日本のトイレの使い方101|Best Guide To Tilets in Japan

和式トイレの使い方

日本に行くなら、学校で教えてもらった方がいいよ。 和式トイレの使い方.もしあなたが、ただ手をこまねいているだけだと思っているなら、私を信じてください。私の友人は、すでに問題を共有していました。 

日本人はトイレをとても大切にしていて、いくつかのボタンや記号、機能などを持っていることに気づくでしょう。これは 日本の洗濯機. 使い方がわからない人は、日本に行く前に簡単な講習を受けておいたほうがいいでしょう。 

和式トイレの使い方を理解するために日本語のレッスンを受けようと思っている方も、この記事を読めばすべてを読み解くことができますのでご安心ください。 

基本が決まったところで、和式トイレの使い方を順を追って説明しよう:

和式トイレの使い方

  • ステップ1:どこに行くか?
  ショップ・フロム・ジャパン  

さて、まずはどこに行けばいいのかを知る必要があります。日本語では「トイレ」と呼ばれ、以下のようなほとんどの公共スペースに設置されています。 コンビニエンスストア.洋式トイレを意味する様式記号を探してください。 

  • ステップ2: 殺菌する

コヴィッドがあろうとなかろうと、日本人は便座を使う前に消毒することを信条としています。それはとても良い習慣だと思いませんか? 

日本の近代的な都市には、ほとんどの場合、消毒液のディスペンサーが設置されています。トイレットペーパーを数枚折りたたんで、その上に消毒液をスプレーし、便座を拭いてからトイレに入るだけです。 

関連する トイレや床など、あらゆる場所を清潔に保つために、日本の掃除用品をチェックしてみましょう。

  • ステップ3:お尻を温める

もしあなたが、冬がとても寒くて凍えるような便座にお尻を乗せるのが怖い国に住んでいるなら、その点をカバーしてくれた日本に感謝することでしょう。日本の便座は温められているので、本当に気持ちよく、快適な排泄ができます。だからといって、外では行列ができているのに、便座に座ってマグカップを持っていられるかというと、そうではありません。

  • Step 4: サウンドシミュレーターの起動

私は本気で日本人があなたをカバーすると言ったのです。時には自然の呼び声に応えて、恥ずかしいような不快な音を出すこともあります。水を流していないときにも水を流す音がする「音」のマークを探してみてください。これがあれば、うなり声やその他の音をすべてカバーでき、顔を真っ赤にしなくて済みます。

しかし、それが少し煩わしい場合は、停止ボタンを押すことでいつでもオフにすることができます。 

  • Step 5: FLUSH

終わった後、どのボタンがトイレを流すのか分からなくなった時の、心と胃に広がるパニックと恐怖を想像できますか?心配しないでください。水洗ボタンは、ほとんどの西洋のトイレと同様に、通常は壁の後ろにあります。

何もない場合は、側面に小さなパネルがあります。都会のトイレはセンサーがついていて自動で流れますが、全国には手動で流さなければならないトイレも少なくありません。

多くの西洋のトイレと同様に、日本のトイレの水流は、水を節約するための半水流、または全水流を選択することができます。小」は節水、「大」は満水を意味しています。また、センサーで作動する水洗もあります。センサーの前で手を振るだけで、すべてを洗い流すことができます。 

  • ステップ6:拭くのではなく、洗う。

まあ、拭こうと思えば拭けるが、それを完全に否定する前に、古き良きビデを試してみてほしい。世界中の医師が日本のやり方を勧めている。言ってみただけだ。

日本のウォシュレットには節電機能もついている。温水で洗えるので、冬にお尻が凍えることもない。

しかし、ウォシュレットにも表と裏のように狙えるスポットがあります。おしり(という名の)を探してみてください。 おしり) 記号は、終了後、お尻をきれいに洗ってほしいときに使います。

女性のために特別にデザインされたビデ(という ビデ)のマークでフロントをクレンジングします。時には圧力をかけずに、ぬるま湯で優しくクレンジングしたいこともあるでしょう。その場合は、「やわらかい」と書かれたボタンを使います。 ヤワラカ)の記号を使用しています。 

しかし、それだけではありません。日本のトイレの多くは、水の圧力やビデの向きをコントロールすることで、より正確な洗浄ができる機能を備えています(これは真剣勝負だと言っています)。

水勢を探す(という スイセイ)を使って、自分に当たる水の圧力をコントロールすることができます。もし、位置がずれてしまった場合は、位置のマークがついているボタン(いわゆる イチ)で位置を調整します。

さて、これらをどのようにコントロールするのでしょうか?矢印のマークを見ながら操作します。ビデオゲームのようなものですね。このマーク(低)は「低」、このマーク(高)は「高」を表しています。弱くしたいときはこの「弱」を、強くしたいときはこの「強」を選びます。 

リード  高齢者のための簡単な日本のエクササイズ

さて、本当の質問です。どうやって止めるのか?例えば、間違ったボタンを押してしまい、その感触が気に入らなかったとしましょう。停止」ボタンを押してください。この記号は「停止」です。これで完了です。 

  • ステップ7:その後拭き取る:

日本人も欧米と同じようにトイレットペーパーを使いますが、それはビデで洗った後に乾かすためだけです。どうしてもビデを使いたくない場合は、「拭く」という選択肢もあります。

しかし、ウォシュレットが好きな人は、トイレットペーパーを数枚ちぎって体を乾かし、使用済みのペーパーはそのまま便器の中に落としてしまおう。前述したように、トイレットペーパーは始める前に便座を消毒液で拭くためにも使われる。

ただ、ゴミ箱ではなく、便器の中に入れることを忘れないでください。残りのゴミは、各トイレの個室内にある小さなゴミ箱に捨ててください。

  • ステップ8:スクワット式トイレ

日本のほとんどの先進都市では腰掛け式の洋式トイレが設置されているが、日本にはまだしゃがんで使用する村や町がある。

科学的には、太ももの筋肉を鍛えられるので健康的なのだが、初めての人にはちょっと敷居が高いかもしれない。そんなに難しくはない。必要なのは、しゃがんで用を足すことだけだ。ドアに背を向け、トイレの方を向いてください。

これらのトイレは、水洗が床にある場合と壁にある場合があります。洋式トイレと同じように、トイレを流すためのレバーやシンボルを探してみましょう。 

行く前に知っておくと便利なおまけもあります。

日本のトイレの非常ボタン。

通常は障害者用トイレに設置されていますが、最近ではどのトイレにも設置されており、障害者や誰かの緊急時に役立つようになっています。緊急通報ボタンは水洗パネルの横に設置されているので、ちょっとわかりにくいかもしれません。

単に水を流したいときに間違ったボタンを押さないように、この存在を知っておくのはいいことだ。本当に具合が悪くなって、制服を着た人の助けが必要なとき以外は、非常識マークには近づかないことだ。

また、「水洗」の記号がわからない、ビデの使い方がわからないなどは、緊急事態とはみなされません。 

  • バスルームのスリッパ。

欧米では、トイレ用スリッパは一般的に家庭で履くスリッパのことを指すが、日本ではトイレ用スリッパは家中に感染を広げないために、トイレと浴室でのみ使用する。トイレの中での使用には十分注意し、絶対に履いて出歩かないこと。 

日本のトイレはなぜ複雑なのか?

日本のトイレは、実際に体験してみるととても楽しいものです。あまりにもたくさんの機能があるので、それぞれの機能を試しているうちに必要以上に時間が経ってしまいます。しかし、それがかえって複雑なのです。まず、それぞれの記号が何を意味しているのか、そしてそのボタンをどのように使えばいいのかを理解する必要があります。 

洋式トイレと和式トイレの違い

2つのトイレには違いがありません。私たちは洋式トイレのトイレットペーパーシステムに慣れてしまっていて、率直に言って、ウンチをして、拭いて、流して、そこから出ていくという、すべてがとてもわかりやすいのです。 日本のトイレ また、同じことをしていても、いくつかのステップを追加することもあります。

また、拭くのではなく、洗うのです。顔をこわばらせる前に断っておきますが、拭くより洗う方がはるかに健康的です。日本人を見習ってください。

和式トイレの場所を確認するには?

これが一番重要だと私は思います。トイレがどこにあるのかわからなければ、残りの部分は無意味ですよね?トイレの場所を聞くには「toirewa doko desuka? 

次に、自分の性別に合ったトイレに入る必要があります。他の性別の人が入ってきて恥ずかしい思いをしないように、このマークをよく見てください。

"男 "は男性、"女 "のマークは女性を表しています。

しかし、ほとんどのトイレには男性用と女性用のアイコンがあるので、手間が省けます。

和式トイレのボタンは何をするもの? 

日本のトイレには、使用者の快適さと清潔さを高めるために、さまざまな機能を提供するボタンが装備されていることが多い。 

ボタンには通常、それぞれの機能を示す漢字や記号が使われている。 

ここでは、和式トイレでよく見かけるボタンとその説明を紹介する:

  • 大 (大) / 小 (小):水量を調節するボタンです。大」は水量が多いことを表し、「小」は水量が少ないことを表します。
  • おしり(Oshiri)/ビデ(Bide):おしりを洗浄するビデ機能を作動させるボタン。おしり」は「おしり」、「ビデ」は「ビデ」に由来する。
  • フェミニン):このボタンは、主に女性用衛生用として、よりやさしく、より集中的にビデを噴射するために使用します。
  • ノズル位置:このボタンでビデスプレーノズルの位置を調整し、狙いをカスタマイズできます。
  • 洗浄(Senjou)/クリーン(Clean):ビデの噴射による洗浄を開始するボタンです。
  • 乾燥(Kansou)/ドライ(Dry):ビデを使用した後、このボタンを押すと温風乾燥機が作動し、洗浄した部分を乾燥させます。
  • パワフル:このボタンを押すとビデの噴射圧が上がり、より徹底した洗浄ができます。
  • シャワー):このボタンを押すとシャワーモードが作動し、トイレ本体の洗浄に使用できます。
  • オート):このボタンを押すと、ビデ、空気乾燥、洗浄を含む自動洗浄シーケンスが起動します。
  • セーブ/節水:これらのボタンは、節水洗浄モードを作動させるために使用します。
  • レディース):このボタンを押すと、女性専用のビデ機能が追加されます。
  • メモリ):このボタンにより、ユーザーは好みのビデ設定を保存し、将来使用することができます。

和式トイレで拭く必要があるのか?

ウォシュレット機能付きの和式トイレを使用すれば、トイレ使用後の拭き残しを大幅に減らすことができる。和式トイレのウォシュレット機能は、優しい水しぶきで洗浄するため、効果的に汚れを落とすことができる。 

リード  外国人のための日本の中絶 2024年:知っておくべきこと

トイレットペーパーだけを使うよりも、ウォシュレットを使った方が清潔で爽やかな気分になれるという人も多い。

しかし、必要な拭き掃除のレベルは、個人の好みやビデ機能の効果によって変わってくる。 

ビデを使用した後、少量のトイレットペーパーで水分を拭き取る人もいれば、最後の拭き取りにトイレットペーパーを使う人もいる。最終的には、個人の快適さと習慣による。

日本のトイレはどっちに流す?

和式トイレの水を流すには、通常、トイレタンクの上か近くにレバーかボタンがある。このレバーやボタンで水洗プロセスを開始する。

レバーの場合は、トイレのデザインによって、下方向に押すか、上方向に持ち上げます。ボタン式なら、それを押して洗浄を作動させる。 

前のレスで述べたように、水洗機構には「大」と「小」の水洗オプションを示す異なる漢字や記号があるかもしれない。

大」と「小」という漢字は、水洗オプションを示すためによく使われる。「大」はより大きく、より強力な洗浄を表し、「小」はより小さく、より少ない水量で洗浄することを表す。2つの水洗オプションのどちらを選ぶかは、便器内のゴミの量によって決まる。

日本の伝統的なトイレの仕組みは?

伝統的な和式トイレは、しばしば「しゃがんで使うトイレ」や「アジア式トイレ」と呼ばれ、世界の多くの地域で一般的な洋式の座って使うトイレとはまったく異なる。 

日本の伝統的なトイレは何世紀にもわたって使われており、今でも古い施設や地方で見られることがある。その仕組みを紹介しよう:

  • 基本設計: 日本の伝統的なトイレは、陶器か磁器の洗面器が床に設置されている。通常、洗面器は地面と同じ高さで、左右に小さな台や足置きが組み込まれている。洗面器の中央には穴や排水口がある場合もある。
  • スクワット・ポジション:伝統的な和式トイレを使うには、洗面器の上にしゃがんで、穴や排水口の両側に足を置く必要がある。フットレストは、しゃがんでいる間の安定とサポートを提供する。
  • 使用と洗浄:使用者は穴の上に身を置き、しゃがんで直接便器に排泄する。日本の伝統的なトイレの中には、使用後、近くに水源(水を汲んだスコップやバケツなど)があり、それを使って手動で排泄物を流すものもある。
  • クリーニング:多くの伝統的な日本のトイレにはトイレットペーパーが備え付けられていない。その代わりに、トイレを使用した後に体を拭くための小さな水すくい、またはスプレー装置が見られるかもしれない。この洗浄方法は、現代の日本のトイレに見られるビデ機能の先駆けである。
  • 衛生とエチケット:日本の伝統的なトイレを使用する際には、適切な衛生管理と清潔さが不可欠です。利用者は、備え付けの水と掃除用具を使って後片付けをすることが求められます。

日本の伝統的なトイレは、使い慣れない人にとっては不慣れなものであることに注意する必要がある。座ってするトイレとは違う姿勢やテクニックが必要なのだ。 

しかし、日本の公共施設や近代的な施設の多くは、その利便性と親しみやすさから洋式トイレに移行している。

近年、日本社会のトイレは、ウォシュレットや暖房便座などの最新設備を備えた洋式トイレに大きくシフトしている。都市部では、快適性と清潔性を追求した洋式トイレが主流となっている。

日本のトイレは衛生的か?

そう、日本のトイレは一般的に衛生的で技術的にも進んでいると考えられている。現代の和式トイレは、ウォシュレット機能などを備えていることが多く、使用者に高いレベルの清潔さと快適さを提供することに重点を置いている。 

日本のトイレが衛生的とされる理由をいくつか挙げてみよう:

  • ビデ機能

日本のトイレの多くにはウォシュレット機能が付いている。 

これにより、徹底的な洗浄が可能になり、トイレットペーパーで過剰に拭く必要性が減り、より衛生的になる。

  • 調整可能な設定

ビデ・スプレーの水圧、温度、ノズルの位置を好みに合わせて調整でき、快適で効果的な洗浄を実現する。

  • シートヒーター

日本のトイレの中には、寒い季節に特に快適なシートヒーター付きのものもある。暖かい便座は快適さを高め、冷たい便座に座ったときのショックを防ぐ。

  • 空気乾燥

最近の日本のトイレの多くには、温風乾燥機が内蔵されている。ウォシュレットを使用した後、乾燥機を作動させ、体をやさしく乾燥させることで、トイレットペーパーの必要性を減らし、より衛生的にすることができる。

  • 抗菌表面

日本のトイレには、便座などに抗菌加工を施したものもあり、有害な細菌の繁殖を防ぎ、衛生的な環境づくりに貢献している。

  • タッチレス操作

日本の先進的なトイレの中には、洗浄などの機能をタッチレスで操作できるものもあり、物理的な接触による二次汚染の可能性を減らしている。

  • 自動洗浄

日本のトイレの多くには、使用後に自動で水を流すセンサーがついており、清潔さを促進し、手洗いの必要性を減らしている。

  • 定期メンテナンス
リード  日本語能力試験N2テキストは練習になるのか?

日本の公衆トイレや施設では、清潔さと衛生面が重視されることが多い。清掃とメンテナンスのルーチンは一般的に徹底的で頻繁であり、衛生的な環境をさらに助長している。

日本のトイレは自動ですか?

そう、現代の日本のトイレの多くは、利用者の利便性と衛生性を高める自動機能を備えている。これらの自動機能は、より快適で効率的なトイレ体験を提供するために設計されています。ここでは、日本のトイレによく見られる自動機能のいくつかを紹介しよう:

  • 自動洗浄:日本のトイレの多くには、使用者がトイレを使い終わったことを感知するセンサーがついている。使用者が立ち上がると、トイレは自動的に洗浄されるため、衛生的で、手動で洗浄する必要がない。
  • ビデ機能:日本のトイレのビデは自動式が多い。水圧、温度、ノズルの位置を調節でき、ボタンを押すだけで作動する。使用後は、自動的にノズルが収納され、空気乾燥も開始される。
  • シートヒーター 日本の暖房便座付きトイレには、温度センサーが付いていることが多く、周囲の温度や使用者の好みに応じて便座の暖かさを自動的に調節する。
  • 蓋の開閉: 日本の先進的なトイレの中には、利用者が近づいたり離れたりすると自動的に便ふたが開閉するセンサーを備え、手動で便ふたを操作する必要性を減らしているものもある。
  • 空気消臭剤: 日本のトイレの中には、使用後に自動的に心地よい香りを放出したり、臭いを中和したりする空気脱臭装置を備えているものがある。
  • モーション・アクティベート・コントロール: タッチレス操作は、日本のトイレでは一般的な機能である。人感センサーによって洗浄やビデ機能などを作動させることができ、トイレの表面への物理的な接触を最小限に抑えることができる。
  • セルフクリーニングノズル:日本のウォシュレット付きトイレの中には、使用前と使用後にノズルが自動洗浄され、衛生的で清潔なトイレもある。
  • 自動シートクリーニング: 機種によっては、使用後に便座自体を自動的に除菌・洗浄できるものもある。

日本のトイレで必ず着用するものは?

日本では、トイレを使用する際に備え付けのスリッパや室内履きを履くのが一般的なエチケットである。このスリッパは通常、トイレの外に備え付けられており、トイレの中で履くものである。この習慣は、外履きがトイレに触れるのを防ぎ、清潔さと衛生を保つことを目的としている。

日本のトイレの特徴は?

日本のトイレは、ユーザーの快適さ、衛生面、革新性を優先したユニークで先進的な機能で知られています。ここでは、日本のトイレを際立たせている特徴的な点をいくつか紹介しよう:

  • ビデ機能: 日本のトイレの最も有名な特徴のひとつに、ビデ機能がある。水圧、温度、ノズルの位置を調節できるため、カスタマイズされた徹底的な洗浄を体験することができる。
  • シートヒーター 日本のトイレの多くはシートヒーター付きで、特に寒い時期には暖かく快適だ。
  • エアードライヤー:ビデを使用した後は、空気乾燥機が作動して使用者をやさしく乾燥させ、トイレットペーパーの必要性を減らし、より衛生的にすることができる。
  • セルフクリーニングノズル: モデルによっては、ビデのノズルが自動洗浄されるものもある。
  • 自動洗浄:日本のトイレには、使用後に自動で水を流すセンサーが付いていることが多く、手洗いの必要性を最小限に抑え、衛生的である。
  • 蓋の開閉: 先進的なモデルの中には、使用者が近づいたり離れたりすると、便器のふたが自動的に開閉するセンサーを備えたものもある。
  • 消臭機能:一部の日本のトイレには、臭いを中和する空気脱臭装置が設置されている。
  • タッチレス・コントロール: 多くのトイレには、ボタンやハンドルに触れることなく洗浄やビデの操作ができる、モーション・アクティベート・コントロールが搭載されている。
  • サウンドマスキング機能: プライバシーを確保し、恥ずかしさを軽減するため、日本のトイレの中には、使用中にバックグラウンドノイズや音楽を流すサウンドマスキング機能を備えたものもある。
  • 抗菌性の表面: 表面に抗菌コーティングを施し、より衛生的な環境を促進するトイレもある。
  • 節水オプション: 日本のトイレは、環境持続可能性を促進するため、節水型の水洗オプションを備えていることが多い。
  • 高齢者と障害者の特徴: 高齢者や体の不自由な人のニーズに応えるため、高めの座席や手すりなどのバリアフリー設備を備えたトイレもある。
  • テクノロジーの統合:日本のトイレは、スマートフォンのアプリで様々な機能を遠隔操作できるなど、技術の統合を続けている。

日本のトイレは音楽を流すことができるのか?

そう、日本のトイレには音楽や効果音を流す機能がついているものがある。この機能は、しばしば "サウンドマスキング "または "サウンドプライバシー "と呼ばれる。 

トイレで音楽を流す目的は、トイレ使用中に発生する可能性のある恥ずかしい音を隠すことです。プライバシーと快適さを提供するために設計されています。

ある日本のトイレでの音楽再生機能の仕組みはこうだ:

  • サウンドオプション: トイレを使用する際、操作パネルのボタンを押すことでサウンドマスキング機能を作動させることができる。これは、"音楽 "を意味する "音楽"、または "音 "を意味する "音 "と表示されているかもしれない。
  • ミュージック・セレクション トイレによっては、さまざまな曲や音の中から好きなものを選ぶことができる。自然音、クラシック音楽、日本の伝統的なメロディー、あるいはホワイトノイズなどだ。
  • ボリューム・コントロール: 音楽の音量はお好みで調整できる。音は大音量ではなく、穏やかで癒されるように意図されている。
  • プライバシー 音楽の目的は、恥ずかしいと思われる音を隠すことで、プライバシーを確保することである。音楽のマスキング効果により、利用者は公共の場や共有スペースでトイレを使用する際、より快適に感じることができる。

日本のトイレに電気は必要か?

そう、現代の日本のトイレの多くは、高度な機能や特徴を実現するために電気を必要とする。これらの機能には、ビデ機能、暖房便座、空気乾燥機、サウンドマスキング機能、自動洗浄機能などが含まれる。このような電子機能を搭載することで、ユーザーの快適性、衛生面、そして全体的なトイレ体験を向上させている。

また、読んでください。

  1. 東京を訪れますか?大相撲の試合を見逃すな!チケットの入手方法をご紹介します。
  2. 東京に引っ越す?東京でアパートを借りる方法をご紹介します。
  3. 日本での養子縁組の方法

どう思う?

ニコンアウトレット

日本にニコンのアウトレットはありますか?

日本製洗濯機の使い方

プロのような日本の洗濯機の使い方101!