知っておくべき日本の12歳の制限|日本における重要な年齢制限

日本の年齢制限

日本にいるときに知っておくべき日本の年齢制限は次のとおりです。

日本社会では年齢が大きな役割を果たしています。在学中から定年まで、年齢は社会的地位と関係があります。

日本は他の国に比べて年齢制限が厳しいです。ほとんどの国では、18歳が法定年齢です。しかし日本では、20歳が成年と考えられています。

成人の日」または成人の日は、1月の第2月曜日に祝われます。この日、20歳の若い女性と男性が特別なお祝いで記念されます。

日本の投票年齢

日本の規則、規制、および法律は、他の国とは異なる場合があります。違法行為を避けるため、来日者は日本の法律をよく理解しておくことをお勧めします。

日本の年齢制限

ほとんどの国で法定年齢は18歳ですが、日本では現在20歳です。まもなく、日本でも成人年齢を18歳に引き下げる改正案が可決されます。

以下の日本の年齢制限のリスト:

日本における法定飲酒年齢制限

日本の法定飲酒年齢は20歳です。日本には、20歳未満の人の飲酒や飲酒を禁止する未成年者飲酒禁止法と呼ばれる法律があります。

日本では、酒屋だけでなく、スーパーやコンビニエンスストアでもお酒が売られています。一部の農村地域には、アルコールを貯蔵する自動販売機もあります。

日本の飲酒法は他の国とは異なります。車や電車の中で飲んでいる人を見るのは珍しいことではありません。日本では、公共の場での飲酒に関する法律は一般的に緩和され、寛大です。

日本の結婚年齢制限

日本における法定喫煙年齢制限

日本でたばこを購入または喫煙する場合は、20歳である必要があります。店舗は、購入者の年齢を確認するために身分証明書を要求する場合があります。

たばこは全国のコンビニエンスストアで購入できます。タバコの各ブランドには特定の番号があります。これにより、タバコの購入が容易になります。

また、全国にたばこ自動販売機が設置されています。観光客は利用できませんが、地元の人は「タプソ」と呼ばれるユニークなカードで購入できます。これらのカードは地元の人々に発行され、顧客の年齢を確認するために使用されます。

日本では公共の場での喫煙は禁止されています。市内には指定の喫煙ゾーンがあります。これらのゾーンに加えて、日本では屋外での喫煙は違法です。

日本における喫煙の法定年齢

日本における法的なギャンブルの年齢制限

日本にはカジノはありませんが、パチンコのスロットマシンはとても人気があります。日本ではギャンブルは禁止されています。ただし、これらは日本の法律により公の娯楽として分類されています。

パチンコ店に入ってこれらの機械にアクセスするには、18歳以上である必要があります。多くのパチンコ店が高校生の入場を拒否する学校規則やパチンコ法があります。

日本のパチンコ年齢制限

日本のカラオケ年齢制限

カラオケを中心としたルールは都道府県によって異なります。 16歳未満の方は、午後6時までカラオケパーラーをお楽しみいただけます。

高校生を含む18歳未満の方は、カラオケパーラーは午後10時に閉店します。親または保護者が同伴する場合、これは午後11時まで延長されます。

多くのカラオケパーラーは24時間年中無休で営業しています。ただし、未成年者は特定の時間に退去する必要があります。これらの場所のほとんどは、年齢を確認するために身分証明書を要求します。

日本のカラオケ年齢制限

日本のゲームセンターの年齢制限

カラオケパーラーのように、ゲームセンターでは未成年者が特定の時間に退去する必要があります。これらのルールは地域ごとに異なります。

16歳未満の場合は、親または保護者が同伴している場合でも、午後6時までにゲームセンターを離れる必要があります。高校生を含む18歳未満の方は、ゲームセンターは午後10時に閉まります。

プリクラは日本のアーケードでよく見られる光景です。世界中で有名になったフォトステッカーブースです。プリクラの最も重要なルールは、男性がこれらのブースに一人で立ち入ることは許可されていないということです。

日本の運転年齢

男性がこれらのブースに入場する場合は、女性または家族の同伴が必要です。この規則は、女性が男性に嫌がらせを受け、写真を撮られたという多くの報告された事件の後に施行されました。

日本における法定運転年齢制限:

日本の法定運転年齢は18歳です。ここの高校生は17歳で自動車教習所に入学し、18歳で免許を取得して卒業するのが一般的です。

国際運転免許証を持っていても、18歳未満の場合は日本での運転は違法です。

日本での運転年齢制限

日本の映画のレイティングと年齢制限:

日本では、映画倫理機構が映画の適切な年齢を決定します。

他の国と比較すると、日本では映画の年齢制限が非常に厳しいです。たとえば、人気の映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は、日本ではPG-12と評価されました。これは、若い視聴者の間で未成年者の飲酒や喫煙が促進されないようにするためでした。

日本の映画の年齢評価

他の国でG(一般視聴者)と評価されている映画の中には、日本での保護者の指導が必要なものがある可能性があります。

日本の法定投票年齢

最近、日本の投票年齢は18歳に引き下げられました。これは、若者の意識を高めるために行われました。

日本での法定投票

日本では、18歳の学校を対象に、選挙権とその重要性を伝えるセミナーや講演会が開催されています。

日本における法定結婚年齢制限:

日本の最低結婚年齢は男性18歳、女性16歳です。このルールは日本人と外国人の両方に適用されます。

20歳未満の場合、法律により、結婚するには両親または法定保護者の同意が必要です。

日本の法定結婚年齢

パートナーが別の国から来ており、法定結婚年齢が高い場合でも、その年齢制限は日本でも適用されます。

日本における法的財産の賃貸年齢制限

日本の法定賃貸年齢は20歳です。これは柔軟な法律であり、この年齢未満の人々が両親または法定後見人の同意を得て不動産を借りることができます。

あなたが不動産を借りる資格があることを示すために必要ないくつかの書類があります。これらには、学校からの資格証明書と保証人が含まれます。

日本の義務教育時代

日本の高校への通学は必須ではありません。日本では9年間の義務教育が義務付けられています。小学校(7〜12歳)では6年、中学校・中学校(13〜15歳)では3年です。

日本の教育時代

日本のライブ音楽会場に参入する法定年齢

日本では、ライブ音楽会場が飲食店として運営されています。これにより、年齢に関係なく、誰でも入場できます。

ただし、一部の会場には特定のルールがあります。たとえば、一部の会場では、スタンディングショーのために子供が入場することを許可していません。

これらの会場の多くには「ワンドリンク」システムがあります。つまり、事前に1杯のチケットを購入する必要があります。そうしないと、ライブチケット1枚につき約500円のドリンク料金がかかります。これにより、会場は飲食店のステータスを維持することができます。

これらの会場では、20歳以上の方にアルコールを提供しています。未成年者はライブ音楽会場に入ることができ、ソフトドリンクを提供しています

日本でのコンサートの年齢制限

日本の年齢制限:よくある質問

日本の性的同意年齢は本当に13歳ですか?

日本の性的同意年齢は13歳です。日本の法律に従って性行為を行うための日本の最低年齢要件。

年齢制限があるものは何ですか?

年齢制限のあるもののいくつかは、アルコール、タバコ、結婚、スプレーペイント、銃、ヘルスケア、中絶、運転、性別、Rレーティングの映画、薬、マリファナへのアクセスです。

日本の合法的な飲酒年齢は何歳ですか?

日本では、法定年齢は20歳です。

日本では路上飲酒は合法ですか?

はい、日本では路上での飲酒は合法です。

日本では何歳でタバコを吸うことが合法ですか?

現在、日本では20歳がタバコを吸う法定年齢です。

日本でマリファナを吸う法定年齢は何歳ですか?

マリファナは日本では違法です。マリファナの使用と所持は法律で罰せられ、最高5年の懲役と罰金が科せられる可能性があります。

日本で不動産を借りる最低年齢は何歳ですか?

日本での最低賃貸年齢は20歳です。ただし、この年齢未満の方は、保護者の方の同意を得て賃貸することができます。

何歳で日本に引っ越すことができますか?

法律で日本に一人で入国するための最低年齢はありませんが、大使館に確認する方が常に安全です。

また読む

  1. 日本人は幸せですか?
日本のオンライン食料品店のリスト

日本のオンライン食料品店のリスト|日本のオンライン食料品店ベスト10!