歯科インプラントの費用 2022年|歯科インプラントのベストガイド

日本における歯科用インプラントのコスト(1)

をお探しですか? 日本でのインプラントの費用?このガイドでは、インプラントの価格、プロセス、後遺症などについてご紹介していますので、ぜひご覧ください。 

真珠のような白い歯は美しい笑顔を作る一方で、メンテナンスが大変です。デンタルインプラントは、歯根の代わりとなるものです。

適切な歯科治療を行っているにもかかわらず、多くの人が歯を失っています。歯の喪失は、虫歯、歯周病、怪我などが原因で起こります。デンタルインプラントは、歯を失った際の新しい解決策です。 

とは何でしょうか? 日本でのインプラントの費用は?

日本でのインプラント治療の費用は、7万円から25万円、またはそれ以上になります。これは、インプラントに使用される材料、インプラントの数、治療を担当する歯科医師、治療を受ける地域など、多くの要因によって異なります。国民健康保険に加入している場合は、治療費全体の30%を支払うだけで済みます。 

インプラントが登場する前は、ブリッジや入れ歯を選択しなければなりませんでした。これらの歯の交換方法と比較して、インプラントはより永続的な選択肢です。

歯科インプラントは、永久的に固定された、または取り外し可能な代替の歯のための強力な基盤として機能します。日本での歯科インプラントの費用とその詳細については、以下をご覧ください。 

日本における歯科インプラントのコスト

日本でのインプラント治療の費用は、7万円から25万円、あるいはそれ以上になることもあります。単歯のインプラント費用は、明らかな理由により複数歯のインプラントよりも少し安いかもしれません。 

これらの価格は、インプラントに使用される材料、インプラントの数、治療を担当する歯科医、治療を受ける地域など、多くの要因によって異なります。

日本の国民健康保険(社会保険・国民保険)は、日本でのインプラント治療費のうち70%をカバーすることができます。つまり、保険に加入していれば、日本でのインプラント治療の総費用のうち、30%を支払うだけで済むということです。

 しかし、保険を請求するためには、一定の基準を満たす必要があります。ですから、保険を請求する前に、必ず歯科医と具体的な内容について話し合うことをお勧めします。 

日本のすべての歯科医院では、初診時に基本料金を請求します。それ以降の予約はすべて基本料金となり、日本でのインプラント治療の総費用よりも少し安くなります。 

日本でのインプラントの費用

日本でのデンタルインプラントの費用は、主にインプラントを作るために使用される材料に依存します。歯科インプラントは、主にチタンとジルコニアの2種類の材料で作られています。 

リード  日本の染毛剤ベスト10 2022|髪の毛に栄養も与えてくれる染毛剤!?

チタンは、インプラントに最もよく使用される素材です。費用対効果が高く、長期的な効果が得られるため、インプラントに使用される素材として最も注目されています。 

ジルコニア製のインプラントは最近開発されたものです。 ジルコニア は、デンタルインプラントを作るために使用される最も有望な材料の一つと考えられています。最近になって人気が出てきて、ますます一般的になってきています。 

では、なぜ日本のデンタルインプラントの費用は高いのでしょうか?インプラントを行う際には、インプラントの費用、鎮静剤の費用、そしてプロセスそのものの費用がかかります。 

歯科用インプラントは、生体組織に埋め込むものです。これを適切に行うためには、多くの専門知識と精密さが必要です。不適切な方法で埋入すると、さらに多くの合併症を引き起こす可能性があります。したがって、歯科インプラントの埋入は、科学と芸術の混合物であると言えます。 

もうひとつ考慮すべきことは、入れ歯やブリッジのような他の歯の代替手段とは異なり、歯科インプラントは高度にカスタマイズされているということです。本物の歯のように見えるように作られているため、日本でのインプラント治療の費用は高くなっています。 

デンタルインプラントは永久的な解決策であり、適切に手入れをすれば生涯にわたって使用することができます。 

患者さんは一人として同じ人はいないということを覚えておいてください。治療法や必要な予約回数などは異なります。ですから、自分のインプラント費用を他の人と比較しないでください。 

また、インプラントの費用は、必要なインプラントの本数、欠損した歯が隣り合っているかどうか、顎の骨の健康状態なども関係してきます。 

関連する 日本での歯の矯正の費用

インプラント埋入までの流れ

さて、日本でのインプラント治療の費用がわかったところで、治療方法についても知っておきましょう。 

日本歯科医院のインプラントには、それぞれ個別の治療計画があります。それぞれの計画は、あなたの特定の問題に対処し、修復歯科と口腔外科の分野を専門とする歯科医師によって実行されます。 

あなたに最適なインプラントオプションは、専門家のチームによって選択されます。歯根インプラントは、チタンで作られた小さなポストです。これを歯の抜けた部分の骨に埋め込みます。 

埋め込んだポストは、周囲の骨が治癒して成長すると、顎の一部になります。顎にしっかりと固定されます。治癒過程は6週間から12週間で完了します。 

インプラントが顎の骨と結合したら、新しい歯をしっかりと固定するためにアバットメントと呼ばれる小さなコネクターポストを設置します。クラウンと呼ばれる差し歯は、あなたの歯の印象を取り、型を作成することによって作られます。このクラウンをアバットメントに装着します。 

歯科インプラントの成功率

リード  日本のオーガニックメイクアップブランド ベスト6 2022

歯科インプラントの成功率は、約95%です。しかし、このインプラントの成功率の低下にはいくつかの要因があります。喫煙している人、糖尿病の人、歯周病の人、顎部に放射線治療を受けたことがある人、特定の薬を服用している人は、歯科インプラントの成功率が低くなる可能性があります。 

関連する 日本での歯のホワイトニングの費用

デンタルインプラントのメリット

日本でのインプラントの費用を知った上で、インプラントのメリットをご紹介します。

  • デンタルインプラントは、骨と融合するように作られています。これにより、インプラントは永久的なものとなります。本物の歯のような見た目と感触です。
  • 歯科器具の適合が悪いと、言葉が乱れたり、ブツブツ言ったりすることがあります。しかし、インプラントは話しているときに歯が滑らないように装着されています。これにより、話しやすさが向上します。 
  • インプラントは永久的なものなので、取り外し可能な入れ歯のような違和感はありません。 
  • インプラントは自分の歯と同じ感覚なので、咀嚼時の違和感や痛みはありません。
  • 歯を支えるブリッジのように、インプラントを装着する際に隣の歯を削る必要はありません。これにより、長期的な口腔の健康が改善されます。 
  • デンタルインプラントはとても丈夫です。適切なケアをすれば、生涯にわたって使用することも可能です。
  • インプラントは、入れ歯と違って取り外す必要がありません。そのため、利便性に優れています。 

関連する 日本の歯医者は良いのか?

歯科用インプラント。痛みとアフターケア

デンタルインプラントは、思ったよりも痛くありません。ほとんどの患者さんは、施術中および施術後にごくわずかな不快感を感じたと報告しています。一般的に、患者は処置の前に局所麻酔をして患部を麻痺させます。

多くの患者さんは、インプラントの痛みは抜歯に比べてはるかに少ないと言っています。多くの歯科医は、術後の痛みや不快感を抑えるために、市販の鎮痛剤を服用するよう患者に助言します。

インプラントには、特別なアフターケアは必要ありません。本物の歯と同じようにお手入れしてください。歯磨き、歯間掃除、良質な洗口剤での洗浄などの歯の衛生管理を行い、定期的に歯科医院に通うことがインプラントの維持に役立ちます。 

関連する 日本における3種類の歯のホワイトニング

インプラント治療の副作用の可能性

通常、歯科インプラントは副作用を引き起こすことはありません。しかし、まれに歯科インプラントが適切に設置されていない場合、以下のような合併症が発生することがあります。

  • 歯茎の後退
  • 感染症
  • インプラントの緩み
  • 神経・組織の損傷
  • 副鼻腔の問題
  • 過剰な力による損害
  • 出血の長期化
  • 治癒の遅れ
  • 顎の骨折

日本でのインプラントの費用について。よくある質問

インプラントの成功率はどのくらいですか?

歯科インプラントは、ほぼ95%という高い成功率を誇り、生活の質の向上につながります。 

インプラントをした後に起こりうる問題にはどのようなものがありますか?

インプラント治療後に起こりうる問題としては、感染症、歯肉退縮、顎の骨折、出血の長期化、骨癒合の遅延、他の歯へのダメージ、神経や組織の損傷などがあります。

インプラントに適さない人はいますか?

ステロイドのような特定の薬を服用している人や、免疫系を抑制する薬を服用している人は適していません。

また、歯ぎしりや食いしばりなどの習慣がある人は、インプラントに過度の負担をかけ、長期的なダメージを与える可能性があります。

インプラントは痛いですか?

インプラントを入れた後、患者さんが多少の痛みを感じるのはよくあることです。最初の違和感は2~3日、人によっては10日ほど続くこともあります。

インプラント治療の期間はどのくらいですか?

手術は通常、1本のインプラントを埋入するのに1~2時間程度かかります。この後、ほとんどの歯科医は、最終的な差し歯の修復まで約3ヶ月間待ちます。

インプラントの寿命はどのくらいですか?

ほとんどのインプラントは、平均して25年は持つと言われています。正しいケアをすれば、一生使えることもあります。 

インプラントはメンテナンスが必要ですか?

天然の歯と同様に、インプラントにもメンテナンスが必要です。インプラントの周りの歯茎は、定期的にメンテナンスをしてケアする必要があります。 

インプラントに代わる最善の方法は何ですか?

インプラントに代わるものとしては、部分入れ歯、歯を支えるブリッジ、レジン接着ブリッジ、仮の入れ歯などが考えられます。 

 インプラントの価値はあるのか?

はい、デンタルインプラントにはその価値があります。デンタルインプラントは、健康的な噛み合わせと歯の維持に役立ちます。また、歯の全体的な美しさの面でもメリットがあります。

インプラント治療

歯科インプラントを受けるのは怖いようですが、歯の健康のためには本当に価値があります。今回の記事「日本でのインプラント費用」が、インプラントの費用や手順、その他多くのことを知っていただくのに役立つことを願っています。

また、読んでください。

  1. 日本で医者にかかる前に知っておくべきこと
  2. 日本の名前の仕組み
best Japanese Pain Patches

日本製痛み止めパッチベスト9 2022

日本の学校の成績と年齢構成

日本の学校の学年と年齢構成|日本の学校制度ガイド101