日本滞在中に知っておきたい迷信とは?

日本滞在中に知っておくべき迷信とは?

日本にいる間に観光客が知っておくべき迷信は何だろうと考えていますか?日本へ旅行する前に知っておきたい日本の迷信をリストアップしてみました。ぜひご覧ください。

日本はたくさんの歴史と文化がある素晴らしい国です。しかし、迷信があるのは日本だけではありません!ここでは、観光客が日本を訪れる前に知っておくべき迷信をいくつか紹介します。

新しい国へ旅行するとき、迷信はまず頭に浮かばないものです。目的地に到着し、楽しい時間を過ごすことだけが心配なのです。

しかし、どの国にも、意味不明の昔話があることは確かで、それが過去に人々に与えた影響を聞くと、なんだか背筋が寒くなる。 

そして今日は、未来的な技術、目を見張るような風景、そして強い宗教的・神秘的な存在によって築かれた豊かな文化で知られる日本を取り上げます。

日本人が信じている迷信を知る人は少ないが、私たち旅行者は、迷信を知ることで、災難や嫌な状況を回避することができると考えている。 

そこで、日本を訪れる観光客が知っておくべき日本の迷信をご紹介します。

日本滞在中に知っておくべき迷信とは?

夜中に口笛を吹いてはいけない

口笛は退屈しのぎにやるもので、安らぎの時に口笛を吹くのは人間本来の行動です。もし、あなたが口笛を吹く習慣があるのなら、日本にいる間はその習慣に従わないように注意してください。

口笛は楽しい行為ですが、日本人は特に夜に口笛を吹くと縁起が悪いとされています。 

日本滞在中に知っておくべき迷信とは?
出典はこちら。 インスタグラム

これは、日本人が、夜中に口笛を吹くと不幸を招くと信じているからです。日本の夜道で口笛を吹くと、不幸なことに、路上で泥棒に入られたり、家までつけられて持ち物を全部盗まれたりすることがある。

リード  日本語での「萌え萌えキュン」の意味

一方、日本人は、夜中に口笛を吹くと蛇が寄ってくるからということも推測している。 

もう一つ、日本で口笛を吹くと、天狗と呼ばれる赤い顔をした日本の霊が、外出先であなたを拉致する、という恐ろしい可能性があるのです。

それは、避けたい恐ろしい災難です。だから、日本にいる間は、夜中に口笛を吹かないように気をつけよう。

ナマズのケンカは地震を呼ぶ

日本は環太平洋火山帯に近いという地理的条件から、地震が頻繁に発生している。 

ナマズ同士が争っても地震は起きないが、日本では古来、ナマズが暴れたりすると地震の予兆があると信じられてきた。 

日本人の迷信
出典はこちら。 インスタグラム

この迷信は、泥の中に住む尾の強い大きなナマズという日本の神話に由来している。

Namazuは鹿島神という日本の神の支配下にあり、Namazuが制御不能になると、尻尾を激しく振って致命的な地震を引き起こす。 

しかし、日本では、ナマズが地震を感知して激しく震え、ナマズ同士が争っているように見えるという説が有力である。

さらに、日本の科学者は、ナマズの震動と地震の間に相関関係があると推定している。というわけで、もしあなたが日本にいるとき、ナマズが揺れているのを目撃したら、すぐに避難したほうがいい。

枕をベッドの北側に置くのはやめましょう

一日の疲れを癒すために、ベッドで休みたい。でも、枕が北向きになっていませんか?おっと、これも日本の伝統的な縁起の悪さですね。

日本の習慣では、北枕で寝ると寿命が縮むと言われています。北枕で寝ることに何の意味があるのだろうかと思われるかもしれない。

日本食の迷信
出典はこちら。 インスタグラム

この迷信は、日本で仏教が盛んだったころに始まりました。

仏教では、お釈迦様は頭を北の方角に向けたまま亡くなったとされており、日本の仏教では、亡くなった人の頭を北に向けて安置する習慣があります。 

だから、日本人の多くは、頭を北に向けて寝ると寿命が縮んで早く死ぬと思い込んでいる。

ですから、もし日本で枕が北向きになっていたら、枕を反対にしてください。 

日本では「4」は不吉な数字とされている

不運な数字は、世界中のほとんどの文化で最も人気のある迷信の1つです。それぞれの文化で、明確な数字が不運であると考えられているのです。

リード  日本人は親をどう呼ぶ?| 日本の子供が親を呼ぶ9つの方法

13はアメリカやヨーロッパでは不吉な数字とされているが、日本では4が不吉な数字とされている。 

日本の縁起物
出典はこちら。 インスタグラム

日本人はこの迷信を非常に重く受け止めていて、住所や部屋番号に4という数字が書かれていないこともありますし、電話番号にも4という数字がないことを好んでいます。

しかも、日本のどこのエレベーターに乗っても、4階という番号のフロアはない。 

なぜ日本人は4番を恐れるのか?それは、単純な言語的ジレンマにほかならない。

日本語には無数の同音異義語があるので、「死」を意味する「シ」と4番を意味する「シ」は全く同じに聞こえる。 

日本では、「4」という数字が「死」という言葉と同じような響きを持つため、誰も「4」という数字に関連づけようとしないのだ。

ですから、日本で4番の部屋やフロアが見つからなくても、びくともしないようにしてください。

夜中にクモを見ると不吉になる

クモは間違いなく、ほとんどの人の間で好かれていません。クモは8本の足があり、大きく、素早く動くので、最も危険な生き物の一つです。寝る前にクモに遭遇すると、悪夢にうなされることもある。

 日本の迷信とは違いますが、寝る前にクモを見ると、寝ている間にクモが来ないか心配になり、精神的に参ってしまいますよね。

ふたごじてんしゃ
出典はこちら。 インスタグラム

しかし、日本の風習では、夜中に蜘蛛を見ると泥棒が入るということになっている。

これは、日本人がクモは夜の間に巣を張って獲物を狩ると信じているからです。そのため、これは泥棒が家に侵入し、人の持ち物を盗むことを象徴しています。

ですから、もし不幸にも日本滞在中に蜘蛛に出会ってしまったら、日本の伝統では容認されているので、すぐに退治するようにしてください。

そうすることで、そのような事件が起きないようにするのです。それどころか、日本の文化では、朝に蜘蛛を見ることは縁起が良いとされている。

食事をしたらすぐに休まないこと

おいしい食事があれば、すぐにでも怠くて眠くなる。食事をした後、すぐに昼寝をしたくなるかもしれませんが、日本ではそれが普通ではありません。

リード  日本でのチップ|なぜ日本ではチップが失礼にあたるのでしょうか?

日本人は食事を終えてもすぐには寝ない。これは、食事をした後に休むと、豚や牛になるという迷信があるからだ。 

誰かが意図的に、あるいは神秘的に牛や豚に変身したかどうかは分からないし、昼食や夕食後に眠っただけで怠惰な動物に変身したという経験を誰かが語らない限り、分からないかもしれない。しかし、この日本の迷信は、他の迷信と同じようにインチキである可能性があります。 

この迷信は、日本の伝統的な親が、食事後に子供が寝ないようにするために、子供が怠け者になると思って作り出したものだと考える人もいるようです。

したがって、この迷信は、このリストで紹介したほとんどの迷信のように有害なものではありませんから、ご安心ください。

夜中に爪を切らない

ある文化圏では、爪を切る時間や曜日が決められているのはごく一般的なことです。多くの宗教の信者は、金曜日は爪を切るのに理想的な日ではなく、特に日中は切ってはいけないと信じています。

同様に、日本の習慣でも爪を切ってはいけない時間帯がある。

絵空事
出典はこちら。 インスタグラム

夜中に爪を切るという日本の迷信は、またしても言語学と関係があるようです。夜爪(よつめ)」とは、英語で「night nails」を意味し、その発音は「人生の終わり」を意味する「ヨヅメ」と同じである。

このように、日本の習慣では夜に爪を切ることは、結局のところ寿命を縮めることになるのです。ですから、日本を訪れる際には、不運を避けるためにも、夜中に爪を切らないように気をつけましょう。

日本にいる間に知っておくべき迷信。よくある質問

日本には迷信があるのですか?

日本古来の民間伝承には、神秘的な獣や生き物をめぐる神話がいくつかあり、日本の神話にもいくつかの迷信が存在します。日本の迷信の代表的なものは、以下の通りです。
夜中の口笛は縁起が悪い
夜に蜘蛛を見るのは縁起が悪いとされている
4は不吉な数字
震えるナマズが地震を予知

日本では何が不吉とされているのか?

日本の風習では、「4」という数字は縁起が悪いとされています。これは、4という数字が日本語では死を意味する「シ(四)」と同じ発音であるためです。

そのため、日本人は日常生活で「4」という数字を使うことを控えている。さらに、日本では階数や部屋番号、そして住所にも4という数字は使われていない。

日本でよく見られる迷信にはどのようなものがありますか?

日本の伝統的な迷信には、次のようなものがあります。
夜中に爪を切る
夜中に口笛を吹くと蛇が寄ってくる
4は不吉な数字
夜中にクモを見ると、自分の家に泥棒が入るようになる
休むと豚や牛になる
北向きに寝ると寿命が短くなる
ナマズの震えは地震を予知する

Nancy Josephによって書かれた。

現在、交換留学生として東京に在住。毎日少しずつ日本語を勉強しています。

日本人は観光客が嫌いなのか

日本人は観光客が嫌い?

日本では、自分でお酒を飲むのは失礼なことなのか?

日本では、自分でお酒を飲むのは失礼?