東京の絶品ハンバーガー8選!

東京で最高のハンバーガー

東京中の美味しいハンバーガーを試して、東京で一番美味しいハンバーガーを見つけた!

繊細な寿司や可憐なラーメンは忘れよう!東京のグルメシーンには、豪快な味わいとジューシーな満足感にあふれた隠れた逸品がある。 

そびえ立つアメリカン・クラシックから、和のテイストを取り入れたグルメな作品まで、東京のハンバーガー・シーンはパティ愛好家の遊び場だ。 

ジューシーな和牛ビーフに舌鼓を打ち、ふわふわのバンズに挟まれたとろけるチーズを味わい、ハンバーガー至福の限界を超えるユニークなトッピングを探求しよう。 

  ショップ・フロム・ジャパン  

さあ、これから東京最高のハンバーガーを巡る美味しい旅に出発だ!

東京で最高のハンバーガー

東京で最高のハンバーガー

バーガー・レボリューション 東京ワイン&バー 六本木店

バーガーレボリューション東京ワイン&バー六本木店は、六本木の中心部にあるバーガー通のための隠れ家。グーグルマップでは4.6つ星、トリップアドバイザーでは絶賛されている。 

東京で最高のハンバーガー

高品質な素材とユニークな味の組み合わせで、伝統的なハンバーガーに独創的なアレンジを加えている。

  • グルメなパティ・オプション:和牛パティ、フォアグラとトリュフのハンバーガー、レンズ豆とマッシュルームを使ったベジタリアン・パティなど。
  • 風味豊かなトッピング:トリュフマヨ、キャラメリゼオニオン、ブルーチーズ、カリカリベーコンでハンバーガーをさらに美味しく。
  • ワインとバーでのひととき:トリュフフライやオニオンリングなどのアペタイザーをお楽しみください。
  • スタイリッシュな雰囲気:むき出しのレンガの壁、薄暗い照明、活気ある雰囲気など、トレンディな雰囲気を醸し出している。

レビューでは全体的な体験が評価されている一方で、他のハンバーガーショップと比べて価格がやや高めであることを指摘する声もある。しかし、高級食材とグルメなクリエイションは、多くの人にとってそのコストを正当化しているようだ。

普通を超えたハンバーガーを求めるなら、バーガー・レボリューション 東京ワイン&バー 六本木店は間違いなく試す価値がある。味覚を刺激し、財布の紐を少し緩める覚悟で。

ザ・グレート・バーガー、東京

渋谷の活気あるカオスの中心で、ザ・グレート・バーガーはクラシックなアメリカン・コンフォートの道標として佇んでいる。派手なトッピングやグルメなひねりは忘れて、ピロピロのバンズに挟まれた完璧に焼かれたパティの純粋な喜びを讃える店だ。

ザ・グレート・バーガー、東京

ヴィンテージ・アメリカーナの内装、温かみのある照明、フレンドリーなサービスが、居心地の良い雰囲気を作り出している。 

メニューは簡潔で、クラシックなチーズバーガーが頂点に君臨している。ジューシーな味付けビーフ、完璧に溶けたアメリカンチーズ、トーストしたバンズが、シンプルで満足感のある味のシンフォニーを奏でる。

ベーコンチーズバーガー、アボカドバーガー、そして甘く香ばしいグレイズをかけた照り焼きバーガーも魅力的だ。サクサクのフライドポテト、ジューシーなオニオンリング、自家製レモネードで、おいしい体験が完成する。

全体的に

ザ・グレート・バーガーは、東京のハンバーガー好きなら必ず訪れるべき店だ。ゆったりとくつろぎ、心地よい食べ物に舌鼓を打ち、幸せな気分と満足感で帰れる場所だ。

マンチズ・バーガー・シャック

マンチズ・バーガー・シャックは、東京のハンバーガー・シーンに活気のあるエネルギーを注入する。 

港区にあるこの賑やかな小屋は、パティ好きのための隠れ家的存在で、独創的な調合と楽しい雰囲気、そして頭をクラクラさせるほどのトッピングが自慢だ。

マンチズ・バーガー・シャック

ありきたりなチーズバーガーの時代は終わった。Munch'sは、照り焼きマヨ、しめじのピクルス、カリカリのオニオンリングを添えたうま味の爆弾「東京タワー」のようなオプションで、フレーバー・フィエスタを解き放つ。また、ジューシーに揚げた豚カツにコチュジャンマヨとキムチスローをかけた「キムチカツ」もおすすめだ。 

ベジタリアンには、アボカド、ペースト、モッツァレラを重ねたベジパティ「グリーン・ドリーム」がおすすめだ。

パティが主役だが、マンチズは脇役にも手を抜かない。作りたてのフライドポテトは、海苔塩やトリュフオイルで味付けされたものもあり、ディップに最適だ。サツマイモのフライドポテトとオニオンリングは、サクサクとした食感で相性抜群だ。 

リード  東京空港から市内へのタクシー料金は?

自家製レモネードですべてを洗い流すか、クリーミーなミルクセーキ(オレオは魅惑的な夢だ)を堪能しよう。

Munch'sの魅力は料理だけではない。むき出しのレンガの壁、カラフルな壁画、そして陽気な音楽が賑やかな雰囲気を作り出している。フレンドリーなスタッフが活気を与え、カジュアルな集まりや一人でのハンバーガー食べ歩きにも最適なスポットだ。

評決:

マンチズ・バーガー・シャックは普通のハンバーガーショップではない。冒険的な味覚のための遊び場であり、大胆な味の祭典であり、楽しい時間が保証されている。創造性を発揮するために食欲を持ち、抑制を緩め、Munch'sでハンバーガーの地平線を揺るがす準備をしよう。

最終スコア:5つ星のうち4.5

ブラッカウズ(恵比寿)

Blacows(恵比寿)に一歩足を踏み入れれば、あなたのハンバーガーへの期待は打ち砕かれることだろう。この洗練されたレストランは、高級食材と斬新な味の組み合わせで料理のシンフォニーを作り、質素なパティをグルメの高みへと昇華させる。 

脂っこいスプーンやファストフード・チェーンは忘れよう。Blacowsでは和牛が主役で、とろけるチーズ、トリュフ入りのソース、ふわふわのブリオッシュ・バンズがショーに華を添える。

Blacowsの雰囲気は、メニューと同様に洗練されている。むき出しのレンガの壁と洗練された木製の家具が温かみのあるモダンな空間を演出し、薄暗い照明とジャジーな曲が洗練された雰囲気を添えている。 

オープンキッチンでは、熟練したシェフがシンプルな食材を見事な料理に仕上げる様子を目の当たりにすることができる。

ブラッカウズ(恵比寿)

ショーの主役は間違いなく和牛だ。一口ごとにとろけるような柔らかさと濃厚でうま味のある味わいを堪能できる。 

クラシックなチーズバーガー、グリュイエールチーズとトリュフマヨの魅惑的なトリュフバーガー、冒険的なフォアグラバーガー(そう、その通り!)のどれを選んでも、味覚が刺激される体験が待っている。

しかし、Blacowsはパティだけにとどまらない。脇役の食材も同様に素晴らしい。黄金色にトーストされたブリオッシュのバンズが、肉のコクと対をなす。 

トリュフ塩やパルメザンチーズをまぶしたサクサクのフライドポテトは、ディップにぴったり。もしおしゃれな気分なら、厳選されたワインと一緒にハンバーガーを味わおう。

評決:

Blacows(恵比寿)は単なるハンバーガーショップではない。上質な素材と卓越した技術が融合し、味のシンフォニーを奏でる。 

他では味わえないハンバーガー体験、味覚の蕾への贅沢なご褒美を求めるなら、Blacowsはあなたの目的地だ。驚かされる覚悟だけはしておこう。

最終スコア:5つ星のうち 4.75

ファットバーガー(渋谷)

東京の活気あふれる雑踏の中で、クラシックなアメリカン・テイストを味わいたい?渋谷のファットバーガーは、炎で焼いたジューシーなパテ、カリカリのフライドポテト、クリーミーなミルクセーキで、ノスタルジアをたっぷり味わわせてくれる。 

派手なトッピングやグルメなひねりは忘れよう。この店は、正しい方法で作られたアメリカン・バーガーの時代を超越した魅力を称えることにすべてをかけている。

ファットバーガーに一歩足を踏み入れれば、シンプルな時代にタイムスリップした気分になれる。赤と白の市松模様の床、年代物の看板、フレンドリーなカウンター・サービスが、カジュアルなダイナーのような雰囲気を作り出している。 

メニューはシンプルで、ビーフパティを3枚重ねた象徴的な「キング」バーガーをはじめ、チーズバーガー、ベジバーガー、チキンサンドなどがある。

ファットバーガーの美点は、質の高い素材とシンプルな調理法にある。天然素材にこだわったビーフパティは、炎でジューシーに焼き上げられ、塩と胡椒で程よく味付けされている。 

バンズはこんがりとトーストされ、柔らかさと骨格のバランスが絶妙だ。厚切りでカリカリのフライドポテトは、ケチャップやマスタードにつけて食べるのに理想的だ。

ファットバーガーといえば、ミルクセーキ。濃厚でクリーミー、風味豊かなシェイクは、まさに贅沢の極みだ。 

チョコレート、バニラ、ストロベリー、オレオの4種類から選ぶことができる。

リード  東京シーライフパークに行く価値はあるか?

評決:

ファットバーガーは東京で最も派手なハンバーガーショップではないかもしれないが、その必要はない。約束通り、ボリューム満点で満足感のあるハンバーガーは、昔からあるような味わいだ。 

渋谷の中心でノスタルジックなアメリカーナの味を求めるなら、ファットバーガーでクラシックな味を堪能しよう。

最終スコア 5つ星のうち 4

ウマミバーガー(表参道)

表参道のウマミバーガーは、ありふれたパティを香ばしい感覚のオーケストラに昇華させる。このトレンディーなチェーン店は、ハンバーガーにうま味成分を豊富に注入し、味蕾をくすぐり、もっと食べたくなるような風味の爆弾を作り出している。

ウマミバーガー(表参道)

主役はドライエイジングしたビーフパティで、他に類を見ない深い味わいが自慢だ。一口ごとにうま味が爆発し、キャラメリゼされた糖分と天然のグルタミン酸のシンフォニーで、何度食べても飽きない。 

看板メニューの「ウマミ・バーガー」は、この主役にキャラメリゼした玉ねぎ、特製ウマミ・ケチャップ、とろけるグリュイエールチーズを合わせ、甘み、塩味、旨味のハーモニーを生み出している。

しかし、Umami Burgerはパティだけにとどまらない。トーストしたブリオッシュのバンズが完璧な枕のような土台を提供し、パルメザンチーズをまぶしたカリカリのトリュフフライが贅沢なタッチを加える。 

冒険心が旺盛な人は、トリュフ入りのチーズ・フライを試してみよう。

ウマミバーガー(表参道)

Umami Burgerの洗練されたスタイリッシュな店内は、表参道というトレンディーな住所にマッチしている。むき出しのレンガの壁、ミニマルな内装、温かみのある照明が、洗練されながらも居心地の良い雰囲気を作り出している。オープンキッチンからは料理の芸術性を目の当たりにすることができ、食事体験に華を添える。

ウマミバーガーは普通のハンバーガーショップではない。うま味の祭典であり、一口ごとに味わいたくなるような味のシンフォニーなのだ。 

東京でユニークで美味しいハンバーガー体験を求めるなら、Umami Burgerは必食だ。香ばしい感覚の大合唱に驚かされることを覚悟して。

最終スコア 5つ星のうち 4.5点

エイトバーガーズ(下北沢)

エイトバーガーズは、ヴィンテージショップや風変わりなカフェに囲まれている。 

この地味な店は普通ではなく、創造的なグルメバーガーを提供している。

エイト・バーガーは、ハンバーガーの可能性の限界を押し広げることに全力を注いでいる。ピーナッツバター、ベーコン、バナナを使った「エルビス」や、コチュジャンマヨとキムチスローを使った「スパイシーキムチ」など、メニューは味の組み合わせの遊び場だ。

エイトバーガーズ(下北沢)

しかし、純粋主義者の皆さん、ご心配なく!ジューシーで上質なビーフ、完璧にとろけたチーズ、新鮮なトッピングを使ったクラシックチーズバーガーやベーコンチーズバーガーもある。

脇役のサイドメニューも同様に素晴らしい。サクサクのフライドポテト、サツマイモのフライドポテト、オニオンリングはどれも完璧な焼き加減で、自家製ソース(ガーリックマヨが個人的にはお気に入り)につけて食べるのに最適だ。 

リフレッシュしたいときは、自家製レモネードやクラフトビールをどうぞ。

エイト・バーガーズの雰囲気は、メニューと同じくらいユニークだ。むき出しのレンガの壁、風変わりなアートワーク、ヴィンテージの家具が、カジュアルで生活感のある雰囲気を醸し出している。フレンドリーなスタッフがさらに魅力を増し、レストランで食事をしているというより、友人とたむろしているような気分にさせてくれる。

評決:

エイトバーガーズは単なるハンバーガーショップではない。グルメな創造性を満喫し、地元の雰囲気に浸り、満足した笑顔と物語を残して帰る場所なのだ。 

普通とは違うハンバーガーを体験したいなら、エイト・バーガーズがおすすめだ。あなたの舌が驚きと歓喜の渦に巻き込まれることを覚悟してほしい。

最終スコア 5つ星のうち 4.5点

チャッティ・チャッティ(新宿) 

賑やかな通りに囲まれた東京のChatty Chattyは、普通のハンバーガーショップではない。魅力的なカフェ・ミーツ・バーガーの隠れ家であり、温かく歓迎的な雰囲気と美味しくカジュアルな食べ物の数々を提供している。

リード  日本人はアメリカ人をどう思っているのか?異文化間の認識を解き明かす

Chatty Chattyに一歩足を踏み入れると、まるで友人の家に遊びに来たような気分になる。むき出しのレンガの壁、温かみのある照明、ヴィンテージの装飾が、快適で心地よい雰囲気を作り出している。フレンドリーなスタッフがさらに魅力を増し、安心してくつろげる。

チャッティ・チャッティ(新宿) 

ハンバーガーが主役とはいえ、Chatty Chattyのメニューは誰もが楽しめる。ジューシーなビーフ、とろけるチーズ、新鮮なトッピングをトーストしたバンズで挟んだクラシック・チーズバーガーは、多くの人に喜ばれている。 

しかし、その楽しみはクリエイティブなオプションから始まる。アボカドベーコン」は、クリーミーなアボカドとカリカリのベーコンがにじみ出る魅惑の一品。テリヤキマヨ」は、甘く香ばしいグレイズで日本独特のひねりを加えている。 

ベジタリアンには、レンズ豆とマッシュルームの風味豊かなパティが入った「ベジ・バーガー」がおすすめだ。

サイドメニューと一口:

ハンバーガーにはサイドメニューが欠かせないが、Chatty Chattyはその期待を裏切らない。サクサクのフライドポテト、オニオンリング、サツマイモのフライドポテトは、シェアして食べるのにぴったりだ(シェアしなくてもOK!)。リフレッシュするには、自家製レモネードやクラフトビールをどうぞ。

評決:

Chatty Chattyは料理だけではありません。くつろぎ、友人と集い、お金をかけずに美味しくカジュアルな食事を楽しめる場所だ。フレンドリーな雰囲気、独創的なハンバーガー、おいしいサイドメニューは、どんなシーンにもぴったり。

最終スコア 5つ星のうち 4

ワッキーワッキー(吉祥寺)

吉祥寺のWakie Wakieは、パンケーキや卵料理を忘れ、朝食を再定義し、どんな日の出料理にも負けないジューシーでグルメなハンバーガーを作る。 

この居心地の良いカフェは、ハンバーガー愛好家や早起きした人たちの憩いの場であり、朝食の定番メニューとハンバーガーの素晴らしさを融合させた味を提供している。

ワッキーワッキー(吉祥寺)

ふわふわのブリオッシュのバンズに挟まれているのは、黄身ではなく、ジューシーで完璧な味付けのビーフパティだ。サンライズ」バーガーは、ベーコン、チェダー、目玉焼きがパティの上で踊る傑作だ。アボカド・ドリーム」はクリーミーなアボカド、トマト、モッツァレラがたっぷり。

ローズマリー塩をまぶしたサクサクのフライドポテトは完璧な相棒で、オレオや抹茶のようなクリーミーなミルクセーキは純粋な贅沢だ。 

さらに冒険したい気分なら、季節のフルーツを使った自家製レモネードを試してみよう。

暖かな日差しが降り注ぐ店内、フレンドリーなスタッフ、のんびりとした雰囲気が、ワキ・ワキを居心地のよい隠れ家にしている。むき出しのレンガの壁、ヴィンテージの不揃いの家具、ポップな緑が魅力的で家庭的な雰囲気を醸し出している。

評決:

Wakie Wakieは普通の朝食店ではない。食欲をそそる味と居心地の良い雰囲気で、朝をハンバーガーでおいしく変身させてくれる。 

トーストを食べずにWakie Wakieに行けば、あなたの味覚は(そして睡眠時間も)きっと感謝するだろう。

最終スコア 5つ星のうち 4.5点

結論

東京のハンバーガー・シーンは、多様なフレーバーとユニークなクリエーションで爆発的に広がり、パティ愛好家の天国となっている。Blacowsの和牛シンフォニーからMunchの遊び心溢れる調合まで、一口ごとに美味しい冒険が待っている。 

東京のハンバーガーは、クラシックな快適さを求める人にも、料理にひねりを加えたい人にも、満足感を与え、もっと食べたいと思わせる。 

食欲に任せて、東京最高のハンバーガーの活気あふれる世界に飛び込もう。

どう思う?

ベスト猫アニメ

猫好き必見の猫アニメ12選 2024|歴代好きな猫アニメ12選

浅草の楽しみ方

2024年に浅草でしたい10のこと