日本神話に登場する重要な5つの鳥を知ることができる

倭鳥

日本神話に登場する鳥について学びたい?日本神話に登場する面白い鳥を紹介します。ぜひご覧ください!

鳥は日本神話において古くから象徴的な意味を持っており、神の使い、守護者、幸運の前兆を表すことが多い。

長寿を象徴する雄大な鶴から、復活を象徴する神話上の不死鳥まで、日本の文化的・精神的遺産に織り込まれた鳥の豊かな伝承のタペストリーを探ってみよう。

日本神話に登場する重要な鳥たち

フェニックス(鳳凰)

日本神話において、鳳凰は「鳳凰(ほうおう)」「鳳凰(ほうおう)」と呼ばれています。幸運、繁栄、長寿の象徴とされる神話の鳥である。 

  ショップ・フロム・ジャパン  

鳳凰は、金や赤の羽を持つ色鮮やかな大型の鳥として描かれることが多く、翼を広げると数メートルになると言われています。

鳳凰は、自らの死の灰から立ち上がる力を持つと信じられており、日本文化の中で再生と再生の象徴とされてきました。 

ほうおう

伝説によると、鳳凰は平和で豊かな時代にしか現れず、その存在を目撃した人は幸運と幸福をもたらすと言われています。

鳳凰にまつわる有名な話といえば、伝説の初代天皇である神武天皇の話です。 

という伝説があり、それによると 神武天皇 と、東国征伐に乗り出そうとしたところ、鳳凰(ほうおう)が訪ねてきました。

その鳥が近くの木に止まって美しい歌を歌ったので、皇帝と軍隊は新たな活力と決意をもって進軍することになった。 

鳳凰は神武天皇の旅の間中、ずっと付き添い続け、軍に幸運と成功をもたらしたと言われています。

現代においても、鳳凰は日本文化の象徴として、衣服、美術品、通貨などあらゆるものに描かれている。 

また、日本の文学、音楽、映画などでもよく取り上げられ、回復力、勇気、忍耐力などの比喩として使われることが多い

ツル(鶴)

日本神話では、鶴は長寿、幸運、貞節のシンボルとして特別な意味を持っています。ここでは、日本神話における鶴の役割について簡単に説明します:

つるぎ

伝説によると、鶴は1000年生きると言われ、日本文化では神聖な鳥とされている。また、鶴は人間に化けることができ、不思議な力を持っていると信じられている話もあります。

鶴にまつわる有名な話に、"鶴女房 "というものがある。この物語では、貧しい男が傷ついた鶴の命を救い、家に持ち帰って看病します。 

リード  春にちなんだ日本の名前40選

翌日、彼の前に、自分が助けた鶴だと名乗る美しい女性が現れる。 

女性は、自分の過去を聞かないことを条件に、彼との結婚を申し込む。 

男はそれを了承し、数年間幸せに暮らしていたが、好奇心に負けて妻にその正体を問いただす。 

彼女は、自分が確かに彼が助けた鶴であることを明かし、これからは本来の姿に戻って飛び立たなければならないと言う。 

しかし、彼女は美しい布を残し、その布は男の一生に幸運をもたらすのです。

民俗学上の役割に加え、鶴は日本の伝統的な美術や文学の題材としても人気があります。 

絵画や彫刻によく描かれ、着物の生地や装飾品にもよく使われるモチーフです。

また、日本文化では、鶴は「千羽鶴」という概念と結びついており、千羽鶴を折ることで幸運や長寿の象徴とされています。 

この伝統は、第二次世界大戦中に広島に投下された原子爆弾の放射能を浴びた少女、佐々木禎子さんの話に端を発していると言われています。 

貞子は、千羽鶴を折ることができれば、願いが叶い、病気が治ると信じていた。 

彼女は途中で亡くなってしまったが、彼女を偲んで千羽鶴を折るという伝統は、日本文化の中で平和、希望、回復の象徴となっている。

すずめちゃん(すずめちゃん)

日本神話では、スズメは「雀(すずめ)」と呼ばれ、民俗学や美術によく描かれる鳥です。ここでは、日本神話におけるスズメの役割を簡単に紹介します:

日本の民話では、スズメは幸福、愛、幸運を連想させることが多い。有名な話としては、スズメが残酷な家主を騙して家を出て行き、貧しい老人とその妻が引っ越してきて幸せに暮らせるようになったというものがある。

また、ある若い女性が夢の中でスズメに出会うという話もあります。スズメは、森の中の特定の場所に行き、ある植物を掘り起こすようにと言う。 

女性は言われたとおりに行動すると、希少価値の高い薬草を見つけ、大きな幸運と成功を手に入れることができる。

民俗学上の役割に加え、スズメは日本の伝統的な美術や文学の中でも人気のある題材です。絵画や錦絵、詩歌によく描かれ、着物の生地やその他の装飾品にもよく使われるモチーフです。

リード  日本人は親をどう呼ぶ?| 日本の子供が親を呼ぶ9つの方法

また、日本の伝統的な武道の中には、雀を敏捷性や素早さの象徴として、様々な技や動作に取り入れるものもあります。

スズメは、喜び、幸運、忍耐のシンボルとして、日本文化の中で特別な位置を占めています。 

その小ささと控えめな外見とは裏腹に、民俗学や芸術の分野では重要な存在であり、日本神話のシンボルとして愛され続けています。

カラス(烏)

日本神話に登場する「烏(からす)」は、文化的にも重要なシンボルです。 

日本の民話では、賢くていたずら好きなトリックスターのような存在として描かれることが多く、人間や他の動物を出し抜く聡明さで知られています。 

さらに、カラスは雷神(らいじん)と関係があり、カラスの背に乗り、雷を武器とすると言われています。

神道では、カラスはキツネ、サルと並んで神の使いとされている。 

神々と交信し、人間と神との仲介役を果たすと言われています。

 日本の一部の地域では、カラスは神聖な動物とされ、法律で保護されているほどです。 

また、地域コミュニティが餌付けや世話をすることもあります。

日本の美術や文学において、カラスは重要な役割を担っており、多くの伝統的な物語や詩、絵画に登場する。 

つまり、日本神話におけるカラスの多面的な意味は、知性、策略、神とのつながりを表し、民俗学や文化的伝統の中で今日もなお感じられる。

ナイチンゲール(うぐいす)

日本神話では、うぐいすは美と清らかさの象徴とされています。 

ウグイスは茶色の小鳥で、早朝から夕方にかけて美しい声で鳴く。 

うぐいすの歌はとても美しく、病気を治し、幸福をもたらすと言われています。

うぐいすにまつわる有名な話といえば、「天皇のうぐいす物語」です。 

この物語では、ある皇帝がナイチンゲールの話を聞きます。その歌はとても美しく、病気を癒し、聞く人の心を喜ばせることができるのだそうです。 

皇帝は使用人たちにナイチンゲールを見つけて持ってくるように命じる。

ようやく見つけたナイチンゲールは、皇帝のもとに運ばれ、その美しい歌声に大喜びする。 

リード  日本人はイルカを殺して食べているのか?

皇帝はナイチンゲールを檻の中で飼い、毎日その歌声に耳を傾けています。 

しかしある日、皇帝は本物の鳥よりも美しいと信じて、機械仕掛けのナイチンゲールを手に入れます。 

彼は機械の鳥に夢中になり、本物のナイチンゲールのことを忘れてしまう。

やがて機械仕掛けの鳥は故障し、皇帝は病気になる。皇帝は本物のナイチンゲールを思い出し、その鳥を迎えに行くが、その鳥はどこかへ飛んで行ってしまった。 

皇帝は自分の間違いに気づき、真の美しさは複製できないし、金で買うこともできないことを知る。

また、うぐいすは太陽と宇宙を司る神道の女神、天照大神と関係があります。 

天照大神は、兄の残酷な振る舞いに怒って洞窟に閉じこもり、世界を暗闇に陥れたという伝説があります。 

他の神々や女神たちは、彼女を洞窟からなだめようとしたが、彼女は拒否した。

ついにアメノウズメは、天照大神を洞窟から誘い出すことを思いつきました。鏡とウグイスの枝を洞窟の外に置き、踊りながら歌い始めたのです。 

他の神々も一緒になって騒ぐので、天照大神は気になって洞窟から出てきて何事かを見ていました。 

鏡に映った自分の姿を見て、驚きと面白さのあまり笑い出し、世界は再び光に包まれた。

日本の文化では、うぐいすは春の前触れとされ、詩や芸術作品によく登場します。その甘美でメロディアスな歌声は、自然の美しさとそれに感謝する時間の大切さを思い出させてくれる。

結論として、鳥は日本の神話や文化において重要な役割を担っている。 

不老不死と再生を象徴する鳳凰、長寿と貞節を表す鶴など、鳥は日本人の世界観を形成するのに役立ってきました。 

日本の芸術や文学に欠かせない存在となり、その美しさと神秘性で世界中の人々に感動を与え続けています。

関連記事

どう思う?

日本のレッサーパンダお昼寝クッション

もう寝坊しない:日本のレッサーパンダのお昼寝クッションは、うたた寝を短くて甘いものにする

セブンイレブン海老天おにぎり

セブンイレブン海老天おにぎり!