日本のパズルボックス101のガイド

ジャパニーズパズルボックス

不思議な日本のパズルボックスが気になる?ここでは、ジャパニーズパズルボックスのガイドを紹介します。このガイドを読めば、どんな日本のパズルボックスでも開けることができるようになるはずです。 

日本が発見した数々の宝物の中でも、パズルボックスは最も洗練された宝物の一つとして、特にコレクターやパズルボックスの達人たちの間で人気があります。 

パズルボックスは、一般的に木製の装飾が施されたもので、解くためには複雑な動きを必要とするものが多い。パズルボックスの操作には、知的頭脳とパズル戦術の習得が必要です。 

パズルボックスは、その構造や機械的なパターンがそれぞれ異なるとはいえ、パズルを解く究極の目的は、それが持つ貴重な賞品を明らかにすることである。そこで、日本のパズルボックスを徹底的に分析しました。ぜひご覧ください。

日本のパズルボックスのガイド

日本のパズルボックスの起源

日本のパズルボックスの起源は、19世紀後半に遡る。 箱根地方 日本の今でも箱根の郊外では、本格的な日本のパズルボックスが作られています。 

パズルボックスは、日本語では「秘密箱」と呼ばれ、個人的な秘密箱と訳されている。 

また、「タイバコ」「シカケバコ」と呼ばれることもあるが、これは日本のパズルボックスの作り手の策略や知恵を解釈したものである。 

日本におけるパズルボックスの発展は、江戸時代に馬車馬が寄木細工の品々やパズルボックスを近隣の人々に売り始めたことから広まったと言われている。 

日本のパズルボックスの主な役割は、旅行中の労働者が泥棒やハイウェイマンからお金や宝石などの貴重な持ち物を隠すことができるようにすることであった。

日本のパズルボックスは、持ち主にしかわからないような仕掛けを施し、中に入っているコンテンツを公開することで、盗難を効果的に防いでいるのです。 

また、日本のパズルボックスは装飾品に見えるように作られていたため、強盗に遭遇するとそのように思われてしまう。 

21世紀の幕開けとともに、パズルボックスの製作技術は衰退したかのように思われた。しかし、パズルボックスのコレクターや熱心な職人たちのおかげで、これまでにない内容の、さまざまなデザインのパズルボックスが市場に出回るようになった。 

現在、日本のレイアウトにヒントを得たパズルボックスは、トルコ、ポーランド、ベトナム、コスタリカなど多くの国で生産されており、日本もその一つである。

日本のパズルボックスの仕組み

日本のパズルボックスは、どれも独特の構成で作られており、同じものは1つもありません。日本のパズルボックスの多くは、長方形か正方形の形をしています。 

リード  外国人のための日本での中絶 2023年:あなたが知る必要があるすべてのこと

しかし、有能なパズル職人のおかげで、日本のパズルボックスは、どんな形や大きさのものでも数多く取り揃えられているのです。 

最近の日本のパズルボックスの傾向として、家、果物、ハート、ピラミッド、星などの異色作があります。 

日本製のパズルボックスの中には、現金を収納できるマネースロットが構成されているものもあるんですよ。

お金の投入口があるパズルボックスといえば、日本には決まった枚数のコインを入れないと開かないパズルボックスがあるのをご存知でしょうか?

日本のパズルボックスの構造はともかく、一般に解くのはかなり難しいです。 

そのため、最近のパズルボックスは、初級から中級、上級までの難易度に合わせて作られています。 

もし、複雑な動きをしなければ解けない日本のパズルボックスを手に入れたとしたら、パズル職人は、それを解読するための操作方法を記したパズルボックスのカタログを差し出すだけでいいのです。 

日本のパズルボックスが魅力的なのは、その物理的な特徴や動き、仕掛けにあります。 

パズルボックスを解読するためには、持ち上げる、滑らせる、鍵を開けるといった一連の複雑なムービーを実行する必要があります。

 日本のパズルボックスは、数回の移動で解けるものもありますが、大半は20ステップ以上移動しないと解けません。 

日本のパズルボックスは、すべてのモーションを解読すると、最終的なご褒美の鍵が見つかることがあります。パズルの箱の中に隠されている報酬やトロフィーは様々です。

日本のパズルボックスは、お守りや粗品などの景品が入った秘密の仕切りがあるものが多いですね。

日本のパズルボックスのレイアウト

日本のパズルボックスは、レイアウトと外観が非日常を演出する大きな特徴となっています。 

日本の伝統的なパズルボックスは、現在のパズルボックスとは大きく異なっています。 

19世紀後半、日本のパズルボックスは箱根の様々な木から採取された天然木で作られていた。

このパズルボックスは、対照的な木材を使用することで、独特の色合いと質感を実現している。日本古来のパズルボックスの象徴的なデザインは、「寄木細工」と呼ばれる幾何学模様である。 

リード  高円寺レトロガイド|東京・高円寺の楽しみ方5選

寄せ木細工は、さまざまな種類の木の棒を重ね合わせ、薄く丈夫な板に切っていく、最も複雑なパズルボックスの装飾品の一つです。 

寄木細工の手順が出来上がると、富士山や箱根の湖、滝、山などの風景がデザインされます。 

パズルボックスの編成が終わり、最終的な装飾を施した後、日本のパズルボックスの表面に漆を塗り、光沢を加えています。 

日本のパズルボックスはどうやって開けるの?

日本のパズルの初心者は、たとえ初級の日本のパズルボックスであっても、解くのに苦労するのが当たり前なんです。 

しかし、2つ以上の日本のパズルの箱を解くコツをつかめば、仕掛けやテクニックの仕組みがつかめるようになります。 

ただし、日本のパズルボックスはそれぞれ特徴があるので、操作方法は異なります。 

日本のパズルボックスの解答手順数は、5手から70手まであり、最も多い記録は1536手である。 

日本のパズルボックスは、一定の順序で解けるように機械化されているので、どのステップも慎重に行わなければならない。 

手順は直線的な動きと非直線的な動きの両方で構成されており、最初の手順がわかった直後は、次の手順を読み解くのが大変です。徐々に、日本のパズルボックスを解くためのすべてのステップが複雑になることがあります。 

また、日本のパズルボックスの難易度によって、手数やその仕掛けが異なります。

日本のパズルボックスは、湿気がなく、外気のない暖かい場所に保管することが、長く使うためのコツです。日本のパズルボックスは、天然の木で作られているため、カビが生えやすいからです。 

また、日本製のパズルボックスを不適切な環境に置くと、パズルボックスの外観や機能が損なわれ、せっかくのパズルの楽しみが半減してしまいます。 

ましてや、日本オリジナルのパズルボックスなんて、そう簡単に手に入るものではありません。 

日本のパズルボックスはアミューズメントだけでなく、おもちゃや大切な置物を入れてもいいし、お土産にも喜ばれます。 

日本のパズルボックスを作る

日本のパズルボックスを作るのは、経験豊富なパズル職人でない限り、決して簡単なことではありません。 

リード  BJTとJLPT。日本で就職するにはどっちがいい?

パズルを解くのに多くの動作と戦術が必要なように、日本のパズルボックスの開発には、本物の木材、接着剤、道具、そして何よりも時間と能力が必要である。 

パズルボックスは、ひねる、回す、滑らせるなど、あらゆる動きを想定して開発されているため、日本のパズルボックスを組み立てるために必要なすべての材料は、素早く操作できるように慎重に配置・固定されていなければならない。

 最終的に解けるパズルの箱を作るのですから、すべての工程に注意が必要です。 

パズルボックスのサイズが大きくなると、解くための手順も増えるので、より複雑なパズルを作ることになる。 

日本のパズルの箱は、極端にきつかったり、ゆるくてひねりが効かないものは、解読しようとする人にとって、ただただ迷惑な存在でしかありません。 

日本のパズルメーカー「ヒミツバコ」が隅々まで作り込んでいる日本のパズルボックス。このパズルボックスを作るために使用される木材は、加工に便利なように厳重に検査され、その後乾燥されます。 

次に、板材をカットして組み立て、パズルの箱を作ることになります。 

木板を配置する際、職人がどのように動かすかを検討し、誰も不正に解くことができないように配慮しています。 

日本の伝統的なパズルボックスは、作り方が複雑なため、職人が少なく、仕入先が少ないことが、法外な値段で売られている一因になっている。 

関連記事

東京喰種のようなアニメ

東京喰種トーキョーグールのようなアニメ11選|トーキョーグールの次に見るべきものは?

初心者のための人気マンガ

初心者におすすめの短編マンガ12選