日本のレンタカーはアメリカに比べてどうですか?

日本のレンタカーはアメリカに比べてどうなのか?

日本のレンタカーはアメリカに比べてどうなのでしょうか?このガイドでは、日本とアメリカでのレンタカーの主な違いについてご紹介します。

日本でのレンタカーはアメリカとどう違うのか、知りたいですか?では、下記のブログをご覧ください。

レンタカーは、数え切れないほど多くの地元の人々や日本への観光客にとって、移動のための選択肢の一つとなっています。もしあなたがアメリカから休暇で日本を訪れるのであれば、レンタカーを借りて旅をしたいと思うかもしれません。しかし、日本でのレンタカーの利用方法は、アメリカのそれとは似て非なるものです。 

そこで今回は、日本とアメリカでレンタカーを利用する際の注意点や極意をご紹介します。ぜひご覧ください。

日本のレンタカーはアメリカに比べてどうですか?

日本 vs アメリカのレンタカー事情

レンタカーサービスは、世界のいくつかの地域、特に日本やアメリカなどの国々で普及しています。この2つの国には数多くのレンタカーサービスがありますが、それでも比較すると同じようなサービスを提供しているとは思えません。 

実は、これらの国で車を借りる場合、他に合理的な代替移動手段があるかどうかを念頭に置く必要があります。

例えば、東京、沖縄、大阪などの大都市を移動するためだけに日本でレンタカーを借りるのは、時間とお金の無駄だと私は思います。 

日本のレンタカーはアメリカに比べてどうなのか?
出典はこちら。 インスタグラム

なぜなら、日本の都市部では公共交通機関やタクシーが至る所にあり、料金も安いので、レンタカーを借りる意味がないからです。

しかし、タクシーが限られている日本の地方では、レンタカーが切実に必要になる。これは、アメリカの一部の田舎町の州でも同様に適用されます。 

一方、レンタカーに関しては、日米の規制の違いがかなりある。

年齢制限、支払い条件・方法、レンタカー保険、車両返却手続きなど、いくつかの違いを簡単に挙げることができます。

日本のレンタカー料金はいくらですか?
出典はこちら。 インスタグラム

日本のレンタカー規制は、アメリカに比べて、現地人、観光客ともにゆとりがあるように思います。

日本では、レンタカーを借りるには専攻科の学生であればよく、支払いも好きな方法で行うことができます。

リード  日本の野球帽と帽子はどこで買えるのか|日本の野球帽が買えるお店ベスト10

アメリカでは、車を借りるには、一定の年齢とクレジットカードでの支払いが必要です。 

アメリカでも日本でも、レンタカーを借りる際の身の丈は、レンタカー会社によって異なることがあります。そこで、日米のレンタカー事情をより詳しく知っておきましょう。

日米のレンタカー利用資格の違いについて

日本でレンタカーを利用する際に欠かせないのが、年齢制限です。18歳以上で運転が可能な方であれば、日本でレンタカーを借りることができます。ただし、どのような車でも運転できる有効な運転免許証を持っていることが条件です。 

しかし、外国人の場合、日本でレンタカーを借りるには、国内の運転免許証やパスポートと一緒に国際運転免許証(IDP)が必要です。IDPは自国からしか取得できないので、事前に取得しておく必要があります。 

日本でレンタカーを借りるべきか
出典はこちら。 インスタグラム

さらに、日本は1949年のジュネーブ条約に基づく国からの国際運転免許証しか認めていない。

1949年のジュネーブ条約に加盟していない国が日本でレンタカーを借りるには、その国の運転免許証を日本語に翻訳したものを取得する必要があります。 

逆に、アメリカでレンタカーを借りることができるのは、25歳以上の人に限られます。このルールは、現地の人と観光客の両方に適用されます。

米国では、未成年のお客様(特に21~24歳)にレンタカーを提供するレンタカー会社は少ないかもしれませんが、追加料金が発生し、車の選択も限られてきます。

アメリカ市民であれば運転免許証だけでレンタカーを借りることができますが、アメリカへの外国人であれば、国の運転免許証、IDP、パスポートも所持していなければなりません。 

日米のレンタカー手続きについて

レンタカーの手続きは国によって異なるので、日本とアメリカで最も重要な手続きの違いについて詳しく説明しました。

支払い方法 日本のレンタカー会社の多くは、現金とカードの両方の支払いに対応しており、カードで支払う場合は、レンタカーを借りる人が自分名義のデビットカードやクレジットカードを所持している必要があります。

日本でレンタカーを借りる際にユニークだったのは、レンタカー会社にもよりますが、最初に保証金を払う必要がないことです。

日本のレンタカーは米国免許で借りられるか?
出典はこちら。 インスタグラム

逆にアメリカでは、レンタカーの代金は、お客様の名前が印字されたクレジットカードで支払う必要があります。

さらに、レンタカー会社の方針として、クレジットカードに十分な資金があることも要求されます。これは、レンタカー会社が保証金を保留し、車を返却した後にアクセスできるようにするためです。 

リード  日本での養子縁組の進め方 2022|ガイド101

保険 日本のレンタカー会社は、一般的に基本保険料をレンタル料金に含めており、基本保険は傷害、損害、賠償の費用をカバーします。

基本的な保険に加入していても、万が一の時に自分や大切な人の安全が損なわれないように、レンタル会社から追加の保険に加入することを強くお勧めします。 

日本という国の住み心地
出典はこちら。 インスタグラム

米国でも同様に、外国人がレンタカーを利用する場合、本人や家族の安全をカバーするために追加の保険に加入しなければならないが、レンタカー会社は基本的な保険料を徴収している。 

ナビゲーションシステム 日本のレンタカーは、ほとんどの場合GPSが内蔵されていますが、デフォルトでは日本語で表示されています。レンタカー会社に依頼し、GPSの言語を英語に変更してもらうことも可能です。

レンタカーにGPSが搭載されていない場合は、携帯電話のGoogleマップでナビゲートするのが最も便利な方法です。

しかし、アメリカのレンタカーにはGPSが内蔵されていない場合があり、レンタカー会社のナビゲーターを追加料金で付けなければならない場合があります。もし、追加料金を払うのが嫌なら、携帯電話のGoogle Mapsに頼ることもできます。

給油と車の返却-。 日米のレンタカーのほとんどは、満タン返し制度を採用しています。返却の際には、満タンにしたことを証明するレシートを携帯する必要があります。 

日本でレンタカーを借りられるか
出典はこちら。 インスタグラム

また、アメリカのレンタカー会社の中には、タンクを空にした状態で車両を預けることができるところもありますが、その場合、使用した燃料はその会社の料金に基づいて請求され、高額になることがあります。 

日本や米国では、車を別の場所に返却することができますが、この施設は、元の場所から遠く離れた場所に車を落とした場合、コストがかかります。

ただし、アメリカの州によっては、別の場所で乗り降りしても料金がかからない場合がありますが、これは通常、レンタル会社によるものです。

日米のレンタカーの種類と料金について

日本で利用できるレンタカーの種類は、コンパクトカーからサブコンパクトカー、ミニバン、セダン、SUV、プレミアムカー、スポーツカーまで多岐にわたります。これらの車は、それぞれレンタカー会社によって価格が異なります。

家賃
出典はこちら。 インスタグラム

日本のニッポンレンタカーでは、1日あたりの車種別料金として、以下の料金を設定しています。

  • サブコンパクトカー - $57 - $60
  • コンパクトカー - $67
  • 中型車-$81~$83
  • プレミアムカー - $208
  • SUV - $138
  • コンパクトミニバン - $100
  • ミッドサイズミニバン - $208
  • ハイブリッドカー - $86 - $100
リード  東京でアパートを借りる方法2022|東京で一番住みたい街を探そう!

アメリカのレンタカー会社は、コンパクトカー、ミニバン、コンバーチブル、SUV、ハイブリッド、スポーツカー、高級車など、膨大な数の車をレンタルすることができます。

アメリカの人気サイト「エクスペディア」では、1日あたりリーズナブルな価格で、豊富な車種から選ぶことができます。 

  • エコノミーカー $32~$56
  • コンバーチブルカー - $173以上
  • プレミアムカー $35〜$71
  • ミニバン - $39 - $52
  • ミッドサイズSUV $36~$40
  • プレミアムSUV - $97 - $109

日本でのレンタカーサービス

大切な人と日本全国を旅するのんびりした方法のひとつに、レンタカーがあります。

しかし、私がノンビリした経験のあるレンタカー屋をいくつか推薦します。

ニッポンレンタカー

ニッポンレンタカーは、全国に80以上の店舗を持つ、日本で人気のあるレンタカー会社の一つです。

コンパクトカー、プレミアムカー、SUV、ミニバン、トラック、バン、そしてハイブリッド車など、豊富な車種を揃えたレンタカーです。ニッポンレンタカーでは、1日の基本料金が6000円以上。

家賃はいくらですか
出典はこちら。 インスタグラム

ニッポンレンタカーの英語対応可能なカスタマーサービスは、希望の車を借り、スタッフと条件を相談するのに便利で、さらに思い出に残るものとなりました。

このレンタカーはまた、顧客が小額の手数料で異なる場所で車をピックアップし、ドロップすることを許可します。車はよく整備され、障害もなくきれいでした。 

ニッポンレンタカーホームページ

タイムズカーレンタル

タイムズカーレンタルは、エコノミークラスから輸入高級車まで膨大な車種を保有する、日本では珍しいレンタカー会社です。

お一人様からご家族、大人数のグループまで、あらゆるシーンに対応するレンタカーです。

東京でレンタカーを借りる
出典はこちら。 インスタグラム

タイムズカーレンタルは、空港や駅など主要な場所に店舗を構えており、多くの外国人が利用するレンタカー会社です。

さらに、タイムズカーレンタルは、日本のレンタカーサービスで唯一、10ヶ国語でカスタマーサービスを提供しているかもしれません。また、このレンタカーでは、日本の交通法規の教育も行っている。

タイムズカーレンタルホームページ

トヨタレンタカー

日本ではトヨタ系レンタカーが欠かせません。コンパクトからプレミアムレンジまで、トヨタ車を提供するレンタカーです。

トヨタレンタカーのコンパクトカーの1日あたりの料金は、他のレンタカーと比較してリーズナブルなようです。また、日本全国に1200以上の店舗があり、予算や個人のニーズに合わせた車を選ぶことができます。

トヨタレンタリースホームページ

また、読んでください。

日本発のリーズナブルなファッションブランド

9 日本の手頃な衣料品ブランド 2023年

日本でレンタカーを借りるならどのサイトが良いですか?

2023年、日本の優良レンタカーサイトは?