アップルは日本の方が安い?

アップルは日本では他国より安いのか?

もしあなたが日本でアップル製品を買おうとしていて、「アップルは日本の方が安いのだろうか?答えは「YES」です。日本のアップル製品は他の国よりも安いです。詳しくはこちらをご覧ください!

アップル製品は、最先端のテクノロジーと洗練されたデザインを提供し、私たちの生活に欠かせないものとなっている。 

しかし、これらの機器には価格がついているため、消費者はしばしば、海外で購入すれば費用を節約できるのではないかと考えるようになる。 

本稿では、アップル製品が日本で安いかどうかという問題を掘り下げ、価格設定に影響を与える要因を探り、総合的に分析する。

アップルは日本の方が安い?

はい、 アップル の製品は一般的に、日本では他国よりも安い。例えば、iPhone 14は日本では92,800円からですが、米国では$799円からです。 

日本ではアップル製品の輸入関税が他国に比べて低いからだ。 

加えて、現在日本円は米ドルよりも安いため、日本ではアップル製品がよりお求めやすくなっている。

ジャパンタイムズによる2022年の調査では、iPhone 14は世界の主要37の国と地域の中で日本で最も安いことが判明した。 

この調査では、iPad ProとMacBook Proも日本で最も安い製品のひとつであることがわかった。

以下は、日本とアメリカにおけるiPhone 14の価格を比較した表である:

アップル製品日本ユーエスエー
iPhone 14¥92,800$799
iPhone 14 Pro¥119,800$999
iPhone 14 Pro Max¥149,800$1,099

アップル製品はなぜ日本で安いのか?

アップル製品が日本で安い理由はいくつかある。まず、日本政府には8%の消費税が課せられている。 

ただし、外国人観光客がアップル製品を購入する際にパスポートを提示すれば、この税金は免除される。つまり、外国人観光客はアップル製品の価格を8%節約することができる。

第二に、日本円は近年米ドルに対して弱くなっている。つまり、日本の消費者は、米ドルで販売されているアップル製品に対して、円建てでより少ない金額を支払わなければならない。

第三に、アップルは日本で高い市場シェアを持っている。これは、同社がサプライヤーと価格交渉を有利に進められることを意味する。この節約分は、低価格という形で日本の消費者に還元される。

こうした要因の結果、アップル製品は通常、日本では他国よりも安く販売されている。例えば、iPhone 14 128GBモデルの日本での価格は119,800円。これは$830に相当する。 

リード  富士フイルムは日本の方が安い? 

しかし、同モデルの米国での価格は$999である。つまり、日本の消費者はiPhone 14を日本で購入することで、$169ドルお得に購入できることになる。

もちろん、このルールには例外もある。例えば、送料や輸入関税を考慮すれば、アップル製品が必ずしも日本で安いとは限らない。しかし、ほとんどの場合、アップル製品は他の国よりも日本の方が安い。

日本におけるアップル製品の価格設定と他国との比較

各地域のアップルの価格を比較する前に、アップル製品の全体的なコストに寄与する要因を理解することが不可欠である。 

価格設定には、税金、輸入関税、為替レート、市場競争など、いくつかの要素が影響する。 

さらに、地域によって価格が異なるのは、コスト構造、流通網、地域市場の需要が異なるためである。

日本のアップル市場のダイナミクス

日本はアップルにとって重要な市場であり、テクノロジーに精通した消費者層と高品質な電子機器への強い需要で知られている。アップル製品は日本で絶大な人気を誇っており、アップル・ブランドにとって競争の激しい市場となっている。 

このような需要水準は、商品の入手可能性という点では消費者にとって有利であるが、他の経済的要因により、必ずしも価格の引き下げにつながるとは限らない。

為替レート

価格差を評価する際に考慮すべき点は、日本円(JPY)と米ドル(USD)など他の主要通貨との為替レートである。 

為替レートは、海外の購入者がApple製品を購入しやすいと感じる価格に大きな影響を与える可能性があります。為替レートの変動は、実際の製品価格が同じであっても、価格を変動させる可能性があります。

日本と諸外国の製品価格比較

アップル製品の価格を日本と海外で比較する場合、特定のモデルとそれぞれの構成に注目することが不可欠である。 

アップルの価格戦略は全世界の店舗で一貫しており、統一性を保つことを目的としている。しかし、前述のような要因により、価格の相違は依然として存在する可能性がある。

iPhone、iPad、MacBookなど特定のアップル製品が、他の地域に比べて日本では若干安いという消費者からの報告もある。 

しかし、こうした違いの程度はさまざまであり、コスト面での優位性は、節約のためだけに製品を購入することを正当化するほど大きなものではないかもしれない。 

さらに、地域特有のオファー、割引、プロモーションは、価格の変動にさらに影響を与える可能性がある。

価格以外の検討事項

価格は購買決定において重要な要素であるが、日本におけるアップル製品の価値提案を評価する際には、他の側面を考慮することが極めて重要である。 

アップルのアフターサービス、保証範囲、カスタマーサポート、修理工場は高く評価されていますが、地域によって異なる場合があります。 

これらの要素は総合的なカスタマー・エクスペリエンスに寄与するものであり、最初の購入価格とともに考慮されるべきである。

アップル製品は米国より日本の方が安い?

そう、アップル製品は一般的にアメリカよりも日本の方が安い。これには以下のような要因がある:

  • 各国固有の税・関税政策.日本では、電子機器に対する消費税が米国よりも低い。さらに、日本に輸入されるアップル製品には輸入関税がかからない。
  • 通貨換算レート.ここ数年、日本円は米ドルに対して相対的に弱く、そのため日本ではアップル製品が買いやすくなっている。
  • 日本におけるアップルのシェア。 アップルは日本での市場シェアが非常に高く、小売店との交渉力がある。つまり、アップルは日本では他国よりも低価格で製品を販売することができるのだ。
リード  銀座マギーアウトレットは日本にあるのか?

MM総研の調査によると、iPhone14 128GBモデルの日本での価格は119,800円($830)であるのに対し、アメリカでは$1,099である。つまり、日本ではiPhone 14の方が20%ほど安いことになる。

MacBook ProやiPad Proなど、他のアップル製品もアメリカより日本の方が安い。そのため、アップル製品の購入を検討しているのであれば、日本での購入を検討するのもいいだろう。

アップル製品は欧州より日本の方が安い?

一般的に言って、アップル製品は欧州よりも日本の方が安い。例えば、iPhone 13は日本では98,800円(〜$730)からだが、ヨーロッパでは899ユーロ(〜$999)からだ。 

近年、円の価値がユーロに対して相対的に弱くなっているからだ。さらに、欧州ではアップル製品に日本より高い税金が課されることが多い。

ただし、例外もある。例えば、Apple Watch Series 7は日本では49,800円(~$370)から、ヨーロッパでは429ユーロ(~$465)からとなっている。 

アップル・ウォッチは中国で製造されており、中国での製造コストは比較的低いからだ。

結局のところ、アップル製品の価格は、特定の製品とそれを購入する国によって異なる。しかし、原則として、アップル製品はヨーロッパよりも日本の方が安い。

以下は、日本とヨーロッパにおけるiPhone 13の価格を比較した表である:

国名アップル製品価格
日本98,800円 (~$730)
ドイツ899ユーロ(~$999)
フランス959ユーロ (~$1,060)
イタリア999ユーロ (~$1,099)
スペイン999ユーロ (~$1,099)

アップル製品はカナダより日本の方が安い?

一般的に、アップル製品はカナダよりも日本の方が安い。これは、日本円が高いこと、輸入品にかかる税金が低いこと、アップル独自の価格政策など、さまざまな要因によるものだ。

例えば、iPhone 14は日本では1,19,800円からで、約67,000ルピーに相当する。カナダでは、同じ機種が1099カナダドル(約63,601ルピー)から販売されている。つまり、iPhone 14は日本ではカナダより約3,400ルピー安いことになる。

iPadやMacBookなど他のアップル製品も同様だ。一般的に、アップル製品はカナダで買うより日本で買った方が数百ドルお得になる。

アップル製品は中国より日本の方が安い?

そう、アップル製品は一般的に中国よりも日本の方が安い。これは、日本政府が輸入品に課す付加価値税(VAT)が中国政府よりも低いからだ。 

リード  HAKOの香りの種類|HAKOの香りのおすすめ9選!

日本の付加価値税は8%であるが、中国の付加価値税は17%である。つまり、日本に輸入されるアップル製品は、中国で販売される製品よりも低い税率が適用される。

加えて、近年は日本円が中国元よりも安くなっている。つまり、同じ金額の中国元よりも、同じ金額の日本円の方がより多くのアップル製品を買うことができる。

これらの結果、アップル製品は一般的に中国よりも日本の方が10~15%ほど安い。例えば、iPhone 14 Pro Maxは日本では124,800円、中国では14,000円である。

しかし、国によってアップル製品の価格に影響を与える要因が他にもあることに注意する必要がある。 

例えば、国によっては輸入関税やその他の税金がApple製品の価格に加算される場合があります。また、Apple製品の価格は、購入する小売店やオンラインストアによって異なる場合があります。

全体的に、アップル製品は一般的に中国よりも日本の方が安い。しかし、購入前によく調べて価格を比較することが重要である。

アップル製品は韓国より日本の方が安い?  

一般的に言って、アップル製品は韓国よりも日本の方が安い。これは現在、日本円が韓国ウォンよりも安いためで、日本の消費者は同じアップル製品を買うのに自国通貨でより少ない金額を支払わなければならない。 

例えば、iPhone 14 128GBは日本では119,800円で、これは約$841に相当する。同じ機種が韓国では1,299,000ウォンで、これは約$1,025に相当する。

ただし、例外もある。例えば、Apple Watch Series 7 41mm GPSモデルは日本では49,800円で、これは約$375に相当する。同じ時計が韓国では599,000ウォンで、これは約$449に相当する。 

これは、アップルウォッチが韓国で製造されているため、韓国政府が輸入税を低く抑えているからだ。

全般的に、アップル製品は韓国よりも日本の方が安い。ただし、例外もあるので、購入前には必ず価格を比較することが大切だ。

日本と韓国のアップル製品の価格比較表です:

アップル製品日本国内での販売価格(円)韓国での価格 (₩)
iPhone 14 128GB119,8001,299,000
Apple Watch Series 7 41mm GPS49,800599,000
MacBook Pro 14インチ(M1 Pro)239,8002,899,000
iPad Pro 12.9インチ(M1 Pro)174,8002,299,000

結論

結論から言うと、アップル製品は世界の他の地域よりも日本の方が安いことが多い。その理由はいくつかあるが、日本円が安いこと、アップルの日本でのシェアが高いことなどが挙げられる。アップル製品を購入するのであれば、できれば日本での購入を検討する価値がある。

Rasmiyaによって書かれた。

伝統的な茶道や華道から、現代のファッショントレンドやポップカルチャーまで、日本のライフスタイルのさまざまな側面に焦点を当てて執筆しています。記事を通じて、日本への情熱を共有し、読者の皆さんに豊かで多様な日本文化の世界を垣間見ていただくことを目指しています。

日本のライフスタイルを理解する鍵は、伝統と革新のバランスを理解することだと思う。日本には何世紀にも遡る豊かな文化遺産がある一方で、常に進化し、新しいアイデアや技術を取り入れている国でもあります。

東京の最新ファッション・トレンドを知りたい人も、書道という古代の芸術を探求したい人も、私の文章はあなたを日本のライフスタイルの様々な側面を巡る旅へと誘います。私と一緒に、この魅力的な文化の美しさと複雑さを探求しましょう!

日本のコンドームのトップブランド

日本のトップ・コンドーム・ブランド12社 2023

除湿機

5 Best Japanese Dehumidiers For Wet Laundry 2023|日本製除湿機ガイド