人はどのように両親を呼びますか? |日本の子供たちが彼らの親に取り組む6つの方法