攻殻機動隊のアニメが4Kウルトラハイビジョンで鮮明に

6月22日、私は、この作品の試写会を見ました。 攻殻機動隊のアニメ をウルトラハイビジョン(4K)で撮影しました。今回は、押井守監督の思いを取材しました。 

攻殻機動隊のアニメ。 35mm用4Kリマスター 

"Ghost in the Shell "は、城正美監督、押井守監督によるオリジナルアニメーション映画です。アメリカのビルボード誌で当時のビデオ週間売上高の最高記録を樹立した名作です。 

攻殻機動隊と攻殻機動隊の続編はこちらからご覧いただけます。

攻殻機動隊のアニメは、「マトリックス」で有名なウォシャウスキー兄弟など、多くのクリエイターに影響を与えています。私も何度か観ていますが、公開されたのが23年前ということもあり、断片的には忘れてしまっていて、試写会を楽しみにしていました。 

Ghost-in-the-Shell-1995-anime

攻殻機動隊のアニメの上映が始まった瞬間、「これが4kか!」とすぐに思いました。 

攻殻機動隊のアニメは35mmフィルムを使用しており、4kに耐えられるだけの情報量を持っていますが。続編の『攻殻機動隊2:イノセンス』に比べると、まだまだ精度が低いです。 

4Kは一般的に解像度の高さを強調する傾向があります。しばらく見ていると、表現の豊かさに気づきました。 

画像のダークスポットとブライトスポットがはっきりしていて、今まで見えなかったものが見えるような気がします。 

やりすぎではなく、心地よく見られる時計でした。 

攻殻機動隊SHIRO_MASAMUNE

攻殻機動隊のアニメを見た後、同時期に公開された続編の『攻殻機動隊2:イノセンス』も見たのですが、こちらはちゃんと4Kで体験できました。映像が細かくてクリアでした。 

リード  ワン・パンチ・マンの登場人物の日本語名

攻殻機動隊のアニメと比較すると、攻殻機動隊はただの4Kリマスターだったと言えます。 

そうは言っても、4Kは完全に自然でした。 

今回のリマスターを担当したキュー・テックの水香誠さんにお話を伺うことができました。プレ上映の後、技術的な面や、4Kリマスターだからこそ変わったことなどを話し合いました。 

また、従来のパッケージソフトとの違いを聞き、4Kリマスターの意義を理解したいと思いました。 

ゴースト・イン・ザ・シェルの続編

押井監督はまず、「『攻殻機動隊2:イノセンス』の4k版をずっと待っていました。当時はIMAXシアターでの上映技術が追いついていなかったこともありますが、それでも皆さんに4Kで観ていただきたいと思っていました。でも今は、4Kテレビがあり、私たちの理想とする完成度に近い映像を見ることができる環境が整っています」。

攻殻機動隊のアニメが4kでレンダリングされるにあたって、一番気になったのは次のようなことでした。

映画全体の制作期間は10ヶ月で、予算もなく、3ヶ月はレイアウトに、さらに3ヶ月は作画に費やしました。 

要するに、時間が足りなかったのです。

リテイクもかなり多かったですね。攻殻機動隊のアニメは、デジタルアニメーションの先駆者のように思われていますが、実はCGは40カットほどしかありません。あとはすべて手作業でエフェクトをかけていました。 

デジタル画像を使ったアナログ作業でした。そのため、4k版が出てきたときには、最終的に粗くなってしまうのではないかという心配がありました。  

攻殻機動隊のアニメを4Kで見たら、意外と良かった。当時のフィルムとは違いますが、現在の技術でスキャンした映像は、35mmフィルムの情報量の大きさを物語っています。

違いがわかってよかったです。 

押井守

今塚氏は一言、「4Kリマスターの作業は、HDリマスターと変わりません。16ビットでスキャンして、階調表現を豊かにすることです。今回のリマスターではHDRを使用しましたが、HDR版とSDR版の見え方の違いが気になりました。様々なエンジニアの協力を得て、パーティクルリダクションと画像復元を行いました。"

リード  8 ハンター×ハンター2022のようなアニメ
攻殻機動隊のインタビュー

さらに押井監督は、「肌の色がカットごとに違うのは、さまざまな背景に合わせて作られているからです。標準的な色はありませんでした。HDRでも色が崩れないように設計しました。 

HDRでは暗い部分を見ることができますが、見られない部分もありました。 

ゴースト・イン・ザ・シェル・アライズ

今塚さんは「映画のラストシーンの多脚戦車との戦いは、薄い色で表現しやすかったので、輝度を上げて明るくしました。でも、画面全体を明るくすると、銃口などの発光部だけがすごく光ってしまう。これは4Kリマスターのハイライトのひとつでした。"

押井監督は「従来のソフトでは透過光やホログラムを再現できない。光モノは、4Kリマスターのメインとなる部分です。"

"攻殻機動隊 "のアニメは、アニメーションの礎となり、多くのSF映画に影響を与えてきました。

この映画を見ていない人、そして旧版、つまり「攻殻機動隊1995年版フルムービー」を見た人にとっては、この映画は新しいものであり、旧版を再生したものだと言えるでしょう。 

ゴースト・イン・ザ・シェル 2: イノセンス

攻殻機動隊の続編「攻殻機動隊2:イノセンス」が4Kリマスター版で登場するなど、同梱セットがあります。

また、この作品を効果的に視聴するためには、4K・HDR対応テレビとUltra HD Blu-ray対応プレーヤーが必要ですのでご注意ください。 

ゴースト・イン・ザ・シェルアニメ - FAQ

#1 - 「攻殻機動隊」はどのように見たらいいですか?

攻殻機動隊のアニメ映画シリーズの視聴方法を順番にご紹介します。

  1. 攻殻機動隊
  2. 攻殻機動隊2:イノセンス
  3. ゴースト・イン・ザ・シェルS.A.C. 2nd GIG - The Laughing Man
  4. 攻殻機動隊S.A.C:S.A.C. 2nd GIG - Individual Eleven
  5. GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊Stand Alone Complex - Solid State Society
  6. GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊新劇場版

#2 - 攻殻機動隊はアニメが原作ですか?

士郎正宗氏の漫画「攻殻機動隊」をモチーフにしたアニメ「攻殻機動隊」(1995年)。

#3 - 攻殻機動隊のアニメは何分ですか?

 映画「攻殻機動隊」(1995年)の上映時間は1時間25分です。

#4 「最高の攻殻機動隊とは?

攻殻機動隊のアニメ映画を順に紹介します。

  1. 攻殻機動隊 (映画 - 1995年)
  2. 攻殻機動隊 2: イノセンス (映画 - 2004)
  3. ゴースト・イン・ザ・シェル新劇場版 (2015)
  4. 攻殻機動隊(実写映画・2017年)

#5「攻殻機動隊はみんなサイボーグなの?

アニメ『攻殻機動隊』では、サイボーグとは、完全または部分的に義体化された「サイバー化」のプロセスを経た人のことを指します。これらの義体は、損傷しても交換することができます。そして、人間であることを証明するのは、彼らの魂または「ゴースト」だけです。

#6 - 草薙少佐は日本人ですか?

そう、オリジナルアニメ「攻殻機動隊」では、草薙マジョットは日本人でした。草薙少佐は日本人女性であり、彼女の自己意識、つまり「ゴースト」はサイボーグの体に移されていました。

#7「草薙少佐は人間ですか?

草薙少佐は全身がサイボーグであっても、根底は人間である。しかし、彼女はサイバー化のプロセスを経ている。つまり、人間の脳は殻に包まれていて、体の他の部分は義体や機械になっているのです。

#8「草薙さんは何歳ですか?

草薙少佐は2004年生まれ。

#9「草薙少佐は男ですか?

草薙少佐は、映画『攻殻機動隊』に登場するパワフルで支配的な女性です。彼女は男性サイボーグのチームを率いてその優位性を示します。

また、読んでください。

  1. クボ・アンド・ザ・トゥー・ストリングスのキャスト
  2. 濡れた洗濯物のための除湿機?
  3. おまもり(おふだ)はどこで手に入るのか、そしてそれをどう解釈するか
日本の守護祈願

おまもり(おふだ)はどこで手に入るのか、そしてそれをどう解釈するか

オニツカタイガージャパンのアウトレットと最新リリース情報

オニツカタイガー日本のアウトレットと最新のリリース2022|オニツカタイガーの人気シューズを手に入れよう