日本人はイルカを殺して食べているのか?

日本人はイルカを殺して食べている

日本人はイルカを殺して食べている?これは本当なのでしょうか?読んでみてください。

日本人がイルカを捕獲していると聞いて驚きましたか?日本で起きているイルカ殺しの恐ろしい事件については、また後日、私たちから話を聞いてください。 

有史以前、人類は食料として動物を狩猟していました。当時はそれが生き残るための唯一の手段だったからです。しかし、人類が進化するにつれ、食用に供する動物を人道的に屠殺する方法を数多く実践するようになり、どの動物を食用に供するかについて倫理的な判断ができるようになりました。 

しかし、いくつかの文化圏では、外来動物を食べる習慣があり、それを不適切とする文化圏もあります。 

  ショップ・フロム・ジャパン  

また、動物虐待や絶滅の危機から、特定の動物が消費されることが禁止されていますが、すべての人が法律を守っているわけではありません。 

今日は、日本人が食用にイルカを殺しているかどうか、また、この論争の的となっている話題について、事実、誤解、噂など、皆さんが知っておくべきことをお話ししたいと思います。それでは、ご一緒にお読みください。

日本人はイルカを殺して食べているのか?

日本ではイルカが食用に殺されている?

日本人は食用としてイルカを殺しています。これは現代の習慣ではなく、捕鯨は日本では古くから行われており、12世紀までさかのぼることができます。  

和歌山県太地町では、食用イルカの殺傷が盛んに行われています。 

太地町は人口2000人弱の町であり、この地域でイルカを捕獲することは先住民族の伝統である。太地町でのイルカ猟のシーズンは、通常6ヶ月以上続く。 

日本ではイルカが食用に殺されている?

日本政府が太地の漁師に捕獲を許可しているイルカの種類は、カマイルカ、シマイルカ、メロンハンドウイルカ、ツチイルカ、そして他のイルカ種のように絶滅の恐れがないことから他の5種も捕獲している。 

実際、太地町のイサナ漁業組合では、イルカを何頭捕獲しなければならないかという限定枠を決めている。 

太地町の沿岸部におけるイルカの捕獲枠は、通常1000頭から2000頭で、政府の規制により季節ごとに変動することがある。捕獲されたイルカの一部は食肉として利用される。 

日本人はどうやってイルカを狩っているのか?

太地の漁師が行っているイルカの捕獲方法は、残酷で非人道的なものであると考えられている。2009年に公開されたドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」をきっかけに、太地の漁師たちが行っている捕獲方法が世界中に知られるようになった。

リード  日本におけるカラスのシンボル。

ザ・コーブ」は、日本におけるイルカの大量捕獲の恐ろしさ、漁師たちの冷酷な捕獲方法、そしてイルカ肉を食べることの危険性を紹介しています。多くの視聴者が衝撃を受けたのは、日本の漁師が何十年もかけてイルカを捕獲してきた仕組みでした。 

イルカを追え

漁師たちは、まずボートで一番近いイルカの群れまで移動し、ボートを互いに停めておく。そして、鉄の棒を水中に下ろし、ハンマーで叩いて重い音を出す。

その音にイルカの群れはパニックになり、泳いで逃れようとするが、漁師たちはイルカを海岸近くまで追いやってしまう。 

そして、ハンターは鋭い金属の槍でイルカを殺し、イルカは出血多量で死に、水面は暗赤色に染まる。 

そうすると、他のイルカが本気でパニックになり、トラウマになる。しかし、このやり方は変化し、現在ではイルカを網の間に閉じ込めたまま死なせている。 

なぜ日本ではイルカが捕獲されるのか?

日本人がイルカを狩るのは食用だけだとする情報がいくつかあるが、これは大きな誤解であり噂に過ぎない。太地の漁師が食用にイルカの肉を売ることは知られているが、狩られたイルカのほとんどは食用だけには使われない。 

なぜなら、イルカは海の食物連鎖の捕食者であり、ほとんどの海洋生物を食べた結果、体内に水銀などのいくつかの毒素を含んでいる可能性があるからです。 

そのため、日本では健康上のリスクから、誰もがイルカ肉を好んで食べているわけではない。日本でイルカが捕獲される理由は、ほかにもいくつかある。

イルカを追え

日本の漁師たちは、イルカが魚を食べ尽くしてしまうのを防ぐために、イルカを殺しているだけだと言う。つまり、漁師はもっと魚を捕りたいのに、イルカが海の中のほとんどの魚を食べてしまうので、それを邪魔しているのだ。 

さらに、捕獲されたイルカは、漁師や一般の人にはわからない理由で海外にも輸出されています。 

また、イルカは知的でかわいらしい動物であり、世界中の多くの人々に愛されています。そのため、イルカは生きたまま捕獲され、日本をはじめとする各国の動物園や水族館に送られることもある。 

日本ではイルカは殺されるのか

そして、動物園や水族館に多くの観客を集める活動を行えるように訓練されるのです。 

リード  日本で最もよく食べられている魚10種類

したがって、日本で捕獲されたイルカがすべて食用に供されるわけではありません。 

イルカを殺すことについての日本政府の見解

国民が環境、野生生物、海洋生物に損害を与えるような言いようのない行為を行っている場合、特定の国の政府が介入するのは当然のことです。食肉などのためにイルカを捕獲することについて、日本政府はどのように考えているのでしょうか。

私たちは、日本政府が漁師たちが行った恐ろしい狩猟方法を非難することを期待していたが、残念なことに、そしてもっと残念なことに、それは起こらなかったのだ。 

日本政府はイルカの捕獲を全面的に禁止したわけではなく、6ヶ月間の捕獲期間中に何頭のイルカを捕獲しなければならないかという制限を設けたのである。これによって捕獲されるイルカの数は減り、野蛮に殺されるイルカの数は減ったが、それでもイルカの捕獲は続いている。 

また、太地の人々は何世紀も前から食用としてイルカを捕獲する伝統的な習慣があり、日本政府はこの習慣を止めさせると地元の人々が不幸になるので、止めさせたくなかったのです。 

太地町は人口が少なく、漁業とイルカの捕獲で生計を立てており、イルカの生死を問わず需要があるため、多くの人が非倫理的だと考えても、この職業で生計を立てているのです。 

日本のイルカ捕獲に関するアニマルライツ活動家の見解

動物愛護活動家でなくても、罪のない動物に対する残酷な行為を非難することはできますが、最も有名な動物愛護活動家が、日本のイルカ狩りの伝統的慣習についてどのように語っているのか見てみましょう。

日本では動物愛護運動はあまり定着していませんが、ヴィーガンや動物愛護活動家がイルカ捕獲反対のプラカードを掲げて街頭活動を行った例もあるようです。

 これは通常、イルカ狩りの時期に行われ、多くの運動やコミュニティが手を取り合って、野蛮なイルカ狩りに抗議しているのです。 

によると ナショナルジオグラフィック日本の動物愛護活動家である矢吹蓮は、生命調査機関とドルフィンプロジェクトと共同で、太地の入り江でのイルカの捕獲過程を記録しています。 

撮影された映像は、SNSにアップロードされ、啓蒙活動が行われます。矢吹蓮は、狩猟の恐ろしさを自らの言葉で語っている。 

日本では何人もの活動家がイルカ狩りに反対する声を上げているが、誰もその運動の成功を見たことがないようだ。国内外からの抗議にもかかわらず、日本ではいまだにイルカ狩りが行われており、すべての動物愛護活動家が変化を切望している。 

日本のイルカに期待することは?

日本におけるクジラやイルカの捕獲の伝統は、もう何世紀も続いており、終わりがないように思われる。しかし、明るい面もあり、日本で捕獲されたイルカの数は減少傾向にある。

リード  日本におけるプロポーズと婚約の違い|日本の婚約の伝統

日本政府は年間1800頭という一定の枠しか認めていないが、太地町の漁師が捕獲したイルカの数は、最近では1000頭を下回るまでに減少している。 

によると スタティスタ2020年に日本で捕獲された鯨の数は307頭となり、2018年の640頭から減少しました。 

日本でイルカの捕獲数が減少した大きな理由の一つは、動物愛護活動家がイルカ捕獲の野蛮な方法について認識したことである。 

また、イルカ肉を食べることの危険性から、日本人の中には食習慣を変え、イルカ肉を全く食べない人もいる。 

さらに、イルカを捕獲するためには、漁師に並々ならぬプロ意識と、死をも意味する危険への覚悟が必要だからだ。 

このような複雑な事情と、イルカ肉の需要の減少により、日本におけるイルカ捕獲の長い伝統が終焉を迎えることを前向きに、そして希望的に期待することができるだろう。

日本人はイルカを殺して食べているのか?よくある質問

日本ではイルカを殺すことは合法なのでしょうか?

日本では古くからイルカの捕獲や捕鯨が盛んに行われてきました。和歌山県太地町は、イルカを湾に追い込んで捕獲したり、捕獲したイルカを水族館に売ったりする漁師で有名である。日本政府は毎年、捕獲するイルカの頭数を厳しく制限している。 

なぜ日本ではイルカが屠殺されるのか?

日本では太地町でイルカを捕獲し、その肉を食することが伝統的な慣習となっている。しかし、日本ではイルカは食肉としてのみ捕獲されているわけではなく、その背景にはいくつかの理由がある。漁師がイルカを狩るのは、魚を殺し尽くさないように追い払うため。また、捕獲されたイルカは水族館や動物園に売られたり、海外に輸出されたりする。 

日本人はイルカの肉を食べるのか?

イルカの肉を食べることは、日本では何世紀にもわたって有名な習慣であり、和歌山県の太地町では主に行われている。太地町の湾内では、年間約1000頭のイルカが漁師によって捕獲され、一部は食用に、残りは輸出や水族館への販売に回されています。

日本はイルカを殺すのをやめたのか?

日本では何世紀も前からイルカを捕獲する習慣があり、毎年9月に行われ、最長で6ヶ月間行われることがある。日本政府は、年間1000頭近くのイルカを捕獲する枠を設定しています。しかし、2020年には500頭以下にまで減少しており、いずれはその量も減少すると予想されています。 

どう思う?

&AND ホステルレビュー

&And Hostel Review|日本初のスマートホステルで体験したこと!

日本語版

SIRI日本語版ご利用ガイド