,

童子切:千年前の刀「鬼斬り」、東京国立博物館で公開中 

ドジギリ

東京国立博物館には、鬼を退治したという千年前の刀「童子切」が収蔵されている!

日本は最高級の刀剣を大切にしており、中でも天下五剣は最高の威信を誇っている。 

その中に、鬼退治のためにささやかれた伝説の刀「童子切(どうじぎり)」がある。 最近、東京の国立博物館に展示されたこの千年前の刀は、神話と現実のギャップを埋めている。

童子切:鬼を斬った刀」東京国立博物館で展示中 

日本の刀剣の中で、その職人技、歴史、そして刀剣にまつわる伝説の数々が際立っている。 

どじぎり
  ショップ・フロム・ジャパン  

その中には、尊敬する 天下御免 天下五剣 "として知られる注目のクインテットである。 

神話と悪魔の破壊の物語に包まれたこれらの刃物のひとつが、東京国立博物館に仮住まいを見つけたことをご報告できることを嬉しく思います。

私は最近、東京国立博物館がこの伝説の刀剣を所蔵していることを知った。 

京都の平安時代、修験道伝説にまつわる鬼退治で知られる印象的な「童子切」は、現在、美術館の塀の中にある。

安綱の傑作:ドジギリの原点

この刀の歴史を振り返ると、現在鳥取県で高く評価されている刀工、安綱が10世紀から12世紀の間にこの特別な武器を鍛えたとされている。 

リード  グリーンローソンを訪ねて:日本の未来型コンビニでアバターのサービスを体験しよう

古いものであるにもかかわらず、その保存状態の良さから、最近鍛造された可能性がある。

童子切刀には数々の伝説があるが、最も有名なのは修験道の鬼にまつわるものである。この刀は平安時代、京都で鬼の恐怖支配に終止符を打った刀であると信じられている。 "悪魔退治"

童子切の歴史的意義

童子切は歴史的に非常に重要な日本の刀である。天下五剣」の一つであり、その物語は日本の歴史と織り込まれている。 

私の調査によれば、この剣は鍛えられた時代の象徴であり、何世紀にもわたって国宝であり続けた。

どじ切りの伝説

童子切に与えられた「鬼退治の刀」という称号は、源頼光がこの刀を使ったという伝説に由来する。源頼光はこの刀で酒呑童子(しゅてんどうじ)を退治し、鬼の悪意から京都を守ったと伝えられている。

伝説では、京都近郊の東海道沿いの旅人を捕食していた怪物的な鬼、酒呑童子の恐ろしい姿が描かれている。 

この恐ろしい生き物は、しばしば赤や緑の肌と複数の角で描かれ、交易を妨げ、人々の心に恐怖を植え付けた。 その強さと勇気で有名な伝説の武士、源頼光が登場する。 

頼光は、忠実な家来である四天王とともに、鬼を退治する使命を帯びていた。 クライマックスの戦いは大江山で繰り広げられ、頼光自身が振るった童子切が、怪物的な酒天童子を倒す鍵となったという伝説がある。  

リード  米国、英国、中国、香港、シンガポールと比較して、タグ・ホイヤーは日本で安い?

この壮絶な勝利によって、この刀は「童子斬り安綱」という悪名で呼ばれるようになった。

鍛造の達人、ドジギリの裏側

この「童子切」を作ったのは、尊敬する刀工・安綱である。平安時代の刀工である安綱の巧みな手腕は、芸術性だけでなく、歴史的な遺産も内包した日本刀の最高峰のひとつとなった。

どじ切りの旅

足利将軍家、徳川将軍家、越前松平藩、津山松平藩の有力者の手に渡ったこともある。 

その重要性に鑑み、日本政府は童子切を国宝に指定した。

堂尻は東京国立博物館のどこに展示されているのか?

刀剣愛好家の方々には、ぜひ1号館の13号室を訪れていただきたい。そこには何世紀も前の輝きを放つ刀剣があり、その広く長い刀身は、伝説的な魔物退治の能力をほのめかしている。

ドジギリの何が問題なのか?

この展示では、17世紀に作られた刀の鞘、柄、手甲が丁寧に展示されており、隣接した展示で、その芸術性を補完するように鑑賞することができる。

童子切刀の保存への取り組み

童子切刀の保存には様々な工夫が凝らされている。大気の状態や取り扱いの制限など、この千年以上前の文化財を後世に伝えるために、あらゆる努力が払われている。

限られた婚約

美術館は展示品を絶えず入れ替えているため、3月5日から13号室に展示されている童子切は、5月26日までのつかの間の機会となる。

リード  コーセーは中国、台湾、香港、アメリカ、カナダと比べ、日本では安いのか?

どじぎりを越えて

童子切以外にも、博物館には17世紀の小鉄や村正など、注目すべき刀剣が展示されている。後者は、徳川家が呪いをかけられ、幕府のもとで村正の刀が禁止されたという噂があるため、何世紀にもわたって興味を集めてきた。

東京国立博物館を訪問

台東区に位置し、平日は午前9時30分から午後5時まで、金曜日と土曜日は開館時間を延長している。月曜日は休館だが、祝祭日は例外。

東京国立博物館は日本刀を所蔵しているだけでなく、歴史的な日本美術の宝庫でもある。 

童子切りを目撃したい人たちにとって、刻々と時間は過ぎている。歴史と伝説、そして精巧な職人技の融合に興味をそそられる人にとって、ここはぜひとも訪れたい場所だ。

伝説のドジギリの一般公開は?

現在、東京博物館で展示されている「童子切」。この秘蔵の刀はしばしば東京の博物館に展示され、来館者はその威厳ある姿を直接目にすることができる。この刀が展示されることで、日本の文化遺産を称えるとともに、一般の人々への教育にも役立っている。

どう思う?

サイゼリヤ

レストラン「サイゼリヤ」で1,000円使うベストな方法|Budget Dining In Japan

ドラゴンシューズ

アカデミー賞のゴジラシューズは誰が作った?デザイナーと店舗情報を公開