日本から最も影響を受けた女性ファッションデザイナー6人 2022年

東京で子どもと一緒に楽しめること

日本で最も影響力のある女性ファッションデザイナーは、今もその活動を続けています。彼女たちがどんな人たちなのか、ぜひご覧ください。

一般的な意見に反して、日本のファッションは単なるロリータ・トレンドではなく、日本で最も影響力のある女性ファッション・デザイナーたちがそれを正しく証明しています!

日本で最も影響力のある女性ファッションデザイナーは誰ですか?

日本で最も影響力のある女性ファッションデザイナーといえば

  • 森英恵
  • 桂由美
  • 川久保玲さん
  • コシノミチコ 
  • 津守千里
  • 芦田多恵

 世界の基準となるグローバルスタンダードを設定しているだけでなく、ファッションにおける革新的な技術を開発し、既成概念にとらわれない新しいデザイナーが日本のファッションをより新しい基準に引き上げるためのプラットフォームを提供しています。

正直なところ、日本のファッションの一番の魅力は、ストリートに進出することだと思います。ファストファッションではありませんが、ランウェイに登場したものは、一部のワードローブにも採用されています。ファッションデザイナーのブランドの中には、本当にクールなものもあります。

日本の人々は、常にファッションセンスを高めることに熱心です。だからこそ、流行り廃りがないのかもしれませんね。日本のファッション文化はかなり進んでおり、日本のファストファッションブランドはそれをさらに進めています

世界のどこでもそうですが、ファッションの領域も男性が支配しています。日本のように性差別が蔓延し、それを隠そうともしない国では、女性の活躍は稀です。

彼女たちが今いる場所にたどり着くまでに、あらゆる障害物を何度も打ち破ってきた決意を想像してみてください。ファッションデザイナーの中には、日本の文化にインスパイアされ、それを自分たちのスタイルに取り入れている人もいます。 

ここでは、日本で最も影響力のある女性ファッションデザイナーで、世界にその名を轟かせている人たちを紹介します。

ここでは、日本を代表するデザイナーを、その時代とファッション界での存在感に応じてリストアップしてみましたが、これらのデザイナーは日本の新人デザイナーではなく、業界のベテランです。それでは、日本で最も影響力のある女性ファッションデザイナーをご紹介しましょう。

関連するがどこにいるのかチェックしてみましょう。 オニツカタイガー・アウトレット があり、自分たちでカッコいい靴を手に入れることができます。

日本で最も影響力のある女性ファッションデザイナー

森英恵さん(1926年~)。

ソースUnsplash

日本で最も影響力のある女性ファッションデザイナーの一人である森英恵さんは、映画館の真向かいにブティックをオープンするという決断をしたことで、金字塔を打ち立てました。 

彼女は島根県の沿岸部で生まれ育ちましたが、もっと良い機会を見つけなければならないと考えました。そこで、東京に引っ越してきました。

結婚してみると、やることがないことに気付き、妻としての義務が退屈なトラックのように襲ってきたのです。しかし、彼女は服飾学校に通い、1950年代には東京に最初のブティックを開いていました。

その幸運なブティックの場所が、映画監督の黒本外史郎氏に見出され、彼の映画の衣装をデザインすることになるとは知らなかった。これが彼女の本格的なキャリアの始まりだった。

森は現在、世界的に認められたデザイナーであり、その優れたコレクションは表彰されています。ニューヨークとパリのランウェイを歩いた2人の日本人デザイナーのうちの1人です。

60年代にココ・シャネルのブティックを訪れた際にインスピレーションを受け、オートクチュールの世界に入ったという。彼女の最も特徴的なスタイルは、蝶のモチーフを服にあしらったものです。彼女のファッションデザイナーズドレスはとてもクールでファンシーです。

代表的な作品には、オペラ「エレクトラ」や「蝶々夫人」の衣装デザイン、ミュージカル「シンデレラ」や「エビータ」のデザインなどがあります。彼女は、日本で最も影響力のある女性ファッションデザイナーの一人であることは間違いありません。

関連情報チェック 日本で買うべき化粧品 のために、いつでもファンシーなドレスを着ることができます。

桂由美さん(1932年~)。

ファッション文化 日本
出典:yumikatsuracouture.com

もし、あなたがブライダルウェアを考えているなら(そして、もしあなたにお金があるなら)、もう探す必要はありません!桂由美さんがブライダルファッションの女王と呼ばれるのには理由があります。

由美さんは、日本で最も影響力のある女性ファッションデザイナーの一人でもあり、幼い頃から洋裁に親しんできました。母親が学校の生徒に教える姿を見て育った彼女は、細部を見る目と必要な専門知識を身につけました。

しかし、正式にファッションデザインの世界に足を踏み入れたのは、共立女子大学に入学してからです。 

ここでは、アパレル科学研究を専攻しました。その後、パリに移動し、著名なÉcole de la Chambre Syndicale de la Couture Parisienneでオートクチュールの技術を学びました。

これが彼女にとって大きなステップアップになったようです。1964年、彼女は最初のブライダル衣装店をオープンしただけでなく、日本で初めてブライダルショーを開催しました。

 その直後、彼女は「The Bridal Book」を出版しました。彼女のブライダルファッションのすべてがわかる本です。これは、日本の市場では他に類を見ないものでした。

彼女の作品は世界的に愛されています。実際、Saks Fifth Avenue、Henri Bendel、Bergdorf Goodman、Neiman Marcusといった世界最大級の著名な店舗が彼女のドレスを購入し、店舗に飾っています。

1988年には神戸に「桂由美ブライダルミュージアム」が設立されるほど、ブライダルウェアにはその名が浸透している。最近では、日本で最も影響力のある女性ファッションデザイナーの一人となっています。

関連情報チェック コスプレ用ウィッグの購入先 自分の好きなアニメのキャラクターのように着こなしたい方におすすめです。

川久保玲(1942年~)さん

新しい日本のデザイナー
ソースUnsplash

日本で最も影響力のある女性ファッションデザイナーの一人である川久保玲は、女性の服はこうあるべきだという固定観念をことごとく打ち破ってきました。革命的と言えるのは、彼女がコムデギャルソンという女の子向けのブランドを立ち上げたからです。コムデギャルソンとは「男の子のように」という意味です。 

彼女は、「なぜ男子がすべての楽しみを持っていなければならないのか」と言うだけではなく、自分の服のラインでそれを示しました。彼女は、オーバーサイズでアシンメトリーな、女性にとても似合う快適なフィット感を生み出しました。 

しかし、もちろん男性にも好評で、画期的なコム・デ・ギャルソンを9年間継続した後、川久保玲氏は、男性にも同じ要素を取り入れたメンズウェアライン「Homme」を立ち上げました。

このインスピレーションは、ココ・シャネルから受けたもので、彼女もまた、女性が男性と同じように快適な服を着ることを信条としていました。その後、レイはパリに拠点を移し、初のコレクションを発表するとともに、パリ市内に自身のブティックをオープンしました。

ヒールなし、ミニスカートなし、女性のためのスティレットシューズなしという革命は、彼女が慶應義塾大学で美術を学び始めたときに始まりました。 

彼女は、日本の女性ファッションデザイナーの中で最も影響力のある旭化成の下で、独立する前の数年間、テキスタイルデザインの仕事をしていました。

コシノミチコ(1943年〜)。 

日本の文化に影響を受けたファッションデザイナー
出典:shop.michikokoshino.co.jp

コシノミチコのデザインは、東洋的なスタイルと西洋のトレンドとの間の愛の結晶であり、長い間、日本で最も影響力のある女性ファッションデザイナーとなっています。自分にインスピレーションを与えてくれるものから、インスピレーションを得るべきだと言われています。

彼女のインスピレーションの大部分は、80年代と90年代の音楽から受けており、それは作品にも表れています。

美智子さんと他の2人の兄弟は皆、ファッションの世界で活躍していますが、これは母親が経営するファッション・ブティックに触れ、幼い頃から成功するためには何が必要かを知っていたからだと思います。

文化服装学院で学んだ後、ロンドンに渡り、その象徴的なスタイルから "ミチコ・ロンドン "の愛称で親しまれてきました。 

ミチコ・ロンドンは、常にルールを変えています。実際、新しいスタイルに取り組み、新しいファブリックをデザインに取り入れることで、彼女自身がルールを作っています。彼女の作品は、未来的でサステイナブル、そしてスタイリッシュであると同時に、評価されています。彼女は何事にも手を抜きません。

彼女が最も重視しているのは、着心地の良さとセクシーさを両立させ、トレンディで若々しく、しかし少し年配の方にも着ていただける服を作ることです。 

彼女の教育は、ファッションの技術、ドレスに使われる素材の影響、商業面での影響を理解する上で大きな役割を果たしました。彼女は間違いなく、「日本で最も影響力のある女性ファッションデザイナー」の称号に値すると思います。

津守千里(1954年〜)。 

ファッションデザイナーのドレス
出典:tsumorichisato.co.jp

彼女はまだファッションの世界で独自の道を歩んでいましたが、最先端の技術を使って服をデザインすることで有名な三宅一生の弟子として知られるようになったことで、小さな船と評判を得たのかもしれません。

I.S. Chisato Tsumori Design」と名付けたイッセイのスポーツラインではリードデザイナーを務め、日本で最も影響力のある女性ファッションデザイナーの一人であることは間違いありません。

日本のファッション
出典:tsumorichisato.co.jp

1990年頃、彼女は外に出て自分の道を切り開き、自分のレーベルを作ることに専念しました。モダンアートや日本文化、そして猫からインスピレーションを得て、ハンドバッグやカラフルなドレスなどの独自のラインを立ち上げました。彼女の商品には、手描きのものもあります。 

同年、東京ファッション・ウィークで作品を発表し、日本で最も影響力のある女性ファッション・デザイナーの一人となった。

千里の有名な作品には、豪華なテキスタイルに施された人気の刺繍やビーズワークがあります。 また、毎日新聞社賞を受賞した数少ないデザイナーの一人でもあります。

埼玉県で育ち、文化服装学院で学ぶために上京しました。その後、彼女は上の方向にしか進みませんでした。 

彼女は多くの旅をして、フランスの文化が好きになったので、最初の国際的な店舗をパリに選んだのは自然なことでした。 

2003年にはパリ・ファッション・ウィークで初のショーを行い、アメリカ、北欧、ロシア、イタリアへの進出のきっかけとなりました。

芦田多恵(1964年〜)。

日本のファッションデザイナーズブランド
ソースUnsplash

彼女の才能を縁故主義と勘違いしてはいけない。彼女は間違いなく、日本の若者に最も影響力のある女性ファッションデザイナーだからだ。彼女は、象徴的なファッションデザイナーである父・芦田淳氏からの支援、影響、トレーニングを受けていたにもかかわらず、自分自身で長い道のりを歩んできたのです。

東京で生まれ育った彼女は、ロードアイランド・スクール・オブ・デザインで美術の学士号を取得しました。 

Miss Ashidaのデザイナーとしてデビューしました。現在は芦田淳氏の下で働きながら、会社を継ぐためのトレーニングを受けている。

制服や構造服のデザインを得意とし、日本で最も影響力のある女性ファッションデザイナーの一人となっています。 

東京信託銀行の女性行員のユニフォームや、東京ディズニーリゾートのショーマンのユニフォームもデザインしています。

日本の女性ファッションデザイナーといえば?

私はこれらのデザイナーのほとんどのファッショナブルな服を知っていて、試してみましたが、最も影響を受けたのは川久保玲さんです。彼女のスタイル、服の選択、そして専門知識。

川久保玲は、「少年のように」という意味のコム・デ・ギャルソンという女の子向けのブランドを立ち上げた革命的なデザイナーです。また、同じ要素を男性にも取り入れたメンズウェアライン「Homme」を立ち上げました。現在、パリと日本を拠点に活動しています。Reiはまた、以下のような本も書いています。 ルイ・ヴィトンのシティバッグ。A Natural History.彼女はまた、世界の有名な女性デザイナーのトップに数えられています。

ファッション ファッショニスタ

日本のファッションが非常に進んでいるのは、このような日本のファッションデザイナーたちのおかげでもあります。 

私の記事「日本で最も影響力のある女性ファッションデザイナー」がお役に立てれば幸いです。

日本での歯の矯正の費用

日本における歯列矯正の費用 2022年

自宅でできる楽しいワークアウト

身体的にも精神的にもシェイプアップするための7つの楽しい家庭内ワークアウト