最高の日本のクレンジングオイル2021

最高の日本のクレンジングオイル

最高の日本のクレンジングオイルで、数分で最も頑固なメイクを肌から取り除きます。オイルクレンザーの使用は肌にも最適です。肌に栄養を与える成分を配合した最高の日本のクレンジングオイルが、お肌を柔らかくしなやかにし、潤いでふっくらとさせます。

そして、オイルクレンザーが脂性肌やニキビができやすい肌タイプに適していないことを考えないでください。日本の最高のクレンジングオイルのいくつかは、特に脂性肌用に配合されています。余分な皮脂を取り除き、毛穴の詰まりを防ぎます。

最高の日本のクレンジングオイル:クイックサマリー

最高の日本のクレンジングオイル 最適 リンク
Senka All Clear Cleansing Oil – $15.97  すべての肌タイプ アメイゾで見るn
FANCL Mild Cleansing Oil – $23.00  敏感肌 アメイゾで見るn 
DHC Deep Cleansing Oil – $28.01  油性肌 アマゾンで見る
Shiseido Tiss Deep-Off Face Cleansing Oil – $41.81  敏感肌 アマゾンで見る 
KOSE SOFTYMO Speedy Cleansing Oil – $9.77  にきびを起こしやすい肌 アメイゾで見るn 
Minon Amino Moist Milky Cleansing Gel – $19.50  乾燥肌 アメイゾで見るn 
DHC Olive Concentrated Cleansing Oil – $32.00  乾燥肌 アマズで見るOn 
Shu Uemura Anti/Oxi + Pollutant & Dullness Clarifying Cleansing Oil – $44.83  すべての肌タイプ 見る アメイゾについてn 
ROHTO Hadalabo Gokujun Cleansing Oil – $19.99  すべての肌タイプ あまを見るOn 
Attenir Skin Clear Cleanse Oil – $34.99  防水メイク アメイゾで見るn 

これらの日本のクレンジングオイルのいくつかは、乾燥肌や敏感肌タイプ向けにも配合されており、必要なエッセンシャルオイルと水分補給を肌に提供します。

日本で最高のクレンジングオイルはどれですか?

私はいくつかの日本のクレンジングオイルをテストして、最良のものを見つけました。私はそれらの洗浄力、水分補給、保湿、成分、および用途に基づいてそれらをテストしました。 DHCオリーブコンセントレートクレンジングオイルが日本の最高のクレンジングオイルであることがわかりました。

DHCオリーブコンセントレートクレンジングオイルは、ほとんどの肌タイプに最適で、特に乾燥肌におすすめです。濃縮オリーブオイルを配合したこのクレンジングオイルは、べたつかないです。肌にやさしく、メイク、日焼け止め、汚れ、汚れを落とすのに十分なパワフルです。敏感肌の方にもお使いいただけます。アマゾンで入手可能で、価格は$ 32.00です。

だから、以下のあなたの肌タイプに最適な日本のクレンジングオイルをチェックしてください!

最高の日本のクレンジングオイルのための私たちのトップピック

日本のトップクレンジングオイル

#1 —専科オールクリアクレンジングオイル

すべての肌タイプに最適な日本のクレンジングオイル

専科オールクリアクレンジングオイルは、軽量でオイルからミルクへのテクスチャーで、肌の汚れや油分を取り除きます。

しかし、それはあなたの肌に潤いと潤いを与えます。この最高の日本のクレンジングオイルは、ヒアルロン酸と天然由来のシルク繭エッセンスを配合しており、肌を潤いでふっくらとさせます。

また、毛穴を深くクレンジングし、汚れ、にきび、余分な皮脂を取り除く米ぬか油が含まれています。

主な機能

  • 軽量フォーミュラ
  • 油乳の質感
  • 肌に潤いを与えます
  • ヒアルロン酸、シルク繭エッセンス、米ぬか油配合
  • うるおいのあるふっくらとした肌
  • 汚れ、にきび、余分な皮脂を効果的に取り除きます
  • ほとんどの肌タイプに適しています

関連:洗顔でフォローアップして、すべての不純物を二重に洗い流してください!

#2 —ファンケルマイルドクレンジングオイル

敏感肌用のベストジャパニーズクレンジングオイル

ファンケルマイルドジャパニーズクレンジングオイルは、メドウフォームシードオイルや大豆油などのオイルを独自にブレンドし、毛穴を詰まらせる可能性のある汚れやメイクを瞬時に溶かして取り除きます。

クレンジングオイルがお肌を柔らかくしっとりとさせます。クレンジングオイルは、肌の天然オイルを完全に取り除くことなく、メイク、汚れ、汚れを効果的に取り除きます。

クレンジングオイルには、防腐剤、香料、人工着色料は含まれていません。

主な機能

  • メドウフォームシードオイルや大豆油などの軽油をブレンドした配合
  • 肌を柔らかくしっとりとさせます
  • 天然オイルを肌から剥がすことなく、頑固なメイク、汚れ、汚れを効果的に取り除きます
  • 防腐剤は添加されていません
  • 無香料
  • 人工着色料は追加されていません
  • 敏感な皮のために適した

関連:日本のトップスキンケアブランドのこれらのボディローションで柔らかな肌を手に入れよう!

#3 —DHCディープクレンジングオイル

脂性肌に最適な日本のクレンジングオイル

これは、日本だけでなく世界中で最も売れている日本のクレンジングオイルの1つです。スキンケアの巨人はそれ自体がカルトのお気に入りであり、この日本のクレンジングオイルもそうです。

DHCクレンジングオイルが溶けて、メイクや汚れなどの不純物を溶かします。それはあなたの肌を柔らかく、輝き、そしてきれいにします。クレンジングオイルは、マスカラ、 メイクアップファンデーションUV日焼け止め、その他の汚れと結合し、温水ですすぐと簡単に落ちます。残留物はゼロです。

この最高の日本のクレンジングオイルは、有機オリーブオイル、ローズマリーリーフオイル、ビタミンEを配合しています。

オリーブオイルは、毛穴を詰まらせることなくフリーラジカルによる皮膚の損傷と戦うのに役立つ豊富な抗酸化物質です。また、肌の水分バリアを維持し、水分を閉じ込めるのにも役立ちます。

ローズマリーリーフオイルはクレンジングオイルにさわやかな香りを与え、ビタミンEはフリーラジカルから肌を保護します。

パラベンや人工香料を含まないクレンジングオイル。

主な機能

  • オリーブオイル、ローズマリーリーフオイル、ビタミンE配合
  • 頑固なメイク、日焼け止め、汚れ、汚れを溶かして溶かします
  • 残留物をゼロにします
  • 抗酸化物質が豊富
  • フリーラディカによる皮膚の損傷と戦います。
  • 肌の自然な水分バリアを保護するのに役立ちます
  • ローズマリーリーフオイルによるさわやかなナチュラルフレグランス
  • 毛穴を詰まらせません
  • パラベンフリー
  • 人工着色料なし
  • 脂性肌タイプに適しています

関連:柔らかくしなやかな肌のために、これらの最高の日本の保湿剤の1つを追加してください!

#4 —資生堂ティスディープオフフェイスクレンジングオイル

敏感肌用のベストジャパニーズクレンジングオイル

資生堂は、多くの人に愛されているもう一つの日本のスキンケアの巨人です。日本の最高のスキンケアブランドの1つであり、同じブランドのこのクレンジングオイルもそうです。

資生堂ティスディープオフフェイスクレンジングオイルは軽量ですが効果的です。クレンジングオイルは敏感肌タイプを含むすべての肌タイプに適しています。

ただし、製品を試す前にパッチテストを行うことをお勧めします。クレンジングオイルには香りが含まれていません。

主な機能

  • 軽量フォーミュラ
  • メイク、汚れ、汚れを効果的に取り除きます
  • ほとんどの肌タイプに適しています
  • ベースとして使用される化粧品グレードの鉱油
  • 無香料

#5 —コーセーソフティモスピーディクレンジングオイル

ニキビができやすい肌に最適な日本のクレンジングオイル

これが日本の最高のクレンジングオイルのもう一つです。最も頑固なメイク、汚れ、汚れ、余分な皮脂を効果的に取り除き、毛穴が詰まらないようにします。

このクレンジングオイルは単独で行うことができます。つまり、洗顔やクレンジングフォームを追加で使用する必要はありません。

オイルで顔をやさしくこすり、ぬるま湯でよくすすいでください。オイルは不純物やメイクを簡単に取り除き、肌を柔らかく滑らかな感触に保ちます。

主な機能

  • 頑固なメイク、汚れ、汚れを落とします
  • 余分な皮脂を取り除きます
  • 毛穴の詰まりを防ぎます
  • 追加のクレンザーを続ける必要はありません
  • 洗顔後の肌をなめらかにします

関連:あなたのスキンケア養生法の効果を高めるために血清でそれをフォローアップしてください!

#6 —ミノンアミノモイストミルキークレンジングジェル

乾燥肌に最適な日本のクレンジングオイル

ミノンアミノモイストミルキークレンジングジェルは、肌を育む肌に潤いを与えるアミノ酸を詰め込んだミルキージェルと組み合わせたオイルベースのクレンザーです。

クレンジングジェルは、肌の自然な水分バリアを強化するだけでなく、肌のバランスをとる8つのアミノ酸を配合しています。

乳白色のジェルは、肌を刺激することなく、メイク、汚れ、余分な油分をほぐします。クレンジングオイルは、肌に潤いを与えながら、メイクや汚れを落とすのに十分な強さです。

しかし、敏感肌の方にもやさしいです。

主な機能

  • 乳白色のジェルと組み合わせたオイルベースのクレンザー
  • 8アミノ酸配合
  • 肌に潤いを与える
  • 肌の自然な水分バリアを保護します
  • 肌を刺激することなく、頑固なメイク、汚れ、汚れをほぐします
  • すべての肌タイプに適しています

関連:あなたがあなたのコレクションに加えなければならないこれらの日本の化粧品をチェックしてください!

#7 —DHCオリーブコンセントレートクレンジングオイル

非常に乾燥した肌に最適な日本のクレンジングオイル

これが日本のスキンケア大手DHCによるもう一つの最高の日本のクレンジングオイルです。乾燥肌や乾燥肌に特におすすめのDHCのクレンジングオイルには、濃縮オリーブオイルが詰め込まれています。

このフォーミュラは、DHCによる他のクレンジングオイルよりも豊富です。このDHCオリーブ濃縮クレンジングオイルの一貫性と感触はオリーブオイルのようですが、べたつきがありません。

クレンジングは非常に効果的ですが、敏感肌にも安全に使用できるほど穏やかです。

主な機能

  • 濃縮オリーブオイル配合
  • 通常のDHCクレンジングオイルよりもリッチ
  • 豊富なフォーミュラ
  • 敏感肌の方に適しています

#8 —シュウウエムラアンチ/オキシ+汚染物質とくすみを明確にするクレンジングオイル

すべての肌タイプに最適な日本のクレンジングオイル

シュウウエムラは贅沢なスキンケアブランドの1つであり、クレンジングオイルも豊富に取り揃えています。

特にこれは、緑茶やモリンガ抽出物などの抗酸化物質が豊富な成分が注入されています。これはあなたの肌に座っている外部の不純物を取り除き、より明るい肌を明らかにします。

クレンジングオイルはまた、肌を引き締める植物抽出物を配合しており、より明るい輝きを与えます。

クレンジングオイルは、メイク、日焼け止め、汚れを分解することで効果的に取り除き、肌を柔らかく滑らかに感じさせます。

Amazon.com

主な機能

  • 緑茶やモリンガエキスなどの抗酸化成分が豊富な成分を配合
  • 植物抽出物を配合
  • 肌のトーンを明るくする
  • メイクを落とします。日焼け止めと毎日の汚れ
  • 肌をなめらかにします
  • すべての肌タイプに適しています

関連:日本の美白製品を使用して、肌のトーンをさらに明るくすることもできます!

#9-ロート製薬ハダラボ極潤クレンジングオイル

すべての肌タイプに適した最高の日本のクレンジングオイル

これがもう一つのカルト好きな日本のクレンジングオイルです。この日本のクレンジングオイルは、乾燥肌、敏感肌、脂性でニキビができやすい肌に最適です。香りもありません。それは本当によく滑るがあなたの毛穴を詰まらせることはない少し厚い一貫性を持っています。また、頑固なアイメイクを落とすときに目に入った場合、それは鳴りません!

主な機能

  • 乾燥した敏感肌や脂性でニキビができやすい肌に使用するのに適しています
  • わずかにタッカーの一貫性
  • 肌にやさしい
  • 毛穴を詰まらせません
  • 追加の香りはありません

#10 —アテニアスキンクリアクレンズオイル

防水メイクに最適な日本のクレンジングオイル

アテニアスキンクリアクレンジングオイルは、汚れや防水メイクを効果的に取り除きます。この日本のクレンジングオイルは、天然の花から抽出されたロックローズオイルを配合しています。クレンジングオイルがお肌を深くリフレッシュし、浄化します。やさしい処方で、メイクも簡単に落とせます。

Amazon.com

主な機能:

  • 防水オイルクレンザー
  • 優しい処方
  • 天然花から抽出したロックローズオイルを配合

脂性肌に最適な日本のクレンジングオイルは、DHCディープクレンジングオイルです。敏感肌の方に最適な日本のクレンジングオイルは、ファンケルマイルドクレンジングオイルです。肌が乾燥している場合は、DHCオリーブコンセントレートクレンジングオイルが日本の最高のクレンジングオイルです。そして、コーセーソフティモスピーディクレンジングオイルは、ニキビができやすい肌に最適な日本のクレンジングオイルです。

日本のクレンジングオイルのテスト方法

日本のスキンケア専門家は、日本の最高のクレンジングオイルは、脱水を引き起こさないほど軽く、マスカラやファンデーションなどの防水メイクをクリアするのに十分な強さである必要があるという結論に達しました。

私たちのスキンケア専門家は、クレンジングパワー、ハイドレーション、成分の3つの要素に基づいて日本のクレンジングオイルをテストしました。

クレンジングパワーをテストするために、日本のオイルクレンザーを使用して、防水マスカラ、防水アイライナー、リップティント、アイシャドウ、リキッドファンデーションを洗い流しました。

水分補給力をテストするために、水分計を使用して、日本のオイルクレンザーを使用したクレンジングの前後の皮膚の水位をチェックしました。そして、クレンジングオイルを5段階で評価しました。

スキンケアの専門家が成分ラベルを見て、各成分の厳しさに基づいて製品を評価しました。

最高の日本のクレンジングオイルの選び方

  • 適切な種類のクレンジングオイルを選択してください

日本のクレンジングオイルは、エステル、ミネラルオイル、天然油脂の3種類のオイルで構成されています。日本のクレンジングオイルの中には、3つを組み合わせたものもあります。

成分リストに記載されている最初の種類のオイルは、含有量が最も高いです。このようにして、あなたが見ているクレンジングオイルの種類を理解することができます。

エステル:

エステルクレンジングオイルは、厳しすぎることはありませんが、穏やかすぎることもありません。鉱油ベースの洗浄油ほど強力ではありません。エステルは皮膚から天然油をある程度取り除きますが、それでも皮膚を完全に脱水するわけではありません。直後に保湿剤を塗っていれば大丈夫です。一部の人々がエステルベースのクレンジングオイルを好む理由は、洗顔でフォローアップする必要がないためです。

ここにいくつかの一般的なエステルがあります。リストの一番上にこれらの成分の1つが表示されている場合は、それがエステルベースのクレンジングオイルであると安全に言うことができます。

  • トリエチルヘキサノイン
  • パルミチン酸イソプロピル
  • セチルエチルヘキサノエート
  • パルミチン酸エチルヘキシル
  • ミリスチン酸イソプロピル

鉱油:

あなたが頻繁に重い化粧をするならば、ミネラルオイルでオイルをきれいにすることはあなたの最善の策です。防水メイクも簡単に落とせます。ただし、肌が乾燥している場合は、ミネラルオイルが脱水状態になる可能性があるため、ミネラルオイルは適切な選択肢ではありません。ほとんどのミネラルオイルは完全に洗い流すのが難しいので、フェイスクレンザーでフォローアップする必要があります。

ここにいくつかの一般的な鉱油があります。リストの一番上にこれらの成分の1つが表示されている場合は、それが鉱油ベースのクレンジングオイルであると安全に言うことができます。

  • スクアラン
  • 鉱油
  • 水素化ポリイソブテン
  • イソヘキサデカン

天然に存在する油脂は穏やかです

馬油やオリーブオイルなどの植物や動物に由来する天然油。これらのオイルは、私たちの皮脂が生成する皮脂のようなものなので、肌に溶け込みやすくなっています。天然油を使用した日本の洗浄油は、エステルや鉱油に比べてわずかに高価になる可能性があります。しかし、天然オイルを使った日本のオイルは肌にやさしく、とても優しいので、(特に乾燥した敏感肌の人にとっては)それだけの価値があるので安心できます。

実際、それは非常に敏感なので、適切に洗い流さず、洗浄油の一部が残っていても、皮膚に溶け込み、余分な保湿剤として機能します。

リストの一番上にこれらの成分のいずれかが表示されている場合は、それが日本の天然オイル入りのクリーニングオイルであることがわかります。

  • アボカドオイル
  • オリーブオイル
  • メドウフォームオイル
  • ひまわり油
  • マカダミアナッツオイル
  • 米ぬか油
  • コーン胚芽油

成分がお肌のタイプに合っているか確認してください

過酷な成分を含む洗浄油を避けてください。特に敏感肌の方は、お肌のバリアが弱くなっています。これは、敏感肌の人は反応や引き金になりやすいことを意味します。

製品ラベルに「無添加」と記載されていても、必ずしもすべての過酷な化学物質が含まれていないことを意味するわけではありません。そのため、すべての成分をチェックすることが非常に重要です。

次の成分が配合の一部ではないことを確認してください。

  • 防腐剤(パラベンや安息香酸など)
  • エタノール(アルコール)
  • 合成染料または色
  • 人工香料

ダブルクリーニングが必要ですか?

ダブルクレンジングは日本のスキンケアルーチンで非常に人気がありますが、すべての日本のクレンジングオイルの後に洗顔を行う必要があるわけではありません。洗顔の後に洗顔する必要のない日本のクレンジングオイルを好む人がいる理由は、それがお金と時間を節約し、あなたが一度だけ顔を洗う必要があるからです。これはまた、洗顔によって引き起こされる可能性のある水分損失が少ないことを意味します。

しかし、ミネラルオイルを使ったような重い日本のオイルクレンザーを使用している場合は、洗顔でフォローアップする必要があります。残り物が原因でお肌がベタベタする場合があります。これはまた、毛穴の詰まりによるブレイクアウトにつながる可能性があります。

日本のオイルクレンザーの中には、水と一緒に使用できないものがあります。

クレンジングオイルを水と混ぜると、効能が失われます。したがって、シャワー中にメイクを落とすことを好む人は、水と一緒に使用できるオイルクレンザーを特に探してください。

ほとんどのオイルクレンザーでは、クレンジングオイルを顔に塗って乳液に変えるときは、手を乾かす必要があります。濡れた手で塗ると、なじんでメイクが崩れにくくなります。

#1 —日本のクレンジングオイルはどのように使用していますか?

日本のクレンジングオイルを使用する正しい方法は、乾いた手のひらに1〜2個のポンプを取り、円を描くように顔にそっとこすります。防水メイクを外したり、メイクを何層にも重ねたりする場合は、クレンザーをもっと使わなければならないかもしれません。メイクが溶けるのが見えるまで1、2分マッサージします。ぬるま湯でよくすすいでください。ダブルクレンジング法に従う場合は、発泡性クレンザーでフォローアップしてください。そうでない場合は、その後、通常のスキンケアルーチンに従ってください。

#2 —日本のクレンジングオイルを洗い流す必要がありますか?

日本のオイルクレンザーを塗った後、ぬるま湯で洗い流してください。オイルクレンザーで溶けたメイク、汚れ、汚れをすべて取り除くために、よくすすいでください。毛穴の詰まりを防ぐため、よくすすいでください。

#3 —どのくらいの頻度でオイルをクレンジングする必要がありますか?

原則として、メイクを落とすたびにクレンジングオイルを使用してください。クレンジングオイルは、汚れを残さずにすべてのメイクを効率的に取り除きます。しかし、日本のオイルクレンザーは、毎日使用できるほど穏やかであるだけでなく、汚れを取り除くのに十分な強度もあります。

#4 —クレンジングオイルを毎日使用できますか?

特にメイクをする場合は、毎日クレンジングオイルを使用することをお勧めします。クレンジングオイルは、顔に残留物が残らないようにし、顔を深くクレンジングします。ダブルクレンジングのための洗顔料またはクレンザーでそれをフォローアップしてください!

オイルクレンジングはにきびを取り除きますか?

オイルクレンジングは直接にきびを取り除くつもりはありませんが、顔から皮脂と死んだ皮膚細胞を取り除きます-両方ともにきびを引き起こします。時間が経つにつれて、クレンジングオイルを使用するとにきびの量を減らすことができますが、にきびを完全に取り除くには、最良の結果を得るために強い皮、角質除去剤、または鼻孔拡張テープを使用することをお勧めします。

また読む:

  1. 髪のケアは肌のケアと同じくらい重要です。これらの日本の脱毛防止シャンプーを今すぐチェックしてください!
  2. これらの日本のカラーデポジションシャンプーとコンディショナーで白髪を覆います
シドニーで最高の日本店

シドニーで日本製品を購入する場所|シドニーにある9つの日本店

日本でのチップ

日本でのチップ2021 |日本でチップを払うのはなぜ失礼なのですか?