ハダラボは諸外国に比べて日本が安い?

日本ではハダラボの方が安いのか

もし、あなたがHada Laboは日本でもっと安いのかと思っているなら、そうです、Hada Laboの製品はおそらく日本で最も手頃な価格です。アメリカ、イギリス、シンガポール、マレーシアと日本のHada Laboの価格を比較しました。なぜ、Hada Laboの製品は国によって価格が異なり、日本が一番安いのか、その理由を探ってみましょう。

ハダラボは、高品質な製品を効果的かつ手頃な価格で提供することで高い評価を得ている、日本の人気スキンケアブランドです。 

そのため、「このブランドは日本では他の地域よりも安いのだろうか」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。今回は、このテーマについて詳しく掘り下げ、必要な情報をお伝えします。

Hada Labo ベストセラー商品にほん(円)アメリカ(USD)イギリス (GBP)シンガポール (SGD)マレーシア (MYR)
Hada Labo 極潤ヒアルロン酸ローション1,300$15.00£16.00$22.90RM49.90
Hada Labo 極潤 ヒアルロン酸クレンジングフォーム680$11.00£11.00$13.90RM34.90
Hada Labo 極潤クリーム1,300$18.00£20.00$25.90RM69.90
Hada Labo 白潤プレミアム美白化粧水1,400$20.00£18.00$29.90RM75.00
Hada Labo 極潤プレミアムヒアルロン酸化粧水1,600$18.00£20.00$28.90RM69.90

Hado Laboは他国と比較して日本が安い?

そう、HADO LABOは日本では他の国に比べて安いのだ。その理由はこうだ:

  • 日本製: Hado Laboは日本のブランドであるため、基本的に輸入元で購入することになり、輸入コストや値上げの可能性を排除することができる。
  • ドラッグストアの定番: HADO LABOは日本ではドラッグストアのブランドであるため、競争が激しく、他国での位置づけに比べると低価格になる。
  ショップ・フロム・ジャパン  

例えば、人気の「Hado Labo 極潤ローション」(170ml)は、日本では1,268円(US$9.86)程度だが、シンガポールではS$20(US$15)程度、イギリスでは12ポンド(US$14.50)程度で販売されている。

ハダラボはなぜ日本では安いのか?

  • 輸入コストと税金

まず、Hada Laboの製品の価格は、世界のどこにいるかによって大きく異なることを理解しておく必要があります。 

例えば、アメリカやヨーロッパにお住まいの方は、Hada Laboの商品が日本よりも割高に感じられるかもしれません。これは、製品の輸入コストと、小売価格に上乗せされるさまざまな税金や手数料が大きな要因です。

  • コンペティション

日本では、Hada Laboの製品は広く普及しており、多くのドラッグストアやスーパーマーケットで見かけることができます。つまり、小売店間の競争が激しく、価格を下げることができるのです。 

  • 日本での需要拡大
リード  ビオレトナーレビュー2022

さらに、このブランドは日本でも知名度が高く、信頼されているため、まず製品を見たり試したりする必要がなく、多くの人が喜んで購入しています。

  • 原材料は日本国内で調達しています。

また、Hada Laboの製品が日本で安くなる要因として、製品に使用されている原材料の多くが現地で調達されていることが挙げられます。 

つまり、ブランドは輸送コストを節約でき、その節約分を消費者に還元することができるのです。 

さらに、ブランドは日本でより幅広いサプライヤーを利用することができるため、原材料のコストを下げることができるかもしれません。

とはいえ、すべてのハダラボ製品が日本で安くなるわけではないのは、注目すべき点です。 

ブランドの専門性の高い製品の中には、生産コストが高いため、日本での価格が高くなるものもあります。 

さらに、販売店や店舗の立地条件によって、価格が異なることもあります。

全体として、Hada Laboの製品は、日本では他の地域よりも一般的に手頃な価格であると言ってよいでしょう。ただし、価格差は商品、販売店、地域などさまざまな要因によって異なります。 

Hada Laboの製品を購入したいとお考えの方は、価格を比較し、自分にとって最もお得な方法を見つけるために、リサーチしてみるのも良いでしょう。

Hada Laboは、効果的で手頃な価格の製品を提供する人気のスキンケアブランドです。世界のどこにいるかによって価格は異なりますが、一般的に、ハダラボの製品は日本では他の地域よりも安いというのが事実です。 

もし、このブランドの製品を試してみたいという方は、海外発送が可能な販売店を探すか、日本への旅行を計画して、お気に入りの製品を仕入れるとよいかもしれませんね。

ハダラボはアメリカより日本の方が安い?

そう、HADO Laboは一般的にアメリカよりも日本の方が安い。価格差を説明するための内訳は以下の通り:

日本のアドバンテージ:

  • ホーム・スウィート・ホーム HADO LABOは日本のブランドであるため、購入者は日本から直接購入することになる。そのため、輸入コストや、アメリカなど他国への発送時に発生する可能性のある値上げがありません。
  • ドラッグストアの支配 日本では、Hado Laboはドラッグストアの人気ブランドである。つまり、日本の他のスキンケアラインとの厳しい競争に直面している。この競争環境は、Hado Laboがより「エキゾチック」な輸入品とみなされ、それに応じて価格設定されるかもしれない米国市場での位置づけと比較して、価格を低く抑えている。

価格比較の内訳(2024年4月16日現在):

価格差を説明するために、Hado Laboの人気商品を見てみよう:

  • Hado Labo 極潤化粧水(170ml): このカルト的人気を誇る保湿ローションは、日本では約1,268円(US$9.86)。アメリカでは、小売店やプロモーションによって$18から$22の間で販売されている。
  • Hado Labo 白潤化粧水(180ml): このブライトニング・ローションは、日本では約1,512円(US$11.70)で販売されている。米国では、$20~$25の価格帯が予想される。
  • Hado Labo ヒアルロン酸プレミアムローション(100ml): この濃縮保湿ローションは、日本では約1,728円(US$13.36)。米国での価格は$25~$30。
リード  5 ベスト・ジャパニーズ・デオドラント 2024
製品価格(米ドル)価格(日本円)米ドルでの円換算額(概算)
肌ラボ 極潤化粧水(170ml)$18 – $22¥1,268$9.86
肌ラボ 白潤化粧水(180ml)$20 – $25¥1,512$11.70
肌ラボ ヒアルロン酸プレミアムローション(100ml)$25 – $30¥1,728$13.36

ハダラボはイギリスより日本の方が安い?

はい、HADO Laboは一般的にイギリスよりも日本の方が安いです。価格差を説明するための内訳は以下の通り:

製品価格(英国ポンド)価格(日本円)英ポンドでの円換算額(概算)
肌ラボ 極潤化粧水(170ml)£12 – £15¥1,268£7.70
肌ラボ 白潤化粧水(180ml)£15 – £18¥1,512£9.10
Hado Labo ヒアルロン酸プレミアムローション(100ml)£18 – £22¥1,728£10.40

価格差をHADO Laboの人気商品で説明しよう:

  • Hado Labo 極潤化粧水(170ml): このファン垂涎の保湿ローションは、日本では約1,268円(US$9.86)。イギリスでは、小売店やプロモーションにもよるが、12~15ポンド(US$14.50~$18)で販売されている。
  • Hado Labo 白潤化粧水(180ml): このブライトニング・ローションは、日本では約1,512円(US$11.70)で販売されている。英国では、£15~£18(US$18~$21.50)の価格帯が予想される。
  • Hado Labo ヒアルロン酸プレミアムローション(100ml): この濃縮保湿ローションは、日本では約1,728円(US$13.36)。英国での価格は18~22ポンド(US$21.50~$26.50)。

HADO LABOの価格は日本が最も手頃だが、イギリスでも努力次第でお買い得品が見つかるかもしれない。ただし、日本からの購入を検討する際は、追加送料がかかる可能性があることを念頭に置いておこう。

Hada Laboはシンガポールより日本の方が安い?

Hada Laboの製品は、シンガポールよりも日本の方が安いのですが、最終的には為替レート、税金、輸入手数料、小売店のマークアップなど、さまざまな要因に左右されます。

しかし、日本でHada Labo製品を購入する場合、ブランドが日本にあること、現地の小売店が割引やプロモーションを行う可能性があることから、シンガポールよりも低価格で購入できる可能性があります。

例えば、同ブランドの人気スキンケア商品「Hada Labo Hydrating Lotion」を例にとってみましょう。日本では、この商品の170mlボトルの平均小売価格は約1,000~1,500円で、約SGD12.50~18.50に相当します(2023年5月4日時点の為替レートによる)。

リード  11 ベスト・ジャパニーズ・ボディスクラブ 2024

一方、シンガポールでは、小売店や実施中のキャンペーンによって異なりますが、同じ商品が通常22~30シンガポールドル程度で販売されています。

つまり、この場合、Hada Labo Hydrating Lotionは、シンガポールよりも日本の方が安いようです。ただし、輸入税、送料、小売店のマークアップなど、価格に影響を与える要因が他にもあるかもしれないので、場所や小売店によって異なる可能性があることは留意しておく必要があります。 

したがって、より正確なコストを把握するためには、さまざまなソースからの価格を比較し、調査することが重要です。

より正確な比較のためには、両国の特定のHada Labo製品の価格を確認したり、各地域の様々な小売店の価格を比較したりするとよいでしょう。 

また、日本で購入した商品をシンガポールに輸入する場合、送料や関税などのコストがかかる場合があることを念頭に置いておきましょう。

Hada Laboはマレーシアより日本の方が安い?

Hada Laboは、一般的にマレーシアよりも日本の方が安価です。Hada Laboは日本のブランドであり、生産コストの低下や国内市場での価格競争などの要因により、日本では低価格帯の製品が広く出回っています。

マレーシアでは、Hada Labo製品は一般的に輸入品であるため、輸入関税、送料、その他の関連費用により、価格が高くなる可能性があります。また、小売店では、コストをカバーし利益を上げるために、価格を高く設定することがあります。

さらに、為替レートはマレーシアにおけるHada Labo製品のコストに影響を与える可能性があります。日本円は通常、マレーシアリンギットより強いため、マレーシアでのHada Labo製品のコストをさらに上昇させる可能性があります。

例として、Hada Laboの人気商品「極潤ヒアルロン酸ローション」の日本とマレーシアでの価格を比較してみましょう。 

日本では、小売店にもよりますが、170mlのボトルの価格は通常1,000円から1,500円程度(約RM38からRM57)です。一方、マレーシアでは、同じ化粧水のボトルの価格は一般的に約60~70リンギットで、日本の価格よりかなり高くなっています。

価格差の理由のひとつは、「Hada Labo」が日本のブランドであり、製品が日本で生産され広く流通しているため、生産コストや小売価格を低く抑えることができることです。 

さらに、日本は小売市場の競争が激しく、Hada Laboの商品を扱うドラッグストアやスーパーマーケットも多いため、より価格競争力のある環境が整っています。

全体として、商品や販売店によって価格は異なりますが、一般的にマレーシアよりも日本の方がHada Laboの商品は安いと言えるでしょう。

結論

結論として、Hada Laboは効果的で手頃な価格の製品を提供する人気のスキンケアブランドです。世界のどこにいるかによって価格は異なりますが、一般的に、ハダラボの製品は日本では他の地域よりも安いということは事実です。

もし、このブランドの製品を試してみたいという方は、海外発送が可能な販売店を探すか、日本への旅行を計画して、お気に入りの製品を仕入れるとよいかもしれませんね。

関連記事

どう思う?

アディダスは日本では安いのか

アディダスは日本の方が安い?| アディダスは日本が安いのか?

ナイキの方が日本では安い

ナイキは日本が安い?アメリカ、イギリス、シンガポール、フィリピンなど、日本でのナイキシューズの価格比較分析