8種類の日本の伝統的な履物

日本の伝統的な履物の種類

日本人の履物には、さまざまな種類があることをご存知ですか?ここでは、日本の伝統的な履物の種類をご紹介します。 

色鮮やかな着物や浴衣、凛とした袴など、日本の伝統的な衣服には賞賛と尊敬の念を抱くものがたくさんあります。しかし、日本の靴も同様で、適切な靴を履くことなしには、どんなスタイルも完成しません。 

日本の伝統的な履物は、機能性だけでなく、世界のどことも違う独特の美的センスが評価されている。 

20世紀まで、この種の履物は、専ら、日本国内で履かれるものであった。 日本 を何千年にもわたって作り続けてきた。現在でも、このクラシックシューズは特別な日やお祭り、伝統的な行事の際に市民が履いています。

  ショップ・フロム・ジャパン  

日本の伝統的な履物やサンダルには多くの種類がありますが、その中から代表的なものを選び、その機能を紹介します。 

そこで、日本で最高の伝統的な履物を探しているのなら、ここですべてを知っておく必要がある。

日本の伝統的な履物の種類

日本の伝統的な履物の起源。

日本の伝統的な履物は、東南アジアと中国南部から伝わった歴史的なルーツを持っている。一番最初のデザインは、足が滑り込みやすいように靴底の前面から出ている鼻緒と、母趾と第2趾が軸を掴むようになっているのが特徴である。 

このような履物は、湿度の高い気候の中で使用されていたため、履いたり脱いだりするのが非常に簡単であった。また、朝鮮半島北部や中国に伝わる履物で、靴を履くような履物もある。 

当時の日本の農家 弥生時代 田植えの際に泥に足を取られないよう、2000年以上前の下駄の祖先であるタゲタを履いていた。 

6世紀には、朝鮮半島の類似したデザインを踏襲した支配階級の金属メッキ靴が発見され、日常的に使用されることはなかったという。 

リード  YukiとYuukiの意味|YukiとYuukiの名前の意味とその違いは?

その後、神社や仏閣で履かれるようになった。古くは革靴や布靴が流行した。 

8世紀には中国からわらじが伝わり、その後、日本の気候や履物を脱いで家に入る習慣に適したわらじへと発展していった。

日本の伝統的な履物の種類

草履(草履)

草履とは、その本来の素材を反映した藁ぐつという意味である。日本の靴の中で最も履き心地がよく、人気があるとされ、家でスリッパのように履けるように編まれたものや、余った端切れで作られたものが多い。 

この草履は、綿とポリエステルの混紡で、丈夫で柔軟性があり、足元は柔らかく、足底にパッドを入れています。 

下駄に比べ、草履は革や布、あるいはビニールで覆われているため、より柔らかいのが特徴です。 

通常、フォーマルや特別な機会に、凝った着物の衣装と一緒に、足袋ソックスと一緒に着用する。

日本の履物でも人気のある布草履というスタイルで作られています。履き心地が良く、サンダルのようなデザインなので、室内で履くのに最適な商品です。 

日本の伝統的な履物の種類

ゾーリは、夏は足を涼しく保ち、冬は柔らかい生地が床の冷たさから足を守ってくれます。

ゲタ(下駄)。

下駄とは文字通り「履物の下」という意味で、地面から人を持ち上げ、高価な着物の裾が台無しにならないように保護するためのものです。一本の木の塊から削り出され、歯と呼ばれるものが土台の最も重要な部分となっています。 

ゲタの種類

  • 天狗下駄や一本歯下駄は、天狗や鬼が履いているように描かれているため、その名がついた。現在では、芸能人も着用している。
  • 正下駄や二本竹馬の下駄が一般的である。
  • 下駄には、歯が1本のものと3本のものがあり、歯がなく総底になっているものは、プラットフォームシューズのようなものである。かつて、三本歯下駄は花魁と呼ばれる高級な花嫁が履いていたものである。

現代の下駄は、ヒールの高いサンダルに近い形をしており、着物を着たまま、あるいは他のどんな服装でも履くことができる。履き心地がよく、紐や締め具がないため、履きやすくなっている。 

下駄

下駄の歯が高いほどバランスが取りにくいので、5~10cmくらいの低めのタイプが一般的です。足袋を履くか履かないかは自由です。

セッタ(雪駄)。

この草履は、主に草履の男性が履くもので、革の底を上部に直接貼り付ける構造になっており、これをチカズゲといいます。 

リード  ダイジョーブの意味と使い方

すべての素材を固定するためにソールに鋼鉄の釘を打ち込み、上部は革、竹、合成繊維を底に縫い付けて織り上げています。 

セッタ

元々は関田と呼ばれ、茶人向けに作られたものである 千利休 雪の日に茶室の庭を散歩するときに着ていたものです。

地下足袋

地下足袋は、1900年代に足袋を模して考案され流行したもので、建設作業員や人力車など屋外で働く人が履く足袋のことである。 

靴底はゴムや目の粗い布で補強されており、靴下と同じように履くことができる。伝統的な履物とは言えないが、祭りの時には法被やふんどしと一緒に履く人が多い。 

地下足袋

ナイキはナイキ・リフトという独自のモデルも作っています。着物にも合わせられますが、フォーマルな場では避けたほうが無難です。

わらじ (草鞋)

わらじは、わらで編んだ伝統的な草履で、昔の日本では日常履きとして基本的なものでした。最も伝統的な素材は稲わらだが、綿や椰子、麻でも作ることができる。 

わらじ

の時に、武士や庶民が身に付けていたものです。 江戸時代.現代では、仏教の僧侶が着用したり、いくつかの祭事で着用されている。

おこぼれに預かる。

おこぼは柳行李の下駄の一種で、伝統的に舞妓さんが着ていたもの。 

(芸者見習い)。七五三の時に子供たちが履く、高さ15cmほどの立派な履物。 

オコボ

他の名称は以下の通り。靴底の中の鈴が音を立てることから、「こっぱり」「ぽっくり」「ぽっくりこ」等と呼ばれています。

関連する 日本で着物が買える場所

スリッパ(おこぼれにあずかる)

文字通り「履く」という意味で、足を滑り込ませやすいことからその名がついた。底が開いていて、結び目や留め具がないのが特徴です。 

の時に作ったのが始まりです。 明治時代 靴を脱ぐ習慣のない外国人が履いていたもので、さまざまなデザイン、モデルがある。 

リード  こころ」の意味|心・技・体を兼ね備えた日本語。
スリッパ

家の中に置いて、来客に使ってもらうものです。元結は、家に入るときに履物を置いていく日本の伝統的な習慣です。

上履き(うわばき)

元々、上履きという言葉は、建物の中で履く靴の総称を意味していた。しかし、現在では学校、体育館、オフィスなどの中で使われている。 

上脇(うわばき

通常、白い色で、PVC素材から作られています。ほとんどの靴屋さんやホームセンターで購入することができます。

伝統的な足袋を日本語で。よくある質問

着物に合わせる和装の履物はどれがいい?

簡単に言えば、何でもいいのだ。でも、着心地やフォーマルさにもよります。フォーマルな場では、草履とセッタを着るのが一般的で、より伝統的な場面や着物姿で写真を撮るときは、下駄を履くこともあります。 

日本の履物には靴下を履くのですか?

足袋を履くこともできるが、これも時と場合、そして天候による。フォーマルな場では、草履や下駄に合わせるのが一般的。また、寒い時期に裸足でいるのは好ましくないので、寒い時期に履くこともある。カジュアルな浴衣姿や暑い季節に履く。

ビーチサンダルと日本のサンダルの違いは何ですか?

よく間違われるのですが、全く別物です。日本のサンダル、特に草履は、アメリカのビーチサンダルからヒントを得たものです。 ビーチサンダルはカジュアルな服装であるのに対し、日本のサンダルはフォーマルな場面や祭事で履かれることが多い。

結論から言うと

日本人の足は欧米人に比べてかなり小さいが、それでも自分だけの伝統的な履物を購入することを躊躇してはならない。草履と下駄はどちらも人気があります。 

しかし、これらの footwears を着て心に留めては信じられないほどの健康上の利点もあります。まず第一に、彼らはとても良い見ていないが、彼らは足の適切な姿勢を維持するため、足の開発に役立ちます。 

日本では、足の発達を助け、走る、跳ぶ、歩くなどの運動能力を高めるために、多くの保育園や幼稚園で草履を履くことが推奨されているのはご存知でしょうか。

日本の伝統的な履物の様々な種類をご覧いただいたところで、ぜひお近くの店舗に足を運んで、最高のデザインの和靴を手に入れてください。

関連記事

どう思う?

抱き枕 ラブピロー

抱き枕に夢中|抱き枕とは?

日本文化におけるキツネの意義

日本文化におけるキツネの意義