日本の日焼け止め2022年版ベスト12|いつでも太陽から守られる!?

日本のベストサンスクリーン

日焼け止めは マストハブ・スキンケア の製品をバッグに入れてみましょうそして、ここでは 日本のベストサンスクリーン さまざまな肌タイプに対応しています。日本の日焼け止めは品質が高く、紫外線を防ぐことで世界的にも有名です。 

日焼け止めは夏だけではなく、紫外線を浴びる冬にも欠かせません。

日本のベスト日焼け止め - 簡単なまとめ

日本の日焼け止めベストベストフォーSPF/PA
スキンアクア スーパーモイスチャーゲル ポンプ敏感肌のための日本製日焼け止めベストSPF50+α
PA ++++
アネッサパーフェクトUV アクアブースター敏感肌のための日本製日焼け止めベストSPF50+α
PA ++++
ビオレUVアクアリッチウォータリーエッセンスオイリー肌のための日本の日焼け止めベストSPF50+
PA ++++
資生堂 アーバンエンバイロメント オイルフリーUVプロテクターニキビ肌のための日本製日焼け止めベストSPF 42
カネボウ ALLIE エクストラUVジェルサンスクリーンアウトドアに最適な日本の日焼け止めSPF50+ PA++++ 
キュレル UVミルク敏感肌のための日本製日焼け止めベストSPF30
Pa++ 
アネッサ エッセンスUVサンスクリーンマイルドミルク敏感肌のための日本の日焼け止めトップSPF35
PA + + +
資生堂/ウルティメイト SPF50サンプロテクションローション子供用の日本製日焼け止めのベストSPF50+
ビオレUVさらさらブライトミルク日本のウォータープルーフタイプの日焼け止めベストSPF50+ PA++++
ニベアサンウォータージェルオイリー肌のための日本の日焼け止めベストSPF35
PA + + +
KOSE サンカット ウルトラUVパーフェクトジェル ウォータープルーフ肌の色が濃い人におすすめの日本製日焼け止めSPF50+
PA ++++

日焼けや日焼けなどの肌ダメージから身を守るためには、毎日、日焼け止めを塗ることが何よりも大切です。 エイジングサイン.日焼け止めを塗るときは、肌の露出部分をすべてカバーするようにしてください。

お肌に合った日本の日焼け止めを選んでみてくださいね自分の肌に合った日本の日焼け止めを選んでみましょう

日本の日焼け止めのベストチョイス

  • アネッサパーフェクトUV アクアブースター敏感肌の方におすすめです。 ここで手に入れよう
  • ビオレUVアクアリッチウォータリーエッセンスオイリー肌の方にお勧めです。 ここで手に入れよう
  • 資生堂/ウルティメイト SPF50サンプロテクションローション子供たちにお勧めです。 ここで手に入れよう

日本のトップレベルの日焼け止め

ビオレUV のびのびキッズミルク

子供と敏感肌のための日本の日焼け止めベスト

ビオレは、日本で最も優れた日焼け止めブランドのひとつです。ビオレのスキンケアは、とても手頃な価格で簡単に手に入るので、日本でも人気がありますよ。

ビオレUV のびのびキッズミルクサンスクリーンは、子供用に開発されたもので、敏感肌の方にもお使いいただけます。マイルドなのに、SPF50+、PA++++ と高い日焼け止め効果を発揮します。合成着色料、合成香料、アルコールは使用していません。滑らかな仕上がりで、水や汗にも強いのが特徴です。

主な特徴

  • お子様や敏感肌の方にもお使いいただけます。
  • 高いサンプロテクション効果を持つマイルドな処方
  • 着色料、アルコ-ル、香料は使用しておりません。
  • SPF50+・PA++++

関連記事肌に栄養を与えよう 日本製オイルクレンジング.ぜひチェックしてみてください。

スキンアクア トーンアップUVエッセンス

日本の日焼け止めの中で、顔色が悪い人におすすめの日焼け止め

スキンアクアの日本製日焼け止めは、ジェル状のフォーミュラ。素早く肌に吸収され、マットな肌に仕上げてくれます。ポンプボトルに入っていて、簡単に塗ることができます。この日焼け止めは、顔だけでなく体にも塗ることができます。SPF50+、PA ++++。 

主な特徴

  • ゲル状のフォーミュラ
  • ポンプボトルに入っています 
  • 肌に素早く吸収される 
  • ボディ・フェイス用
  • SPF50+
  • PA++++

関連記事潤いのあるJでボディケアをしようアパニーズボディローション

アネッサ パーフェクトUVサンスクリーン 日本の日焼け止めベスト

敏感肌のための日本製日焼け止めベスト

アネッサから発売された資生堂の日本製日焼け止めは、敏感肌のために特別に作られています。赤ちゃんの肌にも使えるほどのやさしい処方です。

資生堂独自の成分「アネッサアクアブースターテクノロジー」を配合し、紫外線防御効果を20%高めています。パラベン、アルコール、人工香料は使用していません。SPF50+、PA ++++。 

Key Features:

  • マイルドな処方 
  • アネッサの「アクアブースターテクノロジー」を配合
  • 20%の紫外線防止効果を高める
  • パラベン
  • アルコールフリー
  • フレグランスフリー
  • 敏感肌におすすめ 
  • 赤ちゃんの肌に適しています。 
  • SPF50+
  • PA++++

資生堂の美容液と保湿液をスキンケアに加えれば、完璧なスキンケアが実現します。をチェックしてください。 肌に栄養を与える日本の美容液 ここと 日本の保湿剤 これ

ビオレUVアクアリッチウォータリージェル

オイリー肌のための日本の日焼け止めベスト

この日本製の日焼け止めは、オイリー肌にぴったりの軽い乳液状の処方です。この日焼け止めには高い水分が含まれているので、お肌にとても潤いを与えてくれます。

さらっとした仕上がりで、塗った後に肌がべたつくこともありません。メイクアッププライマーとしても使用できますよSPF50+とPA++++。

Key Features:

  • 軽い乳液状のフォーミュラ
  • 高い水分量 
  • モイスチャライジングフォーミュラ
  • 塗った後のべたつき感がない 
  • 化粧下地として使用可能
  • カラーレス
  • SPF50+ 
  • PA++++

関連する日焼けによるシミやエイジスポットをカバーするには 肌に優しい日本製コンシーラー.ぜひチェックしてみてください。

資生堂 アーバンエンバイロメント オイルフリーUVプロテクター 

ニキビ肌のための日本製日焼け止めベスト

この日本製の日焼け止めは、軽い処方でオイルフリーなので、オイリー肌やニキビ肌に最適です。

肌に吸い付くように浸透していきます。他の多くの日焼け止めとは異なり、この製品は白っぽさが残らず、また肌がべたつくこともありません。マットな仕上がりで、約40分間の耐水性があります。SPF42のブロードスペクトラム日焼け止めで、PA+++です。

Key Features:

  • 軽快な動き
  • オイルフリー処方
  • 肌の奥深くまで吸収される 
  • 艶消し 
  • 塗った後のべたつき感がない 
  • 最長40分間の防水機能
  • SPF 42 ブロードスペクトラム
  • PA + + +

関連記事皮脂を抑えてくれるオイルコントロールアイテム 日本の洗顔料.ぜひチェックしてみてください。

ALLIE エクストラUVジェル

アウトドアに最適な日本の日焼け止め

この日焼け止めは、優しい処方で、ヒアルロン酸や コラーゲン 肌に栄養を与え、保湿効果のある成分が含まれています。ウォータープルーフ、スウェットプルーフなので、アウトドアでの活動にも最適です。また、衣類やバッグなどに付着してもこすれないフリクションプルーフ処方です。SPF50+とPA++++ を備えています。

Key Features:

  • 優しい処方
  • ヒルロン酸とコラーゲンを配合
  • モイスチャライジング 
  • 耐水性、耐汗性、耐摩擦性
  • 屋外での活動に適しています。
  • パラベンフリー
  • フレグランスフリー
  • ドライスキンにおすすめ
  • SPF50+
  • PA++++

関連記事肌に栄養を与えてディープクレンジングする 日本製のボディ用角質リムーバーs.ぜひチェックしてみてください。

花王 キュレル UVカット化粧水

敏感肌のための日本製日焼け止めベスト

乾燥肌や敏感肌のために特別に作られた日本製の日焼け止めです。乾燥して刺激を受けた肌を落ち着かせます。ユーカリエキスやセラミドエキスなど、肌に栄養を与える成分が配合されています。また、低刺激性、無香料、アルコールフリーです。PA++のSPF30を備えています。 

Key Features:

  •  優しい処方 
  • ユーカリエキス、セラミドエキスを配合 
  • 乾燥して刺激を受けた肌を落ち着かせる 
  • 低刺激性
  • フレグランスフリー
  • アルコールフリー
  • 敏感肌にも対応
  • SPF30 
  • PA++

関連記事一日中、肌の潤いを保つために 乾燥肌のための日本製ボディソープ.ぜひチェックしてみてください。

アネッサ エッセンスUVサンスクリーンマイルドミルク

敏感肌のための日本の日焼け止めトップ

アジアで最も売れている日焼け止めライン、資生堂アネッサのもう一つの日焼け止めです。この日焼け止めには、ブランド独自の成分アクアブースターテクノロジーが配合されており、他のほとんどの日焼け止めよりも20%高い紫外線遮断効果を発揮します。また、乾燥した肌に栄養を与える肌保湿成分を配合しています。この日焼け止めは肌によく吸収され、べたつきません。SPF35、PA+++を備えています

Key Features:

  • アネッサの「アクアブースターテクノロジー」を配合
  • 20% 改良型UVプロテクション 
  • 肌に潤いを与える成分を配合
  • 乾燥した肌に栄養を与える
  • ベタつき感がない 
  • 敏感肌にも対応 
  • SPF35
  • PA + + +

関連: 洗うたびに古い角質や汚れを落とし、栄養を補給します。 日本のボディスクラブ.自分の肌タイプに合わせて選んでみてください。

資生堂/ウルティメイト SPF50サンプロテクションローション

子供用の日本製日焼け止めのベスト

顔にも体にも使える、資生堂の日本製日焼け止めです。軽い処方でありながら、効果的に紫外線から肌を守ります。水に強く、なめらかな仕上がりになります。独自の成分WetForceテクノロジーを配合し、水や汗にさらされたときの効果をさらに高めています。SPF30、PA+++を備えています。

Key Features:

  • 軽くて優しい処方
  • 滑らかな仕上がり
  • WetForceテクノロジーを採用
  • ウォータープルーフ
  • 優れたミネラルベースのフォーミュラ
  • 低刺激性処方
  • 敏感肌や子供の肌に適している
  • SPF30
  • PA + + +

関連記事濃いシミや傷跡をカバーする、驚きの方法 日本のコンシーラー!?

ビオレUVさらさらブライトミルク

日本のウォータープルーフタイプの日焼け止めベスト

ビオレの日本製日焼け止めは、サラサラパウダー、ヒアルロン酸、グリセリンを配合し、お肌に潤いを与えます。紫外線を効果的にブロックし、シミ・ソバカスを防ぐ効果もあります。

また、肌のシミや毛穴をカバーする光補正パウダーを配合しています。淡いピンクの色味で 肌色が明るくなる.ウォータープルーフで汗にも強い処方です。無香料で、化粧下地としてもお使いいただけます。SPF50+、PA+++を備えています。

Key Features:

  • サラサラパウダー、ヒアルロン酸、グリセリンを配合
  • 肌に潤いを与える
  • シミ・ソバカスを防ぐ
  • ライトコレクションパウダーを配合
  • 既存のシミや毛穴をカバー 
  • 肌を明るくする淡いピンクの色調
  • 耐水性、耐汗性
  • フレグランスフリー
  • 化粧下地としても使用可能
  • SPF50+
  • PA + + +

関連記事で白髪を自然にカバーしましょう。 白髪染めに最適な日本製のシャンプー。 こちらをご覧ください。

ニベアサンスーパーウォータージェル 

オイリー肌のための日本の日焼け止めベスト

このニベアの日本製日焼け止めは、水のような粘り気があり、肌に定着するとゲル状のローションに変わります。すぐに吸収され、塗った後もべたつきません。顔と体の両方に使用できます。化粧下地としても使える日焼け止めです。香りはありません。SPF35、PA+++の日焼け止めです。 

Key Features:

  • 水のような粘り気
  • 化粧水のようなジェル
  • ベタベタしない
  • フェイス&ボディ用
  • 香料不使用
  • 素早く吸収される
  • 化粧下地としても使用可能
  • SPF35
  • PA + + +

関連記事歯を白くして、歯茎を強くする、驚きの方法 日本の歯磨き粉。 ここで自分に合ったものを選びましょう

KOSE SUN CUT ウルトラUVスプレー

暗い肌に最適な日本の日焼け止め

これはスプレータイプの日焼け止めなので、外出先でも簡単に塗ることができます。また、顔を含めて全身に塗ることができます。塗った後の白浮きもありません。SPF50+とPA++++。 

Key Features: 

  • スプレータイプ
  • 体や顔にも使える
  • ホワイトキャストなし
  • SPF50+
  • PA++++

 ビオレの日焼け止めは日本ではいくらですか?

ビオレの日焼け止めは、日本では798円、アマゾンジャパンでは1,080円です。Amazon.comでも$18.90で購入できます。

日本の日焼け止めが人気の理由は?

日本の日焼け止めは、肌に潤いと栄養を与えつつ、紫外線をカットする優しい処方になっています。日本の日焼け止めは、SPF値とPA値が高く、UVAとUVBの両方から肌を守ることができるため、現在とても人気があります。また、軽量であることも人気の理由です。また、ほとんどの日本の日焼け止めは、下地としても使用できるため、その汎用性の高さも愛されています。 

なぜ日本の日焼け止めは優れているのか?

日本の日焼け止めは、肌に優しい軽めのテクスチャーで、日本の日焼け止めの多くは、肌に潤いを与え、保湿効果があります。また、日本の日焼け止めは、UVBだけを防御する欧米の日焼け止めとは異なり、UVAとUVBの両方から肌を守ります。PA+++は、日本の日焼け止めが持っているUVA防御力のレベルを意味します。の数が多いほど、その日焼け止めはUVA光線に対する保護レベルが高いことを示しています。 

自分の肌質に合った日本の日焼け止めを選ぶには?

日本の日焼け止めや自分の肌タイプに合わせて選ぶ際のポイントは、「SPF/PA値」「テクスチャー」「タイプ(ブロック型か吸収型か)」の3つです。 

SPF/PAを使用しています。 日本の日焼け止めは、SPF50以上のものを選ぶとよいでしょう。SPF50以上の日本製日焼け止めを選ぶとよいでしょう。SPFがUVBに対する防御力を示すのに対し、PAはUVAに対する防御力を示します。日本の日焼け止めは、PA+++以上のものを選ぶのがよいでしょう。 

質感。 日焼け止めのテクスチャーに関しては、「ミルク」「クリーム」「ジェル/エッセンス」「ミストスプレー」「パウダー」の5つのタイプがあります。ミルクタイプの日焼け止めは肌に優しいので、敏感肌の方や日焼け止め・顔用には最適です。ジェル/エッセンスタイプの日本の日焼け止めは、軽くて塗りやすいのが特徴です。ミストスプレータイプの日本の日焼け止めは、髪の毛や頭皮など手の届かない部分に使いましょう。パウダータイプの日本の日焼け止めは、少しの間だけ外に出る場合に使うといいでしょう。ファンデーションのように使うことができます。 

タイプ(UVブロックまたは吸収)。 日焼け止めには、物理的なものと化学的なものの2種類があります。物理的な日焼け止めは肌からの紫外線を反射し、化学的な日焼け止めは紫外線を吸収します。敏感肌の方は、紫外線を肌から反射させる物理的な日焼け止めが最適です。日本のケミカルサンスクリーンは、紫外線を吸収して熱に変える成分が配合されています。通常、水に強く、汗にも強いので、水泳などのアウトドア活動を定期的に行う人には最適なオプションです。

日本の日焼け止めの種類 

日焼け止めには、「ケミカル」と「フィジカル」の2種類があります。ケミカルサンスクリーンの有効成分は、アボベンゾン、オクチノキサート、オキシベンゾンです。物理的な日焼け止めは、皮膚の上に留まり、太陽の光を反射します。化学的な日焼け止めは、皮膚に吸収され、紫外線を吸収して熱に変え、体外に放出します。 

ケミカルサンスクリーン 二酸化チタンや酸化亜鉛などの成分がスポンジのように紫外線を吸収するのに対し、ミネラル/フィジカルサンスクリーンは、オキシベンゾン、アボベンゾン、オクチザレート、ホモザレート、オクチノキサートなどの成分が肌に密着して表面で紫外線をブロックします。塗ってすぐに日差しから肌を守り、効果が出るのを待たずに済むというメリットがあります。 

物理的な日焼け止め 活性ミネラル成分が肌の上に乗り、紫外線を肌から遠ざける効果があります。ケミカルな日焼け止めよりも刺激が少なく、敏感肌の方に適しています。保湿成分が多く含まれているため、肌への負担が大きくなります。そのため、肌に馴染みにくい。

一般的に、物理的な日焼け止めは、同じSPFの化学的な日焼け止めよりも濃くて重いです。物理的な日焼け止めは、オイリー肌やニキビ肌の方には向かないかもしれません。また、ミネラル成分だけでは、ケミカルフィルターよりもUVA放射線からの保護効果が低い場合があります。

日本の日焼け止めのテクスチャーの種類

水に強い日焼け止め。

プールやビーチで泳いだり、涼んだりするときにも、この日焼け止めをつけていれば安心です。長時間持続し、落ちにくいので、水遊びの時も安心して保護できます。

ゲル状日焼け止め剤 

ジェル状の日焼け止めは、軽いテクスチャーなので肌になじみやすく、細胞レベルで肌を保護します。そのため、ジェル状の日焼け止めはオイリー肌の人に最適です。湿度の高い日には冷却感を与え、汗や皮脂をコントロールすることができます。

これらの日焼け止めを適切にカバーするためには、3時間ごとに塗り直さなければなりません。オイリー肌や脂性肌の人は、これらの製品を使用してはいけません。汗やニキビを抑えます。彼らは非油性であり、任意の光沢や色合いを残していません。

クリーム状の日焼け止め 

肌のための日焼け止めで最も定評があるのは、保湿性の高いクリームタイプの日焼け止めです。肌になじみやすいのに、まるで保湿剤を使ったかのような後味の良さが特徴です。乾燥肌から敏感肌の方におすすめです。

湿気の多い気候の中で、クリームのようなテクスチャーの油性の日焼け止めを使うと、製品の油性のために面倒なことになります。いつも以上に汗をかいてしまいます。重いテクスチャーは、毛穴を詰まらせ、ニキビの吹き出物の原因になるかもしれません。そのため、クリーム状の日焼け止めを選ぶ際には、適切なテクスチャーを選ぶことが難しいのです。 

日焼け止めスプレー

スプレー式日焼け止めの最も一般的な問題点は、ローションのように効果がないということではなく、同じ効果を得るためにたくさんスプレーしなければならないということです。スプレー式の日焼け止めは、十分にスプレーすれば、有害な紫外線や日焼けによるダメージから肌を守ってくれます。スプレー式日焼け止めの最大の利点は、塗るのが簡単なことと、背中や肩などの手の届かない部分をカバーできることです。

日本の日焼け止めはどれがいい?

に最適な日本製の日焼け止めです。 敏感肌 は、その スキンアクア スーパーモイスチャーゲル ポンプ そして アネッサパーフェクトUV アクアブースター.日本の日焼け止めのベスト オイリー肌 そして ニキビ肌 は、その ビオレUVアクアリッチウォータリーエッセンス そして 資生堂 アーバンエンバイロメント オイルフリーUVプロテクターそれぞれ 究極のSPF50サンプロテクションローション は、日本の日焼け止めの中では キッズ.そして、もしあなたが 暗い顔色を使用しています。 KOSE サンカット ウルトラUVパーフェクトジェル ウォータープルーフ は、日本の日焼け止めの中では一番だと思います。

日本の日焼け止めは効果がありますか? 

日本の日焼け止め市場は、その効果、価格、種類の多さから高い評価を得ています。これらの日焼け止めは、優しい処方で、通常、アルコール、パラベン、着色料などの添加物を使用せず、刺激のないものです。

日焼け止めは、SPF30と50ではどちらが良いですか? 

SPF30であれば、96.7%のUVBを防ぐことができ、SPF50であれば、約98%のUVBを防ぐことができます。それ以上のSPFであれば、日焼けによるダメージはほとんどありませんが、100%の防御力を持つ日焼け止めはありません。

また、読んでください。

  1. 最高の日本製洗顔料
  2. 東京で水着を買うならここ
  3. 東京で着るべきサマードレス
日本のベストリキッドファンデーション

日本製リキッドファンデーション10選 2022

ベスト日本アニメーション映画

日本のアニメ映画ベスト10 2022