日本で避妊薬を手に入れるには?

日本で避妊薬を入手する方法

と思っていませんか? 日本で避妊薬を手に入れるには?安心してください。ここでは、避妊や妊娠を避けるための方法について、知っておくべき8つの重要なポイントをご紹介します。避妊薬についての完全なガイドをお読みください。

日本に長く住んでいる人であれば、「ピル」という言葉を聞いたことがあると思います。ピル」とは、日本では避妊薬のことを指す一般的な言葉です。 

このガイドでは、日本在住者であれ観光客であれ、日本で避妊薬を入手するための複雑な手続きを紐解いている。

適切なクリニックの検索から処方プロセスの理解まで、日出ずる国での生殖医療について十分な情報を得た上での選択ができるようにします。

自分の未来をコントロールする自由を再発見しよう。

ソースUnsplash

日本で避妊薬を入手するには? 

日本では避妊ピルの服用には医師の処方箋が必要です。クリニックや産婦人科を受診するか、YOLO PILL ONLINEのような遠隔診療サービスを利用しよう。保険が適用されないので、月3,000円程度の費用がかかると予想される。オンライン薬局や輸入も検討するが、合法かどうかは微妙なところ。自分の健康を第一に考え、安全で個人に合ったアドバイスを受けるために医師に相談しましょう!

日本で避妊薬を手に入れるには?

日本における伝統的な避妊薬の入手方法

避妊薬を入手するための従来の選択肢としては、クリニックや病院がある。産婦人科や一般的なクリニックを受診する場合は、血液検査やPAPスメアのような医学的評価を含む可能性のある診察が必要です。費用は様々ですが、平均的な費用を考慮し、保険の適用について問い合わせることが不可欠です。

リード  日本でSIMフリーの携帯電話を購入する場所|日本でSIMフリーの携帯電話を購入するのに最適な場所3選
ソースShutterstock

避妊ピルの入手先 オンライン薬局 日本における

利便性を求める人々にとって、オンライン薬局は実行可能な選択肢として浮上している。避妊薬を遠隔処方できる医師免許を持つ医師とオンラインで相談できる信頼できるサービスについて説明する。潜在的な限界を強調し、評判の良いプラットフォームを選ぶことの重要性を強調する。

日本で避妊薬を入手する代替方法

医療専門家とオンラインで相談できる遠隔医療サービスが人気を集めている。特に外国人居住者にとっての手順、利点、潜在的な落とし穴を探る。さらに、海外から薬を輸入するという選択肢についても、法的規制や安全上の懸念を考慮した上で触れる。

日本で避妊具を処方してもらう

参加資格と医療評価

受給資格基準を理解することが重要。年齢要件と、処方を受ける前に医学的評価を受ける可能性について説明する。これには、選択した避妊法の適合性を確認するための血液検査やPAPスメアが含まれる。

処方箋の補充

処方箋のリフィルを入手するプロセスを明確にすること。定期的なクリニック受診、オンラインシステム、遠隔医療サービスの利用など、利用者は避妊用ピルを一貫して入手する方法を理解する必要がある。

日本における避妊ピルのコストは?

避妊ピルの平均的な費用とそれに伴う診察費用について話し合う。保険が適用されないため、それに応じて予算を立てることが不可欠であることを強調する。この情報により、潜在的な利用者は日本での避妊の経済的な面について計画を立てることができる。

日本で販売されている避妊薬の種類

日本で避妊薬を入手する方法を学んだ後は、避妊薬の種類について説明します。 

処方箋で手に入る日本製の避妊薬には、2種類あります。 M一相性の薬と多相性の薬

  • Mオノファジックピル は、サイクルを通して一定量を摂取するタイプのものです。21日周期で実行され、代表的なものにマーベロンやオルソM-21があります。
  • 多相性の薬 は、ピルのスケジュールに応じて消費される量が異なります。21日と28日の両方のサイクルで実行することができます。Triquilar、Ange、New Phase、Ortho 777、Marvelonなどが代表的なものです。

避妊薬の服用方法は?

21日分と28日分の2種類がある。 

リード  シンガポールで日本製品を購入するなら|シンガポールの日本製品取扱店ベスト8

28日ピルコースを選択している場合は、ホルモンを含む「アクティブ」と呼ばれるピルを21日間服用することになります。

最後の7つの錠剤は、ホルモンを含まず、アクティブな錠剤の終了後に服用する「リマインダー」とみなされます。

また、21日コースの場合は、3週間毎日1錠ずつ飲み、次の週は1錠も飲まないでください。 

新しいパックのピルは、1週間ピルを飲まなかった後に始めてください。 

私は、28日間のコースを取るように勧められました。そして、いくつかの気分の落ち込みを除けば、劇的な副作用はありませんでした。 

しかし、女性によって避妊薬の使用経験は異なります。私の場合は順風満帆でしたが、他の人にとってはそうではないかもしれません。でも、やってみないとわかりませんよね。 

日本での緊急避妊について。日本でのモーニングアフターピル

では、緊急避妊をしたい場合、日本でどうやって避妊薬を手に入れるか。 

これはちょっと難しいかもしれませんね。 

日本における人工妊娠中絶と避妊薬について。
ソースShutterstock

モーニングアフターピルは、以下のような場合にのみ提供できます。 医師の処方箋.手に入れる前に、電話して予約を取ることを検討してください。あなたが言うべきことは "mo-ningu afutaa piru" を使って、日本語でモーニングアフターピルを頼むことができます。 

のです。 緊急避妊薬を薬局で入手するための市民プロジェクト は、緊急時のアクセスを改善するために戦ってきました。 日本のモーニングアフターピル.願わくば、日本の女性が処方箋なしでモーニングアフターピルを入手できるようになってほしいものです。

日本におけるその他の避妊方法

避妊薬の服用を好まない方は、他の避妊方法を試してみてはいかがでしょうか。 

リード  日本でのタクシーの使い方101|日本でタクシーをつかまえるには?

コンドームです。 世界的に最も普及している避妊法です。コンドームは、ドラッグストアやスーパーマーケット、コンビニエンスストアなどで簡単に手に入れることができます。

殺精子剤。 殺精子剤は、精子を殺したり、精子の動きを止めたりする避妊薬の一種です。 

IUDです。 婦人科医は、挿入/除去の IUD.出産経験のない女性にIUDを装着するのは難しいので、産婦人科医は通常、出産経験のある女性にIUDを装着することを好む。

日本における避妊薬について。よくある質問

日本ではピルは合法ですか?

はい、通常の低用量避妊薬とモーニングアフターピルは、医師の処方があれば日本でも合法です。 

日本では避妊具は無料ですか?

日本では避妊具は無料ではありません。日本で避妊薬を手に入れるには、2,000~3,000円ほどかかります。コンドームを使用しなかった場合は、できるだけ早くモーニングアフターピルを選ぶのが良いでしょう。避妊具を手に入れる前に、医師に確認してください。

診察を受けずに避妊手術を受けることはできますか?

はい、避妊薬を入手する前に検査やパップテストを受ける必要はありません。必要なのは医師の処方箋だけです。医師は、避妊薬を提案する前に、いくつかの基本的な健康診断を提案することもできます。血圧を測ったり、血液凝固について聞いたりといった検査が一般的です。 

避妊具は安全なソリューション

もし、妊娠を計画していなくて、性交後に疑問が生じた場合は、婦人科に行って避妊具を頼むのが一番良い方法です。 

心配しなくても、医師の言うことを信じて、そのガイドラインや指示に従ってください。日本での避妊薬の入手方法について、ご理解いただけましたでしょうか?

また、読んでください。 

  1. 日本で医者にかかる前に知っておくべきこと
  2. 日本のベストコンドームブランド

Ava Satoによって書かれた。

はじめまして!Japan Trulyのメインライターです。日本のことは何でも好きで、スキンケアやメイクアップ、ガジェットなど、日本の製品を試すのが大好きです。ここでは、日本のベストセラー製品のレビュー(試してみたもの)をご覧いただけます。

東京のトップ茶室

東京で最も本格的な茶室10選|東京のベスト茶室

東京で子どもと一緒に楽しめること

東京で子供とする12のベスト2024