なぜ日本人はアメリカ文化にこだわるのか

日本人はなぜアメリカ文化にこだわるのか

日本人はなぜアメリカ文化に夢中になるのか、不思議に思ったことはありませんか?あるいは、アメリカの有名な食べ物が日本に入ってきて、日本人が絶対に好きなのはなぜだろうと考えたことがあるかもしれません。

日本人はなぜアメリカ文化にこだわるのか

日本がアメリカからどれだけ離れているか、見ていて不思議に思いますが、料理や食品、芸術や映画、スポーツやエンターテインメントなど、アメリカのトレンドや流行がそのまま日本に入ってきているのです。

今回は、日本人がなぜアメリカ文化にこだわるのかを考えてみましょう。

さて、何を待っているのでしょうか?さぁ、はじめましょう

  ショップ・フロム・ジャパン  

関連する 日本の女の子はアメリカ人にモテるか?

日本人はなぜアメリカ文化にこだわるのか

日本文化とアメリカ文化の関係

日本の文化とアメリカの文化を比較すると、日本人の方がより多くの文化や伝統を持ち、それに従って行動していることは明らかです。 

例えば、食事では、日本の文化では、食事の際に敬意を払い、礼儀正しくするために留意すべきことがたくさんあります。これは社交の場でお酒を飲むときにも当てはまり、敬意を払うために一定の方法に従わなければならないのです。

大きな違いのひとつは、日本人が年齢や階層の異なる人々とどのように会話するかということです。日本では、見知らぬ人、年配の人、権力者に敬意を払い、丁寧に接するために、多くの敬語を使います。

アメリカンインタラクション

これを米国と比較すると、これらの伝統や規範は、彼らの日常生活のあり方とは大きくかけ離れている。そもそもアメリカでは、食事やお酒を飲むときに、実に特別で具体的な決まりごとがあるのです。

アメリカの家庭では、食事では噛みながら話さない、来客に飲み物を勧めるなど、常に敬意を払うことがルールとして残っているが。ただ、飲食に関しては日本人のようにはいかない。

リード  日本語でのバンザイの起源と意味

アメリカにも敬語はありませんが、それは決して失礼だからではありません。年齢や身分に関係なく、ただ名前で呼び合うだけなのだ。

多文化共生社会としてのアメリカ

上記で述べたことは、アメリカ文化のあり方の概要としては正しいかもしれませんが、アメリカは多文化社会であるため、必ずしもすべての家庭や地域でそうであるとは限りません。 

アメリカは「チャンスの国」と呼ばれ、アジア、南米、アフリカ、オーストラリア、ヨーロッパなど、さまざまな国籍や文化が混在しています。そのため、家庭によっては、それぞれの民族の伝統を守っているところもある。

アメリカンファミリー

具体的には、アジアの家庭では、靴は家の外に置くか、家の中では履かないのが常識であり、敬意を表すものです。アフリカの家庭では、ゲストに敬意を表し、短い滞在の中で最高の体験をさせるために必要なことです。

つまり、多様な文化や背景を持つアメリカでは、日本人のようにある種の伝統や規範を守っている家庭があるとも言えるのです。

日本のメディアとアメリカのイメージ

もう何十年も同盟国である日本とアメリカは、どんな状況でも助け合える頼もしい国として、メディアでお互いを宣伝してきました。

これは、日本のメディアが、経済、政治、軍事など、ほとんどすべての面で、アメリカを長年の同盟国であり友人であると賞賛していることからもわかることです。日本のメディアは、アメリカが経済、政治、軍事などあらゆる面で長年の同盟国であり友人であることを称賛しています。

日米同盟

米国は日本にとって最も近く、最も長い同盟国であるため、さまざまな方法で感謝の意を表しています。そのひとつが、日本のメディアにおける米国の描写で、米国を訪れることや米国人であることの素晴らしさを表現しているのです。

米国も同様で、両国の絆がいかに貴重で尊いものであるか、また、助け合い始めてから双方にとっていかに有益であったかを米国民に示し続けています。

リード  日本におけるプロポーズと婚約の違い|日本の婚約の伝統

このような日本のメディアの描写は、この後取り上げるアメリカの食、映画、スポーツへの影響などとともに、現地の人々のアメリカへの評価をさらに高めている。

料理と食品におけるアメリカの影響

アメリカの影響を最も顕著に受けているのは、おそらく日本、特に東京で人気が高まっているアメリカ料理でしょう。日本中を歩き回ると、完全なアメリカ料理か、日本食を取り入れたアメリカ料理を目にすることができる。

ハンバーガーやホットドッグはアメリカの影響を受けて日本で普及したもので、日本にはこうした料理を出すレストランや屋台がたくさんある。また、日本食の中にアメリカ料理を取り入れたものもたくさんあります。 キムチ ハンバーガーなど。

また、アメリカは日本にも多くの料理を持ち込み、日本人が大好きな料理もたくさんあります。フライドポテトやアメリカンスタイルのステーキなどがその例で、地元の人たちは、普段食べている味とは違うので、本当に大好きなのだそうだ。 

ハンバーガー・イン・ジャパン

それだけでなく、アメリカの有名なファーストフードチェーンも、日本の主流に急浮上してきた。日本では、どこに行っても マクドナルドのようなチェーン店があります。 バーガーキング, ウェンディーズ, ケーエフシーとしています。 スターバックス.

また、日本が米国に与えた食の影響も同じだと言ってよいでしょう。アメリカでは以前に比べて日本食レストランが増え、ラーメン、寿司、うどんなどの伝統的な料理をあちこちで目にするようになりました。

芸術と映画におけるアメリカの影響

アメリカは、芸術を通して、普通では考えられないような多くの影響を日本に与えてきました。第二次世界大戦後、日本人はアメリカから芸術様式を受け入れ、それを中心に新しい様式を発展させてきました。

芸術における二人の共通パターンは、目に新しい新鮮なものを作るために、より多くの実験をする能力を持っていることです。この時間軸の先駆者は、池田龍雄、吉原治良、中谷芙二子、その他多くの偉大で影響力のあるアーティストたちである。また、彼らは一般に前衛芸術家として知られています。

リード  日本では牛乳は低温殺菌されているのですか?

映画で言えば、アメリカはポップカルチャーやハリウッドで日本だけでなく多くの国に影響を与えていることは周知の通りです。しかし、実は日本もそれなりにアメリカに影響を及ぼしているのです。

日本はその恩義に報い、マンガやアニメという形で米国に多大な影響を与え、スターウォーズやゴジラなど多くの有名なハリウッド映画に映画のインスピレーションを与えている。

スポーツとエンターテインメントにおけるアメリカの影響

バスケットボール、アメリカンフットボール、野球はいずれもアメリカ発祥のスポーツであることは周知の事実ですが、日本ではいずれも遊びではなく、全国にリーグがあり、一流のプロ選手がプレーしています。

野球は、観客やファンから見て、間違いなく日本で最も人気のあるスポーツです。1920年代に日本で競技として始まった野球は、米国がスポーツやエンターテインメントを通じて日本に与えた影響のおかげです。

アメリカはスポーツやエンターテインメントの面でも日本に大きな影響を与えており、Xリーグ(日本におけるアメリカンフットボールリーグ)はそれを証明する一つの方法だと思います。これだけ大きなリーグ戦の舞台は、アメリカ以外では日本では見ることができないでしょう。

Xリーグは、チームのスキルによって部門が分かれていて、アメリカ人選手も所属しています。Xリーグは全国的に展開されており、多くの日本人がこのスポーツを知り、どのようにプレーしているのかを知っています。

日本におけるXリーグ

一方、バスケットボールのBリーグは、チームの実力によって部門が分かれており、チームにはアメリカ人選手もいます。Bリーグのディビジョン1は世界でもトップレベルのリーグと言われるほど、高い技術を持ったバスケットボールが展開されている。

日本人はなぜアメリカ文化にこだわるのか

日本人がアメリカ文化の大ファンであることは周知の事実ですが、彼らはそれを独自の小さな方法で表現しています。日本のどこに行っても、特に東京では、アメリカ文化の影響のヒントをあちこちで目にすることができます。

日本とアメリカは長い間、経済、政治、軍事の分野で調和した民主的な関係にあり、それゆえにお互いに影響を与え合ってきたのだから、これは不思議なことではない。

日本人がなぜアメリカ文化にこだわるのか、この記事が参考になれば幸いです。

どう思う?

日本女性の声はなぜ高いのか?

日本女性の声はなぜ高いのか?

日本の女の子はアメリカ人にモテるか

日本の女の子はアメリカ人にモテるか?