日本人の子どものしつけ方について知っておきたい11のこと

日本人の子供のしつけ方

子供のしつけに前向きな方法をお探しですか?学ぶ 日本人の子供のしつけ方 お子さんが優しく、規律ある大人の存在に成長するために 

日本の子どもたちは、間違いなく、これまでに見たこともないような行儀のよい、規律正しい子どもたちです。もしあなたが、年齢に関係なく、多くのことに気を取られている中で、子供たちがどうやって平静を保っているのかと不思議に思っているなら、それはあなただけではありません。

私は、日本人がどのように子供をしつけているのかを理解するために、かなりの調査を行いましたので、ご紹介します。

子供のしつけについては、決して「一長一短」ということはありません。家族の価値観、両親の気質、子供の気質、そして状況によっても変わってきます。 

しかし、日本の多くの親たちが、子供たちのマナーを守るために守っていることがあります。 

日本人は子供のしつけにとても厳しいというイメージがありますが、すべての人がそのイメージ通りではありません。 

時代は変化しており、現代の親は伝統的なルールと現代的なルールの両方を兼ね備えた方法を採用しています。

日本の子どものしつけ方について、知っておきたいことをまとめました。

日本人の子供のしつけ方

シツケの技術を学ぶ

日本語の「しつけ」という言葉があります。Shitsuke".大雑把に訳すと、「何かを事前に準備する」という意味です。 

日本人は、子供が小さいうちから躾やマナーを教えなければならないと考えています。というのも、子供が大きくなるにつれて、ある行動を取るように訓練することが難しくなるからです。 

些細なことでも、子供の育て方やしつけ方に貢献しています。 

世界の国々が公共の場での子供の行動にストレスを感じている一方で、日本に来たばかりの人や観光客にとっては、日本人は子供が癇癪を起こしても、実はあまり気にしていないように見えるかもしれません。 

世界中の子供たちがそうであるように、完璧にお行儀よくできない子供たちにも出くわしますし、癇癪を起こすこともあります。 

欧米では、親がすぐに子供をコントロールするために何かを言ったり、人前で子供を叱ったりすることも当たり前のように行われています。 

日本人の子供のしつけ方

しかし、日本の親は癇癪を起こしても、まばたきもせず、感情も表に出さずに乗り切る。あとで知ったのですが、子どもたちは叱られますが、それは内輪の話です。 

日本人は人前ではなく、プライベートで子供を矯正する。

子供が何歳になっても、公園やモールなどの公共の場で大きな癇癪を起こしているかもしれません。その時、親は子供のことを気にせずに黙っていたり、会話をしたりしていることに気がつきます。 

リード  日本は社会主義か?

彼らは正確には 無視 は、第三者から見ればそう見えるかもしれませんが、子どもにとっては親は、プライバシーに関わる最初の機会を利用して、その行動について子供に話したり、叱ったりします。 

日本の子育ての方法

子供の行動は正されても、子供のプライドは傷つけられないので、これは素晴らしいことだと思います。 

子供は、たとえ1歳の子供であっても、プライドや自我を持っており、これを傷つけたり、人前で傷つけたりすることは、大人になってからの自尊心に悪影響を及ぼします。 

このような子どもたちは、身体的な虐待と同じように、感情にトラウマを抱えたまま成長することが多いのです。 

日本の親は、プライベートで子供を矯正したり、あるいは叱ったりすることで、子供の行動に対処するだけでなく、自信に満ちた大人になるための安心感のある子供を育てているのです。 

子供は幼い頃から共感することを学ぶ

このようにプライベートで子供を矯正することは、日本の子供たちにもう一つの重要な資質である「共感」を教えることになります。 

日本の子供たちは、幼い頃から自分が尊重されてきたように相手を尊重することを学び、共感することも学びます。また、日本の親は、物や人は痛みを感じるものだという考えを植え付けることがよくあります。 

日本の子供のしつけ方

例えば、子どもに「本を破るのをやめてください」と言うのではなく、親が「本は痛みを感じているから、傷つけるのをやめてください」と言うかもしれません。 

これもまた、最初から共感する力を身につけることにつながります。 

子供を罰するのではなく、行動を罰する

よくあるのは、親が感情的になって子供を罰することです。子供に結果を与えるのですが、これをもう少し深く考えてみると、親が人前で恥ずかしい思いをしたために、子供に「従わせたい」と思っているのではないでしょうか。 

日本の子供を襲う方法

実際に効果があるのは、子供が自分の行動には結果があることを理解し、そのためには子供ではなく、行動を罰しなければならないことです。 

日本人はこのことをよく理解していて、子供をしつけるときにはこのシンプルな公式に従うのです。 

幼少期の愛着形成

欧米では、親が子供の自立を促すという考え方があり、赤ちゃんが生まれるとほぼ同時にそれを始めます。多くの文化や国では、赤ちゃんは自分の部屋を持ち、親は自分の部屋を持っています。 

これに関しては、日本人は違います。日本のお母さんが、スリングを使って子供を体に密着させて仕事をしたり、歩いたりしているのはよく見かける光景です。 

子供が母親と同じベッドで寝て、一緒にお風呂に入っていることを知っても、驚かないでください。少なくとも、子どもが自分の要求を理解して発言できるようになるまでは、母親は乳幼児の面倒をよく見ます。 

リード  日本のパンダのすべて|起源、生息地、名前も!?

このようにして、子供は母親との間に強い愛着と絆を築き、少なくとも4、5歳になるまで、この強固な愛着を維持していきます。

子供は親との間で感情的に安心し、幸せになり、信頼関係を築くことができます。子どもとそのような絆が形成されていれば、子どもの行動を正したり、しつけをしたりすることは常に容易になります。 

また、子供たちは親を失望させたくないので、ほとんどの場合、列に並んでいようとします。 

ファミリー・カム・ファースト

日本人にとって家族との絆は最も重要であり、3~4歳までの子供は大家族と一緒に過ごすことが多い。 

大家族(祖父母、叔父、叔母、年上のいとこ)は、必ずしも幼い子どもの子守りをするわけではありませんが、子どもに良い行動を教えたり、年長者を敬う模範となったり、必要に応じて子どもをしつけたりする役割を担っています。 

子供の親は、家族の中の他の大人が間違った行動を正してくれると、何よりも嬉しいものです。 

権威と自制の文化

日本人は一般的に、社会に権威と尊敬の文化を持っています。年長者は常に尊敬され、従順であり、この文化は子供たちにも浸透しています。 

大人がたくさんいるときに、子どもたちがとても行儀よくしていることが多いのもそのためです。また、自分が何をしていても、すぐに大人の言うことを聞きます。 

また、日本人の文化には自制心があります。日本の大人が公共の場で不適切な行動をとるのを目撃するのは珍しいことです。これもまた、子供たちに受け継がれていることであり、周囲の人々への敬意の表れでもあるのです。 

これらの行動は、子どもたちの両親、祖父母、叔父や叔母、そして子どもたちが生活の中で出会うすべての人たちが模範としている行動です。このような大人の行動を見ていると、子どもたちも意識的にも無意識的にも、それに倣うようになります。 

日本の子供のしつけは学校でも行われている

子供たちが成長すると学校に通うようになりますが、日本の子供たちも世界の学校と同じように、起きている時間の大半を先生やクラスメートと一緒に過ごしています。 

また、日本の学生は、学校で多くの課外活動やクラブ活動に参加するため、週末の一部も学校で過ごすことがあります。 

日本の子育て事情

そのため、学校や教師は、子どもをしつけ、子どもの行動を整える上で非常に重要な役割を果たしています。 

日本は、子どもを叩いたりすることが禁止されている国のひとつで、子どもの行動は言葉でしか管理されません。そのため、学校の先生は、子どもたちが常に見ている良い行動のお手本となり、子どもたちを侮辱したり、プライドを傷つけたりすることなく、間違った行動を正しています。 

また、学校では、子どもたちが家にいるときや親と一緒に外出しているときに経験するような、権威や自己管理の文化に従っています。 

リード  日本人の日付の書き方

この一貫性が、子供たちの良い行動と規律を強化します。 

子供に後片付けを教える

日本の子どもたちは、家でも学校でも、自分の身の回りのことは自分でするように教えられています。 

欧米の多くの学校では、子どもたちが帰った後の教室を掃除するジャニスターやクリーナーがいますが、日本ではほとんどの学校で子どもたちが教室の掃除を担当しています。 

これにより、子供たちは責任感を学び、周囲に対する敬意を持つようになります。 

日本の子供たちに時間厳守を教える

日本の文化では、子供たちは最初から時間厳守について教えられます。時間を守るだけでなく、目標を達成するための目的を見つけるように言われます。毎日の目標を設定し、それを効率的かつ効果的に達成するように教えられます。 

子供は時間の大切さを学び、毎日のスケジュールを厳守するようになるので、子供をしつけるには最適な方法です。しかし、中には期待値が高すぎて、目標を達成するのが難しい親もいます。 

目標を達成できなかった場合、多くの若者が自殺することが観察されています。人は誠実さと回復力を持つべきですが、肉体的にも感情的にも傷つくほどではありません。 

整理整頓が大事

日本の子供たちは、子供の頃から整理整頓をするように教えられてきました。それは、時間やエネルギーを節約し、仕事の効率化につながるからです。整理整頓をすることで、最適な状態で仕事をすることができ、また、困難に直面したときに迅速に行動することができます。 

日本の子供たちは、家の中が整理されていると、生活に調和と繁栄がもたらされると教えられています。また、日本の子供たちは細部にまでこだわり、何をするにしても非常に明確です。

日本人はどのように子供をしつけるのか。よくある質問

日本の子供はどうしてあんなに規律正しいのでしょうか?

日本人は子供の頃から、清潔にし、整理整頓し、時間を守ることを教えられてきたので、とても規律正しいのです。整理整頓して仕事をし、日々の目標を立て、散らかしたものを片付けることが求められます。これらの重要な要素を実践することで、生活に調和がもたらされると考えられているのです。

日本人は子供をしつけるために杖をつくのか?

日本の成人の約70%が体罰は必要だと考えているという調査結果があります。しかし、体罰は人前でするものではなく、個人的にするものだと考えています。

日本の赤ちゃんはなぜあんなにお行儀がいいのでしょうか?

日本の赤ちゃんは、子供の頃から躾けられているので、とてもお行儀が良いのです。日本の社会には、権威と尊敬の文化があり、それを維持しなければなりません。

日本の親はどのように罰して躾けているのでしょうか?

日本の親は、人前で子供に怒りを見せることはありませんし、外に向かって感情を表に出すことも抑制されています。むしろ、子供をがっかりさせるような口調で叱るのではなく、座って冷静に話をするのです。

和包丁に最適なまな板

7 和包丁に最適なまな板2022年版

日本人の親の呼び方

日本人は親をどう呼ぶ?| 日本の子供が親を呼ぶ9つの方法