デスノートの登場人物の和名

デスノートの登場人物の和名

を知りたいですか? デスノートの登場人物の和名?デスノートキャラクターの日本名をリストアップしてみました。ぜひご覧ください。

アニメや漫画のファンなら、「デスノート」はお馴染みの名前だ。シリーズの邦題は "デスノート一ト"。(読み方は、デスノウツ)。 

デスノートは、最も有名なアニメや漫画のシリーズの1つです。ライトノベル、ゲーム、テレビドラマ、ミュージカル、実写映画、サウンドトラックなど、さまざまな形でメディア化されている。 

主人公の夜神月と、彼が見つけた1冊のノート「デスノート」を中心に物語が展開されます。そのノートは死神リュークのものであった。正義感の強いライトは、ノートを使って世の中の犯罪者を「浄化」していくうちに、やがて堕落していく。 

デスノートに登場するキャラクターの日本名一覧は以下の通りです。 

デスノートの登場人物の和名

夜神月・八神雷斗(やがみ・らいと)

夜神月はこのシリーズの主人公です。天才肌の彼はデスノートを見つけ、それを使って犯罪者を始末していく。彼の行動の結果は、街の人々から "キラ "の仕業とされる。 

ライトは正義感が強く、デスノートを手にしたことでそれが崩れていく。デスノートの能力を知った彼は、犯罪や不正のない、誠実で善良な人間だけが住む新しい世界の創造を目指します。そのため、「新世界の神」という称号を得た。

L・ローライト(エル・ローライト、えーる・ろーらいと)

L・ローリエは、シリーズの主な敵役の一人です。性格は秘密主義で、世間には顔を見せない。有名な刑事であり、マネージャーのワタリにしか直接連絡は取れない。 

リード  Dakimakura Love Pillow Obsession In Japan | What Is Dakimakura?

Lはキラを追跡して探し出すことにした。Lは夜神月を疑い、彼がキラであることを証明するためにあらゆる手段を講じる。 

リューク(リューク、リューク)

リュークは死神である。シリーズでは、死神界に飽きた彼は、人間界にデスノートを落とすと見られている。デスノートを見つけたライトは、犯罪者を一掃しようとするライトの企てを面白がっている。 

シリーズ中、リュークはリンゴが大好物で、ほとんど中毒のような状態になっている。彼はこの中毒を、人間に見られるタバコやアルコールへの中毒に例える。リンゴを食べない時間が続くと、禁断症状が出るほどだ。 

天音美沙(あまねみさ、あまねみさ)

天音美沙は日本で人気のあるアイドルです。彼女はやがてデスノートに出会い、第二のキラとなる。シニガミの瞳と交換し、ライトがキラであることを知る。 

自分の家族を殺した犯人を殺してくれたお礼に彼を訪ねたことがきっかけで、ライトに好意を抱くようになる。やがてライトと恋に落ち、ライトのために人生を捧げ、死神の目を使ってLの正体を突き止める。 

ニア(ニア、ニア) 

ニアはLの後継者の一人で、本名はネイト・リバー、イギリスのワタリ孤児院で英才教育を受けて育った。Lの死後、ニアはキラの事件を担当し、あらゆる情報を収集することになる。やがてキラのための特例措置の責任者となる。やがてキラの正体を突き止め、ライトの捕獲に貢献する。 

メロ(メロ、メロ)

メロはLの後継者2人のうち年長で、ニアと同じくワミーズハウスで育てられた。せっかちで劣等感の塊のような性格に描かれている。Lの死後、二人は全く違う存在だと考えているため、ニアと行動を共にすることに抵抗がある。やがてマフィアに入り、キラを追い詰めようとする。 

三上 照(みかみ・てる)

ライトに選ばれ、キラの手となる三上哲。4代目キラとなり、リュークと「死神の目」の契約を行う。リュークと死神の目の取引を行い、死神の目を手に入れる。ライトにキラの疑いがかけられ、デスノートの所有権を手に入れる。 

夜神総一郎(やがみそういちろう、Yagami Souichiro)

夜神月(やがみライト)の父であり、警察庁長官でもある夜神総一郎(やがみそういちろう)。日本対策本部を最初に率いた警察庁長官でもある。後にキラ捜索のためにLと合流する。ライトが容疑者となったとき、総一郎はライトがキラである可能性を信じようとしない。 

松田 桃太(まつだ とうた、まつだ とうた)

松田藤太は、キラ捜索のために結成された捜査本部の若手メンバー。経験不足ではあるが、タイムスリップ先でデスノートを持つマフィアを倒すのに貢献する。 

ワタリ(ワタリ、ワタリ) 

ワタリは、本名をクイルシュ・ワミーといい、Lのマネージャー兼ハンドラーである。チーム結成前からLと直接コンタクトを取っているのは彼だけだ。英国に英才教育施設「Wmmy's House」を所有。

マット(Matt, Matto)

マットはメロの親友で、ワミーズハウスで育ったこともある。本名はメイル・ジーヴァス。キラの事件でメロを助ける。  

ロジャー・ラヴィー(ロジャー・ラヴィー、Rojā Ravī)

ワタリ不在の間、「ワミーズハウス」の支配人を務めるロジャー・ルヴィー。子供たちと密接に関わりながらも、子供たちを毛嫌いしている。やがてニアのためにワタリの役を引き受ける。 

アイバー

アイバーはプロの詐欺師で、本名はティエリー・モレロ。ヨツバグループを調査していたLに協力する。 

高田清美(たかだ きよみ、たかだ きよみ)

高田清美は当初、ライトの同級生でガールフレンドとして登場した。その後、テレビ局「NHN」のスポークスウーマンとして復帰。 

リード  ナルトvsサスケ:どちらが勝つか?

吉良の価値観を信じ、NHN局のNEWS6で吉良のスポークスマンを務めている。天音とライトの交際を快く思っておらず、彼女たちの間に対立が生じる。 

レム(rem、remu)。

レムは、シリーズに登場するもう一人の死神です。デスノートを2冊持っており、作中ではそのうちの1冊をミサに渡している。ゲルスがミサのために犠牲になったことに感動したレムは、ゲルスの死後、ミサに自分のデスノートを届ける。 

リュークとは異なり、レムは人間を進化が劣る種族と見なしている。ゲルスのミサへの愛情を受け継ぎ、ミサを守るために奔走する。

ジェラス(ジェラス、ジェラス)

ゲルスはミサと恋に落ち、やがてミサを守るために自らを犠牲にすることになる死神。他の死神とは違い、人間が好きで、人間のことを深く思っている。

シドー(シドウ、Shidō)

リュークにデスノートを奪われた死神、シドー。彼のデスノートはマフィアの手に渡る。 

夜神 幸子(やがみ さちこ、やがみ さちこ)

夜神月と夜神粧裕の母であり、夜神総一郎の妻である夜神粧子。息子がキラであることに気づいていない、優しく思いやりのある人物として描かれている。

夜神粧裕(やがみさゆ、Yagami Sayu)

夜神月(やがみ さゆ)の妹。母親と同じく、ライトがキラであることを知らない。メロ一味に誘拐され、捜査本部が所持しているデスノートと引き換えに拘束される。無傷だったが、誘拐されたトラウマからか、紗由はショック状態に陥り、他人に反応しなくなる。 

樋口恭介(ひぐちきょうすけ、ひぐちきょうすけ)

樋口恭介は、「よつばの会」の8人のメンバーのうちの1人。ライト、ミサに続く3人目のキラとなる。ライトから「デスノートを使ってステータスを上げてくれる人に渡すように」と指示され、レムからデスノートを譲り受ける。 

レイ・ペンバー(レイ=ペンバー、Rei Penbā)

レイ・ペンバーはFBIに所属するアメリカ人職員。彼は他の11人の捜査官とともに、キラ事件の捜査のために日本に派遣される。レイは八神一家を捜査することになっていたが、やがてライトがバスジャックの被害に遭うのを見て、彼らを疑うのをやめることにする。しかし、これはライトがレイの名前を知り、後に彼を殺すために行った行為に過ぎなかった。

美空ナオミ(南空ナオミ、Misora Naomi)

美空ナオミはレイ・ペンバーのフィアンセ。元FBI捜査官でもある。レイの死の直後、自ら捜査を開始する。最終的にライトに裏切られ、殺される。ライトは彼女の死をデスノートに書き記す。

デスノート』登場人物の日本名:FAQ

夜神月は日本語で何という名前ですか?

夜神月は、『デスノート』の主人公です。日本語では夜神月、夜神月雷斗と表記する。 

死神はどのようにして生まれるのか?

デスノート』シリーズでは、自殺をすると罰として魂を集めなければならない。最初の魂を集めたとき、彼らは完全な死神になる。 

箱根で一番の温泉

箱根の温泉ベスト2022|日本の温泉で癒されよう

日本のエレクトロニクス企業のリスト

日本のエレクトロニクス企業一覧|日本の驚くべきエレクトロニクス・ブランド9選