なぜ日本人は電話で話すときに「もしもし」を使うのか?

もしもし

もしもし」という面白い日本語を聞いたことがありますか?でも、実際はどうなのでしょうか? なぜ日本人は電話で話すときに「もしもし」を使うのか?

日本に行ったことがある人なら、「もしもし」という言葉を知っていると思いますが、これは電話を取るときによく使われる日本語の言葉です。友人や家族の間で使われるカジュアルな挨拶で、「こんにちは」のようなものですが、実は全く違う意味なのです。 

この言葉を英語に訳すと、「I speak, I speak」、「to say to say」という意味になる。対面でのやりとりと同じように、日本では普通の電話のやりとりでも、礼儀や敬意という正式なコードに則っている。 

しかし、電話に出るときの象徴的なフレーズは一体どこから来ているのでしょうか?この記事では、有名な「もしもし」に関連するすべての必要な情報と、この重要な表現を使い始める方法を見つけることができます!それでは詳しく見ていきましょう。

日本人が電話で話すときに使う「もしもし」について

なぜ日本人は電話で話すときに「もしもし」を使うのか?

もしもし」とは、実際にはどのような意味なのでしょうか?

もし」の語源は、「言う」の謙譲語である「申す」である。 

江戸時代の普通の会話で、格上や身分の高い人に向かって話すときに使われるようになった。当初は言葉 ムシマス (申します)または ムシアゲマス (若しくは ムース (申す)が使われましたが、これらはすべて同じ意味です。このフレーズは「言う(話す)」という意味でした。 

やがて、「ちょっと!」というように、誰かの注意を引くために使われるようになり、「もし(申し)」と略されるようになった。だから、もしもしという言葉は、「2回しゃべるよ」という丁寧な言い方なんです。と言うのと同じような感覚です。Hey buddy/dude.

現在、日本人は電話での会話の冒頭にこの表現をよく使うが、よくある例としては次のようなものがある。

もしもし、はいマイクです。

モシモシ、ハイマイクデース。

こんにちは、はい、マイクです。

重要なことは、この言葉は主にカジュアルな表現として使われ、友人や家族にのみ使用されるべきものだということです。この言葉の由来を考えたことがありますか?

もしもし」の由来。

1890年12月16日、日本に初めて電話が導入された。当時、電話を持つことができたのはエリート層だけで、他人を見下すような話し方をするのが常であった。 

リード  日本ではなぜペットが子育てに適しているのか?

当時、電話での挨拶は「おいおい」が一般的で、それに対して「はい、ござんす」「はい、ございます」と答えるのが普通だった。どちらも、「はい、準備できました」という丁寧な言い方で、話す準備ができていることを表します。

この有名な表現の由来には、いくつかの説がある。日本の電話交換手の男性が、相手の注意を引くために、あまり丁寧な言葉遣いをしなかったことに由来するという説もある。

この仕事を女性オペレーターが受け持つようになると、より地位の高い相手には「もうしあげます」という、より謙虚で丁寧な表現を使うようになった。音質が悪いので、「もしもし」と略された。 

また、1880年代後半、加藤治憲という日本人が、アメリカの電話システムを研究するために渡米した際、「もしもし」という言葉を作ったという話もある。

アメリカ人に「日本人はどうやって電話に出るのか」と聞かれて、長々と説明するのは嫌だったので、「もしもし」という造語を作って、帰国後に紹介したのだそうだ。 

もしもし」という言葉を使うタイミングは?

もしもし」は、通常、電話での会話にのみ使われます。ただし、対面での会話で使う人は例外で、相手に「まだ聞いていますか?どなたかいらっしゃいませんか? 

通話中に長い沈黙があったり、接続が切れたりした場合は、「もしもし」と言って、相手がまだ通話中であることを確認することができます。 

例で説明すると会話の途中で友人の声が不明瞭になったら、こう言ってください。

モシモシキコエマスカ?

もしもし聞こえますか?

こんにちは、聞こえますか?

電話に出るとき、相手が友人や家族でない場合は、Moshi Moshi とは言いません。はい」「はい」と言えば、丁寧な「はい」の意味になります。

電話の会話以外でこの言葉を使う場合は、相手の注意を引こうとしているのです。友達がぼーっとしていたら、顔の前で手を振って「Moshi Moshi」と言うこともできます。また、歩道で気を失っている人に使うこともできます。

リード  日本の出会い系サイトにいる男性の8つのタイプ|良いことも悪いことも

また、1913年当時は警官でも「もしもし」と叫んで人の注意を引いたり、強盗を止めたりしたものだ。しかし、警察はもうこんなことは言わないが、公式の警察の行為としてまだ記録に残っているのかもしれない。

もしもし "を言わない時は?

申します」は「もしもし」の謙譲語動詞形ですが、一般的なくだけた表現なので、友人や家族にだけ言うのがよいでしょう。 

ですから、マネージャーや上司に話す場合は、この言葉を使うのは避けましょう。会社の代表として電話を取る場合は、次のように言うことができます。

おでんわありがとうござます 

お電話ありがとうございます 

お電話ありがとうございました。 

重要なお知らせ:友達や家族と一緒だからこそ、モシモシできる!?

仕事上の電話であれば、「もしもし」は避け、「はい」または「こんにちは」と言うのがよいでしょう。ただ、状況に応じて丁寧さのレベルを上げることは忘れないようにしましょう。 

あるいは、ビジネス電話のマナーとして、きれいな自己紹介をすることです。また、電話を長く鳴らし過ぎないことも大切なポイントです。電話が鳴ったらすぐに出るようにしましょう。 

出るまでに3回以上鳴った場合は、返事が遅れたことを謝ってください。

覚えておきたい簡単な日本語の電話応対フレーズ。

1.イエスかハイか言ってください。

電話の応対で一番安全なのは、「返事」です。 はい」「はい」「はい」は、「もしもし」と同じ意味です。例を挙げてみましょう。

ハイ、○○(会社名)デゴザイマス

 はい、××会社でございます。

こんにちは、合同会社トーフグです。

2.お電話ありがとうございました。

もう一つの電話の受け方は、電話をかけてきた人にこう言ってお礼を言うことです。

おでんわありがとうござます

 お電話ありがとうございます

お電話ありがとうございました。

3. いろいろとお世話になりました。

また、さらに一歩進んで、次のようなフレーズで電話をかけてきた相手に感謝の気持ちを伝えることもできます。

 イツモオセワニナッテオリマス

いつもお世話になっております。

おせわになります。

 お世話になっております

4."この転送された電話を受け取りました。

ビジネスシーンで転送された電話を受けると、このフレーズを使うことができます。

オデンワカワリマシタ

お電話かわりました

 しかし、何気ない会話であれば、「もしもし」でいいのではないでしょうか。前述したように、電話では長い沈黙があったり、相手の声が聞こえなかったりする場合に「もしもし」という言葉を使うことができます。ビジネスシーンではPardon meやOsoreirimasu(恐れ入ります)などを使いましょう。  

日本人が電話で「もしもし」と言う理由。 よくあるご質問s

プロフェッショナルな電話のかけ方とは?

-企業のようなフォーマルな場では、無礼で失礼な印象を与える「もしもし」という言葉は避けた方がよいでしょう。自分の名前と一緒に代表する会社を指定することが重要です。特定の人に声をかけたい場合は、こう言います。 さんをおねがいします、とか をお願いします。 

なぜ、「もしもし」という言葉が重要なのか?

これは、私たちが知っている日本の文化の一部であり、尊敬の文化でもあります。また、日本ではマナーが非常に重要であることは、この国を訪れるまでもないでしょう。電話での会話では、親しい人、愛する人に挨拶するための親しみのある挨拶、インフォーマルな方法として使われています。

結論から言うと

というわけで、これにて終了です。これで「もしもし」についての知識はすべてです。 日本では、電話のエチケットは、従来の表現と礼儀と尊敬のコードによって支配されています。日本語で電話をかけたり、応対したりする準備はできましたか?日本語での電話応対は緊張するものですが、これで自信を持って電話に出られるようになるといいですね。

この言葉をより意識するようになったので、怖がらずに使ってみてください。もし、もっと日本語の文法や実生活に役立つ表現を練習したい場合は、いつでも日本語関連のアプリをダウンロードすることができます。

この記事を読んでいただき、ありがとうございました。この有名なフレーズについてどう思うか、下のコメント欄で教えてください!それでは、さっそく練習、練習、練習

亭主関白

日本語の「和風」と「夫唱婦随」の意味

ロトスコーピングとは

ロトスコーピングとは何か、アニメでどう使われているか?