なぜジャパニーズ・ボウなのか|ジャパニーズ・ボウが選ばれる8つの理由

倭国人はなぜ弓を引くのか

日本人はなぜお辞儀をするのか、不思議に思ったことはありませんか?ここでは、日本人がお辞儀をして挨拶をする理由について、必要な情報をお伝えします。 

人にはそれぞれ独特の挨拶の仕方があり、育った場所や親しんできた文化によって、その方法は大きく異なることがあります。握手をして挨拶するように教わった人もいれば、ナマステで挨拶する文化に生まれた人もいます。

挨拶の方法は、文化圏の違いだけでなく、時代によっても変化することがあります。現在、最も一般的な挨拶は、ハイタッチか簡単な拳の突き合わせです。同様に、日本人も特定の方法で挨拶する習慣があり、それはお辞儀です。

しかし、日本人がお辞儀をするのにはいくつかの理由があり、それぞれの場面や目的に応じたお辞儀の仕方があります。日本人のお辞儀の習慣についてもっと知りたい方は、以下をご覧ください。

なぜ日本人はお辞儀をするのか?

日本人がお辞儀をする理由はいくつかありますが、ここでは日本人がどのような場面でお辞儀をするのか、分析してみましょう。 

日本人がお辞儀をする理由

お辞儀は、日本では初対面の人にする挨拶であり、家族にもする。 

しかし、お辞儀をするのは挨拶に限らず、次のような場面でも行われます。

教室や商談の入退室時のお辞儀について

学校や職場でお辞儀をするのは、日本人にとって当たり前のことです。日本の子どもたちは、小さい頃から先生や同僚にお辞儀をして挨拶するように教えられています。お辞儀は通常、教室やビジネスミーティングが始まるときと、終わるときに行います。

日本人のお辞儀の仕方

日本人は保守的な人が多いので、年長者や重要な人物には頭を下げて敬意を表します。運転手やホテルの従業員が、お客さんや訪問客に頭を下げて挨拶し、敬意を表しているのをよく見かけます。

お辞儀も感謝の気持ちを伝えるために

お辞儀は日本文化ではお礼の意味もあるので、助けてもらった後に日本人がお辞儀をしても混乱しないようにしましょう。

リード  日本の歴史時代一覧|日本史における重要な14の時代

日本人は反省するときやお悔やみの言葉を伝えるときにもお辞儀をする 

お辞儀は嬉しいときだけでなく、悲しいときにもするものです。日本人がお辞儀をするのは、誰かに謝りたいとき、哀悼の意を表したいときです。

日本人もお辞儀で助けを求める

また、日本人は人に助けを求めるとき、お辞儀をして敬意を表そうとする。

幸運を祈る時やお祝いの時にするお辞儀の仕方

言葉で祝福する欧米とは異なり、日本人は相手の成功を祈り、その功績を称えるときにお辞儀をする習慣がある。

拝礼

お辞儀は日本では精神的な習慣でもあり、お寺でお坊さんにお辞儀をする姿もよく見かけますね。

日本人も武道の練習前と練習後にお辞儀をする

日本は武道が好きな国なので、武道をする前や後にもお辞儀をする行為が行われている。 

弓の種類 日本人の習性 

日本人がお辞儀をする理由は様々ですが、お辞儀の仕方にも種類があることを知っておくと良いでしょう。また、お辞儀の仕方も人それぞれで、身分の低い人と高い人では、お辞儀の仕方も違います。

日本の弓の種類は

  • けいれい

先生や上司など、目上の人に挨拶するときによく使われるお辞儀の一つです。胴体を30度くらいに少し曲げ、すぐに体を起こします。このとき、目線は下を向いたままにしておく。

  • 江角

友人や見知らぬ人に会うとき、敬意を表すために行うカジュアルなお辞儀である。15度以上の最小限のお辞儀をすることで行われる。

  • 彩景嶺

胴体を45度に曲げて行うお辞儀のことを「最敬礼」という。相手に謝るときやお願いするとき、また大切な人に挨拶するときに行うお辞儀です。最敬礼のお辞儀をするときは、少しの間、お辞儀の姿勢でいることが要求される。

  • セイザ

足を床につけてふくらはぎの上に座る座礼の姿勢です。両手は手のひらを下に向けて太ももに置き、少しお辞儀をします。正座は主にフォーマルな場面で行われる。

  • ザレイ

座礼もまた、シンプルな座った状態で行うお辞儀の姿勢である。このお辞儀は、お茶の時間や行事、武道など、日本の伝統的な場面で頻繁に行われる。

  • センレイ
リード  日本人が食べる前に言うこと

カジュアルな座礼で、カジュアルな場面で行われるお辞儀の姿勢である。ふくらはぎを立てて座り、両手を膝の上に置きながら胴体を30度ほど曲げて行うのが「千礼」である。

  • ふつくしい

顔が床から数センチ離れるまで前屈みになる、伝統的な座礼の姿勢です。

  • ドゲザ

両手、両膝、両顔を床につけて行う瀕死のお辞儀の姿勢である。ドゲザは一般に、あまりに必死なときや物乞いのときに使うお辞儀の姿勢である。また、失礼なお辞儀の姿勢であり、行う人はほとんどいない。

正しい和弓の奏で方とは?

日本人は保守的で、子供の頃からマナーを守り、どんな仕事でも完璧にこなすように教育されています。そのため、お辞儀の動作はとても慎重で、日本人に会ったとき、特に相手が年上の場合は、お辞儀を失敗しないようにしたいものです。 

お辞儀をするときに重要なのは、手足に力が入っていないことです。足はまっすぐ、1センチ間隔に保ち、腕は拳を開いて横にまっすぐにしておくことです。 

ただし、このお辞儀の仕方は女性とは異なり、お辞儀をするときは足を揃えて、手は腹の上に重ねて置かなければならない。 

もう一つ重要なのは、お辞儀をするときに相手の顔を見ずに下を向くことです。これは失礼にあたるので、マナー違反になります。お辞儀をするときは、地面や足元を見て、お辞儀をした後に素早く胴上げをすればいいのです。 

弓にはいくつかの種類があるので、その場その場に合った弓の使い方を覚えて演奏するようにしましょう。 

お辞儀をするときの注意点

日本文化の外国人として、初めてお辞儀をするとき、多少間違えても仕方がない。 

しかし、お辞儀をしようとするときには、日本の文化や相手を不快にさせないようにするのが一番です。そこで、お辞儀をするときにやっていいこと、やってはいけないことがあります。

  • お辞儀をするときは、両手を空けておかなければならないので、手に何も持っていないことを確認します。携帯電話を持っている場合はポケットに入れ、カバンやバッグの場合は置いてからお辞儀をします。
  • 相手がお辞儀をしているのを見たら、すぐにお辞儀をすること。
  • お辞儀をするときは、視線を下に向けましょう。
  • お辞儀をした後、相手をじっと見つめるのは失礼にあたりますのでやめましょう。
  • 相手もそうしなければならないと思ってしまうので、あまり低い位置でお辞儀をしないようにしましょう。
  • 一度に何度もお辞儀をすると、気まずくなったり、日本文化を馬鹿にしていると思われ、日本人の気分を害することがあるので、あまりしないようにしましょう。
  • コンパクトな場所でお辞儀をする場合は、前の人の左右に移動して、頭をぶつけないようにしましょう。頭をぶつけないように、少しお辞儀をして頭を上げます。
  • お辞儀をするときは、手はポケットに入れずに横に置き、足も幅を少し広げて開き過ぎないようにします。
  • もし、相手が握手をしているのを見たら、お辞儀をするのは避けましょう。

お辞儀はなぜ日本人の習慣になったのか?

日本人がお辞儀のディテールを重視し、お辞儀の文化を重要視しているとすれば、なぜ日本ではお辞儀があまりに重要視されているのか、その背景があるのではないでしょうか。

リード  日本語で「バカ」はどういう意味?

お辞儀の習慣は、仏教の普及が始まった頃に日本人が定着させたと言われています。 

仏教の祈りでは仏像に頭を下げるが、それ以来、武術の練習やその他の機会にも頭を下げるようになり、日常的な習慣となった。

なぜ、日本人はお辞儀をするのか。よくある質問

日本人はなぜいつもお辞儀をするのですか?

日本では、いくつかの理由や場面でお辞儀をするのが文化的な習慣となっています。日本人はお互いにお辞儀をすることで挨拶をします。お辞儀は挨拶だけでなく、年上の人に敬意を示すとき、お礼を言うとき、謝るとき、哀悼の意を表するとき、そして誰かに助けを求めるときなど、さまざまな理由で行われます。

日本人はなぜ何度もお辞儀をするのでしょうか?

日本人は、どんなときにも敬意を払うように教えられています。日本人がお辞儀をするのは、誰かに挨拶をするときや、誰かに感謝の気持ちを表すときです。また、別れを告げるときや謝罪するときにもお辞儀をするのが一般的です。

日本人はお辞儀をしてお礼を言うのか?

日本人が相手に感謝の気持ちを伝えるには、お辞儀をして「ありがとうございました」と言葉で伝えるのが一般的です。また、お辞儀をするとき、手のひらを合わせてお礼を言う人もいます。

観光客は日本でお辞儀をするべきなのか?

一般的に、日本人は観光客にお辞儀をすることを期待していませんが、先住民に敬意を表すために、日本人に挨拶するときはお辞儀をするのが理想的です。相手がお辞儀をしているのを見てからお辞儀をすると、敬意を表して行うことができます。お辞儀をするときは、あまり腰をかがめたり、相手の目を見たりしないように気をつけましょう。

学位がなくても日本で生活する方法

学位がなくても日本で暮らすには|学位がなくても日本で暮らすためにできる8つのこと!

日本は社会主義国か

日本は社会主義か?