日本製クレンジングオイルベスト2022

日本のベストクレンジングオイル

最も頑固なものを手に入れる メイクアップ を使えば、数分で肌の汚れを落とすことができます。 最高の日本製クレンジングオイルです。 オイルを使う クレンザー は肌にもいいんです。肌に栄養を与える成分を配合した、日本の最高のクレンジングオイルは、あなたの肌を柔らかくしなやかにし、あなたの 肌に潤いを与えます。

また、「オイルクレンジングは向いていない」と思わないでください。 オイリー肌、ニキビ肌の方 タイプ - 日本の最高のクレンジングオイルの中には、オイリー肌のために特別に処方されたものがあります。余分な皮脂を取り除き、毛穴の詰まりを防ぎます。

最高の日本製クレンジングオイル。簡単なまとめ

日本のベストクレンジングオイル ベスト・フォーリンク
センカ オールクリア クレンジングオイル $15.97 すべての肌タイプAmazoで見るn
ファンケル マイルドクレンジングオイル $23.00 敏感肌 Amazoで見るn 
DHCディープクレンジングオイル $28.01 オイリー肌Amazonで見る 
資生堂 ティース ディープオフ フェースクレンジングオイル - Tiss Deep-Off Face Cleansing Oil $41.81 敏感肌Amazonで見る 
KOSE ソフティモ スピーディークレンジングオイル $9.77 ニキビのある肌Amazoで見るn 
ミノン アミノモイスト ミルキークレンジングジェル $19.50 ドライスキンAmazoで見るn 
DHCオリーブコンセントレーテッドクレンジングオイル $32.00 ドライスキンAmazで見るon 
シュウ ウエムラ アンチ・オキシ+汚染物質&くすみ対策クラリファイング クレンジング オイル-。 $44.83 すべての肌タイプビュー Amazoについてn 
ロート製薬 ハダラボ 極潤クレンジングオイル-。 $19.99 すべての肌タイプ海士町の風景zon 
アテニア・スキンクリア・クレンズ・オイル $34.99 ウォータープルーフ化粧品Amazoで見るn 

日本のクレンジングオイルの中には、以下のように配合されているものもあります。 ドライスキン 敏感肌の方には、肌にエッセンシャルオイルと 水分補給 を必要としました。 

日本のクレンジングオイルはどれがいい?

日本製のクレンジングオイルをいくつかテストして、ベストなものを探しました。クレンジング力、保湿力、成分、用途などを考慮してテストしました。私が見つけたのは DHCオリーブコンセントレーテッドクレンジングオイル は、日本の最高のクレンジングオイルです。

DHCオリーブコンセントレーテッドクレンジングオイルは、ほとんどの肌タイプに適しており、特に脱水状態の肌におすすめです 濃縮オリーブオイルを配合したこのクレンジングオイルは、油っぽさを感じさせません。肌に優しいのに、メイクや日焼け止め、汚れなどをしっかりと落としてくれる力があります。敏感肌の方にもお使いいただけます。アマゾンで購入でき、価格は$32.00です。

そこで、あなたの肌タイプに最適な日本製クレンジングオイルを以下でチェックしてみましょう。 

おすすめの日本製クレンジングオイルのベストセレクション

  • DHCディープクレンジングオイル 毛穴を詰まらせない、オイリー肌の方に最適 ここで手に入れよう
  • KOSE ソフティモ スピーディークレンジングオイル余分な皮脂を取り除き、最高のニキビ肌に入手方法 これ
  • DHCオリーブコンセントレーテッドクレンジングオイル 敏感肌を含むすべての肌タイプに対応ここで手に入れよう

日本のトップクレンジングオイル

#1 - センカ オールクリア クレンジングオイル 

すべての肌タイプに最適な日本製クレンジングオイル

センカ オールクリア」のクレンジングオイルは、軽くてオイルトゥミルクのようなテクスチャーで、肌の汚れや油分をしっかりと落としてくれます。

しかし、お肌には潤いが残り、しっとりとした感触が得られます。この日本最高のクレンジングオイルには、ヒアルロン酸と天然由来のシルク繭エッセンスが配合されており、肌に潤いを与えてふっくらとさせてくれます。

また、毛穴を深く洗浄する米ぬかオイルを配合し、毛穴の汚れや黒ずみ、余分な皮脂を取り除きます。

主な特徴

  • 軽量化を実現
  • オイル・ミルクの質感
  • 肌に潤いを与える
  • ヒアルロン酸、シルクコクーンエッセンス、米ぬかオイルを配合
  • 潤いのあるふっくらとした肌
  • 汚れ、黒ずみ、余分な皮脂を効果的に除去する 
  • ほとんどの肌タイプに対応

関連する その後、洗顔料でダブルクレンジングをして、汚れを落とします。

#2 - ファンケル マイルドクレンジングオイル

敏感肌の方におすすめの日本製クレンジングオイル 

ファンケルのマイルドな日本製クレンジングオイルは、メドウフォーム種子油やダイズ油などの独自のブレンドオイルを配合しており、毛穴に詰まった汚れやメイクを瞬時に溶かして落とすことができます。

クレンジングオイルは、肌に柔らかさと潤いを与えます。クレンジングオイルは、肌の自然な油分を完全に取り除くことなく、メイクや汚れを効果的に落とします。

クレンジングオイルは、防腐剤、香料、人工着色料を一切使用していません。 

主な特徴

  • メドウフォーム種子油、ダイズ油などの軽質油をブレンドして配合 
  • 肌に柔らかさと潤いを与える
  • 肌の自然な油分を奪うことなく、頑固なメイクアップや汚れを効果的に除去します。
  • 防腐剤無添加
  • フレグランスフリー
  • 着色料無添加
  • 敏感肌にも対応

関連する 日本のトップスキンケアブランドのボディローションで、柔らかな肌を手に入れましょう。

#3 - DHCディープクレンジングオイル

オイリー肌に最適な日本製クレンジングオイル

日本だけではなく、世界中で最も売れている日本製クレンジングオイルの一つです。スキンケアの巨人はそれだけでカルト的な人気を誇っていますが、この日本製クレンジングオイルもそうです。

リード  日本の日焼け止め2022年版ベスト12|いつでも太陽から守られる!?

DHCのクレンジングオイルは、メイクや汚れなどの不純物を溶かして落とします。お肌を柔らかく、輝かせ、清潔にします。クレンジングオイルがマスカラと結合します。 メイクアップファンデーション, UVサンスクリーン汚れがついても、お湯で洗い流せば簡単に落ちます。洗い残しもありません。 

オーガニックのオリーブオイル、ローズマリー葉油、ビタミンEを配合した日本最高のクレンジングオイルです。

オリーブオイルは、豊富な抗酸化物質で、毛穴を詰まらせることなく、フリーラジカルによる肌のダメージと戦うのを助けます。また、肌の水分バリアを維持し、潤いを閉じ込める効果もあります。

ローズマリー葉油がクレンジングオイルに爽やかな香りを与え、ビタミンEがフリーラジカルから肌を守ります。

パラベン・人工香料不使用のクレンジングオイルです。

主な特徴

  • オリーブ油、ローズマリー葉油、ビタミンEを配合
  • 頑固なメイクアップ、日焼け止め、汚れなどを溶かして落とす
  • 残留物が残らない
  • 豊富な抗酸化物質
  • フリーラジカルによる肌ダメージを防ぐ
  • 肌の水分バリアを保護する
  • ローズマリー葉油によるさわやかな天然の香り
  • 毛穴を詰まらせない
  • パラベンフリー
  • 着色料不使用
  • オイリー肌の方におすすめ

関連する これらの日本のベストモイスチャライザーを加えて、ソフトでしなやかな肌を手に入れましょう。

#4 - 資生堂 ティース ディープオフ フェースクレンジングオイル

敏感肌の方におすすめの日本製クレンジングオイル

資生堂もまた、多くの人に愛されている日本のスキンケアの巨人です。日本の最高のスキンケアブランドの一つであり、同ブランドのこのクレンジングオイルも同様です。

資生堂ティース ディープオフ フェースクレンジングオイルは、軽量でありながら効果的なクレンジングオイルです。このクレンジングオイルは、敏感肌タイプを含むすべての肌タイプに適しています。

しかし、製品を試す前にはやはりパッチテストをお勧めします。このクレンジングオイルには、香料は含まれていません。 

主な特徴

  • 軽量化を実現
  • メイクや汚れを効果的に落とす
  • ほとんどの肌タイプに対応
  • 化粧品用のミネラルオイルをベースに
  • フレグランスフリー

#5 - KOSE SOFTYMO スピーディークレンジングオイル

ニキビ肌に最適な日本製クレンジングオイル

日本のクレンジングオイルの中でも、特におすすめの商品です。頑固なメイクや汚れ、皮脂を効果的に落とし、毛穴を詰まらせないようにします。

このクレンジングオイルだけでOKなので、洗顔料や洗顔フォームを追加する必要がありません。

オイルで顔をやさしくこすり、ぬるま湯でよく洗い流してください。オイルはすべての不純物やメイクを簡単に取り除き、肌は柔らかく滑らかな感触になります。 

主な特徴

  • 頑固なメイクや汚れを落とす
  • 余分な皮脂を取り除く
  • 毛穴の詰まりを防ぐ
  • クレンジングの必要はありません。
  • 洗顔後の肌をなめらかにする

関連する そのあとに美容液を使うと、スキンケアの効果がアップします。

#6 - ミノン アミノモイスト ミルキークレンジングジェル 

乾燥肌に最適な日本製クレンジングオイル

ミノンアミノモイストミルキークレンジングジェルは、オイルベースのクレンジングに、肌を育てる保湿成分であるアミノ酸をたっぷり含んだミルキークレンジングジェルを組み合わせたものです。

クレンジングジェルには、8種類のアミノ酸が配合されており、肌本来の水分バリアを強化するだけでなく、肌のバランスを整えることができます。

乳液状のジェルが、肌に刺激を与えることなく、メイクや汚れ、余分な皮脂を緩めてくれます。クレンジングオイルは、肌の潤いを保ちながら、メイクアップや汚れをしっかりと落とします。

でも、敏感な肌にも使えるような優しいものになっています。 

主な特徴

  • オイルベースのクレンジングに乳液を配合
  • 8種類のアミノ酸を配合
  • 肌に潤いを与える 
  • 肌の自然な水分バリアを守る
  • 肌に負担をかけずに頑固なメイクや汚れを落とす
  • すべての肌タイプに対応 

関連する コレクションに加えておきたい日本の化粧品をご紹介します。

#7 - DHCオリーブコンセントレーテッドクレンジングオイル

超乾燥肌に最適な日本製クレンジングオイル

日本のスキンケアブランドDHCのクレンジングオイルをご紹介します。DHCのクレンジングオイルは、乾燥肌や脱水肌の方に特におすすめで、濃縮されたオリーブオイルがたっぷりと含まれています。

DHCの他のクレンジングオイルよりもリッチな処方になっています。このDHCのオリーブ濃縮クレンジングオイルの粘度と使用感は、オリーブオイルのようですが、油っぽさはありません。

リード  日本のマスカラベスト7 2022

クレンジングは非常に効果的ですが、敏感な肌にも安心して使用できるほどのやさしさも兼ね備えています。 

主な特徴

  • 濃縮オリーブオイル配合
  • 通常のDHCクレンジングオイルよりもリッチな使い心地
  • リッチな処方 
  • 敏感肌にも対応 

#8 - シュウ ウエムラ アンチ・オキシ+汚染物質&くすみ クラリファイング クレンジング オイル

すべての肌タイプに最適な日本製クレンジングオイル

シュウウエムラはラグジュアリーなスキンケアブランドであり、クレンジングオイルのシリーズもその一つです。

特にこちらは、緑茶やモリンガエキスなどの抗酸化物質を多く含む成分が配合されています。これにより、肌に居座っている外部の不純物を取り除き、明るい肌を見せてくれます。

また、クレンジングオイルには植物エキスが配合されており、肌の調子を整え、明るい輝きを与えてくれます。

クレンジングオイルは、メイクや日焼け止め、汚れを効果的に分解して落とし、肌を柔らかく滑らかな感触にします。 

Amazon.co.jp

主な特徴

  • 緑茶やモリンガエキスなど、抗酸化作用のある成分を配合
  • ボタニカルエキス配合
  • 肌色を明るくする
  • メイクを落とす。日焼け止めや日常の汚れ
  • 肌をなめらかにする 
  • すべての肌タイプに対応

関連する また、日本製の美白化粧品を使えば、さらに肌の色を明るくすることができますよ。

#9 - ロート製薬 ハダラボッチクレンジングオイル

すべての肌タイプに適した日本製クレンジングオイルのベスト

こちらもカルト的人気を誇る日本製クレンジングオイルです。この日本製クレンジングオイルは、乾燥肌、敏感肌、オイリー肌、ニキビ肌に効果的です。香料も入っていません。少しとろみのあるテクスチャーで、肌によくなじみますが、毛穴を詰まらせることはありません。また、頑固なアイメイクを落とすときに目に入っても、ツンとしません。 

主な特徴

  • 乾燥肌、敏感肌、オイリー肌、ニキビ肌に適しています。
  • ややタッカーのような硬さ
  • 肌への優しさ 
  • 毛穴を詰まらせない 
  • 無添加の香料

#10 - アテニア・スキン・クリア・クレンズ・オイル

ウォータープルーフメイクに最適な日本製クレンジングオイル

アテニアのスキンクリアクレンジングオイルは、汚れやウォータープルーフのメイクを効果的に落とします。天然の花から抽出されたロックローズオイルを配合した日本製のクレンジングオイルです。肌の奥深くまでリフレッシュしてくれるクレンジングオイルです。優しい処方でありながら、あらゆるメイクを簡単に落とすことができます。

Amazon.co.jp

Key Features:

  • ウォータープルーフオイルクレンジング
  • 優しい処方
  • 天然の花から抽出したロックローズオイルを配合

オイリー肌の方に最適な日本製クレンジングオイルは、DHCのディープクレンジングオイルです。敏感肌の方には、ファンケルのマイルドクレンジングオイルが最適な日本製クレンジングオイルです。乾燥肌の方は、DHCオリーブコンセントレートクレンジングオイルが一番の日本製クレンジングオイルです。そして、ニキビ肌の方には、KOSE SOFTYMO スピーディークレンジングオイルが最適な日本製クレンジングオイルです。 

日本製のクレンジングオイルを試してみた感想

Japan Trulyのスキンケア専門家は、日本のクレンジングオイルは、脱水症状を起こさない程度の軽さと、マスカラやファンデーションなどのウォータープルーフのメイクをクリアにする強さを兼ね備えたものが良いという結論に達しました。 

日本のクレンジングオイルを、スキンケアの専門家が「洗浄力」「保湿」「成分」の3つの要素でテストしました。

ウォータープルーフマスカラ、ウォータープルーフアイライナー、リップティント、アイシャドー、リキッドファンデーションの洗浄に、日本製のオイルクレンジングを使用しました。 

その保湿力を検証するために、日本製のオイルクレンジングを使ったクレンジングの前後で、水分計を使って肌の水分量をチェックしました。そして、クレンジングオイルを5点満点で評価しました。 

スキンケアの専門家が成分表示を見て、それぞれの成分の過酷さを基準に評価しました。 

最適な日本製クレンジングオイルの選び方

  • クレンジングオイルの種類を選ぶ

日本のクレンジングオイルは、「エステル」「鉱物油」「天然油脂」の3種類のオイルで構成されています。また、日本のクレンジングオイルの中には、3つを組み合わせたものもあります。 

成分表に最初に記載されているオイルの種類が、最も含有量が多いのです。こうすることで、どのタイプのクレンジングオイルなのかを把握することができます。 

エステル。

エステル系のクレンジングオイルは、刺激が強すぎず、かといって優しすぎることもありません。鉱物油ベースのクレンジングオイルのような強さはありません。エステルはある程度、肌から天然の油分を奪うとはいえ、完全に肌を脱水させるわけではありません。洗い流した後、すぐに保湿をすれば問題ありません。エステル系のクレンジングオイルを好む人がいるのは、洗顔の必要がないからです。 

ここでは、一般的なエステル類を紹介します。これらの成分が上位にあれば、それはエステル系のクレンジングオイルだと言っていいでしょう。 

  • トリエチルヘキサノイン
  • パルミチン酸イソプロピル
  • エチルヘキサン酸セチル
  • パルミチン酸エチルヘキシル
  • ミリスチン酸イソプロピル

ミネラルオイルです。

濃いメイクをすることが多い人は、ミネラルオイルを使ったオイルクリーナーがおすすめです。これらは、ウォータープルーフのメイクアップも簡単に取り除くことができます。ただし、乾燥肌の方には、ミネラルオイルは脱水作用があるため、あまりお勧めできません。ほとんどのミネラルオイルは完全に洗い流すのが難しいので、洗顔料でフォローする必要があります。 

リード  東京で英語を話せる歯医者さん|2022年最新リスト

ここでは、一般的なミネラルオイルをご紹介します。これらの成分のうち、どれか1つがトップに表示されていれば、それはミネラルオイルを使ったクレンジングオイルだと言っていいでしょう。

  • スクワラン
  • ミネラルオイル
  • 水添ポリイソブテン
  • イソヘキサデカン

自然界に存在する油脂のやさしさ

馬油やオリーブオイルなどの天然オイルは、植物や動物を原料としています。これらのオイルは、皮膚の皮脂腺から分泌される皮脂と同じなので、肌になじみやすいのです。天然オイルを使用した日本のクリーニングオイルは、エステルやミネラルオイルと比較すると若干高価になります。しかし、天然オイルを使った日本製の洗浄剤は、肌にやさしく簡単に使えるので、(乾燥肌や敏感肌の方には特に)その価値はあると思いますよ。 

敏感肌なので、洗い流さずに洗浄オイルが残っていても、それが肌に馴染んで保湿の役割を果たしてくれます。 

これらの成分がトップに表示されていれば、それは天然オイルを使用した日本の洗浄オイルであることがわかります。

  • アボカドオイル
  • オリーブオイル
  • メドウフォーム・オイル
  • ヒマワリ種子油
  • マカデミアナッツオイル
  • 米ぬか油
  • コーンジャームオイル

自分の肌質に合った成分かどうかをチェック

刺激の強い成分を含む洗浄オイルは避けましょう。特に敏感肌の方は、肌のバリア機能がすでに弱くなっています。つまり、敏感肌の方は、反応、きっかけが起こりやすいのです。 

製品のラベルに「無添加」と書かれていても、必ずしも刺激の強い化学物質を使用していないとは限りません。だからこそ、すべての成分をチェックすることが非常に重要なのです。 

以下の成分が配合されていないことを確認してください。

  • 防腐剤(パラベンや安息香酸など)
  • エタノール(アルコール)
  • 合成染料・着色料
  • 人工香料 

ダブルクリーニングは必要ですか?

日本のスキンケアではダブル洗顔が非常にポピュラーですが、すべての日本のクレンジングオイルが洗顔の後に必要なわけではありません。なぜ、洗顔不要のクレンジングオイルが好まれるのかというと、お金と時間の節約になり、洗顔が1回で済むからです。また、洗顔による肌への負担も軽減されます。 

しかし、ミネラルオイルを含む日本製の重いオイルクレンジングを使っている場合は、そのあとに洗顔をしなければなりません。洗い残しがあると、肌が油っぽくなってしまいます。また、毛穴の詰まりによる吹き出物の原因にもなります。 

日本のオイルクレンジングの中には、水では使えないものもあります。

クレンジングオイルは、水と混ぜると効果がなくなってしまいます。シャワーを浴びながらメイクを落としたい人は、水と一緒に使えるオイルクレンジングを選ぶといいでしょう。 

ほとんどのオイルクレンジングは、手が乾いていないと乳液状になりません。濡れた手でクレンジングオイルを塗ると、メイクに馴染みにくくなり、メイク崩れの原因になります。

#1 - 日本のクレンジングオイルはどのように使っていますか?

日本のクレンジングオイルの正しい使い方は、1~2プッシュを乾いた手のひらに取り、円を描くように顔に優しく擦り込むことです。ウォータープルーフのメイクを落とす場合や、何度もメイクを重ねている場合は、クレンジングオイルの量を増やす必要があります。メイクが溶けていくのがわかるまで、1~2分ほどマッサージします。その後、ぬるま湯で十分に洗い流します。ダブルクレンジングをしている場合は、泡立てた洗顔料で洗ってください。そうでない場合は、通常のスキンケアの後に行ってください。 

#2 - 日本のクレンジングオイルは洗い流さなくていいの?

日本製のオイルクレンジングを使用した後は、ぬるま湯で洗い流してください。オイルクレンザーで溶かしたメイクや汚れを、しっかりと洗い流します。毛穴を詰まらせないためにも、すすぎはしっかりと行いましょう。

#3 - オイルクレンジングはどのくらいの頻度で行うべきですか?

メイクを落とすときは、基本的にクレンジングオイルを使います。クレンジングオイルは、汚れを残さず効率よくメイクを落とすことができます。しかし、日本のオイルクレンジングは、毎日使えるような優しいものでありながら、しっかりと汚れを落とすことができます。

#4 - クレンジングオイルは毎日使っても大丈夫ですか?

特にメイクをしている人は、毎日クレンジングオイルを使うことをお勧めします。クレンジングオイルは、顔に残っているものを確実に取り除き、顔の奥まできれいにしてくれます。続いて洗顔料やクレンジング剤を使うと、ダブルクレンジングが可能です

オイルクレンジングで黒ずみは取れますか?

オイルクレンジングでは、黒ずみを直接除去することはできませんが、黒ずみの原因となる皮脂や古い角質を取り除くことができます。オイルクレンジングを使用することで、時間をかけて黒ずみを軽減することはできますが、黒ずみを完全に除去するには、強力なピーリング剤や角質除去剤、ノーズストリップなどを使用することをお勧めします。

また、読んでください。

  1. 髪の毛のケアは、肌のケアと同じくらい重要です。今すぐ、日本の髪落ち防止シャンプーをチェックしてみましょう。
  2. 日本の色を定着させるシャンプー&コンディショナーで白髪をカバーする
日本で着物を購入するには

日本で着物を買うには|日本の着物屋さんベスト14

日本人が着物を着る理由

日本人はなぜ着物を着るのか?