ファイアー・フォースの登場人物の和名

ファイアフォースのキャラクターの和名

あなたはファイヤーフォースアニメのファンですか?それなら、ファイヤーフォースに登場するキャラクターの日本名を知っておきたいですよね。ぜひチェックしてみてください。

Fire Forceは日本の漫画で、テレビアニメや舞台など様々な形でメディア化されています。 

日本でのシリーズ名は「炎炎ノ消防隊」。直訳すると「燃え盛る消防隊」。 

シリーズの舞台は、人体自然発火の犠牲者が出るほどの炎に包まれた都市、東京。特殊消防隊は、その炎を消すために懸命に働いている。ヒーローになる夢を追い求め、特殊消防隊に入隊したシンラは、カンパニー8の一員として、猛烈な炎から街を救おうとしている。 

Fire Forceに登場するキャラクターの日本名一覧は以下の通りです。

ファイアー・フォースの登場人物の和名

日下部シンラ(森シンラ 日下部カ部ベ/日下部クサカベ森シンラ 日下部シンラ/日下部シンラ)

特殊消防隊第8中隊で最強を証明した日下部新羅は、ヒーローになることが生涯の夢であり、その夢を叶えるため、母と弟を亡くし、特殊消防隊に入隊する。 

火事で家族を失ったことがトラウマとなり、動揺すると無意識に笑顔になってしまう癖がある。シリーズが進むにつれて、悪魔(Devil, アクマ悪魔の足跡、英雄、神、神羅万象、神羅万象マンなど。 

アーサー・ボイル(Āsā Boiru、アーサー・ボイル) 

アーサス・ボイルは特殊消防隊第8中隊の隊員。 レストランが火事になり、世界旅行に出た両親に置き去りにされた。 

体力、スピード、耐久性、スタミナに優れている。また、妄想癖があり、自分の妄想の世界に入り込んでいることが多い。そのため、より強力なパワーを秘めている。 

アイリス(アイリス、アイリス)

アイリスも特殊消防隊第8中隊の一員で、聖ソル神殿の元シスターであり、修道院火災で生き残ったたった2人のうちの1人。当初は自分が八柱であり、一柱のドッペルゲンガーであることに気づいていない。 

他のフォースメンバーのような力は持っていないが、衛生兵として参加している。瀕死のインフェルナルに安らぎを与えるため、祈る姿をよく見かける。シスター・アイリス、天使、天使などとも呼ばれる。

尾瀬 茉希(おぜ まき、Maki Oze)

2代目パイロキネシス。東京陸軍を経て特殊消防隊第8中隊に所属し、作中では「魔女の女王」とも呼ばれる。 

その戦闘能力はしばしば高く評価されており、特にアーサーとの一騎打ちではあっさりと勝利している。第二世代のパイロキネシスとして、遠距離からでも炎を操ることができる強力な能力を持っている。 

日輪武久(ひなわたけひさ、Takehisa Hinawa)

日輪武久は、2代目8中隊の中尉で、前職は陸軍の軍曹であった。 

シリーズでは、銃器を使って激しい炎を操ることができる。また、特殊な消火弾でインフェルナルの動きを鈍らせることができる。 

大海 秋太郎(秋アキ樽桜オウ備ビ/桜オウ備秋アキ樽、大海秋太郎/大海秋太郎)

小尾秋太郎は、以前は東京消防庁特殊消防隊第8中隊の隊長を務めていた。彼もまた第8中隊の非力な隊員である。 

インファナルに近づくことを恐れない勇敢な人物で、時には体当たりで戦うこともある。体を鍛えていることが多い。普段は穏やかで陽気な性格だが、人の命が弄ばれるのを見ると激昂することもある。 

玉置コタツ(たまきこたつ、たまきこたつ)

こたつたまきは、以前は特殊消防隊第1中隊のファイヤーソルジャーだった。星宮レッカとの交際を理由に停職処分を受けた後、特殊消防隊第8中隊に異動し、懲戒処分を受ける。 

本人は「ラッキー・レッシャー・ルアー症候群」と呼んでいるほど、不愉快な状況に巻き込まれることが多い。レッカに助けられたことをきっかけに、シンラに想いを寄せるようになる。

ジョーカー(ジョーカー、Jōkā)

ジョーカーは、シリーズに登場する逃亡中の犯罪者です。第三世代の発火能力者で、第四の柱の守護者を務めている。

幼少期に捨てられた後、暗殺集団ホーリーソルの影で育つ。アドラリンクを体験した際に左目を失う。 

手刀の腕前は素晴らしく、ナイフの扱いに長けていることで知られる。また、絶大な体力とスピードを誇る。 

ヴィクトル・リヒト(Viktor Licht, Vuikutoru Rihito)

特殊射撃部隊第8中隊の科学者であり、その知性と化学に関する驚くべき知識で知られている。以前は拝島工業で焼夷弾の研究責任者を務めていた。 

レオナルド・バーンズ(レオナルド・バーンズ、Reonarudo Bānzu)

レナード・バーンズは、特殊消防隊第1中隊の元隊長で、教会のために働いていた神父である。しかし、エヴァンゲリストとの出会いをきっかけに、聖ソル神殿への信仰が揺らぐ。 

アドラリンクを体験した結果、右目にアイパッチを装着しているのが最大の特徴。ファイアーの歴戦の勇士であり、驚異的な能力を持っている。 

絶大な耐久力を持ち、白兵戦の達人として知られる。 

星宮レッカ(烈火星宮ホシミヤ、Rekka Hoshimiya)

星宮レッカは、秘密のバグを使ってアドラバーストを持つ人を探そうとする白装束のメンバーです。シスタースミレに育てられた。

腕から炎を出すことができる第三世代のパイロキネシス(発火能力者)。腕力も強く、武術にも長けている。また、鮮やかな反射神経で攻撃をかわすことができる。 

カリム・フラム(カリム・フラム、Karimu Flamu)

カリム・フラムは、特殊消防隊第1中隊に所属する二代目中尉で、以前は司祭でもあった。

特殊な楽器を用いて、熱エネルギーを音エネルギーに変えることができる。また、この楽器で相手を氷に変えて凍らせることができる。カリムの特徴は、その変わった話し方である。 

フオ・イェン・リー(フォイエン・リー、Foien Ryi)

元特殊消防隊第一中隊隊長で、第三世代パイロキネシスでもある。第1中隊の主席司祭である。片手でも手刀を得意とし、インファナルをいとも簡単に仕留めることができる。

能登武尊(のと たけし、TAKERU NOTO)

特殊消防隊第2中隊に所属する第三世代のパイロキネティック(発火能力者)。ジャガーノート(Jagānōto)の愛称で親しまれる。

遠距離戦闘を得意とし、なぜか身体を再生することができる。ハジキに体を切り裂かれても無傷で出てきたのはこのため。 

ヒバナ(火華、Hibana)

ヒバナは、シリーズ中ではプリンセス・ヒバナ(プリンセス火花、ぷりんせすひばな)とも呼ばれる。第三世代の発火能力者であり、特殊消防隊第五中隊の隊長でもある。 

プリンセス、おねえさん、ミューズ(自称)、ヴィーナス(自称)、シスター火花(シスター・ヒバナ)等、様々な呼び名で呼ばれている。

手や扇子で花の形をした炎を発生させるのが特徴。彼女はこれをクレマチスと呼んでいる。また、周囲の気温を変化させることができる。 

岸里 徹(きしり とおる、Tōru Kishiri)

特殊消防隊第5中隊に所属する消防士3世の岸里徹は、風船に可燃性ガスを充填して爆発させる能力を持っている。 

新門紅丸(しんもんべにまる、しんもんべにまる。)

紅丸新門は、第二世代と第三世代のパイロキネシスのハイブリッド。特殊消防隊第7中隊の隊長でもある。 

その圧倒的な強さから「浅草の破壊王」とも呼ばれる。特殊消防隊の中でも最強の士官と言われている。また、驚異的なスピードと耐久力にも定評がある。 

相模屋崑崙(さがみやこんろ、Sagamiya Konro)

相模屋紺郎は、第三世代の発火能力者で、特殊消防隊第七中隊の中尉でもある。 

紅丸新門に忠誠を誓っており、彼のためなら命を捧げる覚悟がある。肩と前腕に炎を発生させることができる。発火能力の使いすぎで、後にテフロシスを発症する。 

ヴァルカン・ジョゼフ(バルカン・ジョセフ)

ヴァルカン・ジョーセフは、特殊消防隊第8中隊に所属する技術者で、「炎と鍛冶の神(ほのおとのかじのかみ)」などの異名を持つ。 

工学に関する知識と情熱に関しては、非常に優れた才能を持っている。また、厳しい肉体訓練を受けているため、肉体的な戦闘も得意。 

リサ・イサリビ(リサ・漁辺、Risa Isaribi)

特殊火力部隊第8中隊に所属する第三世代の発火能力者で、灰炎の騎士時代にはフィーラーという名で活動していた。タコのような触手を作り出し、相手を攻撃する発火能力を持っている。 

ゆう

ヴァルカンで見習いとして働く少年、ユウ。メカや機械に興味があり、ヴァルカンの工房で働く。 

Fire Forceに登場するキャラクターの日本名です。よくある質問

  1. Fire Forceの日本での名称は?

ファイヤーフォースは、日本語では「炎炎ノ消防隊」と呼ばれています。

関連記事

ベスト・ロマンス・アニメ・ムービー

恋愛アニメ映画、どれを見る?| 恋愛アニメ映画ベスト23レビュー

富士山登頂ガイド

初心者のための富士山登山ガイド2022