日本では、タトゥーが人間関係に与える影響について

日本では、タトゥーが人間関係に与える影響について

刺青を入れる前に、日本では刺青が人間関係にどのような影響を与えるのかを知っておきましょう。日本人とタトゥーの関係はあまりよくありません。多くの日本人は、タトゥーを入れている人を見ると顔をしかめます。 

日本ではタトゥーがあると、恋愛だけでなく、仕事や近所での評判にも影響が出るかもしれませんね。

ここでは、あなたが知っておくべきことをまとめました。 日本でのタトゥーが人間関係に与える影響 

日本のタトゥーが日本での人間関係に与える影響

日本のタトゥーの歴史

日本にはタトゥーの長い歴史がありますが、残念ながら良いものではありませんでした。7世紀には、刺青は罰と考えられ、反乱者や犯罪者に施されていました。 

コールされた イレズミ 日本では、天皇に逆らった者は、木のダボに付けた鋭い針で痛い目に遭わされました。 

これは手作業で行われ、インクが罰の名残として残る、いわば焼印のようなものである。この焼印を体に受けた人は、反逆者、犯罪者として社会から遠ざけられ、付き合いもなかったという。 

この考えは、確かに ヤクザ日本におけるマフィアのような組織である。

この組織のメンバーは、自分のアイデンティティとして刺青を入れ、多くのカルト的な儀式にふけった。現在でも、日本人は刺青をしている人はヤクザの一味だと連想している。 

世界のほとんどの地域では、タトゥーはとても普通で当たり前のものですが、なぜ日本人はタトゥーをあまり認めていないのだろうと不思議に思うことがあります。 

このような歴史を知り、その考えが人々の心に根付いていることを理解することは、本当に彼らの視点で物事を見ることができます。 

日本でタトゥーを入れるのは医療行為とみなされる

この10年の初めに、大阪ではタトゥーは医療従事者でなければできないというルールができました。

現在、日本の刺青師の多くは、針を付けた木のダボを使ったイレズミ式の刺青を行っています。刺青師の中には、西洋式の機械の針とインクを採用している人もいます。 

皮膚に針やピアスを刺す施術なので、ライセンスを持っていない人が行うのは違法とされています。 

日本人の刺青に対する意識の変化

国際貿易がますます重要になる中、日本人は観光を促進するために、タトゥーに関してあまり厳しくできないことに気づいています。 

特に、2020年にはオリンピック・パラリンピックが開催され、2019年にはラグビーワールドカップが日本で開催されるなど、日本を訪れる人が急増しており、観光は国の大きな収入源となっています。 

リード  東京で大相撲のチケットを買うには?ガイド

政府は、タトゥーをしている観光客を禁止することは現実的でないことに気づきました。タトゥーは世界的にある種の常識であり、日本を訪れる観光客のほとんどは、少なくとも小さなタトゥーをしているはずです。 

しかし、日本の多くの観光地や温泉地では、少し事情が変わってきています。入れ墨は隠さなければならないというルールがあるので、入れ墨をしている観光客は服や包帯などで隠さなければなりません。

政府が観光地に柔軟な対応を促しているにもかかわらず、海水浴場や温泉などでは、刺青を厳しく禁止しているところが少なくありません。 

事前に電話などで、温泉や観光地にタトゥーが入っていることを伝えておくとよいでしょう。 

日本では、タトゥーが人間関係に与える影響について

すぐに受け入れてくれる男性もいるでしょうし、タトゥーを入れていることに興味を持ってくれる人もいるでしょう。 

しかし、タトゥーをタブー視する多くの男性から拒絶されても驚かないでください。多くの外国人女性は、日本人男性とデートするのが難しいと感じています。なぜなら、日本の文化は非常に伝統的で、男性はタトゥーを入れている女性を避けているからです。

男性があなたに純粋に興味を持っていたとしても、「この関係は家族の試練に耐えられないかもしれない」と感じて、あなたを誘わないかもしれません。 

あなたのことをじろじろ見たり、タトゥーを面白がってくれる男性もいるかもしれませんね。そのような男性は、おそらく日本人ではないか、もしくは自分もタトゥーをしているような日本人でしょう。このような男性は、心が広く、旅慣れている傾向もあるので、相性が良いことが多いですね。 

さて、幸運にも自分のタトゥーを持っていないが、広い心であなたとデートしてくれる男性を見つけ、関係が真剣になってきた場合、彼の家族からの抵抗があるかもしれません。 

日本人はとても家族思いで、結婚式は大家族の行事です。結婚は家族全員の祝福のもとに行われ、ほとんどの両親や祖父母はそのような結婚を拒否します。 

結婚についても、家族は将来のことを考えています。 

家族で集まる機会やイベントも多いので、タトゥーは絶対にNGです。

日本人は結束が固いので、社会や職場での評判を優先します。 

両親や若い男性でさえ、刺青のある人と結婚したら、友人や同僚からの評判が落ちて、社会からはじかれてしまうのではないかと心配しています。 

また、男性は、日本でタトゥーを入れている相手と交際していることが職場や同僚に知られると、出世に響くのではないかと心配しています。 

日本人のパートナーが家族の圧力に屈して関係を壊してしまうというのは、多くの混血・混民の関係でよくあることです。 

リード  ゆうれい日本の怪談|眠れない日本の怪談8選

また、「もっと関係を深めたいなら、タトゥーを消してくれ」と言ってくる男性もいるかもしれません。 

また、あなたとデートしても、結婚するほどではないと考える男性もいるでしょう。 

刺青のある女性をルーズだと思っている男性たちで、正直かなり劣化しています。 

日本では、タトゥーは反逆者や意志の強い人の証とされ、保守的・伝統的な男性は、それとは正反対の女性と長く付き合ったり、結婚したりすることを望んでいるのです。 

日本でタトゥーを入れると、周りの見る目が変わります。  

このようなことは公平ではないと思われるかもしれません。ですから、実際に関係を持つ前に、自分が持っているタトゥーについて潜在的なパートナーと話し、彼らの考えを理解することは常に良いアイデアです。 

そうすることで、将来的に多くの心痛を避けることができ、関係に費やす時間とエネルギーを節約することができるのです。 

職場での刺青について

まず、日本でタトゥーを入れている人が特定の仕事を見つけるのは、かなり難しいでしょう。 

多くのオフィスや会社ではタトゥーを禁止していますが、やはりグローバル化が進み、日本で働く外国人や外国人留学生が増えてきました。

日本の組織は、ルールが少しずつ柔軟になってきています。とはいえ、ボディアートを見せびらかして歩いていいということではありません。長袖の服や襟の高い服、スカーフなどのアクセサリーを使ってタトゥーを隠さなければなりません。 

目に見える場所にある場合は、包帯で隠します。これらのルールは白黒で書かれており、仕事を引き受ける際に同意書にサインするので、そこに選択肢はありません。 

サインをしなくても、職場の全員が合意していることです。

入れ墨が見えない方が、同僚が話しかけやすく、社交的になるので、最初に馴染むためには良いことかもしれません。 

本来ならば、ありのままの自分を受け入れてもらうべきなのでしょうが、日本の文化ですから、ありのままの自分を知ってもらい、信頼関係を築くまでは、そのルールに従ってもらっても構わないと思います。

近所のタトゥ事情

職場や観光地ではタトゥーが禁止されていることもありますが、近所を散歩して自分のインクを見せびらかすことには何の問題もありません。 

日本人はタトゥーを信用できない人が入れていると考えているので、近所の人はあまり親切ではないかもしれませんが。 

これは、本当にあなた次第です。友達ができて、周りの人たちと良い関係を築くまでタトゥーを隠しておくこともできるし、自分らしく、相手が温かくなってくれるまで我慢することもできる。 

タトゥーのある方が日本で旅行する際の注意点

  • 公共の場では、小さいものであれば絆創膏や包帯などでタトゥーを隠さないといけないこともあります。 
  • 公共の場がタトゥーOKかどうか、ネットの口コミをチェックする。ほとんどの人が体験談のレビューを残しているので、そこで確認することができます。 
  • 温泉や入浴を楽しむなら、タトゥーに配慮した貸切風呂のある温泉を探したほうが、周囲の迷惑にならない。 
  • 万が一、義務的な意味やネガティブな意味があり、相手の心情を傷つける可能性がある場合は、必ずタトゥーを隠すか、露出しないようにしましょう。 
  • 旅館に宿泊する場合は、タトゥー対策を確認しましょう。銭湯があるようなところでは、なかなか刺青に寛容ではありません。また、ポリシーが見つからない場合は、電話で問い合わせてみるのも良いでしょう。

日本におけるタトゥーの人間関係への影響。よくある質問

 なぜ日本人はタトゥーが嫌いなのか?

伝統的に刺青は、日本の歴史上最大の犯罪集団であった「ヤヅカ(マフィア)」に関連するものである。しかし、正統派の日本人の中には、いまだに刺青を不快に思う人もいます。

日本人はタトゥーについてどう考えているのでしょうか?

日本社会では、刺青は礼儀正しくないとされ、恥ずかしい思いをすることになります。公共の場では規則により禁止されています。大きなタトゥーは公共の場を避け、小さなタトゥーは包帯や絆創膏で隠すのが無難とされています。 

なぜ日本では刺青がスティグマ(汚名)とされるのか?

日本では、刺青は犯罪者や裏社会につながるもの、あるいは反社会的であることを自己肯定するマークとみなされ、スティグマ(汚名挽回)とされています。旅館や温泉など、公共の場では許されないのです。

日本人は刺青をしている人を警戒する

自分の周りに住んでいる人たちを理解することで、かなり楽になります。 

日本人は、入れ墨をしている人はギャングや犯罪に関わっていると思われて育っているので、ボディアートをしている人を警戒し、すぐには溶け込めなかったり、友達ができなかったりするかもしれません。 

しかし、時間が経てば、あなたが銃やナイフを振り回すわけではなく、ボディアートが好きな無邪気な隣人であることを理解してくれるでしょう。 

タトゥーを入れている外国人の多くは、馴染むのに半年から1年かかると言いますが、自分らしく、近所の人に笑顔で接していれば、すぐにあなたを受け入れ、親しみを返してくれるでしょう。 

ベストマンガカバー

マンガの表紙デザインベスト10!| マンガの表紙|知っておきたい、すごいマンガの表紙

一個から

ワンピース 何から始めるか