日本KFCではベジタリアンフードを提供していますか?

日本KFCはベジタリアンフードを提供していますか?

日本KFCはベジタリアンフードを提供しているのでしょうか?それは、以下の記事でご確認ください。

ファーストフード店にはベジタリアン以外の食事メニューも数多くあり、ベジタリアンやビーガンの友人たちは、ベジタリアン向けの食事に憧れを抱いているのです。

ファーストフード店がビーガン/ベジタリアン向けのメニューを考案するのはほぼ不可能とされているが、最近ではビーガンコミュニティのニーズに応えるため、いくつかのレストランがビーガン基準に適応している傾向がある。 

実際、有名なファーストフード店のブランドは、以下の通りです。 マクドナルド, ケーエフシー, バーガーキングなどは、米国、英国、欧州のほとんどの店舗で、新しくヘルシーなビーガンフードをメニューに取り入れています。 

しかし、日本のKFCはベジタリアン向けの料理を提供しているのでしょうか?それを知るために、私たちはここに来たのです。 

ケンタッキーフライドチキン(KFC)は、米国ケンタッキー州ルイビル発祥のファーストフードレストランチェーンであり、「KFC」の名で親しまれている。創業者は ハーランド・サンダース大佐 は1930年に、KFCの最初のフランチャイジーは1952年にオープンしました。

カーネル・サンダースは、フライドチキンのレシピを考案し、そのブランド名とオリジナルレシピをフランチャイズ展開し、ケンタッキーフライドチキンをオープンさせるに至った。

日本KFCがベジタリアンフードを提供
出典はこちら。 インスタグラム 

KFCはご存知の通り、サクサクのフライドチキンを専門に製造し、世界100カ国以上で22000店舗以上を展開する世界有数のファストフードレストランブランドである。 

現在、KFCはフライドポテト、コールスロー、Mac n Cheese、デザート、ドリンクなど、より多くの食事のオプションを導入し、そのメニューを構築している。ほとんどの国で営業しているKFCの店舗では、様々な食事が提供されている。 

KFCは、三菱商事がアメリカのKFCと合弁で1970年に日本での事業を開始した。現在、日本には100店舗以上のKFCがあり、日本はKFCにとって3番目に大きな市場となっている。

KFCのフライドチキンを注文するのも、日本ではクリスマスの風物詩となっている。実際、日本におけるKFCの売り上げのほとんどは、クリスマスの週に計上されている。

リード  おせち料理に込められた意味とは?

日本KFCではベジタリアンフードを提供していますか?

日本KFCにベジタリアンフードはあるのか?

日本は仏教の信者が何人もいる国なので、日本の人口のかなりの割合がベジタリアンかビーガンです。

つまり、日本のベジタリアンは野菜と乳製品しか食べず、日本のヴィーガンは野菜とオートミルクや豆乳など、肉や乳製品の植物性代替品に頼っているのです。 

ヴィーガンやベジタリアンの日本人は、肉の代わりにタンパク質が豊富な豆腐など植物性のものを使っています。また、タンパク質を牛肉、羊肉、豚肉ではなく、魚に頼る日本人もいます。

だから、日本にいるベジタリアンやビーガンの人はもちろん、日本を訪れる海外のベジタリアンやビーガンの人も、日本のKFCがベジタリアンフードを提供しているかどうかを知りたがっているのだ。 

KFCベジタリアンメニュー
出典はこちら。 インスタグラム 

さて、本日の最も重要な質問、日本に滞在または旅行中のベジタリアンやビーガンのほとんどが答えて欲しいと思っている質問に入ろう。

日本KFCはベジタリアンフードを提供していますか?という質問に対する答えは、「イエス」です。とても心配に聞こえるかもしれませんが、日本のKFCはベジタリアン向けの食事をいくつか提供しています。

日本KFCでは、チキンを使った食事が中心だが、ベジタリアン向けの食事もあり、それらはサイドメニューに分類される。

日本KFCで食べられるベジタリアンフードは?

日本のKFCでベジタリアン料理が提供されているかどうかを知りたがっているベジタリアンやビーガンの方々は、KFCのメニューにはベジタリアン用の食事メニューはわずかしかないことを知っておいてください。 

フライドポテトは、ベジタリアンのためのスナックのひとつであることはご存知のとおりです。また、ベジタリアンやビーガンの人がレストランに立ち寄る際には、必ずと言っていいほど選ぶサイドディッシュでもある。

日本KFCのフライドポテトは、ジャガイモ、植物性でんぷん、塩など100%のベジタリアン食材のみで作られている。また、注文を受けてから作るため、熱々で新鮮な状態で提供され、サイドメニューとして欠かせない存在となっている。 

しかし、残念ながらKFCで提供されるフライドポテトはベジタリアン向けではありません。なぜなら、KFCのフライドポテトは、チキンなどの非ベジタリアンの製品を揚げるのに使われたのと同じ油を使って揚げているからです。

KFCはビーガンチキンを提供していますか?
出典はこちら。 インスタグラム 

コールスローやコーンサラダなど、日本KFCのサイドメニューは新鮮な野菜だけで作られているので、もしソースやマヨ(野菜以外の食材が使われている場合がある)を加えられたくない場合は、スタッフにリクエストすれば入れてくれない。

さらに、KFCのデザートは、残念ながらベジタリアンやビーガンには対応していない。ビスケットwithハニーメイプルシロップ、チョコレートパイ、ミニアップルパイなどのデザートには、原材料として卵が使われています。 

日本KFCにはなぜベジタリアンフードが少ないのか?

ケンタッキーフライドチキン(KFC)は、その名の通り、クリスピーなフライドチキンを販売することを主目的として始まったファーストフード店である。カーネル・サンダースはフライドチキンに11種類のハーブとスパイスを使った秘伝のレシピを開発した。

リード  血糖値を下げる沖縄のスーパーフード「ゴーヤ

そして、そのレシピが多くの人に評価されると、フライドチキンを多くの人に食べてもらうために、KFCのフランチャイズ展開を決意した。

KFCにベジタリアンはいるのか?
出典はこちら。 インスタグラム 

 

KFCはチキン料理で有名なファーストフード店なので、ベジタリアン料理はメニューにないため、提供する必要がなかったのです。

また、アメリカや日本のKFCの本来のターゲット顧客層は、ベジタリアンではなく、チキンが大好きな人やノンベジタリアンの人たちです。

しかも、日本ではほとんどのレストランでベジタリアン食が普及しており、ベジタリアン食を導入するとなると、日本のKFCのレストランは太刀打ちできない。

また、KFCは日本ではベジタリアン向けのレストランとして知られていないため、ベジタリアン向けの食事があったとしても、テイクアウトや店内での食事を希望するベジタリアンやビーガンは多くない。 

日本では、KFCはベジタリアンのためのレストランというイメージが強いので、KFCの店舗は既存の顧客層をターゲットにしている。

日本KFCにベジタリアン・ビーガン食が導入される?

より栄養価の高い、健康的な食生活を求める声は、昨今多くの若者を虜にし、世界中の多くの人々がベジタリアンやビーガン向けのメニューに移行しています。 

さらに、動物愛護活動家たちは、私たちの食卓に上る最終製品になるために、動物たちがいかに残酷な扱いを受けているかを訴えています。

また、環境活動家たちは、食用の動物を屠殺する手順で排出される温室効果ガスの危険性を描いているのは言うまでもない。

KFCはビーガンフードを販売していますか?
出典はこちら。 インスタグラム

これらの事実は、マクドナルド、KFC、バーガーキングなどのファーストフード大手を含む企業各社に、ビーガンや環境に配慮した生産方式を適応させることになりました。

その結果、2019年にはアメリカのKFCをはじめとするファストフードレストランブランドが、「KFCビーガンバーガー」「KFCビーガンナゲット」など、新しいビーガン食をメニューに導入しました。

このヴィーガン食はアメリカ人に好まれているので、日本で紹介される確率は高いだろう。

また、日本にはKFCでビーガン料理を食べたいというベジタリアンが多いので、このようなビーガン料理は日本のお客様から間違いなく賞賛されるでしょう。 

日本のKFCのメニューには、他にどんなものがありますか?

ファーストフード好き、特にアメリカ人の間では、アメリカのKFCレストランで出される料理より、日本KFCで出される料理の方が好きだという意見が多い。そこで、日本KFCではどのような料理が提供されているのかを見てみよう。

リード  マニラで日本製品を買うなら|マニラの日本のお店ベスト8

日本のKFCでは、もちろんサクサクのフライドチキンを1ピース、4ピース、6ピース、8ピース、バケットで提供しています。フライドチキン以外にも、フライドポテト、チキンテンダー、ビスケット、チキンナゲット、コールスローなどのサイドメニューも用意されている。

日本KFCで提供されるハンバーガーは、特に「和風チキンカツバーガー」「ダブルチキンフィレバーガー」「チーズチキンフィレバーガー」がご馳走です。

KFCベジタリアンバーガー
出典はこちら。 インスタグラム 

ハンバーガーが苦手な方には、KFCのTwisterと名付けられたラップがおすすめです。日本人のお客さんに人気があるのは、フライドチキンが入った「テリヤキツイスター」と「バジルレモン・ツイスター」だそうです。

さらに、デザートに関しても、日本のKFCにはそれがない。日本KFCのデザートは、チョコレートパイとハニー・メープル・シロップをかけたビスケットのみ。 

日本KFCのドリンク・飲料メニューは、ボトルウォーター、オレンジジュースパック、コカ・コーラ、フレッシュコーヒー、リプトン紅茶(ホット)など、いくつかの選択肢で構成されています。

日本KFCはベジタリアンフードを提供していますか?よくある質問

日本ではKFCは何を出しているのか?

日本のKFCレストランでは、フライドチキン、チキンナゲット、チキンテンダー、フライドポテト、チキンバーガー、コールスロー、デザート、ドリンクなど、さまざまなフードを提供しています。日本のKFCで販売されているフライドチキンは、個包装、2ピース、4ピース、6ピース、8ピースで提供されている。また、日本KFCのフライドチキンにはバケットや樽のオプションもあり、特別なイベントの際によく買われる。

ベジタリアンはKFCのチップスを食べられますか?

日本のKFCで売られているフライドポテトやチップスは、ベジタリアン向けではありません。フライドポテトは100%のベジタリアン用の材料で作られていますが、KFCでフライドポテトを揚げるのに使われている油は、鶏肉を揚げるのと同じ油なんだそうです。そのため、KFCで提供されているフライドポテトはベジタリアンには不向きなのです。

KFCのポテトはなぜベジタリアンではないのですか?

KFCで作られるフライドポテトはベジタリアン用ではなく、このニュースは多くのお客様に衝撃を与えました。これは、KFCで提供されるフライドポテトが、チキンを揚げるのに使われるのと同じ食用油で揚げられているからです。従って、KFCのフライドポテトはベジタリアン向けではないのです。しかし、KFCではコーンなど他のベジタリアンメニューが用意されています。

ウェンディーズ・ジャパンではアルコールを提供していますか?

ウェンディーズ・ジャパンではお酒は飲めますか?

日本のベストウォッチブランド

日本の高級時計ブランドベスト8 2022年