東京のラーメン店、食事中のYouTube動画禁止を実施

東京のラーメン店、食事中のYouTube動画禁止を実施

近隣の教育機関の学生が密集しているため、ラーメン店間の競争が激しいことで有名な高田馬場の活気あるエリアで、あるラーメン店が食事のマナーについて主張した。 

でぶちゃん」では、食事中に携帯端末でビデオを見ないようにという新しいポリシーが導入された。

店主の甲斐孝太は、心を込めて作ったラーメンが、スマホに夢中になる客によって評価されず、麺がべちゃべちゃになり、食事の質が低下してしまうことを残念に思っている。 

さらに、この方針はレストランの限られた座席をより効率的に回転させ、外に並んでいる人の待ち時間を軽減する。

  ショップ・フロム・ジャパン  

博多風とんこつラーメンで知られる「でぶちゃん」は、食へのこだわりと料理技術を大切にする食文化を育んでいる。 

個人的な楽しみを尊重する一方で、効率性を優先し、特に食事のピーク時にはテーブルを辛抱強く待っている他の客への配慮をするという、日本人の幅広い価値観を反映している。

デブちゃんのこのユニークな姿勢は、さまざまな反応を呼んでいる。一部の人々は、この規制を「育ちが良いことの反映」「公共の場での礼儀作法」として受け入れている。 

また、この制限を威圧的なものとして反対する人もおり、レストランの理念の重みに左右されずに食事をすることを好む人もいる。 

モバイル機器の使用は、レストランのテレビを見るような、邪魔にならない行為に限るべきだという意見も浮上する。

リード  浅草・浅草寺はなぜ夜がいいのか?

保険契約の経験

  • 食事と視覚的に関わることが奨励され、食べる前の料理の写真撮影もOK。
  • 読書や、テレビなどのデブちゃん提供の娯楽オプションも引き続き利用できる。
  • もし、食事中のビデオ鑑賞が楽しみのひとつであれば、他の地元のラーメン・スポットも訪れてみてほしい。

結論として、「でぶちゃん」の食事に対する考え方は、目の前の食事をより深く味わうことを促している。個人的なレジャーやリラクゼーションは理解できるが、ポリシーの本質はシェフの技術や食事体験全体への敬意である。この哲学をよく理解し、この高名なラーメン・スポットを和やかに訪れてほしい。

東京のラーメン店がスマホ使用制限を導入した理由とは?

東京のラーメン店、通称「でぶちゃん」のオーナーは、食事の雰囲気を盛り上げ、客が端末に気を取られることなく食事に集中できるよう、スマホ禁止令を出した。 

この決定は、多くの客が食事よりも携帯電話に注意を払い、特に従来の食事体験を妨げる動画を見ていることを観察した後に下された。

新しい電話使用ルールに対する食堂の反応は?

その反応はさまざまで、気が散ることなく食事を楽しむことができると評価する人もいれば、食事中に携帯電話を自由に使えないことに不便を感じる人もいる。

東京の他の飲食店も電話制限に追随しているのだろうか?

他のいくつかのレストランでは、一定の食事エチケットを守るために同様の方針を検討しているが、東京ではこのやり方はあまり採用されていない。ほとんどの店ではまだ、客が自由にスマートフォンを使えるようになっている。

リード  パパを企業に引き込む方法:日本市は育児休暇を奨励する愉快なアプローチをとっている!

ラーメン店でのビデオ鑑賞禁止は、どのような文化的効果を意味するのか?

このポリシーは、共有スペースでのマインドフルネスとリスペクトという日本文化の根深い価値観に触れている。ビデオ鑑賞を禁止することで、料理への集中を促し、共有のダイニング環境を尊重している。

携帯電話の使用を制限することで、このレストランでの食事体験にどのような変化がありますか?

携帯電話の使用禁止は、スマートフォンが助長するマルチタスクの規範ではなく、食事という行為が完全に味わうべき経験であるという、伝統的な価値観に食事体験を戻すことを目的としている。

この東京のラーメン店では、スマホの使用は禁止されているのだろうか?

食事の写真を撮るなどの目的での携帯電話の使用は許可していますが、ビデオを見たり、他の人の迷惑になったり、食事の経験を損なうような携帯電話の使用は禁止しています。

どう思う?

あんみつ

日本初のあんみつ専門店:料理のパイオニアが登場

タリーズコーヒー、新しいカスタマイズ機能を発表

スターバックス 日本のライバル、タリーズがユニークなスイーツカスタマイズ機能を発表