今でもゾクゾクする日本の有名な連続殺人犯6名

日本の連続殺人犯

日本の有名な連続殺人犯のゾッとするようなエピソードを紹介します。読んでみてください。

あなたは連続殺人犯の実録スリラー小説を読むことに夢中ですか?さて、今回は日本の人々の平和を乱した、神経を逆なでするような連続殺人犯の数々をお届けします。 

世界でもトップ10に入る犯罪率の低い平和な国である日本では、犯罪はほとんどありえないことのように聞こえます。しかし、日本では情け容赦ない連続殺人犯による驚くべき犯罪が起きている。 

日本で大量殺人を行った連続殺人犯のほとんどは20世紀に流行したもので、ありがたいことに日本は犯罪者の封じ込めに全力を尽くしている。

日本の有名な連続殺人犯が誰なのか知りたい人は、ぜひ以下を読んでみてください。このページには、殺人、性的暴行、児童虐待など、生々しい内容が含まれているため、読者の判断にお任せします。

日本で最も怖い連続殺人犯

松永 太 

松永太は1961年4月に福岡県柳川市で生まれ、そこで人生の大半を過ごした。 

フトシは、一見普通の生活を送り、学校にも通っていて、勉強もよくできた。同僚からは、魅力的で聡明だと思われていた。 

太一が高校生の時、年下の女の子と関係を持ってしまい、別の高校に転校することになった。 

19歳の時に結婚し、息子をもうけたが、浮気性で少なくとも10人の愛人がいた。その愛人の一人が 緒方純子 という、高校時代の同級生であり、相棒でもあった。

フトシはジュンコとの結婚を望んでいたが、彼女の母親は結婚を反対した。その結果、フトシは母親に性的暴行を加え、ジュンコを操って一緒に住むように仕向けた。 

最初の被害者の一人は、夫と別れて駆け落ちするように説得された人妻だった。この女性は1993年に謎の死を遂げた。

フトシはジュンコの助けを借りて、詐欺、恐喝、性的虐待、殺人など、同様の犯罪を犯し続けることになる。二人は日本の犯罪者リストの上位に位置し、日本のほとんどのメディアでさえ、フトシとジュンコが犯した残虐な犯罪を報道するのはあまりに不愉快であると考えた。

2002年、フトシとジュンコは逮捕され、フトシは絞首刑、ジュンコは無期懲役の判決を受けた。 

リード  日本語で「バカ」はどういう意味?

この連続殺人犯について知りたい人は、この映画を見てください。 愛の森 - 松永太の連続殺人事件を題材にした『翔ぶが如く』。

被害者数 8-9の間 

活動年数 1996年~1998年

犯した罪 詐取、性的虐待、拷問、殺人。

ペナルティー 死刑判決(2005年)

吹上佐太郎 

吹上佐太郎は、京都に生まれた日本史上最も冷酷な連続殺人犯の一人である。8歳から仕事を始め、11歳の時に17歳の少女と性的関係を持ち、それが原因で職を失うなど、早くも犯罪に手を染めた。 

12歳の時に窃盗で逮捕され、刑務所の中で数学の勉強をしたそうです。

出所後、再び窃盗で逮捕され、今度は刑務所の中で古典中国語を学んだ。若い頃、勉強する機会がなかったため、学問に熱心であった。 

佐太郎は17歳のとき、54歳の女性と性的関係を持ち、その後、彼女の11歳の娘に性的暴行を加えた。その他にも、近所に住む複数の少女に性的暴行を加えたと伝えられている。

1906年、佐太郎は11歳の少女に対する性的暴行と殺人で有罪判決を受けた。獄中では大衆哲学者の著作を研究し、1922年に出所した。 

1923年から1924年にかけて、最大6人の未成年の少女に性的暴力を加えて殺害し、1924年7月に逮捕された。 

佐太郎は13人の殺人を自供したが、犠牲者の数はまだ不明である。1926年(大正15年)、絞首刑に処された。

被害者数 不明

活動年数 1906年から1924年まで

犯した罪 小児性愛、性的暴行、殺人

ペナルティー 絞首刑(1926年)

前上 浩

前上 浩 は、精神性愛の障害であるパラフィリアに苦しんでいた日本の悪名高い連続殺人犯です。ヒロシは子供の頃、性的倒錯を含むポルノに触れ、成人してからも凶悪な犯罪を犯す欲求を高めていた。 

1988年、金沢工業大学に入学したヒロシは、そこで友人の男性の首を絞めようとした。その結果、ヒロシは中退せざるを得なくなり、その後、1995年に同僚の首を絞めようとしたが、暴行罪で起訴され、有罪になった。 

それから数年、ヒロシは人に暴行を加え続け、殺人罪にも問われずに有罪判決を受け、釈放されることになるのです。 

2005年、出所した宏は、オンラインの自殺クラブに参加し、そこですべての被害者と出会いました。彼は被害者を操り、一緒に自殺すると約束して会うように仕向けましたが、結局、被害者は自殺することになりました。 絞め殺す

リード  知っておきたい日本の名将6選!

被害者の中には14歳の少年もおり、ヒロシは警察に「被害者が絞殺されるのを見て性的快感を得た」と供述しており、「ラスト・マーダー」という異名を持っていた。

被害者数 3

活動年数 2005

犯した罪 殺人事件 

ペナルティー 首吊り自殺 (2009)

西口晃 

のような無邪気な顔をした連続殺人犯を見たことがないかもしれません。 西口晃.そしてそれは、彼が連続殺人でデビューする前に、集団で詐欺を働くのに使ったツールでもある。 

西口彰は1925年生まれで、彰の幼少期や過去、家族の詳細についてはあまり知られていない。 

晃は30代後半から、世間知らずの高学歴を装って人をだますようになった。その自信に満ちた詐欺の手腕で2人を騙し、その2人を殺害した。 

このため、アキラは日本の最重要指名手配犯となり、街中にアキラのポスターが貼られるようになった。また、逃亡の際に3人を殺害している。 

しかし、1964年、ある少女が晃の正体を突き止め、警察に訴えたところ、晃は有罪判決を受け、塀の中に入れられた。 

被害者数 5

活動年数 1963

犯した罪 詐害行為と殺人 

ペナルティー 首吊りによる死(1970年)

宮崎 努

宮崎勤は、子供たちに対して冷酷な犯罪を犯してきた、日本では悪名高い連続殺人犯の一人である。1962年、裕福な家庭に生まれた勉は、両手が合体してしまうという先天性の欠陥を持っていた。そのため、幼い頃から友人を作ることができず、孤立していた。 

当初、勉は学業成績が良かったが、その後成績が悪くなり、写真の仕事に就くことになった。 

1988年、勉は4歳の少女を車に誘い込み、人里離れた場所に連れて行き、殺害し、その死体に手を加えるという最初の犯罪を犯した。そこで彼は彼女を殺害し、その死体に痴漢行為を働いた。 

遺体を丘の上に放置して腐敗させ、後日また遺体を持ち出して戦利品として保存していたのです。4歳から7歳の子供に対しても同様の犯行を行い、被害者の服や遺灰の写真を送って親をなじったりもしていた。 

また、被害者を殺害した後、共食いさせ、死姦を行ったことも告白している。

1989年に4件の殺人事件で有罪判決を受け逮捕され、絞首刑の死刑判決を受けた。 

被害者数 4

活動年数 1988年~1989年

犯した罪 誘拐、殺人、性的暴行、ペドフィリア、ネクロフィリア

リード  なぜ日本語学習は難しいのか|日本語は本当に難しいのか?

ペナルティー 首吊り自殺(2008年)

白石隆浩

ツイッターキラーこと白石隆浩は、その冷酷な犯行で全世界を震撼させた連続殺人犯の一人である。1990年生まれの白石隆浩は、神奈川県のアパートで暮らしていた。 

ツイッターで自殺願望のある被害者を見つけ、会うように誘い、その死を見届ける。彼は自殺を助けると被害者に信じ込ませていたが、タカヒロは別の意図を持っていた。

貴弘の被害者の兄弟の一人は、妹が行方不明になった場所を調べようとし、貴弘に会うために偽の約束を取り付ける別の女性に協力してもらった。 

警察はもちろんこの件に関与しており、タカヒロのアパートに到着すると、彼は犠牲者全員をバラバラにして冷凍庫に入れたと告白するのである。 

また、被害者を殺害する前に性的暴行を加えたことも告白しています。隆博は9人の殺人の罪を認め、死刑を宣告された。

被害者数 9

活動年数 2017

犯した罪 性的暴行と殺人 

ペナルティー 死刑宣告

日本の有名なシリアルキラーよくある質問

日本には連続殺人犯はいないのですか?

日本は世界で最も安全な旅行先の一つであることは周知の事実ですが、日本には、誰も想像できないような冷酷な犯罪を犯した悪名高い連続殺人犯も存在します。日本を席巻した悪名高い連続殺人犯の一部を紹介しよう。
松永 太
吹上佐太郎
前上 浩
西口晃
宮崎 努
白石隆浩 

日本初の連続殺人犯は誰だ?

吹上佐太郎は1889年生まれの日本最古の連続殺人犯の一人である。17歳の時に未成年の少女に性的暴行を加え、窃盗で何度も逮捕された。1906年に最初の殺人を犯し、11歳の少女を性的暴行を加えて殺害した。その後も何人もの未成年の少女に性的暴行を加え、1924年に13件の殺人を自白し、有罪判決を受けた。しかし、佐太郎が犯した殺人の数はいまだ不明である。

宮崎勤は死んだのか?

宮崎勤は、日本における冷酷な連続殺人犯の一人であり、子供に対する犯罪を数多く犯した。彼は未成年の少女を残酷に殺害し、性的暴行を加え、その死体をバラバラにし、後に一部をトロフィーとして保管したり、共食いさせたりしました。

関連記事

かんぱーい

カンパイの本当の意味とは?

鵺

日本神話における「鬼」のすべて